2018年08月31日

(^_-)-☆YAMAHA、M

 3513 ホテルに朝6時に向かえに来てもらって、ヤマハ ミュージックのパスルアンに向かった。早朝で、渋滞はなく、運転手は1時間半で着くといっていた。シドアルジョを通るのは、分かっていたので、例に泥海を囲っている土手のわき道を通るものとばかり思っていたら、一旦、高速が途絶えて一般道に下りた、しかし、すぐまた高速に入ってしまった。聞くと、一年前に開通したパスルアンへ迄の道だという。泥海の脇は通らなくなったという。そして、パスルアンの手前の工業団地(カワサン インダストゥリ)というインターで出た。そこから、すぐ着いた。結局、スラバヤの中心地から1時間で着いてしまった。以前、同じ工業団地のパナソニックに来たことがあったが、その時とは、道路事情は大いに変わっていた。また、マラン方面(より南)への高速道路も建設中で2年後にはスマランまで通じるという。
IMG_1245.JPG
 なぜ、ヤマハかというと、金管楽器のケースの縁というか角の強化のための帯状の製品、現在、日本のどこかで作っていて、輸入しているものをインドネシア内から調達ということで、私が手伝うことになったので、そのアセンブリーの様子を見させてもらいたかったからだ。

その現場は、より田舎の下請けだったが、そこまで、行って、確認してきた。余計な話だが、ヤマハに野球で入社した若者で、日本の購買の担当になるための勉強をするためにたまたま、来ていた人と一緒だった。いかにもスポーツマンタイプで、頑丈そうで、こういう人が、将来、世界中を駆け回るのかなと思わされた。インド工場の話もしていた。
IMG_1248.JPG
 その彼も一緒に、工場内を見学させてもらった。金管楽器が主で、サックスやトランペットの組立工程がおもだった。細かい部品、私など、こんなものがどこにくっ付いているの?と思うものが沢山あった。良く、間違いなくくっ付けて行けるなと思う。金属加工機も何十台も整然とセットされ、すべてを稼働させていた。4000人だそうだ。地元に貢献している。
 次々と出来上がる完成品の全て吹いて、最終テストも現場の一角、防音室でやっていた。一日中、吹いている、毎日、吹いているとにこにこしながら言っていた。遣り甲斐がある感じだった。
IMG_1246.JPG
金管が殆どだったが、小学校で使うような笛はプラスチックだ、そして、Yamana venova話題の新楽器ヴェノーバの製造工程を目のあたりにした。狭い空調が聞いた部屋に30人ほどの女性の組み立てラインだった。射出で造られた本体に、次々といろいろくってけゆく、売れに売れているそうで、生産が間に合わないそうだ。白が基本だが、特注で黄色い物も工程に入っていた。吹けるかと、最終の人に聞いたら、吹いてくれた。大きい、音が大きい、小さい縦笛にしか見えないが、その音量、凄まじいと思った。設計した人、完成させた人、凄い。
ちょっと、一般家庭内では、上手ならいいが、下手だと近所からのクレームが心配だ。

いやあ〜〜、流石、日本企業、リマエスもしっかりしているし、皆さんの手つきも素早いし、素晴らしいなと思った。

  16時前にホテルに戻って、くつろいだ。ホギからPOが入ったようだ。HDPEは溶融状態で円錐状に伸びないので、スタート時がたいへん難しい、他にやれる会社はインドネシアにない。イワタニにクォテーションを出した。肉厚のオレンジ色のS−PVCのプルファイルだ。新しい仕事が、続々と入り始めた。大丈夫かな。Putri

Putri Ayu "Tanah Air" Trans 9emilang 15 Des 2010 https://www.youtube.com/watch?v=XfO_43mjQRE
彼女13歳の時です。
Ayu - Melati Suci | Opening Ceremony Asian Games 2018 https://www.youtube.com/watch?v=VHuUMUA9dy8
先日のアジア大会開会セレモーニー
Putri ayu singing The Prayer At Raffles Hotel Jakarta for Wedding Reception Event
https://www.youtube.com/watch?v=qii07XgD1kg
今年の彼女、23歳

日本、100×4リレー、記録は並みだったが、ダントツの金でしたね。それより、インドネシアが銀、こちらの方が凄い。
ヴェノバ ヤマハ パスルアン
posted by 元気な振りの爺さん at 22:29| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

(^_-)-☆スラバヤ

 3512 遊びじゃない、明日の仕事のためでスラバヤに来ている。9時に会社を出て、意外に順調、昨日、大渋滞だったチビトゥン、タンブン辺りも渋滞なし、ブカシバラットを過ぎて、リンカランルアル方面に出る車が本線を塞いで、若干の渋滞、チャワン手前から、スマンギ方面は、大渋滞の様子、アンチョール経由にした。
1IMG_1219.JPG
多分、これが正解、11時40分にターミナル1に着いてしまった。と、ここまで順調すぎたが、やっぱりね、ライオンエアーだかか、13:30発のはずが、ディレイ1時間以上、15:00発になってしまった。
1IMG_1232.JPG

結局、ジュアンダ空港から出たのが、17時、ブカシと時差はないので、すでに薄暗い。丁度、退社時間、渋滞の場所が多かったが、タクシーの運ちゃん、空いている道を選んでいるようで、並行している道もすいている方を走っていた。その道、バイク進入禁止だそうだ。
IMG_1233.JPG
1IMG_1239.JPG
ルコの中の一角に予約したホテルがあった。運ちゃん、曰く、知らなかった、こんなところにあるとは、二つ星の安ホテルだね、だって。その通りだよ、寝るだけだからね。

不思議ですね、ついこの前まで、静岡の丸子にいたのに、チカランの田舎にいてゴルフをやたっと思ったら、スマトラのブンクルーで山登りやラフレシア探し、かと思ったら、今はスラバヤ、不思議なるかな,我が人生、いつまで、続くのでしょうか。明日は、南のパスルアン辺りをうろつく。

ゴルフをしている時、日本人、スバラシーと、言う。キャディーも覚えて、スバラシーと言ってくれる。そして、“スラバヤブカシー“とも言ってくれる。
スラバヤ ジュアンダ あちらこちら
posted by 元気な振りの爺さん at 22:53| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

(^_-)-☆RoHS規制適合証明書

 3511Certificate of Compliance to RoHS regulations英文だとこんな風になる。ここ数年前から、こんな証明書を客先から要求されるようになっている。物性のデータシート、安全シート(MSDS)の提出は当たり前になっている。プラスチックに混ぜて柔らかくする可塑剤というものがある。種類がいろいろあって、カドミウムとか鉛など、有害物質、発がん物質と思われるものが含まれていないという、安全シートに加えて、フタル酸何とかという、四種類が規制の対象なって、それらが入っていないという証明書の事だ。原料に関してはメーカーあるいは商社から出してもらい、製造会社の自分たちからは、他の原料を含めて、それらが含まれていない、混ざってしまうことはないという証明書を書いて、一緒に提出する。
 ただし、面白いと言っては良くないかもしれないが、それを確認しに来るわけではない。要求した結果、出された証明書は、信用するしかない。のが、現状だ。
 私たちだって、原料メーカーから出された証明書を信じるしかない。分析する能力はない。

 医療関係の消毒シートなどを作っている会社からの新製品の依頼があって、それに使われる原料の必要書類や証明書は提出したが、それでは、足りないらしくてか、データを疑っているのか、自分の会社でテストをして確かめたいと、その使用原料を5Kg求められた。先ほど、届けた。こういう会社もある。社内で分析能力を備えているのでしょう、医療関係なら当然か。
1IMG_1206.JPG
1IMG_1208.JPG
 MM2100へ行ったが、相変わらず、チカランウタマのゲートから西、大渋滞になっていた。工事中の場所が多く、車線が減っている場所がネックになっている。
 MMからの帰り、ジャラントールを使った。出口方面に入って、いつもと様子が違うことがすぐに分かった。三年ほど前にできていたジャバベカ1に直接出入りする道が開通していたのだった。びっきり!早速、そちらへ向かってみた。確かにジャバベカ1の奥の方の会社にとっては、西から来た場合、西に向かう場合は、便利になったと思うが、東からや東に向かう場合は、使えない、また、ジャバベカ1の会社だけにメリットが限定される。私は、今後、この道を通ることは無いでしょう。何のメリットもない。

200mセミファイナルの結果、日本人2人,一位と四位で決勝に進みましたね。ところで、プンチャックシラットというスポーツ、知ってますか。空手に似ている?インドネシアの古典的スポーツだそうだ。その種目が19あるそうで、28日9種目金はインドネシアが獲得した。残りの10種目は今日のはず。結果はどうだったでしょうか。28日現在、インドネシアの金メダル数が一挙に増えて、韓国32に次いで24個で四位になったそうだ。今日この種目で、10個追加したら、韓国を抜いちゃうね。面白いですね。
メリット 西だけ RoHS
posted by 元気な振りの爺さん at 23:43| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

(^_-)-☆バタバタ

 3510 遂にディキ君が入ってきた。私が誘ったわけではない、そそのかした訳でもない。彼が現状のストレスから抜けだした。そして、その先に、私が手伝っている会社があって、人材を求めていたというだけのことだ。多くの新アイテムの話が進行中のこの会社にとっても、個人的にも助かる話だ。

インドネシアでは、ちびまるこ子ちゃんもクレオンしんちゃんも有名で、作者が亡くなったことを知らせたら、へ〜〜ッという感じ。おしんは、まだ、生きているでしょ、っとね。

この頃、急に、新規製品に関して、忙しく、ばたばたしだした。先ほどは、KIICの車のシートメーカーへ行ってきた。シートに使うトリムという部品の見積もり依頼だった。PPでエラストマーとの二色成型品だ。この製品を作れる会社は、内とナンブしかない。ナンブに問題が有るので、私のところに話が来たという次第。
この会社、インドネシアの車の販売が増えているにしたがって、工場の生産能力を上げている日系シートメーカー3社のうちの一社だ。
場所は、奥の奥の方、KIICもどんどん拡張しているようで、日系企業が拡張部分に入ってきている。名前を見ても、何を作っているのか、知らない会社が多い。で、この会社、多分、駐車場などの使っていた敷地に工場を増築したのでしょう。外来者は、前の向かい側の路肩に駐車して、中に入ることになっているらしい、路上駐車の車が既に10台ほどあった。しっかり、正面ゲートまで、横断歩道用にゼブラゾーンが書かれていた。良いのかなと思うが、この会社の前の道は50m先で行く止まりになっているから、帰りはそこでUターンする。ということで、道があたかも駐車場ように作られているようで、他の会社に行こうとする車がここに来ることはない。

ということで、30日までに見積もりを出す約束をしてきた。

HDPEの100Φ近いパイプの話も進行中、また、金管楽器のケースに使うプロファイルの話も進んでいる。また、P,BEDの各種パネルとそのカバーも試作を盛んにしている。来週は、コミサリスが来て、会社の組織変更、ポジションの変更などを目的に、ノタリスに依頼する。とにかく、ばたばたしだした。一か月後には落ち着くだろうが。
IMG_1187.JPG
IMG_1189.JPG
hotel ibis styles jababeka ジャバベカのイビスホテル、今日もその前の道を通った。10月に同級生が一泊するホテルだ。ハリウッドジャンクションの向こう、ショッピングモール、ジャイアンの北隣だ。
新製品 KIIC 突き当り
posted by 元気な振りの爺さん at 21:52| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

(^_-)-☆アシア大会真最中

 3509 私が住んでいるデサ(村)の町長選挙が今日あった。一か月ほど前から、世間が賑やかになり、あちこちに、大きな顔の看板が目立ち始めた。人相がよくない、怖い顔という印象、そのうち、会社からの行き帰り、車の通行に邪魔になる人だかりがある一角も目立つようになってきた。大人だけでなく、子供も、大勢群がっている。見かけ、何かを配っている。スンバコか。聞くところによると、現金が動いているという。5人の立候補者がいる村長選挙運動だ。そのうち、夜、広場に舞台が設置され、ダンドゥットゥだろうか、歌を歌ったりダンスをしたりの催しがあるようになった。

昨日の夜も遅くで、賑やかな歌や演奏が聞こえてきていた。煩かった。そして、今日、投票日だった。ゴルフじょいうへ行く途中、交通遮断ではないが、大勢集まっている場所を最徐行して通り過ぎた。ゴルフをしている最終も投票を促す放送が、やかましく、聞こえていた。モスジッドからのいつもの、大声のお祈りのとは、明らかに違う内容だった。
IMG_1190.JPG
IMG_1192.JPG
帰りも、通行の邪魔になる場所を通り過ぎてきた。皆さん投票場の来て、投票してすぐ帰ればいいと思うのだが、お祭りのように、その広場に集まったままだ。明日の朝までに結果は分るよいうが、興味はない。

興味があると言えば、インドネシアのインドシアールINDOSIARというテレビ局、インドネシア人にとって一番関心があるバドミントンを主に流すのは当たり前だが、どういうわけか、ビーチバレー、それも女子を頻繁に実況や録画中継を流している。良いのかなと思う。イスラムの国、どこの海岸に行ったって、水着でいる人は全く見あたらない。そればかりではなく、ジルバブを被ったままの女性も多い、事実、他の競技では、肌を出すことは極力避けたユニフォームを着ている。ジルバブを付けている人も多い。ところが、ビーチバレーの選手、他の国の選手と同じ水着だし、ジルバブは付けていない。写真は大股開きのものまでアップされている。今のところ、クレームをつけるイスラム団体はないようだ。そして、会場の観客は男が殆どで満席に見える。
IMG_1177.JPG
以前、マレーシアで体操選手のユニフォームが大問題になったことがある。体操競技は始まっていないが、イスラム国家の女性選手のユニフォームはどういうふうになるのでしょうかね。

もう一度書く、バスケ選手、ブロックMでの売春行為、まんまと引っかかった被害者だと思う。憶測だが、かなり、可能性は高い。彼らは、ブロックMへ、一体、なにしに行ったのか、また、進めたという日本人、そして、朝日新聞の関係者、彼らも、なぜそこにいたのか。

私もそうだが、インドネシアで仕事をしている日本人で、私が接する人たちの考えは、日本人がなぜ、勧めたのか、新聞関係者は、なぜ、止めなかったのか、記事にするなら、彼らを止めたうえで、勧めた日本人のことを記事にすべきだと思う。そういう疑問がある。要するに、状況として,やらせ、の匂いがきつい。進めた日本人も朝日新聞関係者もバスケ選手も同罪、そして、バスケ選手は被害者でもある。そう思う人が多い。見ていて止めなかった行為は、日本人の恥だと思う。それを手柄と思う神経は日本人の、もっと、恥だと思う。
水着 誘惑 投票
posted by 元気な振りの爺さん at 22:12| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

(^_-)-☆どうにもならない

 3508 ディキ君の引っ越しが済んだ。家はチアンジュール(プンチャックの南から東に向かい、バンドゥンに向かう途中の町)だから、単身でMM2100のナンブの近くの工業団地の外の下宿に住んでいたが、エンドタで仕事をするために、会社の近くに今日、引っ越ししてきた。そして、今日は家屋の家に帰って行った。明日の夕方から、新しい下宿に住むことになる。国内、単身赴任の継続だ。彼の机の準備も終わった。月曜日、迎えるだけだ。

ナンブの押出製品を購入しているP.BEDには、ゴルフをしながら、このことを伝えた。とにかく、場所も一杯で、装置を増やそうにもスペースがない、納めている客先からの注文が増えるにしたがって、休日出勤で、何とか乗り切っていたが、ナンブとしては、客先の納期要望に対して、重要度を決めざるを得なくなり、下位の客先への納期が遅れ遅れになっていて、後加工がある製品に関しては、客先がたまりかねて、人をよこして、納期にまにあわせようとしている、それでも遅れる。
押出を知らない日本人、上司は、そういう、納期で迷惑をかけている、従来からの客先には、年中無休で仕事をさせて間に合わせるようにするとか、押出部門の製造効率の改善をするなどと、自分がやるわけではない対策を言ってきている、と、客先の一部は、私に報告してくる始末。そんな部門のトップのディキ君、自分の要望は聞いてもらえず、納期遅れは、ディキ君のせいにされていると感じるのは当たり前だ。部門の皆さんには、休日出勤をさせなければならないし、生産スピードを上げろ、歩留まりの上がろ、などと言われても、どうにもならないし、そんな、負担の上に、自分はいくら、オーバータイムをしても、固定給だから、給料は増えない。手当てが多い、現場の作業員の方が給料が多くなってしまっている。こんな状況が続けば、誰だって、そこの居たくなくなる。

インドネシアにとって、プラスチックの押出成形にとっては、ナンバーワンの人材を追い込んでしまってはいけない。このままでは、客先が逃げだすのは、目に見えている。
IMG_1172.JPG
IMG_1174.JPG
13番シュートホールのティーグランド辺りから見える、サッカースタディアム、日本がリーグ戦三試合をやった。そして、ここで、昨晩は、インドネシアがUAEに負けた。この蓮も13番の横にある池にある。

ケチャックって、知っていますか。バリ島では超有名な、伝統芸能というか、伝統歌劇、舞踏劇とでもいのでしょうか。英語では、モンキーダンスともいわれているようです。バロンとは別物ですね。一か月一寸先に来る同級生のために、バリ島最南端の西側の岬にあるプラウルワトゥのケチャック感傷を予約した。私自身、過去、二回、その場に行っているが、開演、二時間ほど前に到着したのに、チケットは買えなかった。で、今回は、ネットでブッキングしようとしたら、どうも、個人では、買えそうもなく、代わりに、鑑賞が含まれているツアーを予約した。ホテルから送迎で、一人40US$、ま、いいか、というところだった。
無知 無責任 言い訳
posted by 元気な振りの爺さん at 22:25| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

(^_-)-☆解禁の情報

 3507 今日で終わりだが、ジャカルタでアジア大会の水泳を見に行きたいといっている日本人が非常に多かった。しかし、ずっと前から完売で、チケットが手に入らないという。仕方がないから、ダフ屋から2千円弱の席を1万円も払って、入手したという人もいた。
私が見たサッカーは3万人収容なのに、多分、2〜3千人しか入っていなかったと思う。日本人がすぐそばに大勢すんでいるのに。ブカシバラットのパトリオットスタディアム(イミグレとくっ付いている)19;30から日本とマレーシアのサッカー試合があった。結果はどうだったでしょうか。

インドネシアの押出成形業界にとって大きな動きがある。月曜日から、ディキー君が、この会社で社長になるために入ってくる。私は社長のポジションから引いて、アダバイザ―になる。ディキー君は、私が、一時帰国して太田化工に居たときに、静岡で日本語学校へ通っていた。急に忙しい仕事が纏まって、短期間、大勢のアルバイトを雇わなければならなかったとき、私がインドネシア語を話せるから、日本語学校へ行ってインドネシア人のアルバイトを募集した。20人ほど、2か月くらい使った。その中に、ディキー君がいた。電気や機械に強く、インドネシア人たちの中でリーダー的存在だった。

私がインドネシアのキタガワに復帰したとき、日本での勉強機関が終わってインドネシどに戻った彼から、連絡があって、私の元で働きたいということだったので、キタガワに入社させた。技術の覚えは早いし、出来そうもなおことでも、積極的にトライをしていて、今まで私が教えていた人達より、頼れる存在になって行った。

私はキタガワから抜けてアフミを手伝っていた時、キタガワは撤退することになり、受け入れ場所を、私のところへと北川社長から頼まれて引き受けることにした。そして、従業員の引き取るつもりでいた。

しかし、当時のキタガワの現地社長と受け側のアジアテックフジサワの現地社長が、移動してくるキタガワ社員の待遇について、給料は基本給からにするとか、就職先をあてがったのだからと、退職金を、かなり少なくした。それを拒否できないように、何人かを厚遇にして、先に移動させ、ついて、移動しなければ、首にすると強行に出た。止む負えず、ほとんど全員が、アジアテックに移った。仕事も移した。その時、私はアジアテックにいた。その間の事情については、私はどうにもならなかった。給料はもともとの社員よりはるかに少ないし、仕事できない人より、ポジションも下、不満が爆発して、私に、何とかしてほしいとたのまれた。、また、客先からも、まともな製品がはいってこなくて困るという話も上がってきた。

仕方がないから、私が三千万円程、出資して、押出工場をディキー君たちに作らせた。その時、私に頼んできた会社が、P,BEDやKOHONOやTOSOやABAだった。その後、ナンブのインドネシア進出の手伝いをしたときに、でぃきー君を先頭にした現地押出会社をナンブの中に入れた。それが7年ほど前になる。そして、ナンブの押出部門は、日本人がいない、ディキー君がトップで安定して会社に貢献している。しかし、ここ、何年か、他の部門の人数やスペースが増え、赤字部門が増え、日本人が知らない押出部門の売り上げ比率は少なくなる一方、仕事を頼まれるが、もう、容量が一杯で、引き受けられない、装置を増やす考えな生まれてこない、ディッキー君、リーダーとして、行き詰まってしまっていて、止めたい、止めたいと言い出すようになった。

日本人にいろいろ、状況の改善を恃んだが、聞き入れともらえなかった。そして、ついに、レバランの前に退職願いをだした。許可されず、伸び伸びになったが、許可を待てなくなって、今日でナンブへの出社は終りにした。

本当は、ナンブの中の押出部門を独立させてもらい、彼が経営すれば、ナンブにとっても大きなメリットがあったと思うが、とに角、押出を知らない人ばかりだから、どうにもならない。私が、会社勤めを辞めたときと同じ状況のような気がする。

私が、そそのかしたわけではない。ただし、彼としては、ナンブを止めても、いつでも、私と一緒の場所で仕事ができるという意識があっての行動だった。事実、フリーになれば、いつでも大歓迎だ。残っている、私の教え子達、20人くらい、気持ちの動揺は大きいと思う。何人かは、私に相談に来ると思う。ナンブの押出部門、利益を上げているのは、その部門だけなのに、押出を知らない人が部門の責任者、客先と話ができない人が責任者?責任者が責任を負えない?どうなることでしょう。

明日、土曜日に会社の近くに引っ越しするといっていた。

http://otaenplaext.net/newpage140.html先日のブンクルー行きの記録をウェブサイトにアップした。

サッカー、インドネシア、UAEに負けたね。終盤ロスタイムに同点に追いついたが、PK戦でまけた。ボールの支配時間やシュート数は圧倒していたが、敗因は、相手の倒れ方がうまかった。倒れ方で負けた。ロスタイムの殆どは、UAEの選手が、何で、そんなところで、倒れているの?だった。ペナルティーキック二回、これも、倒れ方がうまかった。

 19時半からの日本はどうだったか、ブカシバラットだね。終了間際のPKをもらって、勝ったね。マレーシアが気の毒だね。
3IMG_1158.JPG
3IMG_1155.JPG 
昨日、たまたま、客先の人と入った日本食レストラン、MM2100に中のイズミとジャバベカ2のジャバショク、特に印象はない。
後退 交代 生徒
posted by 元気な振りの爺さん at 22:31| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

(^_-)-☆面白そう

 3506 アジア大会では公式種目になっていますね。sepak takraw セパッタクロ 藤蔓製のボールを蹴るスポーツですね。セパッと読んでいるようですが、インドネシアでは、サッカーのことをsepak bolaスパッボーラと言います。セパッではなく、スパッと発音します。ボーラはボールのことです。

縦方向に2mmの隙間があるパイプ状のプルファイルの話で、MM2100のホギへ行ってきた。この図面が示された。エスマルヒ(人名、四肢手術の際に出血を防ぐために用いる止血帯やエーテル吸入用マスク)のケースだ。この製品をインドネシアで作れる会社はない、作れる人もいない、ただし、一人だけいた。それは私だ。ソンボン バンゲットかな。一年前の図面だ。彼らが考えたのは、パイプを縦方向に2mm幅を切り取るということだった。そのパイプなら、作れる会社はある。そして、パイプを作って、縦方向に切ってみた。そりゃ、閉じちゃうよ。ひらくはずがない。
このパイプの製造依頼をされて作った会社、最終的のもとめる形状が分かっていたと思う、それなに、パイプを作ったなら、無責任もいいところだ。もし、パイプを切って作るなら、縦方向に切って、円周の一部が重なって外径が小さくなる。重なった部分を切り取れば、あたかも切り込みを入れたパイプになる。2mmの隙間を作りたければ、重なった部分より2mm多く切り取ればいい。そして、そのパイプの外径を30φにするには、30φのパイプの円周に切ったとき重なった長さが円周になるような外径のパイプを作ればよい。そして、重なった部分より、2mm広く切り取ればいいのです。このくらいの考えがなければならないし、それをホギに分からせなければならない。

パイプを縦方向に切れば、広がることはなく、必ず閉じる、それは、何故か?このくらいの事を知っていて、説明できるのが、パイプ製造会社の責任でもあるはずだが、多分、インドネシアに説明できる人はほとんどいないと思う。

私は、このことの原因から、インドネシア語でしっかり説明をし納得してもらった。外側と内側の冷却速度が違う、内径の方が冷えが遅いからだ。一年も、彼らは、悩んでいたのだった。

パイプをもとに作ることはできるが、問題点がある。製造条件を一定にしたつもりでも、何らかの条件違いによって、重なる幅(閉じ方)が一定しないかもしれない、ということは、外径も一定しないということになる。これを克服しなければならない。

もう一つ、こちらの方が確実と思われる方法は、プルファイルという考え方だ。こちらの方で成形可能な会社はインドネシアにはないから、ホギもそして、彼らが頼んだパイプ屋さんでも、思わなかったのでしょう。
IMG_1170.JPG
もう一つ、気になることは、本社の日本人が書いたのでしょう。原料が白色PE、これじゃ、分からん!PEは種類が沢山あるから、単にPEだけでは、困る。確認したらHDPEというこちだった。色については、多分、ナチュラルでいいと想像できる、白に着色する必要はないと思う。書いた人は、HDPEの製品を見て、自然色のことを白と表現したのだと思う。もし、白に着色するなら、色見本などが必要になる。厄介なことになる、と、伝えた。
見積もりを27日中に出すと約束した。造れば、これも、インドネシア初となる。一般的な人にはちょっとわかりにくい話ですね。
3IMG_1157.JPG
3IMG_1160.JPG
MM2100の高速からの入り口付近、工事だらけ、いったい何を作っているの?
3.JPG
卵の卸やさん、私はこういうところで、卵を買うことが多い、比較的新鮮だし、1kg、14個前後で、2万Rp170円くらい、安いでしょ。
パイプ プロファイル 特殊
posted by 元気な振りの爺さん at 22:39| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

(^_-)-☆ポトンカンビン

 3505 ヤギを切る、という意味だ。ヘワン クルバンHewan Kurban動物生贄の日でした。多くのナショナルホリデーが飛び石になっている場合は、土日にくっ付けて連休にするのが、一般の会社の習慣になっているが、この日は、この日以外に動かすことができない重要な日だ。皆さん、早朝からモスジッドへ行って、大声で祈り、そのあと、みんなの前で、牛やヤギや羊などを殺し、切り裂いて、肉を分ける。持ち帰る。
今日も、ゴルフ場に向かう道、まったく、道路に人がいない。皆さん、モスジッドの中にいる。例によって、スピーカーの大音量で、“神は偉大なり“と流している。ゴルフをしている間も、あちこちから、順番に肉を受け取る家族や人の名前が呼ばれていた。そんなこと拡声器で流さなくてもいいと思うのだが。
2IMG_1141.JPG
イスラムのこの行事、私は、大嫌いだ。こんなことは、皆さんの前で、言えないが、この習慣のメリットがなんだろうか、なぜ、こんなことをしなければならないのだろうか、偉大な神が、こうしなさいと言ったのでしょう、モハンマドさんも、こうしなさいと言ったのでしょうが、理由がわからない。皆さんは、分かって、なるほどと、思いっているのでしょうか。豚を食べてはならないと、言っていることは、有名だが、これも、私にはわからないし、聞いても、分かるように説明してくれる人は、一人もいない。

そもそも、断食月の理由もわからない。苦痛を共有して、仲間意識を深める?そもそも、苦痛と思っている人はいないでしょ。この期間中、飲んだり食ったり、肥満が増えるし、その上、学問や仕事に集中しない、夜は快楽にふける。断食月の10か月後の月の出生率が他の月より目だって高い。もしかして、アッラーの狙いはここかもしれないと思うくらいだ。

私は22年、インドネシアに関わってきているが、このポトンカンビンを、目の当たりにしたことはない。偶々連休になって、この期間中、旅に出たことがある、通りがかりのあちこちで、それらしき情景に会っているが、車を止めて見たことはない。残酷を見ない。
2IMG.JPG
人がいない道、ゴミの山が道の両側にある。イスラムは、こういう汚さと臭さは、OKとしている二でしょうか。ホトンカンビンの前に、マヌシア(人間)として、やることがるでしょ。
2IMG_1152.JPG
足の痛みは全き無くなってしまっていたが、70歳以上から、赤旗をもらえるらしい、赤旗を掲げていれば、カート道を外れて、ボールのそばまでカートは行ける。今日、それを確認した。乾季の時に限る。ボールの側迄ゆけるのは楽しいが、習慣で、ついつい、カートを降りて歩いてしまう。キャディーは大喜びだ。日本人の70歳以上はほとんど使わないが、どうも、インドネシア人からの要望らしい。
犠牲祭 ゴミの山 赤旗
posted by 元気な振りの爺さん at 23:16| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

(^_-)-☆ブロックMだけじゃない

 3504 イスラム国家のインドネシア、イスラム的にOKとは思わないが、豚を食べてはならないと、信じているが、売春は認めているらしい。酒もダメらしいが、皆さん、よく飲んでいる。
ただし、ラマダン、レバラン期間中は、イスラム過激派の連中が怖いから、店は閉じられる。その代表がブロックM(スクエア)ということになっているが、ジャカルタの日本人向けのレストランやカラオケや食材店がある一角として何十年も前からある。私は、赴任の数カ月前、下見に出張できたとき、ジャカルタへ着いたその日の夜、ある商社の人が案内してくれた。ユキというレストランだった。ギンギラのネオンがいかにもイカガワシイ感じがした。
しかし、赴任してから、数年の間、日本人の食事会とかゴルフコンペの打ち上げとか、商社などの接待とかで、頻繁にチカランから通っていた。平日19時ごろ、ついて、食事して、カラオケに付き合って、0時ころ、チカランへ帰った。当時が、渋滞は全くなかったから、1時間ちょっとで行き来できた。私は、10数年前辺りからブロックMによる行くことはなくなった。ただし、開発納豆やうどんを買いに、月に一回、日曜の午後、パパヤやコスモなどに買い出しに行っていた。

というのも、リッポチカランに、ブロックMに匹敵する、あるいはそれ以上の日本向け、カラオケやレストラン,食材店ができてきていたし、渋滞も激しくなってきたので。わざわざ、ジャカルタ迄ゆく人は少なくなった。今では、ほとんど行く人はいないと思う。リッポチカランやジャバベカですべてが、揃いっているからだ。
4361446R.jpg
ブロックMでもチカランでもリッポカラワチでも、カラオケがある場所の近所に、必ず、連れ込みホテルといわれているホテルがある。ホテルムラワイとかね。“ブンクス“”包む“という意味だが、お持ち帰りのことを言う。そう言えば、金額の交渉が始まる。ということです。

インドネシアではカラオケといえば、そういうところだ。日本でのカラオケは、こちらでは、“ファミリーカラオケ“と言う。カラオケボックスもある。イヌルフィスタなどが有名。

インドネシアでは、売春に関して自由である。偶にラジアといって、一斉取り締まりがあるようだが、目的はドラッグの方だ。ジャカルタでは、ブロックMは健全な方で、北、特にグロドックの手前、ガジャマダ通りの両側、この辺りは、地元や欧米人相手のカラオケ、ディズコが沢山あって、手入れのニュースが流れるのはこの辺りだ。日本人も、偶に、つかまっているが、すぐに解放されるらしい。

また、マッザージが曲者、多くのマッサージは、カラオケと同じような業者がやっている。価格表やメニューになくても、どうしますかと、持ちかけられるのが普通。その場でも本番まであるそうだ。だから、レバラン、ラマダンの時には、営業をしないマッサージ店が多い。

インドネシア、本当に、自由だと思う。多くの都市の郊外に隔離されたように、売春エリアがあって、タクシーの運ちゃんが、行って見ないかと勧める、イスラムに非常に厳しい、今でも、浮気などの罪にむち打ちの刑があるところのアチェでも、勧められて、昼間見学に行ったことがある。ジャワ島から出稼ぎに来ている人が多かった。

 とにかく、今回のバスケットの選手の事件?一番悪い奴は、朝日新聞の記者だという評が、インドネシアで仕事をしてる人たちに多い。私もそう思う。なぜ、辞めさせなかったのか、その上、密告のようなことをして自分の手柄にしようとした。手柄どころか、こいつが最悪だとね。進めた日本人らしき奴とのぐるのやらせじゃないのという話は、本当っぽい。純真なスポーツ選手が引っかかってしまった感がある。
私たちの住む近くでは、チカランからカラワンの間のカリマラン川の土手通り、カリマラン通りに“カフェ“といわれる店が並んでいる。地元の人には有名で、キャディーなどに、眠たいとか疲れているなどというと、昨日、行ったでしょ、などと、言われるときもある。
157eid03.jpg
明日は犠牲祭、競技場への行き来のバスの中から、道端で牛やヤギを殺す風景を見るかもしれませんね。
カラオケ マッサージ 連れ出し
posted by 元気な振りの爺さん at 22:15| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

(^_-)-☆状況伝達無しか

 3503 バスケットの選手がブロックMのカラオケ?こりゃあ、まずいでしょ。引率者は、なぜ、注意しないのでしょうか。現地の日本人で知らない人はいないくらい有名な歓楽エリアだ。日本のことは知らないが、ジャカルタだってチカランだって、かなり、解放的だ。これがイスラム?と疑う。
そのくらいの知識は持ってもらいたいものだね。ジャパンと書かれた服を着ていたとか、みっともない話だ。情報を得た新聞記者も、多分、遊んだんじゃないの?こいつらもいやなやつだね。駄目だよ、通報しちゃ、見ているなら、本人たちに注意すればいいのに。役員も記者も選手もほとんど同罪だよ。

蚊の事や水の事、行動の仕方、などなど、インドネシアへの訪問者に注意をしなければならない、事柄を、小雑誌にして、皆さんに渡してあるでしょうね。そのくらいのことは、等の昔から、どこの国へ行くにしても、監督や役員、スポーツの上部団体からは、出ているでしょうに。無かったのかな。

10月バリ行きのブッキングをした。友人が数人でやってくるので、その手伝いをするためだ。平均年齢、私より上だ。皆さん、大学の同級生、私は、どちらかというと、39人クラスの成績がブービーに近かったが、彼らは、上から10倍以内の優秀者、今はリタイアしているが、大学のドクタークラス、教授クラス、いろいろな研究経験継続している人ばかり、それこそ、カラオケということはないが、蚊の事とか、飲み水の事など、気を付けてやらなければならない。

バリ島最南端のウルワトゥという寺院エアリア内でのケチャックのチケットを入手した。サンセットが素晴らしいこの場所で、夕日を浴びながら待ち、地平線に沈んだころ、モンキーダンスが始まる。そんなところを案内したい。
1IMG_1126.JPG
今日は記念日だ。22年前の今日、バリ経由でジャカルタ、そして、リッポチカランのクラウンコートに入った日。インドネシアの国旗があちこちに有って。なぜだと聞いた覚えがある。ぞの翌日、荒野の用心棒のような風景の工場建設現場の飯場事務所で、ミーティングをした。それがこの写真の場所だ。キタガワからナンブに変わって、今は、貸工場の垂れ幕が出ていた。
1IMG_1119.JPG
昨日、サッカー、ベトナムに負けた。競技場の正面だ。今日も、この前を通って、リッポチカラン、そして。MM2100に向かった。

22日は、イスラムにとって、レバランの次に重要な犠牲祭だ。いつもなら、10日以上前から、道端のあちこちで、牛やヤギを売っている風景があったので、ああ、近づいているなと分かったが、最近は、そのれが少なくなった。今年は、まったく、道端で見かけない。従業員に聞いたら、ほとんど、ネット販売で、二三日前に届けられるという。なるほどね。イスラム社会においては聖なる泉とされている、ザムザムの泉から湧き出るザムザムの水も通信販売で売っている世の中だ。牛やヤギは当たり前か。
1IMG_1132.JPG
前を丸々太った牛が運ばれていた。インドネシアの牛は一般的に、骨と皮しかないように痩せているがこれは例外だ。高いだろうなと思う。
不祥事 注意事項 ダメだこりゃ
posted by 元気な振りの爺さん at 22:12| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

(^_-)-☆帰宅 ブンクルから

 3502 出発をもっと早くすればよかった。18:20だから、ホテルのチェックアウトが12時、16時半ごろまでどうしようか、ドライバーを半日ということで頼んだ。始めに、海岸に行きましょう、ということで、案内されたが、これが汚い、ゴミだらけ、よくこんなで、満足しているなと感心するくらいだ。5分くらいで、その海岸から離れて、海岸道路をしばらく走った。人気が無い海岸で止めてもらった。そこは、ゴミがなかったので、20分ほど、海岸を歩いてみた。何年前には、確か,カブトガニが水際にいて、小さい子が捕まえて遊んでいる風景がった海岸だと思う。今は、その雰囲気は全くなし。
1IMG_1019.JPG
1IMG_1029.JPG
次いで、ベンテンタケシならぬ。ベンテンマリオボロという、イギリス軍の要塞に案内された。ここも、以前来たことがった。ベンテンとは城のことだ。1942〜5年まで、日本が支配していた場所だ。例のパレンバン落下傘降下先作戦から、ブンクルにも攻め込んできたのでしょう。こんな要塞、簡単に落とされそうという貧弱なものだと思う。140年間の植民地支配が終わった。本当に短期間だった日本の占領は、こういう、所を見ると、インドネシアにとっては、ついていかな、思う。

ついで、スカルノ初代大統領が三人目の妻、ファットマワティさんや家族と住んでいた家に行った。スカルノの生誕地は東ジャワのブリタールだが、第二次大戦当時はここに住んでいた、結構、多くの人が訪れていた。大勢写っている写真があって、第一から第三迄の夫人や子供も写っている。戦前、戦争直後の写真だから、第四のデビ夫人はいない。しばらく、訪れていた人や写真を撮る商売の人たちと話し込んだ。その中で、デビスカルノという話しが出て、まだ、生きているのかと聞かれた。生きてるよ、テレビによく出ているよという話をすると、びっくりする。

メガワティスカルノプトゥリ元大統領は、このファットマワティさんに、よく似て居ていると思う。デビ夫人を第四夫人として迎えた夫、スカルノを、どう思ったのでしょうかね。
1IMG_1054.JPG
1IMG_1057.JPG
ついで、そのファットマワティさんが生まれ育った実家?へも、行ってみた。誰も来ていなかった。スカルノさんとの写真はここの方が多かった。肖像画はとびっきり美人になっているが、当時の女性といては平均以上の美人だったのでしょう。だから、一二より、一緒にいる期間が長かったのでしょう。肖像画と一緒に撮影してみた。

国内線は、水など飲み物持ち込みがOKになったのでしょう、ブンクルーでも二度チェックがったが、アクア二本、何の問題もなかった。

タクシーの運ちゃんとも話が弾んだ。順調に20時には、ターミナル1から、整理券を出して待つ、ブルーバードで出た。いきなり、渋滞なし、今に渋滞にハマると思っていたら、グロゴールとアンチョール方面で別れる手前で、グロゴールを通るように言った。運転手、そのつまりだという。聞くと、アジア大会期間中、スマンギ通過の高速は、途中四か所のゲートは使えないようになっている。奇数偶数も関係なしに、バス、タクシー以外は、全て適応される。チャワンからはいつもの通りだという。朝5時から夜中の12時まで。だから空いてるわけだ。100Kで走っている。チャワンの合流でちょっとのろのろになった、そして、ブカシバラット辺りとタンブン辺りで、ミキサー車などがLRT工事エリアに入るために車線が少なくなっている場所あっただけだった。21時半会社に着いてしまった。新記録だ。
ということで、日曜のこの時間でも、高速の両脇の一般道(ガトゥットゥスブロト通り)は、大渋滞だった。明日から、ジャカルタに住んで、チカラン方面の会社に通っている日本人、通勤が無理になるんじゃないの。チャワンから入らなければならないし、チャワンで出なければならないからね。
11LMG-1113.JPG
ブルーバードは大もてだそうだ。地方へ行っているタクシーを全部ジャカルタに集めてあるが、間に合わないという、明日から、もっと、大変になる。きついオーバータイムをしなければならなという。経営者は大喜びしている。

今回の旅は二日目がハイライトだった。そして、インドネシアの人達と、会話が楽しくできたことが、気分を良くした。皆さん、気さくに離し掛けてくる。山登りに上り下りでも頂上手前のテント場も頂上の外輪山でも、どこから来た?一人か?と聞いてくる。“こんにちは“とか、”元気ですか”“ありがとう”などと、知っていそうな言葉をいって、驚かせる。皆さん,喜んでしまう。ハイタッチをしてきたり、写真を一緒に頼んできたりする。

ベンテンマリオボロの位置口付近で近所のおばちゃんらしき人が、井戸端?会議をしている。その脇に、大木というか老木があった。この木何歳?と、皆さんに聞いてみた。300歳だと返事が直ぐ帰ってきた。木の名前は?と聞いたら、チュンブルーだという。本当?と聞いたら、本当だという。側にいた男性が、笑いながら、本当の名前が知らないが、何故か、ここではそう言っているとといっていた。信じるよ。分ったよ、と、日本語で言ったら、キョトンとしていた。有難う、と付け加えた。そして、“さよなら“といって、後にした。面白い。

今朝、目が覚めあたら、腿や脹脛が痛む、それも、かなりだ。二階だったが、Gへ降りるのに、リフトがなかなかこないので、階段を降り始めた、すぐに止めて、エレベーターを待つことにした。それほど痛かった、時間を追うにつれて、痛みが増す、車から降りるときも、かなり我慢を強いられる。山へ一泊してからの下段は、多分、リンジャニの時と同じ様に、負ぶってもらわなければならなかったと思う。リンジャニの時も上で一泊ではなかったから良かったと思う。今後、もし、山登りをしたいと思ったら、オジェックである程度の高度迄ゆけるかどうか確認しようかと思う。

インドンシア国内線での搭乗口はチケットに書かれている場所と違う確率が高いので、一旦、書かれた搭乗口で待つが、移動する場合の方が多いと思っていた方が良い。

時間潰し 市内観光 腿痛
posted by 元気な振りの爺さん at 22:16| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

(^_-)-☆アシア大会開会

 3501 開会式ですね、アジア大会、19時からでしたね。ライブで見た。こんなものでしょうね。開会式は。
1IMG_0988.JPG
1IMG_0991.JPG
「部屋には蚊が多く、池江は「朝起きたら何カ所も刺されている」。同じ部屋の持田早智(ルネサンス幕張)も「殺虫剤や蚊取り線香を使ったけど、あまり効果がない。こっちの蚊は強い」と困惑気味だ。」納得ですね。インドネシアの蚊は、タフですよ。高層階にも、上がってきますよ。エレベーターやエスカレーターを使っているからね。それより、夜の蚊は痒いだけだが、昼間の蚊には気を付けて、デング熱を運んでいるよ。
チチャック(白い小トカゲ)は、部屋にいなかったのでしょうか。それならいい。

ということで、カバという山に登ってきた。7時登山開始、いきなり、胸突き八丁、その上、昨晩の大雨で、滑る滑る、いきなり泥だらけ、こりゃまいったな、大丈夫かなと、心配したが、私の足腰は、耐えるこちができた。イジェンより、リンジャニより厳しい状況だった。登りは何とかなるだろうが、頂上まで行ったら、すぐ下山という予定だったので、下山の時の膝のガクガクが心配だった。途中、何回は休憩したが、3時間、10時ごろには、火山湖も外輪山に到着した。頂上だ。最後の1000段あるという真っすぐな階段、日本の神社などの階段とは、全然違っていて、一段の幅も高さも、一段一段違う。足の上げ方が一定では、つまずくし、前のめりになる。
1IMG_0884.JPG

IMG_0875.JPG
IMG_0871.JPG
この階段の下にオジェック(バイクタクシー)が数台,待っていた。客が戻ってくるのを待っているという。ジャカルタからの女性たちだという。私がその階段、最後に力を振り絞っても、途中で3回休みながら登り切った。やった、万歳!!インドネシア人が、みんなどこから来たかと聞く、日本かただよというと、驚き、日本人と話をするのは初めだ、一緒に写真を、と、何回も言われた。ここの景色、最高!!来てよかった。景色はリンジャニやイジェンほどではないが、タンクバンプラフやガルングンを越えていた。そこで、ジャカルタからの女性にもあった。大変だったせしょ、と言ったら、オジェック出来たから、全然疲れていないという。おいおい、さっきのオジェックだ。3時間前に歩き始めた場所から、アスファルト舗装の道は階段下まであったのだった。往復、10万Rp(たったの800円)片道、30分も掛からないという、道は遠回りで歩くのも楽だが、5時間かかるという。だから、ほとんどの人は、バイクを使わなくても、そちらの道でくるという。勿論知っていれば、オジェックで行ったと思う。

途中、足を良く揉みながら来たのがよかったのか、下りでも足は大丈夫だった。一緒に付き合てもらった20歳の若者が驚いていた、本当に75歳?と。運転免許証(SIM)を見せて、本当だろう、とね。会う人、逢う人、一番、年かな思う人、44歳だった。それ以上の年の人はいなかった。オジェックなら年寄りでも、その気になれと思うのだが。日本人、ブンガバンカイが咲くという情報が入れば、ブンクルをお勧めします、そして、Kaba山、オジェック登山をお勧めします。やはり、乾季が良いでしょうね。

悠然と降りてきて、管理をしている人たちにも驚かれた。気分がいい。日本人は来るのかと聞いたが、そこの人は、日本人は始めてだといっていた。外国人自体がほとんど来ないといっていた。
1IMG_0959.JPG
車で、チュルップを通過し、以前、寄ったブンガバンカイを管理している場所を途中で聞いてみた。そして、有った、そこの人、わたしを覚えていなかったので、私もそれを言わなかったが、場所に案内してもらった。以前の管理されていた場所とは違って、完全に自然ジャングルの中、また、急激な上り下り強いられた。よくやるよと、自分で思う。コーヒー園の中を通った向こうに、そのうっそうとした木々の中に連れていかれた。あるある、アモルファス チタニウムの既に木になったものがあちこちに、大小あった。種類もアモルファスでもチタニウムではなく、ギリなど別の種類もあった。ここも大変だったが、いって見てよかったと思う。
1IMG_0978.JPG
そこから、すぐの道端で、地元のドリアンを売っていた。食べないわけにはいかない。これ一つ、5万Rp,安!!!その場で、運転手と一緒に一個 食べてしまった。もう一個、買って、中身だけを袋に入れてもらって、ホテルで平らげた。
満足 プアス アジア大会
posted by 元気な振りの爺さん at 23:36| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

(^_-)-☆独立記念日

 3500 ハリムルデカhari merdeka独立記念日である。外国選手は、派手な幟や旗があちこちに飾られているのを見て、何事かと驚いているでしょう。まさか、アジア大会を祝ってとは思わないでしょう。毎年、同じような催しがあるね。

朝早いが、渋滞を警戒して、4時、家をでた。そんな早朝でも、タンブンからブカシバラットを過ぎるまで、大渋滞、ボゴール方面に向かうリンカランに入る車が渋滞の素だった。そこを過ぎれば順調で、6時半に、ターミナル1ライオンエアー前に到着、ドメスティックは、一階だけで、到着、出発デートが、交互にある。ソラリアでイスミー硬焼きそば(400円くらい)を食べる余裕もあった。 時間通り8時離陸した。
 ドメスティック、以前は、飲み物持ち込み、国際線と同じように、駄目だったが、今回、試してみた。X線チェック、二回あったが、何も言われず、通過して持ち込んだ。大丈夫かなそれで。

ブンクルーには、10時前に到着、ターミナルから出たところに、タクシーのカウンターがあって、そこで、ラフレシアを見たい事と、明日、カバ山に登りたいといって、簡単な概略報道予定を離し、2日間の貸し切りタクシー(一日45万Rp)頼んだ。ガソリン代と食事代や運転手の宿泊代は別だという。早速、何年か前に行ったことがある山の方に向かった。約3時間走って、目的地辺りに着いたが、それらしき、雰囲気が無い。道端にラフレシアが咲いているよという看板が無い。仕方がないから、その辺りにいる人たちに聞いてみた。そして、一か所、ブンガバンカイを集めている人を見つけた。大コンニャクだけが、18株?あった。しかし、ほとんどが咲いてしまった後、木のようになっていて、それも、枯れるのを待っているだけが1数本、わずかに2本だけが、タケノコ状の芽が生えてきていて、大きい方は9月末から10月にかけて開くという、この写真がそれだが、今30Cmくらい、一か月半くらいで、2〜3mになるという。今日の成果は、これだけだった。
IMG_0803.JPG
明日、山登りをするため、歩きはじめる場所まで、車で行って、私と一緒に行動してくれる人を探して頼んだ。ここは,ガイドという職ではないが、飲み物などをそこで売っている家の男の子だ。Gn.Kaba1938Ⅿに登る。スタート地点が900Ⅿだといっていた。
IMG_0822.JPG
Culupという街のGriyaというホテルに入った。夕食は、これ。カンクンとアヤムゴレンとテーパナス3万5千Rpぎっくりするほど安い。味も私には十分美味しかった。
IMG_0826.JPG
こんなところで、日本があった。箱梨ティッシュペーパー用のケースだ。インドネシアでは、濡れティッシュや押しごりの習慣はなく、どこでも売っているtissueかトイレットペーパー(ロールティッシュという)をテーブルに置いてある。だから、それ用の入れ物が必要になる。

疲れた。昨日も0時過ぎに寝たが、3時には起きて出発し会社でタクシーを待った。殆ど寝てない上に、歩き回ったからだ。明日は6時出発の7時、登山開始になる。
 ブンクル チャペ 株?
posted by 元気な振りの爺さん at 22:14| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

(^_-)-☆また、観戦

 3499 暇だし、また、スタジアムへ行って、パキスタン戦を見た。16時からだから、15時に会社から出た。今度は、勝手がわかっているから、チケットを売っている入り口の近くに駐車した。 9番が近かった。先日と同じ場所で眺めた。
開始早々、1分、得点した。前半は4点、後半は0点、後半は、前回のネパール戦と全く同じで、球を回しているだけ、終盤になって、この前散々だった6番金髪が同じポジションに入ってきた。今回、私の批評が通じたのか、よく動いていた。この動きなら、納得という動きだった。
IMG_0771.JPG
左の上にメイカルタのビルディング見える。日本人女性が4人、斜め前に座って、静かにみていた。この時は、まだ、3−0になっている。
IMG_0768.JPG
日本国中のサッカーフアンが注目しているゲームをチョコっといって見るって、面白いなと思う。明日の朝、ブンクルーへ行くから、ベトナム戦は、見ることができない。
IMG_0766.JPG
工場付近の町長選挙の運動が始まったという。なんで、子供が大勢いるの?お菓子や風船を配っているという、良いのかな。
irawec.jpg
Beroperasi 1 Maret 2019, MRT Jakarta Terus Jalani Uji Coba来年の3月1日、運行開始ときまりましたね。試運転を続行中だ。

サヤンという言葉は、日常的に聞く?親が子供を呼ぶときに使う、愛しいと思いを込めて、相手を呼ぶときに使う。スカやチンタより情緒的だと思う。私がよく使うの時、ゴルフのティーショットを打った後、カート道に近いところにボールが落ちた場合、“サヤン キャディー”と言います。キャディーの事を思ってだよ、という意味です。たちどころに、“マカシー”有難う、と返ってくる。逆に、カート道から遠い方に飛んでしまった場合は、サヤンヤ、気の毒、という場合がある。すると、ちょっと、ふくれっ面をしながら、ジャンガンヤ、ダメでしょ、という。気の毒という意味に時の使い方の例です。Sayang sekali dia meninggal di usia yang sangat muda.まだ、若いのに亡くなってしまって、 Sayang sekali Sedih ya.寂ししい、悲しいでしょう。

マレーシア、二人の女性が有罪だろうが無罪だろうが、金正男を殺したのは、金正恩に決まっている。証拠など山ほどあるはずだ。疑う余地がない。この殺人鬼と韓国の文何とかという大統領、手を結ぼうというのだから、狂っている。中国も、ロシアもアメリカも狂っている。日本は、もし、金正恩と会うなら、身内を殺した犯人と理由を明らかにするよう要求すべきだ。安倍さんは、このことをはっきり言うべきだし、条件にすべきだ。核やミサイルの廃棄と同時にである。経済や援助の話などしてはならない。
勝ち 不満 サヤン
posted by 元気な振りの爺さん at 23:07| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

(^_-)-☆インドネシアだから

 3498 終戦記念日ですね。これは、今回アジア大会の一つの会場、スマトラ島のパレンバンのムシ川に掛かるアンペラという有名な橋の北側たもとにある博物館Sultan Mahmud Badaruddin II Museumの一角のアンティクショップと以下、管理人の自宅で売られていた、大日本帝国発行のルピア紙幣です。下に大日本帝国政府と漢字で書いてある。日本の一銭から百円に相当したそうだ。すでに、日本選手がこの街に入っていると思う。橋当たりの散歩がてら、時間が有ったら、この博物館によってみたらいかがでしょうか。
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage107.html
http://otaenplaext.net/newpage37.html
IMG_0738.JPG
昨日はじめて入ったWibawa Mukti、ウィバワ ムクティ スタディウムの印象。先ず、駐車場がない。3万人収容、大部分が車でくるでしょう。行って、そこらあたりにいるセキュリティーにどこへ留めたらいいか、聞いた。そこでいいよと、指さす、路肩だ。すでに、多くの車が駐車していた。空いているところ、どこでもいいと言われ、聞いた場所にすぐそばに駐車した

駐車した場所で、ボランティアにチケット売り場はどこ?と聞いた。駐車した場所は、円形の北端だった。売り場は、東側にあるという、一か所だけかと聞いたら、西口のもあるが東の方が近いという。四分の一周歩いて、チケットを買った。二階席が良いと言ったら、九番ゲートから入るチケットを渡された。

15万Rp(千二百円くらい)。有る日本人が、現地人従業員にチケットを買うように頼んだそうだ。しばらくして、50万Rp(四千円くらい)と言われた。だから、買うのを止めたといっていた。貴賓席みたいな席だったのでしょう。自分で、当日券を買いましょう。空いているから、買えるよ。

方向を聞いたら、北側の方にあるという。ということで、駐車した方向に戻った。9番ゲートは見える入り口に差し掛かって、そこから入ろうとしたら、ここは出口だけに使われるという、西の入り口から入るようにいわれた。さっきと反対方向、四分の一周歩いて、やっと西の入り口から入ることができた。ここで、チケットの半券をむしられ、持ち物チェックのゲートを通り、やっと、場内にはいった。それから、また、もと来た方向へ四分の一周歩いて9番の前に着いた。誰も、そこにいなかったが、ボランティアが走ってきて、チケットをチェックし、OK,ここから入ってという。スタンドの入り口に入った。二階まで、階段で登る、これが、さんざん歩かされた後なので、きつい。指定ゲート以外からは入れさせてくれない。ガラガラなんだから、どこへ入っても構わないだろうと思うのだが。面白いことに、何人かで行った場合、一人のチケットのゲート番号を確認するだけだから、連れが、他のゲートのチケットでも、一緒に入ってしまうことができる。厳しいようで厳しくない。
IMG_0756.JPG
スタンドに入ってみると、ゲートごとに行き来できないように柵で仕切られていた。それも2m以上の高さになっている。インドネシア人にとっては、低ければ意味がないからだろう。指定席ではないから、そのエリア内なら、どこへ座ってもいい。

とにかく、エレべーターはないし、トイレもはっきりしない。もっとも今回はボランティアや機動隊などの方が多かったので、スタジアム外に簡易トイレが設置されていた。ドアロックが壊れていた。トイレの場所は、確認しておいた方が良い。
IMG_0760.JPG
19時から、ブカシバラット、イミグレの側のスタディアムで、インドネシアとパレスチナの試合が始まった。昨日の日本の動きが、貧弱に感じられた。入場の場面、ポカリが目だち過ぎ。インドネシアの得点、明らかにオフサイドポジションからだと思うが、テレビ画面にない場所でパレスチナ選手がゴール寄りにいたのでしょうか。

結局2−1で負けたね。皆に、まだ、予選通過はできるからと、言うしかない。
IMG_0759.JPG
客先の検査部門が来て製品のチェックをしている。

パキスタン戦、前半の4点のまま、4−0で勝ちましたね。見てきましたよ、懲りずに。

疲れる 案内 不足
posted by 元気な振りの爺さん at 21:57| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

(^_-)-☆がっかり

 3497 Wibawa Mukti権威解脱、ウィバワ ムクティ スタディウム、日本、ネパール戦の応援というか、話の種に行ってみた。17時半過ぎに、仕事を切り上げ、勉強に来ている日本人若者と一緒に車で向かった。心配は、駐車場はどうなっているのということだった。この競技場の前の道は、チバトゥインターやデルタマスヤ、デルタシリコン、リッポチカランへ行くとき、日常的に頻繁に通る。13番ショートホールの直ぐ外に見える。しかし、この場所に入ることはないし、中や周りで何やら催し物があるときも、車や人が邪魔だなと思いながら通るだけだった。

あまり早く行っても、暑いだけで、仕方がないから、ベトナムとパキスタン戦が終了したころ着こうかと出かけた。
19時丁度に始まった。日本チームの動きが鈍い。
IMG_0742.JPG
IMG_0755.JPG
IMG_0757.JPG
なんという名前か知らないが、6番、金髪、こりゃダメだ。前半、私が見ている真下のサイドラインを出たり入ったり、ほとんど動かない、5m半径の円の中にしか、いないように見えた。時々、左前方に走るふりをするが、球は回してもらえない。一度、何を思ったのか、相手選手を追いかけた、そして、足を後ろから引っかけて、イエローのファウルをしてしまった。多分、日本選手がイエローをもらったのは、この選手だけだった。それに、不思議なことに、ほとんど走っていない、動いていない、この選手が、自分が受けたファウルでもないのに、直接フリーキックした。それが、また、壁を越えて打つと思ってみていたが、壁にぶつけただけだった。
posted by 元気な振りの爺さん at 22:19| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

(^_-)-☆ドリアンどうぞ

 3496 大好きなドリアン、糖尿病になりやすいと警告。 野菜や他の果物を先に食べて、ドリアンは少しだけにしようと提案している。
Dokter: Penderita Diabetes Boleh Kok Makan Durian, Ini Triknya! 糖尿病患者はドリアンを食べてもいい。これは、トリック!
"Durian itu cepat sekali menaikkan kadar gula darah. Itu sebabnya diabetesi harus membatasi konsumsi buah ini," 「ドリアン」すぐに血糖値を上げる。だからこそ糖尿病にはこの果実の消費量を制限する必要があります" ujar dr. Aris dalam peluncuran aplikasi Teman Diabetes di Jakarta, Jumat (11/8/2018). 博士アリスは、糖尿病の友人に話した。ジャカルタで、金曜日 (2018/11/08)。

"Kalau mau makan durian, siapkan dulu sayur mentah 200 gram, terus timun satu buah, dan tomat yang besar satu buah. Nah, wajib makan sayuran itu dahulu baru makan durian. Selain perut sudah lebih kenyang sehingga nafsu makan durian berkurang, sayur juga bisa menghambat penyerapan gula, jadi dampaknya berkurang, " "ドリアンを食べる場合は、生野菜 200 グラム、果物、キュウリやトマトを準備する。ドリアンを食べる前に野菜を必ずたべれば、よりお腹が一杯なら、ドリアン食欲を減少させる。野菜も、糖分の吸収を抑制することができる。糖分の影響を少なくする。

ドリアンの飲み合わせ、食べ合わせはない!!アルコール類と一緒は、死ぬとか、お腹が破裂するとか、まったくにおデマ、ただし、私は美味しくて、モントンを半日で一個、平らげた、そのあと、お腹に何やらガスがたまったようになり、食べきった後より、お腹が膨らんでしまった感じがあって、ゲップを頻繁にした覚えがある。周りからは、ドリアンを食べたでしょ、と、羨ましがれたことがあった。なぜ、一人で食べちゃうの?と。なんだって、食べすぎは良くないに決まっている。今日も、会社の帰り道、ドリアンを買ってしまった。タイから輸入のモントンだった。先日の国産ラジャウマスより10%ほど安かったので、小さめだが一個かっやてしまった。1800円くらいだった。この四分の一だけ、今日食べてしまった。
IMG_0735.JPG
IMG_0737.JPG
ドリアンは、ドーピングに、引っかかるのでしょうかね。まさか、差し入れをする人や企業はないでしょうがね。

アジア大会、男子サッカーの事、勿論、ネットで紹介されているし、新聞でも紹介されているが、私のブログを見て、チケットを購入したよ、という人が何人かいた。前の試合から入場できるので、17時の仕事終わりには、向かうという人が多い。

一つ、、又た、インドネシアらしいこと。インターネットや電話のプルサを買う場合は、外国人は、先ず、パスポートやイタスを提示して、登録をしなければならない、これは、もう、一年近く前に制度化されたことで、それまでは、どこの販売店でも、普通に買えた。しかし、突然、登録していなければ、売れないと言われてしまった。そこは、インドネシア、私がよく利用するバッタク人の店では、今まで通り、買うことができた。他人の登録を使ってくれるからだ。それはそれとして、近くのグラパリへイタスをもっていって登録し、その番号を示せば、どこの店でも買えるといわれた。なるほどなと思った。ところが、先ず、先日の空港のテルコムセルの販売店では、その番号では使えないからと、改めて登録しなおされた。その時、新しい番号を渡され、これで、次から買えるといわれた。又かよ、と思った。そして、今回、例のバッタクの店にって、別のモデムのためのプルサを買いにって、最新の登録番号を示したら、そんなものは、言わないと、言われ、19GBを9万Rpでいれてくれた。

一般の日本人は、会社が全てやってくれるし、支払も自動的にやってくれているから、こういうことには、気がつかないだろうし、もし、使えなきうなれば、会社に言うだけでしょう。要するに、登録しなくてもネットも電話もできるということだ。勿論、融通が利かない店もあるでしょう。
20150724.jpg
先週から、スマトラのリアウ州ジャンビというところで、大規模な森林火災が発生している。乾季の真ん中、山火事の季節だ。この辺りから煙は、毎年、東にあたるシンガポールやマレーシアに甚大な煙害をもたらしている。今年も例外では無いようだ。アジア大会の会場の一つ、パレンバンは、200kmほど、南なので、煙は来ないと思うが、国は、消火に躍起になっている。
Empat helikopter dikerahkan atasi kebakaran hutan Riau Senin, 13 Agustus 2018 13:22 WIB 4機のヘリも消火に当たっている。

ドリアン 大好き プルサ
posted by 元気な振りの爺さん at 19:12| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

(^_-)-☆ゴルフ場への途中

 3495 日本では、酷暑に中、二日続けてやることはなかったが、インドネシアでは、土日と二日は当たり前だった。そして、久しぶりに二日連続だった。流石の私も後半はへばった。右肩や腰の痛みが気になった。

今朝、6時半に家から出た。ゴルフ場まで途中、こんな風景の中を通る。先ず、パパヤの木、寂しそうに一本だけ、なり始めてる実は、まだ、小さい。マンガ(マンゴー)ピサン(バナナ)クラパ(椰子)の木は、当たり前に普通に道端にある。
IMG_0723.JPG
日曜の朝は、多くの人々が、近所の広場に出てきて、それぞれの過ごし方をする。集団体操、ランニング、ボールけり、バドミントン、自転車など、軽い運動をする人たち、家族、友人、近所の人たち、ゴルフ場に通じる道路は、広いし、車はほとんど通たない、その人たちにとっては安全な場所の上に、セキュリティーも視ている。集まりにか恰好な場所だ。
ユニフォームが多いが、それぞれの服装もちょっとした気使いがあるようで、おしゃれをしている、昔は裸足が多かったが、今は、皆さん、きれいで新しい。
この中を、最徐行して、通過する。何時までいるのでしょうか、それは、分からないが、多分、9時ころまで、体操などの音楽が流れて居る。
IMG_0726.JPG
帰りには、仕事からの帰りの時も、同じだが、こんな状態も当り前だ。牛をよけるのはできるが、糞をよけることはできない。
IMG_0722.JPG
18日開会式、アジア大会、一色になりつつあるインドネシア、ブカシバラットのイミグレの前の競技場でサッカー、インドネシアと台湾戦、4−0でインドネシアが勝った。大騒ぎだ。
アジア大会 途中道 生活環境
posted by 元気な振りの爺さん at 22:58| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

(^_-)-☆インドネシア キニ

 3494 サッカーは、アジア大会開会式に先立って10日から、始まっている。

Grup D Tampil di Stadion Wibawa Mukti Cikarang Stadion Stadion Wibawa Mukti di Cikarang Timur Kabupaten Bekasi,まさに私の住所がチカランティムール(東チカラン)だ。
IMG_0716.JPG
IMG_0719.JPG
アジア大会の男子サッカーDグループの日本は、14日 19時 ネパール、16日 16時 パキスタン、19日 16時 ベトナムと対戦する、競技場は、ジャバベカゴルフの南隣のウィバワ ムクティ スタディウムだ。開始時間は現地時間、日本時間は、+2だ。私はどうしようかな、車で10分も掛からない場所だから、試合が始まってから応援に行ってみようかなと思う。リッポチカランやジャパベカなど、この辺り、日本人がウジャウジャいるから、暇つぶしに、皆さん出かけると思う。ホームゲームの雰囲気になると思う。
IMG_0698.JPG
二か月半ぶりに、ぞのジャバベカでゴルフ。日本での過酷なゴルフに比べれば、涼しくて、天国だ。それでも、600mlボトルを三本、しっかり、水分補給をしていた。グリーンの速さが違っていて、それに慣れないまま、最悪のスコアーだった。久しぶりに蓮の花にも会えたし、ビアワックにも会えた。

2019年4月のインドネシア大統領選の立候補が10日締め切られた。
Jokowi-Ma'ruf Amin Pasangan Terbaik 最高の組み合わせ
Jokowi-Maruf-Amin.jpg 
ジョコ氏は「イスラム票」を取り込むため、イスラム穏健派組織「ウラマー評議会」のマアルフ・アミン議長(75)を副大統領候補calon wakil presiden(cawapres)に指名した。
Alasan Prabowo-Sandi Lirik The Power of Emak-Emak  emak-emakはibu-ibu(奥さん−奥さん)の汚い言い方
prabowo-sandiaga.jpg
プラボウォ氏は、ジャカルタ州のサンディアガ・ウノ現副知事(49)を副大統領候補に指名した。ジョコ、プラオーは、前回も一騎打ちだった。 今回は、プラボーが勝つ気がする。
再会 サッカー 選挙
posted by 元気な振りの爺さん at 22:43| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする