2018年09月30日

(^_-)-☆難しい試作

 3543 一週間分と言うか、出発前、四日までの食料を買いに行った。いつものように、野菜や果物、豆腐や魚、それに、牛肉を買った。レジで1,5Kgだから、鶏肉が付くよと言われ、鶏に行ってくれた。ささやかな、喜びでした。
IMG_1602.JPG
私が住む田舎町にも、地方からの移住者が増えてきて、どんどん、賑やかになってきている。デルタシリコンやチバトゥなどの工業団地周辺の開発ほどではないが、分譲住宅地や商店街が増えてきている。今迄、臭いゴミ放置場所街道のようなところが様変わりをしている。
IMG_1599.JPGIMG_1600.JPG
試作が始まっている、隙間2mm空きの30φのパイプ、HDPE製、先ず35φくらいのパイプを作って、切り込みを入れて、閉じ具合を確認した。ある程度閉じて、30φ近くに小さく成れば、閉じて30φになるような径のパイプを作って、隙間が2mmになるように、そのパイプを切ればいいと考えたからだった。しかし、結果は、縮過ぎ、35φが25φになってしまった。ということは、40φくらいのパイプを作って、円周の半分近くを切り落とさなければならないことが分かった。これでは、原料を二倍使うし、再生原料を使わならなくなる。
そこで、プルファイルの金型にすることにして、夕方、試作をした。その結果、この方法で行くことにしたが、縮み具合が、思ったより小さく、径も隙間も小さくならなかった。そこで、金型を修正段階に入った。後、約束の試作OK品の提出期限まで後、二週間、出かかる前に、もう一度試作が出きれば、良いと思うが、修正が間に空くかどうか微妙だ。いない間、ディキ君にやってもらうことになる。彼が、いてくれるようになって、心強い。

昨日の夜から、個人のスマートフレンでワイファイが繋がらない、「インターネットなし」の冷たい表示が出るばかり、昨日は会社のワイファイで何とかしたが、家では繋がらなかった。投稿ができなかった。私に何かあって投稿できなかったわけではない。

https://www.youtube.com/watch?v=Q9mDoGtxX_E
犠牲者は確認されているだけでも390人くらいですね。
試作 オマケ 開発
posted by 元気な振りの爺さん at 22:52| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

(^_-)-☆どうなる?

 3542 BREAKING NEWS -- Gempa 7,7 SR Melanda Sulawesi Berpotensi Tsunami Gempa Bumi di Sulawesi Tengah Terasa sampai Kalimantan Timur Jumat, 28 September 2018 17:24
https://www.youtube.com/watch?v=0MI0S_tx44E
津波の様子です。
tsunami.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=as2u7IUJy7s
地震発生時の町の様子 スラウェジ島、中央部の狭い陸地の西の海底が震源のようです。当然、カリマンタンの東部も揺れた。17時半前。
586c46da.jpg
運輸省は10月7〜16日、国際通貨基金(IMF)・世界銀行の年次総会が開かれるバリ島で、進入車両規制策の奇数偶数制度を導入する。時間は午前6〜9時、午後3〜7時。
Ganjil奇数-Genap偶数 di Kawasan Nusa Dua Bali Berlaku 7-16 Oktober
6日から8日まで、私たちがいるときに重なる。
- Jl By pass Ngurah Rai (Simpang Pesanggrahan-Nusa Dua)
- Jl Raya Uluwatu (Simpang Kali-Uluwatu)
- Jl Kampus UNUD (Simpang Kampus-Politeknik)
- Jl Uluwatu II (Simpang Bali-Simpang Kampus UNUD Ngurah Rai)
- Jl Siligita (Simpang PDAM-Simpang By pass Ngurah Rai)
偶数日はナンバーが偶数だけ、奇数日は奇数の車だけ、進入できるという制度。

 4日に大学の同級生4人と一人の奥さん、男3人女2人を、スカルノハッタ空港で迎える。5日には二社の工場見学を付近で、ジャバベカ、デルタシリコン5辺りからヒュンダイ、EJIP、そしてMM2100などの工業団地を案内し、ジャカルタに向かってもらう。6日は私も一緒にバリへ発つ。もう、直ぐだ。緊張してきた。

私のウェブサイト、2007年5月9日スタート、現在まで、11年4カ月、4120日、175900回のアクセスとして、1日平均42回のアクセスがあったことになる。サブを作ったときのスタートアクセス番号をメインと同じ数字からにしたので、ほぼ、同じになっている。11年半、毎日42回という数字は、凄いと思う。
IMG_1594.JPG
Sempol ayam 鶏肉の串焼きのカキリマ、この看板、合同演習に海軍旗を掲げないで、日章旗だけに、という要望があったという旗に似ているね。韓国人が見たら、腰を抜かしそう。インドネシア中,あちこちにある。
IMG_1596.JPG
この土地売りますの看板、2年以上前からある。ジャバベカ6の工業団地に繋がる道ができれば非常に便利に違いないが、工業団地の方はたまったものではない、単なる通過道として使われる。イジップとMM2100を繋げたくないのと同じ理由だ。
奇数偶数 同級生 売土地
posted by 元気な振りの爺さん at 16:06| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

(^_-)-☆北朝鮮と会談?

 3541 他の国がどう出ようと、日本は、知らん顔をしていれば良い。正恩氏「適切時期に日本と対話」する用意がある?それなら、しっかり用意して、日本へくればいいと思う。Saya kira jangangya

議題を拉致問題と金正恩の兄暗殺事件の真相を明らかにする、金正恩が日本に説明に来る、これが条件でしょ。日本から、呼び掛ける必要はないし、安倍さんが、出かけてはならない。北朝鮮が、現在の訪問禁止、立ち入り禁止、撮影禁止区域を全部開放して、世界中にありのままを見せた後でなら、資金援助の話に乗ってもいいと思うが、今のままでは、何に使われるかわからないから、援助をしてはならない。

もし、日本が援助をするような条件が整っても、使う場所に直接、物で渡すことを条件とする。金を渡してはならない。その場で何かを作るとしたら、日本人が駐在し、現地人を雇って、指導して作る。

http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0070.html
趣味 特技 道楽について書いたるが、10年以上前に書いた物、
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0071.html
子供のころからの劣等感、ただし、それは、意識しているが、悲観はなかった。

そして、もう一つ、私が多くの人に負けなかったことがあったことを思い出した。これは、劣等感とは違うと思うが、腰から下、腿、脹脛が太い。卓球でシュートパンツを履くが、他人と比べて太さが目だった。脹脛は特に気になった。ショートパンツを履くのが嫌だった。

腕は細いが足は太い、腕力はないが、足は達者、ということを気が付かされたのは、大学1年の時、教育学部の体育学科が、全学生の体力測定を実施した。発酵と応化合計80人の体育時間、左右反復や懸垂など一定時間の回数、そして、片足立ち、というのがあった。最初両腕を上げて片足で立つ、一分後、両腕を降ろす、そして、一分後目を閉じる。その間、立っていられない人は、座って待つ。私以外は、目を閉じた時点で、全員、座り込んでしまったらしい。しかし、私だけが、立ち続けた。5分経過、という声を聞いた。まだ、立っていた。そして、もうやめようと思って両足立ちにしたときは8分を過ぎていた。本当はまだ立っていられた。
後で、学生課の掲示板に結果が貼られていた。一年生全校700人くらいの断トツのトップだった。

身長体重のバランスが身長−体重=110が理想と言われていた。私はいつも110±3くらいだが、お腹は出ていないし、ほとんどの人は私は痩せているとみる。体重を標準に保っているのは、下半身だと思っている。自分で見ても見かけ痩せていると思う。75歳近い現在でも170cm63kgだ、ゴルフを終わってシャワーの後、測っている。猫背だから170あるとは思われないが。

そして、それは、75近い今でも、歩くこと、山登りをすること、ジャングル歩きをすることが苦にならないどころか、やりたいという気を思させてくれる。ちょっと、以前書いたことがあるかもしれないが、靴下を履いたり脱いだりを、片足で立ったまま、今でもする。ぐらついたりしない。今朝も夕方もそうした。そして、階段は走っ。て上がる。インドネシアの階段は、間隔が違うので、躓く。

押出のインドネシア人スタッフのの中から、ワルドヨ君がマネジャーにどうかと、人事から、問い合わせが入ったという。その中の条件に、報酬を基本給の3倍にする、残業手当はない、というのがあったので、本人、OKのサインをした。ところが、届いた任命書に基本給の2倍と書いてあった。どういうこと、この会社の日本人、説明が、会社は赤字だから役員の給料はそう上げられないと言ったという。それなら、最初の問い合わせは何だったの、人事の日本人のサインもある。それに、会社全体は赤字でも、押出は開業以来、赤字になったことはない。ずっと、貢献している。高給取りの日本人は赤字部門をなんともできないし、押出に関しては無知だし、外から見ていても、この会社、大丈夫かなと思う。
IMG_1591.JPG
IMG_1592.JPG
こんな製品、PPとPS、切断後のバリがこんなだ。そして、透明テープを張ってから切るとバリが少なくなるので、はってあるが、これを剥がすのがまた面倒。指が痛くなる。
IMG_1593.JPG
マンガとサヲ、どうですか、涎がでてきますね。10分でマンガとサヲ、どうですか、涎がでてきますね。10分で平らげた。
足太 片足立ち 劣等感
posted by 元気な振りの爺さん at 22:35| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

(^_-)-☆半年の就労ビザ

 3540 日本からの若者が、私のところに来ている。まだ、21歳、仕事の経験はない、ただし、私が居る会社の仕事を覚えたい。今年の春、初めてインドネシアに入国し、住み着くアパートも決め、住みだした。その前、日本のエージェントに相談をした。「就労ビザは無理だ。友人を訪ねるなどの滞在ビザ、それも、一か月しか取れない」と言われて、手数料を払って、そのビザを取って入国してきた。勿論、工場に入る、作業服を着るなど、出来るはずがない。密告されたら、厄介なことになる。

それを聞いた、私、「それなら、ビザなしで入ってくればよかったでしょ、なにも、エージェントに金をはらう必要などないでしょ、と、それに、VISAなしでも、もし、ビザをとりたければ、その一か月以内に、国外で、取ることができるでしょ」と、また、「私は、大体いつもそうしているよ、新しい職場で仕事をするときには、ノービザで入って、シンガポールへ日帰りで往復すれば、出国のエアーチケットは、いらないし」という話もした。そのエージェント、変だね。
そこで、その一か月以内に、二か月の滞在ビザがとれるので、そうさせた。ということで、二回、二か月ビザと最初の一か月ビザ、その間に一か月、日本に帰っていたので、半年経過した。そして、その前に、こんな面倒なことをしないで、半年の就労ビザを取ってしまえばいいじゃん、ということになった。

就労ビザ312なら、マルチ リエントリー パーミット付きだから、暮正月にも一時帰国できる、なにより、堂々と、仕事場に入って、手伝いができる。二か月毎に申請、そして、シンガポール行き、より、安上がりだ。

ということで、経験がなくても、若くても、インドネシア語ができなくても、ポジションをマーケティング アドバイザーということにして、20日ほど前から申請を開始した。6っカ月で十分なので、何の名目か知らないが、就労ビザの場合は一か月100US$前払いなので、600US$を払った。そして、“PEMBERITAHUAN PERSETUJUAN VISA”“ビザ賛成の通知書“を受け取った。これは、シンガポールのインドネシア大使館に送られる書類だ。通称、テレックス、これをもとに、ヴィザを発行してくれる。そのコピーとパスポートと写真をもって、遊んでくるといって、今日、シンガポールへ行った。ビザを預けるのは、修得日は28日だけだから。近場なら、ジョホールバルやマラッカ、それに、バタムやビンタンなど、行こうと思えば可能だ。10月1日にインドネシアに戻るのかな、エンジョイしているね。
Jenis Visa : 312
Persyaratan : 1. Paspor Asli
2. Foto background putih , 4x6cm = 2 lembar 背景白写真2枚
入国の時の注意事項は、まず、一般の人達と同じカウンターで、入国のスタンプを押してもらうこと、まだ、キタスホルダーではないからだ。ビザがあるからといって、キタスホルダーのカンターへ行っては、向こうへ行けと言われるだけだ。
住む場所は申請書に書かれているから、それを、見ながらでも良いから、聞かれたら答えること、チカラン、と言えばいい。というのは、住む場所の管轄のイムグレへ、何日か後に行って、キタス(住民票のようなもの)の申請をしなければならない。チカランの住人はブカシのイミグレに行くことになるから、入国のスタンプを押す人は、その場で、この人はどこのイミグレへ行ってもらうのか判断をし、必要書類をそちらの方に行くようにしなければならないからだ。会社はカラワンやチカランであっても、住む場所がジャカルタなら、ジャカルタのイミグレに行くことになるからだ。

ということで、インドネシアの就労ビザの申請、収得はなかなか難しい、ましてや経験なしの若者では、無理だよ、と言われているが、エージェント次第だ。
IMG_1586.JPG
インバーターの交換、原因は頻繁な停電か。突然のシャットゥ ダウンか。ここにも停電の被害か。15ジュタ
IMG_1588.JPG
IMG_1590.JPG
LEDチューブランプ用のPCカバーの生産が始まった。停電で止まると被害が大きい。祈るのみだ。最近は毎月、1200Lで3000本ほど。半分の長さで3000本ほどの生産量になっている。原料は輸入だから、Rp価格が上がっている。インドネシアでこの原料を使っているのは内だけである。
簡単 早い 就労ビザ
posted by 元気な振りの爺さん at 22:39| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

(^_-)-☆厄介な仕事

 3539 予想はしていたが、思いもよらない大量注文が入ってしまって、真面目に困っている。一ライン、24時間運転で、20日分くらい、昨日の話ではないが、そのラインは60%ほどの稼働率だったから、キャパがたりない、どうするか、土日、休日も出勤してもらって、間に合わせるしかない。この仕事、アフタープロセスが多いし、手が掛かる。定尺カットやバリ取りだ。その作業者も臨時に雇わなければならない。インドネシア内の消費は30%程、残りは、中国などに輸出だそうで、納期が非常に厳しい。停電になったら忽ち、迷惑が掛かる。やっかいな仕事が大量に来てしまったものだ。

長く切っておいて、1週間ほど寝かせて置き、ちじみが止まったころ、求める長さに切る。丸鋸で押しながら切る。必ずバリができる。そのバリをできるだけ少なくして、バリ取り作業ができるだけ簡単に完全になるように。切断場所にテープを巻き付ける、この作業が結構難しいし、面倒。切断後、張り付いたテープを剥がす作業、これが一番面倒、バリがくっ付いているテープを剥がすにだからバリを摘まんでしまう。親指と人差し指が傷だ掛けになり、痛い。絆創膏を張って作業を続ける。これらの作業を一通りやってみたが、テープはがしが、一番やりたくない。今日から、そのあともバリ取りの手伝いをしていた。肩も腕も痛い、首が一番痛い。太田さん、無理しなくていいよ、と言ってくれるが、手伝わざるを得ない心境になる。
IMG_1570.JPG
なんとか、もっと、簡単な方法はないかと思う。カワンラマへ行ってこようかと思う。

ここまでなら、昨日の会社と同じかもそれないが、違いは、二か月以内に、ラインを増強する手配になっている。11月辺りから、残業をさせなくても、注文に答えることができるようになる。

何故でしょうか、ワイファイ受信用のUSBモデムのバッテリーが太ってきて,蓋ができなくなってきていて、輪ゴムで縛っている。
IMG_1573.JPG
線路は続くよどこまでも、ルマーアバン駅辺りから、東、スマラン、スラバヤまで250km、600km続く。
IMG_1581.JPG
ジャバベカゴルフの入り口方面曲がる辺りにブカシの警察機動部隊の大集合があった。別に、やましいことはないが、呼び止められたら面倒だなと思いながら通り過ぎた。一体、何がったんだろう。

貴乃花って、ちょっと、行っちゃっている感じがする。何かと、普通じゃないなと思う。一方的に、話しても、否定されるに決まっているのに。弟子がどうのこうのと言っているが、多分、弟子も、表面には出さないがほっとしているでしょう。身内ともうまくいっていないようだし、家庭もどうなっちゃうのでしょうかね。気の毒な感じがする。大横綱だったのにね。
後工程 仕上げ 受注
posted by 元気な振りの爺さん at 22:28| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

(^_-)-☆逃げたくなる

 3538 こういう話はどうでしょうか。ある日系企業を辞めてというか、たまったものじゃないと逃げ出して、独立、自社を立ち上げた人がいる。インドネシア人だ。

そのある会社とは、この人が、その会社の一部の部署に、配属され、その部署の責任者になり、マネジメントを任され、営業もし、仕事を充実させ、その会社全体は赤字だが、この人の部署は利益を上げ会社に貢献していた。注文も増え、装置が足りなくなったので、倒産、夜逃げをした会社、給料を受け取っていない従業員の代表から、格安で、装置を購入し、設置し、現在の装置になっている。注文が増え、従業員も増え、利益的にも会社に貢献し続けた。それで、その会社の売り上げの30%ほどに過ぎなく、会社全体としての赤字は、依然として、そのままだ。

そして、彼の部署には日本人はいらいから、いなかったし、中古で買った装置の償却も終わり、ただの装置を使うのだから、利益は上がり続けた。

従業員数は、彼のところは、30人ほど、全体では300人ほど、そして、日本人は社長を始め、6人いる。そして、この一年くらい前から、その部門の上司に日本人がなることになった。彼の上司になった。日本人、その部署の仕事は全くできない、材料についても、装置についても、まったく知識がないから、ただ、無言で見回っているだけだったという。その日本人に掛かる費用は固定費を一挙に増やし、その部門の利益を減らす役目しかないという。

そして、注文は自然増で、装置も場所も足りなくなってきた。ところが、場所広げようとした通路は、他部門のクレーム対策に検査や修正のための場所に奪われてしまい、装置を入れようにも場所場無くなった。上司の日本人は、そのことにも、無関心、どんどん,忙しくなり、客先の一部に納期遅れが発生し、迷惑をかけ始めた。日系企業の客先から、何とかしてほしいと、社長や上司に要求するようになってきた。

そうこうしているうちに、社長や上司は、土日も休日も出勤させて間に合わせる、とか、生産速度を上げさせるなどの説得を客先にしたという。自分がやるのではなく、やらせる、といのだ。これには、彼は憤慨した。装置や場所や人数を増やすあいだ、暫定というなら、まだ許せるが、仕事を知らない日本人が勝手に言い訳をしてきたと、そして、オーバータイムの人間がそろわなければ、彼の責任にし、生産速度を上げることは、不良品も多くなるし、物性も変わってしまうから、客先のテストや承認を得なければならないから、そう簡単にはいかない。

彼も休日出勤をしなければならない。役職だから、残業手当はつかない。インドネシアの手当ては、平の従業員への割り増しが非常に多い、彼の給料は部下の給料より少なくなってしまっていた。THRも少ない。

客先、日本人上司、部下たちから、要求されるばかり、責任が最大だし、休めないし、手宛は少ないし、装置や場所を増やしてほしい提案も無視されるし、これじゃ、誰だって、逃げ出したくなるのは当たり前。その中でも、上司が最悪だという。これらの理由を言って、辞表を出したが、彼の頼みについては、依然と無視、そして、辞表も受理しなかったという。先のラマダンの前にだした辞表だったが、レバランを過ぎても受理されない、それから、一か月後にやっと、受理されたという。そして、退職金は自己都合でも最低3カ月になっているはずが、2カ月しかでないかったという。かれ、裁判にかけると言っていた。

私が29歳の時、会社を辞めた状況に似ている。私は、失業保険を受けるために必要な、離職票をもらうまで半年かかった。日本人のあなた、インドネシア人をこういう状態に追い込んでいませんか。
IMG_1560.JPG
IMG_1563.JPG
今が盛りの黄炎木 コウエンボク 火炎樹 カエンジュでしょうか。鮮やかな黄色と赤。
酷い 脱出 願望
posted by 元気な振りの爺さん at 22:16| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

(^_-)-☆ジャバベカゴルフ

 3537 マンガが鈴なりの季節、雨季近しである。一番スタート付近と8番のコースの左側にマンガの木が並んでいる。キャディーは、手伝いそっちのけで、マンガを落とそうとクラブを振っている。サヲの木もある。
IMG_1565.JPG
7;31スタート時間、一番のスタートち場所近くの休憩所にミーアヤムの準備ができるのが、7;00頃、最近、皆さんが集合するレストランに行かないで、直接スタートホールへ行くことにしていて、そのミーアヤムの準備だ出来ていれば、食べることにしている。
IMG_1561.JPG
レストランの朝食は、バイキング方式になのかな?価格も知らない。多分税込みで7万くらいでしょうか?ここのミーアヤムは3万、安いと思うし、味が私に合っているし、朝早いから、アヤムや野菜など具も沢山、朝食には良いと思う。それに、終わってからのレストランでの昼食、とに角すべてが高いと思う。一番安い、モーアヤムや何語連でも8万もする。日本食もどきなら10万だ。それに、ミーアヤムの味が合わない、その他の料理も高い割には美味しいと思わない。おまけに、頼んでも、なかなか来ない場合が多い。必ず、誰かが頼んだものがなかなか出てこない、後から頼んだ人へ先に出てくる。誰かが、犠牲になる。その人が、キャンセルというと、今作っているからと言い、案外、すぐに出てくる。毎回、そんなことが繰り返される。だから、私は、途中のミニコンビニのような店で、グッデイやタフを買って、レストランでは注文しないようにしている。ささやかな、抵抗だ。
IMG_1492.JPG
このゴルフ場のロッカールームが狭い。窮屈、他のゴルフ場、これほど狭いところはチカンペックしかない。私が使うのは99番、ここ、狭い通路の橋の上下の内の上の方、開けっ放しにできない、前を通る人の顔や頭の位置だ。除けて通らなければならない。最常連の私のために決めてくれているようだが、私は別にしてほしいが、そのロッカーを使う人は、使いにくいだろうなと思うと、矢張り、私が使うしかないと思っている。
ミーアヤム ロッカー クレーム
posted by 元気な振りの爺さん at 23:16| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

(^_-)-☆無停電電源装置(UPS)

3536 昨日も18時から20時まで停電だった。非常に難しい、PPのプロファイル、パネルカバーという製品をやっていた。朝からずっと、OKにならず、昼過ぎにやっと、製品をとれるようになっていた。これで、明日の夕方まで安定していることを願っていた。18時前に家に着いたとたんに、マティ ランム、がっくりである。二時間後に電気は来たが、その後は、オペレーターに任すしかない。今日午後、工場へ行ってみた。その製品、再スタートしたが結局、良品にすることができず、ストップしたままになっていた。納期遅れが確実になっってしまった。月曜からやり直しだ。

とにかく、引っ越しを頼み続けるが、何故、この場に固執するのか意味が分からないし、説明もしない。仕方がないからUPSの設備を頼んだ。そして、許可をもらった。良きら掛かるか直ぐに調べる。
IMG_1557.JPG
この木何の木、気になります。ご存知、カユプティーという木です。インドネシアには、至る所で見ることができます。並木になっているところも沢山あります。白い材木、という意味の名前です。
“ミニヤック カユプティー“という、嗅ぐと,スッとする薬?気付け薬?として有名な液体はこの木から作られる?この薬の名前は、この木の名前から来ています。長細い葉っぱをむしり取って、両手で揉むと、その、スッとした匂いを確認できます。なるほどと思います。コンビニでもフレッシュケアーなどという名前で売られています。液体ではありませんが、日本に昔からあるメンドレタームの匂いです。
それれはそれろして、気になるというのは、この木の幹?の事です。何輪?じゃないと思う、非常に薄っぺらな木皮をい上にも巻き付けた状態になっている。摘まめば簡単に剥ける、剥いても剥いても皮膜のような皮になっている。白樺の木も確か、皮がむける木だと思うが、これほど、薄っぺらで、中まで向けるという印象はない。だから、この木の横にいると、剥きたくなる。剥くと何となく気持ちがいい。
IMG_1554.JPG
この木、なにが、いますか。Bunglonブンロンと皆さんは言っているトカゲです。トケッやチチャックと共に、私が住むエリアには、ゴロゴロいる。じっとしていれば保護色になるが、人が近づくと、逃げ出すので、保護色の意味がないと思うが、なにを思っているのでしょうか。このトカゲも、写真を撮り始めると、動き出し、上に逃げた。細い木高さは2mもない、飛び降りて逃げればいいのに、その勇気もない、一番上で、どうしようか、考えてい居るようだった。
がっくり UPS 気になる木 
https://4travel.jp/travelogue/10196819 カワープティー
https://www.youtube.com/watch?v=Xf27C07EU7c
posted by 元気な振りの爺さん at 22:47| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

(^_-)-☆Bunga bangkai

3535何度も書いていますが、ブンガバンカイ 動物などの死骸というか残骸の花という意味です。なぜこんな名前になってしまったのでしょうか。臭い臭いと言う評判で、何も匂いを嗅いだことがない人が、きっと、そう言ったのでしょね。インドネシア人の多くに聞いても、その姿を見たことがい人が殆どで、匂いを嗅いだことがある人に、私と一緒に行った人以外、逢ったことがない。パンガンダランの住人でさえ、見たことがある人は少ない。実際、臭いとは思わない。ただし、感じない人もいるくらい、かすかに、独特な匂いはする。その匂いを感じない人は、ラフレシアを見つけることはできない。ジャンブルの中にあるのだから、歩いていて、直ぐわきに見えるのではない。先ず、匂いを感じて、近くに有ると確信して、風向きなどを見て、匂ってくる方向に分け入る、崖を上ったり、下ったり、棘のある木の茂みに分け入ったり、ナイフのような鋭利な葉っぱの草をよけながら、探す。似た色の大きな茶色の枯れ葉が地面を覆っている場所もある。 Rafflesia patma mekar kembali di Kebun Raya Bogor (4/9) 
https://www.youtube.com/watch?v=n5utjNj0_tU
 Pengunjung melihat bunga Padma (Rafflesia Patma Blume) di Kebun Raya Bogor, Jawa Barat, Kamis (6/9). Bunga langka raksasa asli Indonesia yang merupakan endemik Pangandaran, Jawa Barat tersebut memiliki tinggi 15 cm dengan diameter 30 cm dan terakhir kali mekar pada tahun 2015 Kamis, 30 Juli 2015
Bunga-Rafflesia1.jpg
ボゴールラヤ(植物園)でラフレシアパトゥマが咲いたというニュース、2015年以来ですね。パンガンダランからのものと正直に書いてありますね。何かの木の枝が邪魔をしていて、開き言っていない状態で、既に変色していますね。上に蕾が見えます。大きい方は、半年以内に、咲く可能性があるが、見たところ、何やら既に腐りかけているようにも見える。多分、15年以前では、2010年だったと思うので、環境的に、蕾のうちに枯れてしまうものが多いのかもしれない。パンガンダランから、過ぎ咲きそうな蕾を持ってくれば、きれいに咲くと思うが、そういうわけにもいかないのでしょう。
http://otaenplaext.net/newpage33.html  
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/page238.html
05-0320009.jpg
多くの場合、丸い10cmくらいの焦げ茶色のボール状の蕾を先にみつけるのはたやすい、チャガールアラムに入れば、いつでも100%、蕾には会える。それも、あっちのも、こっちにもという具合で、一個や二個ではない。それと、咲いてしまって、真っ黒になってしまったものにも100%会える。真っ黒になったものは、そのまま、残っている、動物や人がその上をあるかなければ、ずっと残る。偶に立木の途中に横向きに咲く場合がある。それが黒くなったまま、一年以上風化しないで、くっ付いている場合もある。
IMG_5673.jpg
ガラっと雰囲気を変えて、エーデルワイズです。ラウターブルンネンでした。
花 ブンガ Bunga
posted by 元気な振りの爺さん at 22:53| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

(^_-)-☆大変らしい

 3534 ホギの隙間ありパイプのプロファイルとしての金型ができ上ってきた。ところが、使う押出機が、急ぎの仕事が入っていて、直ぐに使えない、空くのはいつ?と聞いているが、日曜日しかないという。ま、いいか、日曜にやるか。
IMG_1536.JPG
IMG_1537.JPG
金型を受けとりに行く通りの横に見えるカキリマなど。

ところで、ナンブからきているディキ君、本人の話によると、辞表はとっくに出したが、受領を伸ばされ、伸ばされ、だったので、先月20何日かに、出勤をしないことにした。そして、26日だったか、私のところへ来てしまった。コミサリスは、それならと、私に変わって、社長にすることに決めてしまった。

株主総会のようなものをした話は書いた。しかし、私としては、ナンブにまだ、席があるとしたら問題だと思って、上司と言われる日本人にメールで、どうなっているのか、確認したくて、面談を申し込んだ。すると、止めた人間の話を外部の人間がどうのこうのというのはおかしい、面談で何を話したいのか知らないが、それには及ばない。そんなことを言わず、ディキ君のことは置いておき、経験者の話を聞けば、何かの参考になるかもしれないのに、どうも、余裕がない書き方で、ナンブさん、大丈夫かなと思う。

ということで、止めた人間、と言っているのだから、辞表を受理したものと確認した。これで、社長に堂々となってもらえることになった。良かった。ノタリスからの変更した定款が届けられた。銀行など、各種申請を急いでもらう。私は、折を見て、シンガポール行きだ。また、1年延長になる。

ところで、私がナンブをコンペティターなどと、毛頭、思っていない。だって、ナンブを始め、押出会社ができないと、断った仕事を引き受けているだけで、争っていないし、奪ってもいないし、奪われてもいない。私は、ナンブの押出従業員への生活や技術のアドバイザーだと思っている。元々、私から行く用事はないのだし、彼らは頻繁に、私の会いに来るし、20年以上の親子関係に近い状態が続いているのだから。もっとも、このことは、ナンブに限らず、私の教え子は他の会社にもいる。皆、同じで、何かと相談に来るし、遊びに来る。私と話すと心地いらしいから。
容量 大変 気配
posted by 元気な振りの爺さん at 23:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

(^_-)-☆ブランジャ

 3533 ジャカルタ南北を走るMRTの試運転が始まっていますね。来年4月からの営業ですね。Lebak Bulus - Bundaran HI北は、タムリン通りのホテルインドネシア(日本大使館も)前から、南は、かの、バスケットボール選手が遊んだブロックM手前から地下から地上に出て、高架になり、ファトマワティ通りの先、レバックブルスという所迄、ということになる。
https://www.youtube.com/watch?v=VNOQ_AgI1hI
Kemajuan Proyek MRT Jakarta per 31 Agustus 2018 

フジシートから依頼を受けていたPPとそのエラストマーとの二色成型の試作をした。ナンブでやっているものと同じ製品だが、エンドオータで、出来るかどうか確認したいという。つい10日ほど前までナンブの工場長だった人物とナンブの押出を立ち上げ、その製品を作る技術を指導した私の二人では、信用できないようだ。試作の費用も出さないで、かなり、見下したような態度の会社だなと思う。
IMG_1524.JPG
IMG_1528.JPG
夕方からブランジャberanja買い物だ。5時前、会社からの帰りの車、バイクで渋滞の道を逆に行く、先ず、カワンラマ、クーリングダイの入り口にRをつけるための、ヤスリを買うのが目的だった。それは手に入れた。そして、このダイヤルノギスを買った。ミツトヨの150mmだ。デジタルが幅を利かせているが、私は、ダイヤルがいい。ダイヤルノギスがこの世に現れてから、ずっと、ダイヤルを使っている。といっても、今日買ったやつは、私が使わない。ディキ君にプレゼント。社長になる記念品だ。私たちの仕事に、マイノギスは必需道具だ。ノギスハ、何故ノギスと日本語では言うのでしょうか、英語はキャリパー、インドネシア語では、シグマッ、という。
IMG_1526.JPG
家に帰る途中、ファーマーズマーケットに寄った。肉や野菜、果物、サヲを探したが売り切れだという。薩摩いもが目に入った。ウビジャパンと書いてあった。1kg170円くらい、安いでしょ。買ってしまって、食べてみた。タシク手前のウビチレンブの方が甘い。美味しい、サツマイモが負けだ。それに、忘れてはいけないものRagiを買った。Lagiではないが、ラギだ。イースト菌だ。濁酒作りに欠かせない。ヨ−グルトもね。

急ぎの注文が入って、私も現場でアフタープロセスの手伝いだ。腰が痛くなった。
ブランジャ ラギ シグマッ
posted by 元気な振りの爺さん at 19:47| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

(^_-)-☆FAX

 3532 今時、ファックスなんて知らいあい人種が増えてきているし、私が居る今の会社にがファックスはない。約40年前、ファックス装置が、50万円くらいした。客先から、注文はファックスだけでする。ファックスを入れなければ注文しない、と、脅かされて、止む負えず、設備した。大卒初任給が10万円くらいの時だった。
それまでは、電話で受付け、書類は郵送だった。大変便利になった、会社も順調に成長した。良き時代でした。

そして、今というか、大分前から、FAXでの注文は無くなっている。というか、ファックスは使わなくなっている。日本はどうか知らないが、インドネシアの日系企業、大部分、相変わらず、TELとFAXの番号がカンパニープロファイルに書いてある。FAX番号は解約するか、TELで使うようにしたらいいと思うのだが。
IMG_1521.JPG
昨日からの試作品、HDPEのパイプ、37φを縦に切り込みを入れると、こんな風に、径が小さくなる。引取速度や冷却速度、内外径の冷却速度差などが原因だ。これは、“のノ字”といって、電線のプロテクターとして実際に車のエンンジンルーム内のも使われている。押出関係者にとっては貴重なデータだと思う。こういうことも、インドネシア人スタッフに伝えることの一つだ。
IMG_1522.JPG
客先の人達が5人ほど、製品の検査や梱包の仕方などの打ち合わせに来ていた。そして、停電になった。期会は止まるし、ミーティングルームは暗くなるし、エアコンはストップだし、外でやろうということになって、打ち合わせをしているところ。他でできない製品を何とか製品にした後なので、客先もこちらも和気あいあい、日系企業だが、日本人は必要ない。停電が直ったがそのまま外にいた。明日から量産になる。

で、今日も停電、分かりますか、こんなメールをコミサリスに送っている。
Ensang san selamat malam
Kenapa mau tempat sekarangya untuk Extrusi tidak cocok saja Tidak ada bagus
Bicara saya bukan unyuk saya tapi untuk Endangsan Untuk orang PT,ENDOTA dan Pelanggan

Dari Endangsan
Slmt sore.untuk tanggulangi ini mau beli UPS.pindah kawasan listrik pakai dolar mahal.UPS jika listrik mati bisa suplay listrik sampai 3jam tanpa mesin mati .ini UPS segera atur

Tetapi kalo pakai UPS  kalo mati lampu pasti stop masin dan 3jam saja itu sia-sia
Dan Kalo sedutik saja stopnya tidak bias start segra pasti 1jam 2jam nantiya,
Karena loss tidak kekerangkan
Endangsab mengenai Extrusi kerang tahuya.
Kalo bisa segra start, mulai produk OKnya setabirnya memakan waktu rata-raya 1jam lebih

Kalo tidak mati lampunya tidak ada loss material dan orang dan tulus senang. dan bisa bekerja lain
Mold masin tidak rusak.Saya cari pabrik lebih luas tidak usah tambar lantai 2 30juta /bulan
これに対して、多分、知らん顔だと思う。
停電 FAX HDPE
posted by 元気な振りの爺さん at 22:43| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

(^_-)-☆就職活動

 3531 隙間開きチューブのトライを始めている。原料はHDPE、歪が大きく難しい樹脂だ。全く、初体験の形状だ。径は勿論だが、隙間の幅も安定させなければならない。チューブを切る方法と最初から異形、Profileとして、作る方法の二つの方法を考えた。先ず、簡単な方から、チューブを作って切り込みを二か所入れてみた。閉じて30φになるだろうことを想定して、35φのパイプでやってみた。やっぱりというか,なるほどというか、厚さや速度によって、切った後の閉じ方が一定しない。パイプだから、外は水で冷やすが、中は空冷、それも、予冷だから、冷却速度が違いすぎるから、歪が大きくなるはずだ。そして、その歪が一定していないので、小さく閉じ方も一定しなかった。残念、この方法は不採用とした。しかし、もし、LDPEやPPでもいいなら、多分、歪の少ないから、安定すると思う。
IMG_1518.JPG
IMG_1520.JPG
次は、プロファイルの金型、最初から開いて溶融樹脂がでてくる溶融金型とそれを冷却しながら形を整える冷却金型を作ることにした。この方法では,内側の冷却速度をコントロールしやすいので、一定した形のなるはずだ。それに、切り落とす必要がないから、原料ロスも少なくなる。金曜日のトライになる。

話は変って、東京オリンピックの前、今年大学二年の就職活動への影響はいかに、求人状況は少子化も相まって上昇傾向にあるが、世間が、何かと催しが多く成り、就職活道の相手をする余裕がなくなるから、自由化の影響もあり、就職活動をしにくくなるような文章が紹介されていた。

1964年、東京オリンピックの二年前、大学二年生の時、当時以前は、3年になった4月には、と求人が揃いだし、7月、夏休み前には、就職先は決まっていた。それも、一部上場の大企業ばかり。しかし、どうも、先輩たちの様子が変だと感じた。どうも、求人数が減っているらしい、先輩たちが就職試験行き、採用されないケースが増えているようで、何社も受けに行く状況になっていた。それでも、皆さん、8月前には就職先が決まって行った。ただし、二部上場会社の比率が多くなっていた。そして、世の中、それまでの景気上昇に陰りが出てきたという報道も増えてきた。オリンピックに関する大規模工事の終了が近かった。
そして、私たちにその時が来た、3月、4月、一向に求人が舞い込まない。応化の事務所の掲示板の求人票に何も貼られていない。私たちのどうなっちゃったのか、と思ったが、先生方の方が焦ったと思う。今迄の繋がりがある企業に問い合わせても、求人ゼロという返事しか返ってこないようだった。待つしかない。しかし、6月、7月になって、やっと、10社ほどの二部会社から、有っただけだった。私は、その中から、7月に保谷硝子を受けに行った。100人以上集まっていた。その時の会社の説明が、成績のいい方から二三人、採用予定、成績次第では、採用をしないという。こりゃダメだと思った。
当時の私の先生は、赤尾洋二先生だった。つい二年ほど前に亡くなった。私を心配して、お兄さんが極東貿易で役員をしていたのをコネにして、静岡東部の柿田川湧水の近くにできたばかりの、三島東レと直ぐそばの臼井国際、そして極貿の合弁会社、東洋プラスチック精工に押し込んでくれた。

同級生39人の内、多分、27〜8人は、小企業、中小企業に就職、大企業就職者は1人?、そして、他の大学の大学院へ3人ほど、梨大の大学院へ8人ほど、進んだ。望んだ就職をあきらめて、大学院にした人もいた。その時の同級生が何人か、10月にインドネシアへやってくる。

そして、私は何とか就職先が決まったあと、オリンピックを見に行くことができた。私が4年になったとき、後輩の状況も似たりよったりで、気の毒だったが、私が就職したときから、急激に景気が回復し、間のなく、バブルに突入していった。何とか景気という好景気が繰り返されていた。

ということで、私はオリンピック前の急激な景気下降を心配する。今の2年生、来年、景気が落ちていないといいですね。

また、別に話、肥田さん、つい先日、亡くなられましたね。お世話になった方も多いと思います。19日 リッポチカランのメドグリーンのご自宅で、告別式、18時から、と聞いています。私は、仕事ではなく、ゴルフの方で大変、お世話になりました。ご冥福をお祈りいたします。
set6og3vw.jpg
ws7c1u9v.jpg
青い炎とここは、明るくなって外輪山を歩き日の出を拝みに行った帰りだ。例のリアカーはこういうものです。
不景気 どん底 ご冥福
posted by 元気な振りの爺さん at 22:52| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

(^_-)-☆暮らし

 3530 日本から持ち込んだ納豆が無くなってしまったので、久しぶりに、リッポチカランのパパヤへ行ってみた。開発商品を買いたかった。残念、日本から輸入の納豆、日本で、3パックで、80円で売っていたものが、4万Rp(300円くらい)以上で売っていた。以前、ブロックMで売っていた開発商品と書かれいていて、3パックで2万Rpくらいで売られていたものが見当たらなかった。開発商品のうどんも売られていなかった。今は、止めてしまったのでしょうか、それとも、売り切れなのでしょうか。他のものは、元々、買う気がないから、何も買わずに出てきてしまった。

帰る途中、SAWOを食べたくなって、道端の果物売りに立ち寄った。1Kgで25000Rpを買った。ついでに、かなり熟れていたMANGGAを3Kg買った。サヲって知っていますか、日本では、見たことが無かった。見た目、ジャガイモです。マンガはしっていますよね。日本では、マンゴーと言われていますね。今、インドネシアではどちらもシーズンで、スーパーでも道端でも、崩れ落ちそうな山積みで、量り売りで売っている。
IMG_1515.JPG
IMG_1514.JPG
マンガは、2kgで5万Rpだった。家について、早速、食べた。食べごろ、サヲはスプーンですくって食べる。マンガは手で向いて、かぶりつく。美味しい、エナックでした。

そのパパヤはAXIAという、多分、リッポチカランで最高級アパート、ホテル?の入り口付近にある。そのアクシアに多くの知り合いが入っている。昨日のゴルフ、一緒のカートだった人も、そこの住人だ。住宅の話になって、私はここの近くの新しい分譲住宅内の一軒家にいる、会社もゴルフ場も近いし便利、家賃、年、15ジュタ(1、000US$)だよ。その人の部屋、本当だろうか、一泊、120US$だそうだ。詳しい話を聞いたわけではないが、一部屋で、窓から外は見えるが、閉じ込められた感じで、何もすることがないし、孤独で寂しいという。その人、日本とインドネシアを二か月ほどの間隔で行ったり来たりしている、インドネシアへ戻るたびに、他に移りたいと思うと言っていた。その人は私より二歳上、77歳だ。何時までいるの?ま、出来れば80までという。

どうでしょうか、赤旗をカートに立ててゴルフをする仲、家賃の違い、住環境の違い、私には、私の方があっていると思う。あんなところ、と言っては良くないが、22年前、いきなり入れられた隣のクラウンコート、当時は、じめじめしていて、閉塞感があって、半年で、出てしまい、ルマーアバン駅の近くのグラハチカランというところに引っ越してしまった。その後、何回も職場は変ったが、リップチカランに住まなかった。家賃が高いからといって、住み心地、安全も含めて、良いとは、感覚は、人それぞれだと思う。
IMG_1512.JPG
この新築住宅、家賃、年、20ジュタでどうですか。私は二軒先の家だ。
住処 果物 生活
posted by 元気な振りの爺さん at 22:57| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

(^_-)-☆本当かな

 3529 ある新聞のイジェン情報を読んだ。旅行会社関連の人の実体験手記を載せたもののようだ。私も体験しているので、その手記を読んだ感想を書く。私の体験から、違和感を感じる内容が多い。先ず、お客様提供と書かれているブルーファイアー、真っ暗の中ではないと思う、blueじゃないですね。本当にきれいな青ですよ、素人の私でもきれいに取れました。暗い中、噴火している写真を撮って、修正によって、全体を明るくしたように見えます。明け方近くなって、周りが明るくなってきても、炎の青さは変わらなかったし、第一、吹く揚げる状態は考えられない、だって、山ほどある硫黄が燃えているのですから、どちらかというと、揺れている感じに近かった。噴出している感じではないから、近づいても、危険を感じない。
次に、登り始めて、一時間で火口湖への降り口に着いたようですが、これは、とっても、想像できない、インドネシア人、欧米人の、私よりかなり若い人いたち、私を抜き去ってゆく人はいないほど、結構、早く順調に、登って、2時間ちょっとかかった。手記に書いたが、途中の休憩所まで一時間だった。
http://otaenplaext.net/newpage120.html
http://otaenplaext.net/newpage121.html
“ブルーファイアが見える火口へ向かって約30分かけて降りていきます”ではなく、炎が下に見える場所まで登るのです。その青い炎を見ながら降りるのです。多分45°の下降だ。

そもそも、夜中の二時に登り始めるというのは大間違いで、まったく知らないで行った私でも、タクシーの運ちゃんや駐車場のガイドに確認して、一時の出発にしたのです。旅行会社間連の人が行くなら、私より遥かに充分な情報を掴んでから行くでしょうに、どうなってるの。それに、2時から登り始めて、一時間登って降り始めて、30分で炎の近くまで降りたらしいですね。ということは、3時半に火口湖畔に着いている。それで、夜明けが近く、明るくなりかけている、というのは、変ですよね。私は、矢張り、3時ころ青い炎が見下ろせる場所に着き、見ながら、30分ほどで炎のちかくに、3時半ころ着いた、同じ時間ですね。十分、ゆっくり30分以上、撮影し、休憩し、1時間くらいかけて、先ほど降り始めた場所まで戻ったとき、5時ころ、明るくなり始めた。ずっと下に見てる青い炎の場所かまだ暗く、炎は見えた。本当は、2時に登り始めて炎の近くまで行ったのは3時間かかって5時近くに着いたんじゃないの。それなら、辻褄が合う。
IMG_2040_1[1].jpg
登る途中、硫黄を担ぎ上げる天秤棒を借りて写真を撮っている。まだ、暗いですよね。

リアカータクシ―に関して、触れていないのも、腑に落ちない。行った人なら、この特殊な、私はインドネシアでここしか見たことがない、商売?シズテム、見てしまって、紹介しないのは変。見れば、誰だって紹介したくなるはずだが。

山のことはこれくらいにして、プランテーション、コーヒーは、インドネシア中あちこちにある。一昨日、小便と大便が真っ赤になったばかりのドラゴンフルーツの広大なプランテーションを紹介していない。ちょっと、街の南の郊外にでれば、なにこれ?という、妙うなサボテンのような植物が道の両側に広がる。これを紹介しないのも変。
IMG_1486.JPG
IMG_1490.JPG
午後、明日の準備のため金型を受け取りに行った。相変わらずの大渋滞と、汚い街?道端市場?
行った? 本当? 大丈夫?
posted by 元気な振りの爺さん at 22:25| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

(^_-)-☆仕方ないね

 3528 こういう話がある。バンドゥンやタンゲランにローカルの押出成形屋がある。ラインも35〜65など、10くらい持っていいる。そんな会社から、チューブを買って車らバイクの部品を作っている会社がある。その会社が、日本の客先から、こういうチューブを調達して、部品に組み込んでほしいという注文だはいった。その部品組み立て会社の人は、プラスチックについての知識が全くない。それに、バンドゥンやタンゲランの押出会社もplasticについてほとんど知らない、与えられた装置で与えられた原料でチューブを作っているだけ。部品やは、今まで通り、寸法図面を差して見積もりを依頼し、見積もりを受け取った。その後、日本から、私に見積もりを依頼すよううに指示があったそうだ。その日本の会社は大手のゴムホース会社だった。
わたしに見積もりを恃んできた。原料がナイロンになっていた。ナイロンだけじゃ、分からない、ナイロンの種類を教えれもらわなければ、見積もりができないと返事した。そこから、部品やさん、話が止まってしまった。そもそも、原料など見ていない、今までバンドゥンから買っている原料と同じでいいと思いっている。バンドゥンの会社の名前を聞いて、なにを作っているかネットでチェックしたら、軟質塩ビと合成ゴムのチューブを作っている会社だった。日本の依頼元を襲えてほしいと頼んでも、だめだという、それじゃ用途はと聞いた。それは、教えてくれた。それなら、ナイロン11か12だよ、と、教えてやった。それを納得しない、日本に問い合わせるという、それなら、こっちから言われる前に問合せしろよと思った。問い合わせた結果、日本でも分からないと言っていたという、結局、日本の大手のゴムホースやさん、競合先が使っているチューブと同じ材質、同じサイズのチューブを使って、部品を尽くさせようとしていたのでした。

事情が分かった。注文を出す方が何もわからない、用途だけが分かった。私は50年くらい前から、この用途用のチューブを作っている、インドネシアでも数年ほど前から作っている。ナイロン11のチューブだ。そして、見積もりを出した。サンプルも出した。
部品屋から、一桁違うでしょ、という返事がきた。合成ゴムで同じサイズのチューブの見積もりは取ってあった。それと比べると10倍だという。サンプルは合成ゴム製だ。ナイロン11とH−PVCの原料価格15:1の違いなど全く知らないし、精々一回の生産量が100Kgほど、歩留まりも70%くらいになってしまう。10倍なら安い方だ。

結局、話は、止まってしまった。タンゲランの部品屋にとっても日本のゴムホース屋さんにとっても、考えもしなかった、想像を絶する価格だから、私が、いくら酸っぱく言って説明しても、分からないものは、分からない。そして、二か月後に、日本のゴムホース屋さんが、私の会社にやってきた。そして、その客先から受け取ったサンプルと私の方から出したサンプルが一致したと確認した。来年一月から注文を出すということになった。
勿論、この種の話をできる日本人はインドネシアには私しかいない。

車のシート屋さんへ行ってきた。ブキットインダーだ。カラワンバラット迄大渋滞だから、北の一般国道で東へ向かい、カラアワンバラットから高速に乗った。帰りは、デルタマスまで高速を使った。

高架の高速道路を作っている。その降り口がカラワンバラットインターンの500mほど東だ。
IMG_1471.JPG
チャワン当たりから作っているが、最終の降り口は分ったが、途中、どこから乗って、どこから降りられるのでしょうか。まさか、チャワンから高架道に入って、カラワンまで行かなければ降りされないというのでしょうか。そんなことはないでしょう、45Kmある。

IMG_1465.JPG
50万Rp(4000円くらい)で33000くらいになる。エアコンがないし、昼間は冷蔵庫だけだから、一日300弱しか使わない、約四カ月分だ。一か月1000円、安いでしょ。スーパーでプルサを買って、20桁の数字を押し、曲がった矢印を押せば出来あがり。
分らない 知らない 仕方がない
posted by 元気な振りの爺さん at 22:38| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

(^_-)-☆マチャムmacam

 3527 テニスの全米オープンに関してのニュースがインドネシアにもある。 Martina Navratilova Sorot Aksi Ngamuk Serena Williams マルチナ ・ ナブラチロワはセリーナ ・ ウィリアムズに対して怒っている。
5b95ada.jpg
Aksi petenis Serena Williams mengamuk di final US Open menjadi kontroversi panas. Serena mengamuk usai mendapat dua penalti saat menghadapi petenis Jepang, Naomi Osaka, di final US Open. 二回のペナルティーを受け、セリナは怒って大暴れ

"Saya pikir pertanyaan yang pantas ditanyakan kepada diri sendiri adalah: Apa cara yang benar untuk mendapatkan kehormatan terhadap olahraga kita dan menghormati lawan?" kata Navratilova.
スポーツに対する尊厳と相手を尊重する正しい方法は何か自分に問いかけた。

http://otaindoesiaextrusion.web.fc2.com/newpage0007.html
IMG_1464.JPG
PT、NANBUの押出を立ち上げたときに、作り出した製品です。それが、今、ナンブの生産キャパが追い付かなくなり、納期遅れで迷惑をこうむっている客先が。私を頼ってきている。おまけに、ディキ君が当社拒否で、私のところに逃げ込んできているのだから、内で引受ざるを得ない。その一部の量産が始まっている。私が作った製品だから、ナンブも内も同じ装置だ。寸分高わない、押出機が違う。勿論、昨日触れたPT,TPRの装置も全く同じだ。結局、日系の押出成形会社は同じ装置を使っているし、ローカルの何社かも、同じものを使っている。
そして押出製品を購入している会社は、別々の会社に注文しても、結局、同じ装置で造られるのです。根がわたしですから。私の掌の上ですべが作られている。

尿の色が赤い、大きい赤いブアナガをペロッと平らげた後、小便、それが、真っ赤っか、ドラゴンフルーツの赤さそのもの、血の色ではないし、この果物、黒い粒々は、沢山あるが、尿に黒い小さい点はない、純粋に赤い、種た直後だから、明らかに、赤い実の色に違いない、っと、思った。別に、何の心配もしなかった。そして、丸一日過ぎた。何回か排尿をした。赤い色が、多少少なくなったと思うが、まだ、かなり赤い。あまりにもタイミングが良いから、血尿を疑ったりしなかったが、流石に、丸一日、赤が続いているので、ネットでチェックした。
まず、“尿の色が赤い“で検索した。膀胱がんなど深刻な病気の事しか出てこない。そんな、と、思いながら、”赤い実を食べた“を、追加した。それでも、血尿の事しか出てこない。そこで、”赤い実、尿の色が赤い“で検索してみた。すると、やっと、出てきた。赤い実を食べて、尿や便が真っ赤になったという体験談。ほっとした。
ドラゴンフルーツ、白しか食べたことがなくて、赤は初めてだった。尿や便が赤くなるよという、情報が売り場に張ってあるといいねと思う。
知識 情報 びっくり
posted by 元気な振りの爺さん at 22:35| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

(^_-)-☆後継者二人

 3526 台風22号がフィリピン北部、台湾の南方向に進んでいるようですね。関空が閉鎖になって、帰れなかった人が、金曜からガルーダが運行する、それで、帰国する。そうでしょうか、その日、丁度、台風22号の上を飛ぶことになりそうですね。905Hpとか、大丈夫でしょうか。

ウイドド君は、2007年から2年ほど、PT,ASIATEK FUJISAWA(AFMI)(現TOKYO PISTONRING,TPR)を手伝った時、工場長でした。当時、AFMIは、日系の押出成形会社といっても、冷蔵庫のドアの内側に着くマグネットを入れた額縁のようなもの、ガスケットという、それしか、作っていなかった。キタガワより、早く、進出していなので、押出成形品を欲しい会社から、問い合わせが沢山入っていたが、軟質塩ビの成型しかできなかったから、ことごとく、断っていた。その後、二年遅れで、私が、インドネシアに現われたので、私に問合せが舞い込んだ、その時の話が、AFMIには、断られたと、必ずと言っていいほど、話の初めに言っていた。

キタガワから離れた私に、当時のこの会社の社長から誘いがあった。そして、冷蔵庫の棚のエッジ部分やアスモの向けのウインドヲッシャ液を送るチューブやハイレックスの架橋GDPEのコントロールケーブルチューブの一番中のチューブをインドネシアで作ってやった。ウイドド君に伝授をした。で、彼は、S−PVCのプリファイルや細物のオレフィンチューブを主体に、インドネシアで一番の押出技術を持っている。いわば、二番弟子だ。

一番弟子は、矢張り、ディキ君、左、そして先程、対面をした。お互いにちらっと挨拶をしたことはあったという。どんな話をしたのか、今、二人とも、押出成形会社の経営者だ。機会は、私が作った。ちょっちだけ、一緒して、私は、STSへ行くために、その場から離れた。インドネシアの一二の技術者、これから、日系企業の多くが二人に頼ることになるでしょう、私がインドネシアに貢献したという、象徴だと思う。
IMG_1461-.JPG
 今までは、上司?に訳の分からない日本人がいたから、思うような仕事ができなかったが、自分の判断だけで決められるのイだから、いろいろ、挑戦的になれるでしょう、私は引っ込んでいて、必要とされる時だけ、手を貸せばいい。というか、私に手伝いを求めることは、彼らはしないと思う。
IMG_1461.JPG
ご存知、ドラゴンフルーツ、ブアナガだ。これ一個100円くらい、甘くておいしい、ペロッと平らげた。あちこちが真っ赤になる。小便も真っ赤、びっくり、これを食べていなければ、間違いなく、膀胱に異常がある。
技術 バックアップ 自由
posted by 元気な振りの爺さん at 22:19| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

(^_-)-☆開放感

 3525 入居して、9ぁ月、新築の住宅。シンクの下の蛇腹排水パイプが、途中から漏れ出したのが、使い始めて二か月くらいからだったが、ついに、途中から折れてしまった。流しが使えなくなってしまった。その折れたパイプを持って、ホームセンターへ行き、こんなパイプを買ってきて取り付け何とか使えるようにした。同じものがなく、しっかり固定できないので、ゴミ箱などで、下から支えて、落ちないようにしている。200円くらいだから、漏れだしたら、また、代えればいいか。ガパパ。インドネシアンスタンダード。
IMG_1443.JPG
ゴルフ場へ行く途中に、私ぼ教え子だった一人がやっている押出成形工場がある。久しぶりに、その前の道を通ってみた。というのは、この辺り、細い道がいくつかあって、その中でも、良い道、悪い道がある。通りやすい道を使っていて、その工場の前に道は、最悪、だから、通ることはなかったが、今日は、そちらの方この道があららしく、舗装が載せられていたので、いって見た。ところが、途中までで、この工場の前は相変わらず最悪の凸凹、それでも、行くしかないから、工場の前に、差し掛かった。すると、休みだというのに、工場から、見た顔ができた、目がった。降りて、話をすることにした。今、押出機を作っているところだという。
必要なパーツを買ってきて、自分たちの組み立てるのです。45ミリ、二台作っていた。一台、80ジュタ(70万円弱)だという。私も二台作ろうと思っていたところだったが、一台100ジュタを見込んでいた。そうか、、もっと、安くできるんだと、教えられた。
IMG_1430.JPG
それにしても、この工場の環境、最悪、同じエリア内なので、停電は同じように頻繁にある。見かけ通り、狭い、汚い、途が最悪、間もなく雨季、泥んこの凸凹になる。
IMG_1440.JPG
どうです、このパパヤ、こんななり方。日本では、植物園くらいでしか見ないでしょうね。私が住む辺りでは、道端の見かける。これは、15番グリーンの側、シニアーハウスに行く道の途中でした。このうちの一つを持って行っていいよというので、もらってきた。
プレジデントウタマから降りたという、開放感があって、何となく、うきうきしている自分がいた。
平凡 日常 開放
posted by 元気な振りの爺さん at 22:17| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

(^_-)-☆エンダン ディキ

 3524 エンダンさんがスマランからやってきた。会社の定款の中のポジションを変えるためだ。私はプレシデント ダイレクター(direktor utama、社長) から降りて、マーケティング ダイレクターになる。ディキ君がプレシデント ダイレクターになる。エンダン ディキ体制になる。私は、“半分、青い”ではなく、“半分、渋い”位置かな。

昨日の夜、停電の事で、どうにも、黙っていられなくて、それに、このことで、ディキ君が頭を悩まされ、苦労するに決まっているので、工場を引っ越すように提案した。今日話すつもりだったが、前もって、読んでもらっておいてもらいたかった。

そもそも、ジャバベカ2の貸工場から、何故、この場所に引っ越したのか、意味が分からない、何のメリットがあるのでしょうか、有るのはデメリットばかりで、それを打ち消して、なお、メリットがあることって何なのでしょうか。全く、無い。あるとしたら、この土地が将来、値上がりし、高く売れるかもしれない、ということしか、思いつかない。このまま、マイナスばかり多い工場に居続けさせるつもりでしょうか。それでは、あまりにも、エンダンさん本人のためにならないし、会社の存続にもかかわってしまうかもしれない。
装置を増やす前に、会社を停電がない場所に戻すべきだ。と、直接、話した。この工場のまま、装置を増やしたら、損が増すばかりだと。

ところが、結局、ゲンセットを入れようか、中二階を作ろうか、になってしまっているようだ。何をかいわんやである。ま、金銭的責任から解放されたので、良きにはからえである。ディキ君の様子を見よう。それにしても、ナンブは、どうなってしまうのでしょうか。
IMG_1422.JPG
IMG_1424.JPG終日ノタリス、ノタリスかな、春の海ではない、ここは、ジャバベカ2の南東にある新興住宅地と商店街が広がる、チカランバル(新チカラン)という地域だ。ノタリスとは、行政、司法書士の事、ここで、株主総会をしたような書類を作ってもらって、役員、ポジション、持ち株などの変更を書き込み、承認のサインをする。ディキ君がダイレクター ウタマになり、私は単なるダイレクターにしてもらった。近々、今度は、シンガポールでいいか。
ということは、もう一年延長になる。そして、ディキ君の為にも、工場の移転をシツコク、勧め続けようと思う。
IMG_1425.JPG
Bebek kaleyoベベック カレヨというアヒルの肉料理レストラン、全国チェーン店、ベベック ジェンボという名前の料理、ナシウドゥックとエステータワール付きで、4万Rpだった。美味しかった。
開放 貸付金 投資
posted by 元気な振りの爺さん at 21:13| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする