2018年11月30日

(^_-)-☆95歳と一緒

 3604 浜岡コースでゴルフ。帰国して一回目のゴルフ。6時半に出発、焼津インターから東名に入り、牧ノが原を過ぎ相良で出て、バイパスで御前崎方面に向かい、南下し、浜松方面へのバイパスに入り、浜岡原発の前を通って、しばらく行くと、右の山手に浜岡コースの西洋のお城のような建物が目に入る。ここ迄、1時間半、ちょっとだけ早すぎるので、道の駅で休む、8時半に到着した。静岡カントゥリーのシニアーコンペに参加した。

到着してすぐにカートの場所に行った。一人の高齢者の方が、自己紹介してきた。かなりの高齢者だ。80歳半ばかなと思いながら、お歳は?96歳だという。姿勢は良いし、足取りも全くの正常、凄い、大正13年生まれだそうで、見えない。ちょっと、耳が遠そうなので、耳も大丈夫ですか?いやいや、両耳とも補聴器を入れているし、目は緑内障で視野が狭いという。
aDSC00414.JPG
aDSC00423.JPG
90歳以上は、かなり前からスタートする。私のティーショットが落ち場所は、その人のティーショット場所とほとんど同じ、ショートは、グリーンから10mほどしか離れていない場所、前三、前四とほとんど同じ場所だから、ほとんどパーかバーディーで上がってしまう。どうかと思うが、これで、コンペは一寸、と思うが、とに角、良く歩くし、しっかりボールを打っている。私よりスコアーは良い。大したもんだ。こういう人もいるんだ。

浜松に住んでいて、一時間半車を運転してきたという。免許証も受けているという。一人暮らしだから、スーパーやコンビニへ行きうのに、車は必需、目の事をちょっと言われたが、問題なかった、という。あやかりたいものである。一所に回れてよかったと思う。

平日のゴルフ、プレー費がやはり高い、食事費を込で、1万8千円くらいだった。休日のジャバベカのビジターは、2ジュタだが、食事やチップを含めれば、2.4ジュタくらいになる。それに、匹敵する価格だ。日本では、相当余裕がある人しかできないなと思うし、たまにはやりたい思っても、一か月に一回くらいしかやれないな、と思う。

6時半に家から出て、帰宅はもう真っ暗な、18時を回っていた。日本でのゴルフは丸一日かかってしまうことが普通だと思う。
aDSC00422.JPG
aDSC00418.JPG
打ち上げで出された軽食、案外、美味しかった。山茶花が満開。
超高齢者 元気 あやかり
posted by 元気な振りの爺さん at 21:26| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

(^_-)-☆静岡の一コマ

 3603 インドネシアから持ってきた土産物を太田化工へ届けに行ってきた。今、社長の息子がENDOTAで実習をしている関係で、その様子も伝えた。ATMの中にカードが持って行かれた件やこの前、インドネシアの田舎の山の中で車が動かなくった件、息子さんと一緒だったことなど。
DSC00377.JPG
DSC00379.JPG
沼津の志下の工場から、静岡の用宗港の東側に本社を移した時の貸工場、1978年ごろから3年ほどここにいた。その後、今の場所に自前の工場を作って、今に至っている。ここは、モーターボートのメンテナンス工場になっているようだ。
何やら、この港周辺に新しいテストランや宿泊施設、温泉施設?すでにオープンや準備中が目だっていた。大崩れ海岸から東を見る景色は絶景で、観光的に開発すれば、ある程度の観光有望地区になるのではないかと思う。
DSC00387.JPG
昨日は、駿河大橋からだったが、今日は、南安倍川橋を東に向かうと、大崩れ海岸や用宗漁港や海水浴場から見える景色が、ここでも見える。富士山と日本平だ。
DSC00390.JPG
DSC00391.JPG
面白い風景を見た。この道、一直線、本通里、という通りだ。ずっと先まで、信号がいくつあるのでしょうか、ずっと先まで、青信号と赤信号、青信号の時には、ずっと先から赤になって、だんだん、近づいてくる、どこまでゆけるか、速度を上げてしまう。反対車線の車は、後ろから赤が追いかけてくるから、抜かれないように速度を上げる。
こんな風景の道はインドネシアには絶対ない。信号の数、人やバイクの数、ゴミが見えない。
風景 富士山 太田化工
posted by 元気な振りの爺さん at 19:09| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

(^_-)-☆車免許証更新

 3602 誕生日から一か月近く過ぎていたので、期限内に更新しようと帰国し、先ほど、警察へ行って、更新してきた。非常に簡単で短時間で済んだ。あっちにしようか、こっちにしようか、何曜日にしようか、あっさり澄ますにはどうしたらいいかちょっと考えたが、戻った日にすぐ警察に行くことを選んだ。正解だった。

高齢者講習済の証明書と更新案内のハガキと免許証を1番カウンターに出すと、自分確認の書類に記入、サインするように求められ、それに書き込んで提出、すぐ横で視力検査をし、OK、しばらく、呼ばれるのを待った。5分後、呼ばれて、行くと、費用と交通安全協会の費用、合計3千何百円を払ったら、使い捨てカイロや何やから景品を渡された、次いで、直ぐそばで、顔写真撮影、それから5分後、新免許証を渡された。書類を出してから多分、15分くらいだったと思う。早!

平日だからだからだろうか、ほとんど、高齢者、実に面白い、私が居た15分の間に、いろいろな風景があった。多分、15〜20人くらい来ていたと思う。先ず、いきなり、案内のハガキを持ってきていない人、大きな封筒の中身を全部出し、探したが無い、係の人は、講習証明があるから大丈夫ですよ、と苦笑い。
苦笑いはその後もいろいろあった。最初に書類に、何を書くか説明してくれるのだが、聞こえないのか、覚えないのか、書いたふりをしていたかのように、提出後にあれこれ言われ、首をかしげて、また、書いている人。
視力検査では、目の高さがなかなか合わない人、まったく、適当に言って、間違っている人、眼鏡を掛けても、間違っている人。
呼ばれるまで一寸待っていてくださいと言われた人、呼ばれているのに、聞こえない人、トイレか何処かに行ったのか、いない人。
大体、期限が半年も過ぎていますよ、と、言われている人、しつこく、何とかしてくれと頼んでいる。何か、聞いていると、何日か後に、教習所でテストを受ければ、また、申請できる、ようなことを、説明していたように聞こえたが、ご本人納得していないまま、帰ってしまった。
私より多分若い人もいたが、とに角、高齢者社会を実感した。私も受けたライセンスの期限が3年だった。ごめんなさい、5年ではありません、と言われた。
zDSC00371.JPG
この前。ジョクジャへ行ったときに,失くしてしまったコンセントアダプター(インドネシアのプラグを日本のコンセントに差し込めるようにする)を買った。
zDSC00367.JPG
どうですか、安倍川の端を東に向かって渡るとき、前方に、少しだけ冠雪した富士山、右側に新幹線が通過、インドネシア人にとっては、魅力的な風景だ。羨ましがれる。
DSC00372.JPG
私が座る場所の目の前に食堂と隔てる開き戸がある。下の孫がここから、お爺ちゃん,と言いながら開ける、10年程前は、取っ手のあたりのチョット上から顔が出ていたが、今は、なんと、鴨居との隙間が20cmくらいのところから、覗くように顔がでてくる。このPCを操作していると、ぐっと、見上げてしまう。160Cm 足、24.5Cmだそうだ。
免許証 認知症 逆プラグ
posted by 元気な振りの爺さん at 23:05| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

(^_-)-☆丸子に到着

 3601 機内ではよく眠れた。何故か、トイレにもいかなかった。その為に一番後ろの座席にしたのに。羽田に到着は何時だったか、日本人の入国はパストートを張り付けるだけで、顔が確認され、入国になっていて、入国スタンプは無い。スタンプは?と聞いたら、無い!と言われた。
DSC00363.JPG
入国が早くても、荷物がでてきたのが、30分くらい待っていて、荷物が最後から二番目のバゲジだった。多分、ジャカルタの空港の早く着きすぎて、預けるのが、一番早くて、荷物が一番下に置かれたためだと思う。

カスタムカウンターには、誰も繋がっていなかったが、私がバゲジを受け取ったときには、長蛇の列になかったってなっていて、ここでも時間が掛かった。京急品川に着いたのが、10時半、こだまに乗ったのは11:03だった。
DSC00363.JPG
新幹線の切符売りば、京急から移動してJRの通路に登って左にJR全線チケット売り場があるが、ここは、長蛇の列、自販機にも繋がっている。そのずっと先の右に新観戦改札口がある。そのすぐ手前隣に目だたない狭い幅のJR全線チケット売る場がある。ここには客が一人いただけで、私は開いているカウンターですぐに静岡までのチケットを買えた。品川駅では無駄待ち時間が殆どなかった。

こだまでゆっくり静岡へ到着は、12;25だった。タクシーで家に入ったのが、13時前、インドネシア時間11時、会社から16時間の旅でした。

今日は10月の気温だとか。外気温は20℃、矢張り、寒く感じる。
DSC00364.JPG始まった日本の生活。
帰国 寒い 順調
posted by 元気な振りの爺さん at 22:12| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

(^_-)-☆日本へ出発

 3600 ゴルフを14時ころまでやった後、帰国の準備に掛かった。いつものとおりである。会社に寄って、書類の最終整理をし、19時、出発。いつものように日曜日の真夜中発のガルーダ、羽田行きである。

何故。日曜、ゴルフした後、出発をするのが習慣になっているかというと、別のゴルフをしなくてもいいのだが、日曜の真夜中便なのかというと、渋滞の確率が低いからである。日曜日以外では、たとえ、夜中便でも、3時間、四時間の渋滞があることを、想定して出発しなければならないし、それより、何いり、もっと心配なことは、トイレに行く宅なる事だ。私は、平均四時間が限度だ。心配をすればするほど、限度が短くなる。渋滞で、間に合うかどうか心配しながら、サーブエリアまで、後どのくらい、寄ってのロスがまた心配、どうにもならない、焦燥感にかられる。一人、自分で運転しているなら、ポリ袋にすればいいが、タクシーじゃ、そういうわけにもいかない。私にとっては切実な問題を避けるためである。
逆にインドネシアへ来るときは、時間を気にする必要がないから、日曜の必要はない。

ということで、途中渋滞は全くなし、20時半にはターミナル3に到着、余裕綽々、トイレにもゆっくり入った。例によって、アラックバリを二本、74万Rp.高くなったものだ、ポカリの500mlが2万Rp、免税点なのに、コンビの倍以上する。アラックバリも、バリのマタハリ辺りで買えば、この半値だ。それでも買うしかない。
DSC00362.JPG
DSC00360.JPG
今回、8月からだったが、この間、ナンブからディク君が移ってっ来て、社長になってくれたことだ。私は、ダイレクターというポジションのままだが、これは、ビザを1年物にしたいだけの便宜的なもので、実際はアドバーザーだ。かなり、気楽な立場になった。それは、良いのだが、何度の書いているが、停電が頻繁な工場を切る守するディキ君が気の毒のような気がする。その点では、何とか、エンダンさんを説得したいと、説明を繰り返しているが、反応が鈍い、損ばかりさせて、利益が上がらないと、言っているエンダンさん、一筋縄ではいかないが、根気よく、説得するしかない。
DSC00354.JPG
ゴルフ仲間やキャディーさんたちともしばらくの分けれだ。
余裕 最終 分かれ
posted by 元気な振りの爺さん at 00:12| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

(^_-)-☆行けない

 3599 モミジ祭りへ行ってきた?というか、15番ホールのミニマーケットのら期から老人ホームに向かう道を出てゆくと、前方に、その会場、舞台がかすかに横向きに見える、プレーの最中、いくら2組ばかりの待ちがあっても、そこまで行って帰って来るのは無理。遠いからか、賑わいは全く感じなかった。
zDSC00320.JPG
ゴルフを終えて、行きつけのタマンセントサの美容院にいって、正月頭にしてきた。とにかく、日本では高すぎるから、インドネシアで済ませておく。その帰り、ジャバベカ1の方から戻るより、紅葉祭りの会場の方から戻ろうと、リッポチカランの待ちの中を、昨日と同じルートにした。マイカルタの工事現場の中を通って、メインの建設現場の前を通って、北に向かい、チカランティムールに入った。途端、びっくり、反対車線側の中央車線側に大型のバスを主体に車が間隔なくぎっしり駐車が続いていた。何事か、プロサッカーのリーグ戦の試合が催されるようだ。競技場近くになるにしたがって、こちら側の中央車線にも車が連なりだしていた。もう、のろのろ運転だ。15時前だった。おそらく、試合開始は19時からだと思う。もう、その辺り、あちらから、こちらから、ぞろぞろと人が集まってきている。その先、バイクの特設駐輪場があり、ざっと見て、二三百台以上があった。
zDSC00324.JPG
zDSC00333.JPG
その競技場を右に見ながら、北上すると、紅葉祭りの大看板が目に入った。しかし、その前の道は、競技場方向に向かう車が一杯、なかなか進んでいない。モミジ祭りなんか目に入っていないようだし、興味の無いような人たちばかりだと思う。
zDSC00337.JPG
zDSC00341.JPG
そこを過ぎると、老人ホーム(シニアーハウス)の入り口が見えてきた。ここまでは渋滞が伸びていないようだったが、ここは、紅葉祭りの入り口?表示があるのかな?目だたない、地元の若者が入ってゆく気配がない、ここが入り口?車の一台入って行っただけだった。ここを目指している人も車もないように思うくらい、ゲート前は閑散としていて、競技場周辺と対照的だ。

サッカーの試合と重なって、日が悪かった。結局、行けなかった。
止め びっくり 分かりにくい
posted by 元気な振りの爺さん at 20:37| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

(^_-)-☆何十回目の最終日

 3598 毎年最終日が2回以上ある。22年で50回以上の最終日だ。5時間ほど運転をしていた。トビトゥンの金型屋STSへ、朝の内に往復1時間、夕方から夜にかけてMMのHOGI迄往復なんと4時間、家と会社の往復を合わせれば、それ以上だ。渋滞がなければ、2時間ほどで済む場所だ。
MM迄の往復は退社時間と重なったこともあって、全工程で渋滞の中だった。

ジャバベカ1の中を通って、新設チカランウタマのゲートから高速に入ったが、その手前のフライオーバーから、右下を見ると、チカランウタマのメインゲートが見える。ジャカルタ方面からの車は順調、しかし、ジャカルタ方面、私が向かう方面は。大渋滞になっている。東からとチカランバラットからと、私のようにジャバベカ1からの車が合流する、スッと手前からだ。こりゃまいったな、カリマランかジャランラヤにすればよかったかもしれないなと思いながら、思っても意味がないなと思う。
aDSC00305.JPG
aDSC00300.JPG
この場所から左を見ると、チカランバラット、リッポチカラ方面の町が見える。手前のチカランバラットのゲート近くの高層ビルが目だつ。

15時半出発で、ホギに着いたのが17時半だった。MMから出る車の大渋滞を見てしまった。帰りはここを使えないと決めた。ゲートに入る道を反対車線にも増やしていたが、それでも、延々と。団地の中に続いていた。帰りは、EJIPを通ることにした。この道も、EJIPからMMに向かう側(私の反対車線)は、車ののろのろ運転でずっと繋がっていた。このほとんどの車は、MMのゲートからジャカルタ方面に向かう車だと思う。飛んでもない渋滞の長さだ。

それを見ながら進む私も渋滞の中、チカランバラットゲート方面に向かったが、車が進まない、ゲートに入れないで渋滞しているの違いない。途中Uターンをして、リッポチカランの町中を通ってジバトゥインター方面から、メイカルタ工事中の中を抜けて、スタジアムの脇を通り、会社に戻ったのが、19時半を過ぎていた。全く、困ったもんですね。この無駄な時間。
aDSC00290.JPG
踏切の遮断機が下りている、反対車線にも、こちらからの車が横に来ている、通れるようになると、これらの車と割り込み合いになる、向こうからの車も同じようになる。だから、開いても、なかなか、進まない。インドネシアである。
aDSC00295.JPG
道端を占領している汚い市場、腐った匂いは強烈だ。ここにいる人たち、この匂いが体に染み込んでいるのじゃないかと思う。この人たち、臭いと思っていないと思う。

仕事、最終日に相応しい一日でした。

大坂万博、決まりましたね。1970年、新婚だった私たちは、お腹の大きい妻と一緒に行ってきました。
酷い 無意味 無駄
posted by 元気な振りの爺さん at 21:58| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

(^_-)-☆ニュースから

 3597 Semburan Lumpur dan Api Pasca Gempa Donggala dan Palu
https://www.youtube.com/watch?v=-4ovxcy5XN8
DETIK2 TANAH dan POHON BERGERAK Di PALU Pasca Gempa, 1 Kampung Hilang Tertelan Bumi.
https://www.youtube.com/watch?v=HBGQI2fIr0w
先日の大地震と大津波で壊滅的被害を受けたスラウェジ中央部のドンバラ、パレ地区の話です。泥が湧き出てきている場所が新たに出現し、話題になっている。天然ガスが噴き出ているようですね。例のスラバヤの南のシドアルジョのように、泥海が際限なく広がらないといいですね。
semburan-api.jpg
Razia Pajak Kendaraan, Pelanggar Bisa Bayar di Tempat
https://news.detik.com/video/181119025/-razia-pajak-kendaraan-pelanggar-bisa-bayar-ditempat-
mobil anggota DPR RI mununggak pajak
https://www.youtube.com/watch?v=LGTJpmq7UhI
Anggota DPR Pemilik Alphard Belum Bayar Pajak Kendaraan
これは、車の税金の未納の取り締まりです。車の車検はありませんが、毎年、車の税金を払わなければなりません。STNKという、領収書を必ず携帯していなければなりません。道端で警察官がバイクのライト点灯、ヘルメットの着用の取り締まりをしています。その時にSIMとSTNKを提示しなければなりません。車を止められることは殆どないが、シートベルトの未着を見つけられると、バイクの取り締まりの時でも、止められることあある、その時、同じように二つをだせと言われます。主に、期限切れのSTNKを持っている人は、要注意です。私も以前、会社が借りていた車を使った時に、期限切れだと言われ、50万Rp,その場で払ったことがあった。後で、レンタル会社から、払ってもらった。
DSC00276.JPG
国会議員が使っている車や警察の車も税金未払いだったというお粗末な話。
DSC00270.JPG
Waspada Ranjau Paku Biasanya Tak Jauh dari Tukang Tambal Ban
これは、道のバラまかれた?鋭利な金属片や釘の話、インドネシアの道の路肩側を走るとパンクをしやすい。私は、何度、経験したか、誰かが撒くのです。強力磁石で道端の鉄類を拾い歩く人がいる。警察から祝いされる場合もあるが、廃品回収業の人もいる。また、その辺りのパンク修理屋さんとグルになっている奴もいる。自分たちがまいたものを、道端から回収して、また、道の中央にいるかバラまくのです。
DSC00284.JPG
Orang Gangguan Jiwa Nyoblos Pakai Surat Dokter Menyalahi Aturan

https://www.suara.com/news/2018/11/20/131040/orang-gangguan-jiwa-nyoblos-pakai-surat-dokter-menyalahi-aturan
これは、TVONEという、ニュースチャンネルで、座談会の形で良し悪しを話していた。要するに気違いの人(Orang gila)に投票権を与えるかどうなの話で、医者の判断に任せるとか、基準ば難しい。来年の大統領選挙に絡んでの話だった。
泥 STNK ギラ
posted by 元気な振りの爺さん at 21:39| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

(^_-)-☆最強の組み合わせ

 3596 休み中にも停電が二回あった。休みで、製造には影響なかったが、矢張り、雨季だから、常に停電はする。スバンで車を修理中もスコールと雷のため、修理は中断したし、停電でガソリンスタンドの給油もできなくなっていた。

エアーアジアのターミナルがまた変わるようですね。ドメスティックもインターナショナルも2になるそうですね。ターミナル3がらみで、コロコロ、使用ターミナルが変わる。しっかり、出発前に,旅行会社や航空会社に確認しておきましょう。以前からの思い込みで行ってしまって、そこではなかったということにならないよう注意しましょう。間違った場所で、どこへ移ったかインフォメーションに聞いても、正しいく教えてくれるかどうか分からない、タクシーの運ちゃんに聞いても、信用できないですよ。ましてや、私が、ここの書いても、変っているかもしれないから、書きません。25日に使うガルーダのインターナショナルは第三ですよね。自分で確認してください。
DSC00269.JPG
ちょっと早いが、食料品が無くなってしまったので、日本へ持ってゆくものモ一緒に、ファーマーズマーケットへ買い物にいって来た。孫を含めて、家に持って買っても喜ばれるものはなくなっている。始めの内は珍しいこともあって、使ったり食べたりしてくれたが、今は。孫も喜ぶものがなくなったので、私が食べたいものを、日本にいる間に消化できる分量を買ってゆくようにしている。インスタントお粥(ブブール)などである。その帰り途中の果物屋を通り過ぎることができず、また、ドリアンを買ってしまった。一昨日、スバンへ行った帰り道で手に入れたチェンベダックと並べると、臭さ強烈、食べれば大満足の最強だ。
DSC00264.JPG
踏切、遮断機が下りるのは通過時間の10分前だ。それでないと、踏切内に残される乗り物がある可能性があるからだ。そして、閉じている時間が長いから、閉じてからも渡るバイクが多い。その上、夕方の通過列車が多い時間は閉じている時間が長い、前後は大渋滞になる。で、日本がジャカルタ、スラバヤのセミチュパットクレタを完成させれば、踏切が無くなり、全てフライオーバーになる。この風景はなくなるはずだ。
DSC00258.JPG
これは、buah kecapiクチャピという名前の果物、強いて言えば。マンゴスチン(Manggis)に似ている。内側に白い実がいくつかに分かれて入っている。種から実が剥がれないから、シャブって甘さを飲み込んで、種ごと捨てる。ランブータンの種も剥がしにくいが、これは、剥がすの無理。
DSC00265.JPG
16時ころ、世間が暗きなってきた。ポツポツ振り出した。夕方近くのスコールは、雨季の典型だ。
最強 臭い 遮断機
posted by 元気な振りの爺さん at 22:58| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

(^_-)-☆何をしているの?

 3595 今朝、3時半にやっと眠ったが、6時には起きて、準備をし、快適な車でゴルフに出かけた。7時スタートだった。風邪は鼻水のピーク、睡眠不足、疲れも消えていない、それでも、約束がったので、キャンセルしにくい。最初は、もうろうとしながら、何となく打っていた。ま、そのうち、だんだん、目も覚め、疲れも何となくなくなってきたような気もしつつ、12時過ぎには無事、終わった。

会社に寄って、昨日、書けなかった投稿をし終えた。

75になって、スバンの山の中で車が故障してしまい、修理屋を呼んで、修理をしてもらっている間、10時間以上、何もすることが無い、近所の暇そうなオジサンが、何となく、話しかけてくる。スマランからか?あなたは,何人だ?どこ行こうとしていたのか?などなど、そのおっさん、どこから来たのか、と聞いたら、この塀の向こうからだという。塀の向こう側に住んでいる人だった。今から、ATMに行ってきたいが、近いのか?いや遠い、スバンの町の中まで行かなければならない。オジェックを呼んでもらえるか?

歩いて10分くらいのところに、ホテル、レストラン、カラオケの建物がった。停電で何もできないが、食事はできるというので、ソッブントゥットゥを食べた。2万9千Rp.安い、そのうち電気が付いた。ここに、一時間ほど粘った。
zDSC00235.JPG
zDSC00223.JPG
こんなところで、ガソリンスタンドの敷石に座って、何となく、周りを見回して、この人たち、信用するしかないが、何時間もかけて、ばらして言って、部品を買いに行く様子もない、夜になって店が開いているはずもない、明日になってしまえば、祭日で店は開かない、それに、ゴルフのキャンセルもしなければならない、この人たち、本当に、組立返すことができるのだろうか、途中で、駄目だった、と、言いだすかもしれない。ボルトが沢山外されて、一応、一か所に集められている。このボルト、最後に、余らせるのじゃないか。など、など考えながら、
じっと、待っている自分は、いったい、何者かと思う。

夕方から、転寝に突入。目だ覚めたのが22時をすぎてしまっていた。
xDSC00250.JPG
xDSC00254.JPG
15番から、外に出た場所で“モミジ祭り”が催されることは書いたが、ここに入ったところに、向うだという、案内の看板が準備されていた。この場所から。祭りに行く人はいないと思うから、意味がないと思うがね。逆に祭りに来た人たちの不特定多数が、ゴルフ場に入ってきてしまうのじゃないかね。テントなどの準備を進められているようだ。

組立終って、やってね。この人たち、最後は、油まみれ、泥だらけで、試運転する姿は、プロ中のプロだと思った。そして、工賃を聞いて、驚きだった。良い人たちに出会ったと思う。良い体験をしたと思う。
忍耐 心配 眠い
posted by 元気な振りの爺さん at 22:12| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

(^_-)-☆まいった

 3594 タンクバンプラフを目指すことにした。8時すぎにいえからでて、日本人の若者のアパートへ迎えに行き、そのまま、高速道路で東に進んだ。バンドゥン方面に向かい、直ぐの出口、サバンで出て、サバンに向かった。このころからエンジンの空ぶかしの状態が非常に気になりだした。アクセルを踏んでも、バーンとなるのが先で、遅れて加速する感じが目だつというか、多くくなった。
スバンを過ぎ、登りが急になると。なお、そっ傾向が強くなった。加速ができなくなった。茶畑やパイナップルの津kる沙汰店が多く似ってきたころ、いよいよ、厳しくなった。、これじゃ行けないと判断し引き返す。
チアトルまで数キロのところだった。これが、大正解だった。登ってきた逆で、下りが大部分、スバンに近くなってくると、時々、登りが入る、アクセルをふかしてやって何とか上る、それを数回繰り返すと、登りがドンドンお難しく、遅くなる、後続車が抜いて行く、左端を何とか進む、ガソリンスタンドがあったので、入り込んだ、ポンプの向こう側に駐車しようと,吹かしたが、もう限界、車はビクとも進まなくなってしまった。スタンドの人に押してもらって、駐車できる場所に駐車した。

ニトロゲンを売ったりタイヤに空気を入れる仕事をしていた兄ちゃんが、バイクで飛び出してゆき、車の修理屋を呼びに行ってくれた。20分後、修理屋が現れて、様子を見た、クラッチバンがすり減っていると断言した。道具を取りに行ってくるよと言って、消えた。また、30分後、3人で、工具やジャッッキを持ってきた。ここで直すという。ジャ頼みますといった具合だ。

車を30cmほど高くし、先ず、シャフト〜解体し始めた。それから、延々、3時間半、13時ころ、ガソリンスタンドたどり着いてから、5時間近く、18時半すぎに、やっとクラッチバンをハズスことができた、途中、16時ころから30分ほど、雷交じりの豪雨で中断をした。もう、真っ暗。、その豪雨で停電になり、ガソリンスタンドのポンプを使えない状態にもなっていた。仕事も中断、雨宿り状態だった。雨が止んで、停電も治ったころ、壊れた個所の見本として、前もって、開けておいてと頼んが部品やに走った。それから一時間後のクラッチバンの新品を持って帰ってきた。1,2ジュタRp(約9000円)だった。早速、元通りに戻す組立セットが始まった。それから、延々、23時半ごろ人って、やっと、組立完了をした。修理工がちょっとい走った後、私も走ってみた。加速が良すぎて、今までの車と違う感覚があった。
xDSC00226.JPG
DSC00259.JPG
xDSC00238.JPG
xDSC00240.JPG
買って二年を過ぎたばかりのアバンザだ。クラッチが滑ってしまう何てことあるの?修理代、いくら?と聞いたら、私は2ジュタを予想していたが、彼から出た言葉は、60万Rpだった。安!大丈夫かな、と思って、1ジュタRpを渡した。

24時を回って、帰途に着いた。チバトゥに差し掛かる直前から、大渋滞に見えたので、下りてしまってリッポチカランの中を通過し、ブカシバラットのインター付近で連れを下ろしてた。2時を回っていた、問中、コンビニへよって、パンなどを飼い、家に着いたのが、15時を回っていた。途中、居眠り運転をしていた。

車の調子は、改善された。
クラッチバン 工賃 居眠り運転
posted by 元気な振りの爺さん at 20:06| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

(^_-)-☆赤いじゅうたん

 3593 インドネシア、残り一週間にあった。一か月半日本だが、ゴルフの予定がすでに入っている。11月29日、浜岡、12月6日、相良、10日、藤枝、 20日、9:07 リバー富士G,CCを予約、1月の初打ちは1月4日、7:30スタートで島田G,C。多分、年末25日過ぎに、もう一回、追加されると思う。

ミニコンペだった。EJIPのヒュンダイ工業団地の入り口の筋向いの入り口から入ってすぐ右側に、貸工場の一角がある、その中に入っている、ヤマニ、サンシュウ、TRC,そして、ニットウ(今はデルタシリコン5)の四社の隣組コンペに、ヤマニの方々と、いつも一緒にやっていたので、何故か、関係がない私が、数年前から参加している。オネストといって、自分の予想スコア(グロスから隠しホール4か所をパーにしてのネット)を申告し、ピッタリかオーバーで近い人に皆さんから集めた罰金(オーバーは×1万Rp,マイナスは×2万Rpを払う)をもらえる。上手下手は全く関係なし、私は、マイナス1だったので、まったく権利なしで2万Rp払った。グロス108の人が99で申告してあって、ぴったりだった。私は、最終ホールでボギーだったが、ダボにしておけば良かったと思った。予想で調整できるが、あくまでも運である。ニアピン賞は一か所もらった。

8時過ぎスタート、前二組は青からスタートの国の人たち、遅い、実の遅い、その上、前が空いているのに、休憩かなか知らないが、ティーショットをなかなかしない。その上、11時前にスコール、30分ほど雨宿り、終わったのが14時を回っていた。ゴルフ場を後にしたのが15時半、後半の赤旗も立てられなかったし、昨日と変わって、気分爽快とはいかず、風邪気味もあって、疲れがきつかった。
DSC00219.JPG
DSC00222.JPG
一時的な強風で火炎樹から落とされは赤い花の絨毯ができていた。
コンペ オネスト 赤い絨毯
posted by 元気な振りの爺さん at 23:52| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

(^_-)-☆風がさわやか

 3592 火曜日がナショナルホリデーなので、月曜を休みにして今日から4連休だ。ところが、インドネシアでは、掛かった覚えがない風邪を引いてしまったようだ。鼻の奥が乾きだして、くしゃみが頻発している。コンビニで売っているトラックアンギンという風邪薬を飲み始めている。

安田という人は、結構、和気あいあい状態で過ごしていたのでしょうか、という、印象は、多くに人が持つ。彼が言っていることをうのみにする人は少ないと思う。彼を批判する人を批判する人は、彼の事を知らないからだという。そりゃそうでしょ、知っている人など、ごくごく少数しかいない、そして、知らないから、一般常識として、先入観なく、見ることができるからでしょ。批判する人を批判する人は、彼の事を知っているという。そして、同業者?だ。要するに、第三者という立場で、公平に評価できない人ばかりだ。

風邪を引いても、ゴルフはする。汗をかくことは、風邪を撃退しやすと思い込んでいるからだ。子供のころから学生時代も、風邪を引いても寝込むことはなかった。クラブ活動も休むことなかった。中学時代、お前が休めば、学級閉鎖になるのに、と、友達によく言われた。もっとも、その頃は風邪ではなく、当時は、風邪だと言われていたが花粉症だった。決まった工程を通れば直ってしまう。
DSC00208.JPG
DSC00205.JPG
木曜日の強風は、ゴルフ場の木々も何本か倒していた。そして、高いところに取られずに残っていたはずのマンガも全て落とされてしまったようで、無くなっていた。今日は、清々しい晴天だった。チンペダックを持って行って、仲間にプレゼントしたが、ドリアンのように臭いと言われ、敬遠されたが、終わって、食事尾のあと、中身を出してもらって、皆さんに披露した。全員が、初めて見たという、私は20年以上前から食べているのに。い一部の人だけ食べたが、拒否する人の方が多かった。美味しいのに。余った分はウェートレスにあげたら、大喜びだった。
DSC00210.JPG
15番のグリーンの横にシニヤーハウスへの近道がある。この外に、川奈のアパートを建設中だ。そして、このもっと向うの大通りの方で、24,25日に“紅葉祭りMOMIJIMATSURI”が模様される。
風邪 好天 知らない
posted by 元気な振りの爺さん at 22:42| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

(^_-)-☆アドレス変えた

 3591 長年使ったメールアドレス、気にっていたメールアドレスを使わなくした理由。突然、こんなメールが飛び込んだ。日本人からではないことは明らか、翻訳ソフトを使った、日本語としては奇妙な文章が多い。また、“マカフィー迷惑メール対策”というところに一日200以上入るし、“迷惑メール”に20以上入る。
今迄のメールを使うと、通信相手に迷惑を掛ける心配が有るので、使うのを止めました。

『こんにちは!   私のニックネームはjone69です。
私は半年以上前にこのメールボックスをハッキングしました。
私が作成したウイルス(トロイの木馬)をあなたのオペレーティングシステムに感染させ、あなたを長い間監視してきました。

その後もパスワードを変更したとしても、それは問題ではありません。私のウイルスはあなたのコンピュータ上のすべてのキャッシングデータを傍受しました 私のために自動的にアクセスを保存しました。

私はすべてのあなたのアカウント、ソーシャルネットワーク、電子メール、ブラウジング履歴にアクセスできます。 したがって、私はすべてのあなたの連絡先、あなたのコンピュータからのファイル、写真、ビデオのデータを持っています。

私はあなたが時折訪れる親密なコンテンツサイトに最も襲われました。 あなたは非常に野生の想像力を持っている、私はあなたに言う!

あなたの喜びと娯楽の間、私はあなたのデバイスのカメラを通して、あなたが見ているものと同期してスクリーンショットを撮りました。 何てことだ! あなたはとても面白くて揺らめいています!

私はあなたの連絡先のすべてがこれらのスクリーンショットを取得するのを望まないと思いますよね? もしあなたが同じ意見を持っていれば、私は500ドルが私が作った汚れを破壊するのにかなり公正な価格だと思います。

指定された金額を私のBTCウォレット(Bitcoin)に送ってください: 1D1dYQYMP5toHtCZjJ466X1ENUAzVirQ5V
上記の金額を受け取るとすぐに、私はデータが削除されることを保証します、私はそれを必要としません。

そうしないと、これらのファイルとサイト訪問の履歴があなたのデバイスからすべての連絡先に送信されます。 私はすべてのあなたの電子メールの対応を保存しました! これはあなたの連絡先にも送信されます!

あなたがそれを読むとすぐに - 私はそれについて知るでしょう!
あなたは50時間持っています!

私はあなたのことを覗き込む多くの仕事をしてきました! あなたはセキュリティを見ない!
実績のあるリソースだけに行き、どこにでもパスワードを入力しないでください!
さようなら!
ijnenƐ==Ox』

残高少ないが、預金はブロッキングした。500ドルを払えと書いてあるが、払う気はないし、その気があっても、これじゃ、払い方が分からない。50時間待つと書いてあるが、もう、100時間以上過ぎているが、その後のメールが無い。私の連絡先に送信されたのでしょうか。連絡されたのなら、どうなるのでしょうか。どうなってるの?分からない。こんなことを生き甲斐にしている人がいると思うと、情けないね。気の毒だね、結局、落ちぶれるに決まっているのに。

美容外科医なんとか、国際支援何とかと、迷惑メールに指定しても、効果なく、受信メールの入ってくるメールも増えている。
DSC00197.JPG
DSC00200.JPG
通勤途中、昨日の強風と落雷の後。
対策 ブロック 無視
posted by 元気な振りの爺さん at 23:20| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

(^_-)-☆サンザンな

 3590 夕方から、大荒れ、嵐のような天気、直ぐそばへの落雷の連続、勿論停電、それに、断水。ドアの下の隙間から水が入り込み、水浸し。それに、どうも、風邪を引いたらしい。トラックアンギンを飲みだした。

久しぶりの出勤、ナイフ自動カッターが納入されていた。今迄に物よりナイフのサイズが大きく、大きくて薄いプロファイル用だ。まず、ホギーのスリットパイプのトライをした。カット面の状態は大成功、後は、スリットの幅の安定化だ。カット後、直ぐに、水の中に落としてあるので、明日。その様子を確認する。隙間がOKなら、サンプルをだせる。

昨日、マリオボロのホテルから、16時過ぎにグラブタクシーで向かった。何分かかる?と聞いたら、「一時間半、渋滞の具合では3時間以上の時もある、今日は、出発は何時?」18;50。「多分、大丈夫」だった。町の中を走り始めた。渋滞が長い、来るままなかなか進まない、右折車が邪魔をして居る、どの交差点も、左折や直進(三叉路)は赤でも進める。運転手、巧みにそれを使う、右したい場合は、左折して、Uターンして、戻り直進する。そんな方法を駆使している、見事なものだ。彼らの出発の一時間前に到着した。ということで、町中から空港に行きたい場合は、4時間ほど前に出発しないと安心できないようだ。ジャカルタだけではない、ジョクジャも渋滞が酷くなっている。新空港が出いるらしいが、そちらにはどうだろうか。

歩道にずらっと並んでいる土産物、Tシャツ6枚10万Rp,3枚10万Rp,バティックのシャツやズボンが5万Rp,何もかも、確かに安い、だからと言って、沢山買っても仕方がない物、私はTシャツ3枚だけ買った。

もう一つの印象、空気の汚染が厳しい、ベチャがベモに変わり、バイクが怒涛のように乱れ流れて居る。ベモに座っていると、その排ガスを直接吸ってしまっている。臭い、むせる、くしゃみも出る。古都も汚染されれ行く。
aDSC00186.JPG
aDSC00095.JPG
aDSC00195.JPG
会社の連中に何やらジャクジャの地元性のアンパンのようなものを沢山買った。今朝、皆に分けた。

三日間のジョクジャの旅、矢張り、皆さんの事に気を使うので、自分のペースではない、小学校の修学旅行で、鎌倉や上野などへ行った時も、私が集合旗を持っていた。全く、不満だった。今回も、その通りなのだが、皆さんに、感謝瀬れて、自己満足する。皆さんを空港で見送り、肩の荷が下りる。後、5日ほどバリにいるらしいが、無事に帰国を祈る。
停電 断水 落雷
posted by 元気な振りの爺さん at 23:37| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

(^_-)-☆今日も疲れた

 3589 家に戻っている。9時チェックアウト、ベモ(ベチャモートル、ベントール)に分乗して、先ず、バティックの工場へ、実際に蝋で柄を描いている場所、その工場で、染め迄している工場と頼んだが、実際には、単なる店に連れていかれ、工場だよ、と言ったら、あ、そうか、次に行った場所は、一人のおばさんが、店の前で一人、布に、蝋で絵を描いていた、それだけ?、今は、この地区には、染め迄一貫してやっている工場、工房は、なく名手いるという。以前は大勢の女性が働いていて、皆さんで描き、その横で流れるように染めもした場所があったに、今は、工場で印刷だという。

ろうけつ染めの絵画の工房にも行ってみた。そこでも、同じだった。外でおばさんがやはり実演?をしていただけだった。手作業の仕事は、やる人がいなくなっていると感じる。小さい横長の蝶の絵を買った。シルクだ。その染める前のものも一緒に買った。合計60万Rp(5千円弱)
aDSC00115.JPG
お決まりで、次はワヤンの人形つくりの工房にも行ってみた。どうも、本物の牛革(クルボー)を使った影絵に使う人形を作る工房だ。ここでも工房の前で一人が、その操り人形に絵に具?で色を載せていた。中に入ると薄暗く、壁に貼ってある人形が埃でくすんでいるように見える。2の男性だけでやっているという。陳列ケースの中に、何枚かの売りものが重ねられていたので、値段を聞いてみた。1ジュタだという。どうだろう、こんなに細かい仕事をして、色を塗り、8千円くらいじゃ安いだろ、と思うが、売れていないのでしょう、私は、この一枚?をかった。日本帰ったら、壁に張ろうと思う。
aDSC00147.JPG
クラトンがオープンの時間だというので、直ぐに入った。どこも、そうだが、日本人だろとチケット売り場で言われる。慣れたもので、何人か分かるようだ。インドネシア人だ。といい、SIMを見せる、直ぐに納得、ここは外国人は3倍だった。
入ってすぐ、ワヤンの実演を実演をしていたので、鑑賞をする。その後、グルーっと左回りで、博物館をめぐる。スルタン(ジャクジャカルタ地方の王様)の館の一部が解放されているのが、クラトンと言われている。王室の催しはこの中で行われるという。私は、何回目になるだろうか。
aDSC00116.JPG
aDSC00159.JPG
タマンサリ(ヲーターパレス)ここも、すぐ隣で、お決まりのコース、白い塀の細道の途中に分かりにくい入り口がある。入ると、見覚えのあるずっと先の入り口が正面に見える。全てに思い出が沢山なる、多くに人と同じ道を歩き、同じ店により、同じような会話をいた。

ライオン1時間遅れの出発、友人は、その前に、バリへ向かった。私が一人、22時過ぎにジャカルタ、そいして、家に着いたのは24時を回っていた。
忙しい 歩き ベモ
posted by 元気な振りの爺さん at 12:43| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

(^_-)-☆アドレス変更

 3588 私のメールアドレスがハッキングされたかもしれないので、今までのメードアドレスで送ることは止めました。また、私は、今までのメールアドレスからのメールを送ることはしません。もし、今までのアドレスから届いた場合は、決して、開かないでください。消去か迷惑にしてください。

夕方ではなく15時ころのマリオボロです。両側にバイクが駐車いしていない。雨なので、歩道を占有している、衣服などの吊るし売りが、店の前のアーケードに引き込んでしまい、シートで覆われていた、まだ、歩道レストランも来ていない。昨日の夜より遥かにすっきりしていた。
aDSC00084.JPG

17時過ぎのマリオボロ、賑やかになってきたが、バイクが無いだけに、歩道には余裕があり、ベンチで休んだり、食べたりしている姿は、以前と全く違っていた。
aDSC00086.JPG
RONDEという飲み物?食べ物?通りのカキリマで買って飲んでみた。基本的にはショウガの味、丸餅、ピーナッツ、食パンの切れ端が入っている。最初は、むせるほどの味だったが、ちょっと慣れてくると、これは、風邪を引いたときに良いかなと思いながら、最後まで飲んでしまった。ただし、私だけだった。

今日の行き先は、海岸へ行きたいと言われたので、運転手に、何処かいい景色に海岸へ連れて行ってと、頼んだら、バロンというところが良いといって、向かった。8時に出発、途中、ジャティの林の中を延々と南下した。やっと11時すぎに到着、ところが、その海岸、まったく、汚い、狭い、景色の海だけ、運転手、休みなら、大勢、人がでているのに、今日は、寂しいね、と呟いた。連れの連中、ここかよ、という顔をしている。私は、以前、来たことがあるパラントゥリティスのようなところを期待していたが、がっかりだった。何故、パラントゥリティスにしなかったのか聞いたら、答えないかった。

次は?ここまで来てしまったから、帰る途中、何か所か寄るところがあるという。来た時と別のや、あの中の道に入った。これがまた、大雨になってしまった。何やら、ラフティングの場所に着いた。降りてみると、弾性がでてきて、ラフティングやタイヤ浮き輪に、乗っての川下りの説明を始めた。おいおい、75過ぎの老人に進めるなよ、運転手もこんなところに連れてくるなよ、大雨だし、とんでもないと、直ぐにその場を離れた。次は?またどんどん山の中に入ってゆく、雨というか、キリが深くなってきた。道の両側に真っすぐ伸びた木の林が続くようになった。ここはどこ?ジョコ大統領が来たことがある、ウタン ビーナスHutan pinusだという。ますますキリの中。前方も両側もほとんど、見えない中を通過してしまったようだった。写真を撮ることもできなかった。
すごすごと、ジャクジャのホテルの戻った。15時過ぎで、観光スポットは既に閉じていた。

一休みをし、通りに出て、土産物を物色してもらった。散々の一日だったと思う。悪いことをしてしまった。運単種に任せたのが誤りだった。日本から来た人に、ジャクジャのキリの山の中、もったいないことをしてしまった。
霧 大雨 山の中
posted by 元気な振りの爺さん at 18:01| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

(^_-)-☆久しぶり

 3587 私のメールアドレスがハッキングされたかもしれないので、今までのメードアドレスで送ることは止めました。また、今までのメールアドレスからのメールは、決して、開かないでください。消去か迷惑にしてください。

疲れた、例によって、忙しく走り回らる。気を使う。早朝、ジャカルタから、出発、6時過ぎにはジョクジャに到着、早速、一日の行動をタクシーの運転手話す。10時間で50ジュタRpだという。先ず、チャンディプランバナンに向かった。外国人とインドネシア人の入り口が別だということがハッキリわかるようになっていた。私は4万Rp、彼らは、35US$払ったという。10倍以上である。こりゃ酷い、後で行ったボロブドゥールもラトゥボコも同じように10倍になっていた。彼らが気の毒だが、仕方がない。そういえば、パンガンダラン チャガールアラムも10倍くらいになっていた。

プランバナン以前と、私は、多分7〜8回来ているのが、変わっているところはない、それでも、彼らにとっては、十分、満足らしい、私は、何となく、歩くだけ。次が何と言う場所だったか、新しき出来た観光地、あの柔らか層の石を切り出す岩山に案内された。私も興味はあったが、いって見ると、その石は、取りつくしてしまって、動じようかと考えて、観光地にしたとか、山の上なので、良い天気なら、ジョクジャの町が一望できるから、それが売り物なるだろうが、遺跡でも何でもないので、外国人を連れてゆく場所ではなかった。

そのすぐ手前に入り口があるラトゥボコには、満足してもらった。私も付けれ来た良かったと思う。一番奥の水溜りの遺跡、これは、他にない、私にとっては魅力的だ。こちらからの景色は、プランナンの方、良く見えた。ただし、ムラピさんは雲の中で、残念。
zIMG_0662.JPG
ボルブドゥールへ、とに角、歩く、歩く、私は良いが、皆さんは、既に疲れている、気の毒、高い料金を払って、歩かせた、上り下りをさせた。皆さん、もう、よれよれだ。それでも、良くついてきたくれたと思う。最後の降り場所から、出口までは、また、遠い。30分以上、掛かった。しかも、以前の場所は、降りて、斜め右から、一望できる場所だったが、そこには行けなくなっていた。残念。土産物売り場が出口の手前にあるのだが、これがまた、どこも同じだが、迷路にように、グルグル歩きまわされる。いちいち声を掛けられるが、いちいち、面倒を見ていられないので、立ち止まらないようにと頼んだ。
zIMG_0802.JPG
zIMG_0809.JPG
私は、ボロブドゥールの直ぐて前にある、仏教とヒンドゥーに施設が向かい合っている場所が良かったと思う。名前を忘れた、のちに調べようと思う。仏教の方は遺跡というより、新しい寺院のようだった。過去あたりの仏教徒にとっては、ボロブドゥールより、こちらの方が重量な場所ではないかと思う。

観光を終え、マリオボロ―のムティアラホテルに入った。一休みをして、外の出て、歩道レストランで食事、後は、散歩、この通り、随分、整備されたと思う。以前がバイクがずらっと、駐車していたが、今は、まったくなくなっていた。一体、どこへ駐車させている二だろうか、不思議なくらいだ。歩道に椅子が並んでいて、休むことができる。素子て、以前と変わっていると言えば、ベチャが殆どなくなっていて、ベモになっていた。相変わらずの賑わい、そして、安い。100円以下で買えるTシャツなど、バティックのシャツもある。

寝不足と歩きで疲れたが、皆さんにとっては、何もかも、珍しく、楽しんでもらったと思う。明日が、また、大変だと思う。
疲労 満足 変化
posted by 元気な振りの爺さん at 23:25| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

(^_-)-☆もう、大変

 3586 午前中はゴルフ、途中、大雨に遭遇し、1時間近く中断、雨季のインドネシアのゴルフはこんなものだを体験した。15時過ぎにゴルフ場を後にし、会社から、17時過ぎにタクシーで空港に向かった。中学の時の同級生、5人がやってくるのを出迎え、ジョクジャまでのエアティケットの手配と今日のホテルの手配、めんどくさいが、仕方がない、やってやるしかない。明日、4時過ぎのライオンエアーにした。大丈夫と言うしかない。
IMG_0561.JPG
IMG_0565.JPG
それにしても、渋滞の酷さには呆れるしかない。リバトゥやチカランバラットから高速に入ると渋滞にハマる活率が高いと思い、ティビトゥン(M
M2100)からにしようとも思ったが、、待てよ、国道からゲートまで、高速道路の増設工事のため、今までの直進する道が閉鎖され、かなり遠くまで行ってUターンして戻らなければならないようになっていることが分かっているので、ここもやめ、その先のタンブンから入ることにした。そこまでの国道も、通過のコタチカラン、チビトゥン、そして、コタタンブンもそれぞれ、渋滞がきつかった。そして、コタタンブンからゲート方面に左折をした。これが、始まての道で、これが高速入口までのアクセス道とは、信じられないほど、狭いし、凸凹、そして、街灯が無く、真っ暗、カリマラン道に突き当たった。そこからは、いつか通ったことがある道で、タンブンインターから高速に入った。ここまで来れば、渋滞はないと思っていたが、いきなり渋滞にハマった。そこまで、既に2時間かかっていた。

迎えの時間、21;30には間に合いそうもないと、その時に、既にあきらめた。そして、延々と、渋滞、屋とオジュタイが終わったのが、ブカシバラットの先のリンカラン高速の入り口を過ぎてからだった。結局、空港に到着したのが、21時を回っていた。トイレも限界に達していて、なにをするより先にトイレに飛び込んんだ。
IMG_0570.JPG
ターミナル間を移動するシャトル電車の乗り場、駅とに角、今日の役は終えた。
大変 渋滞 雨季
posted by 元気な振りの爺さん at 20:25| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

(^_-)-☆自分たち製

 3585 押出ラインを一ライン手配中だ。幅150mmくらいまでのプロファイルの成型ができるように、50mmφの押出器と幅広の水槽、そして、引取機のベルト幅は200mmにした。全て、ブアタン インドネシアで行く、シリンダー、スクリュー、そして、ギターボックスをできる会社に分けて注文をした。操作パネルは部品をかき集めて買ってきて、自分達で作る。押出機の本体も自分たちで組み立てる。水槽とナイフの自動カッター、そして、引取機は、ずっと前から実績がある会社に注文をした。

話が横道へ行くが、ナンブの時に、スバン田舎でストローを作っていた韓国系会社は夜逃げをしてしまって、付近の従業員が、給料の未払い分や退職金にするために、装置を買ってくれそうな、押出屋を探して、ネットなどから、私を見つけて相談に来た。押出機や引取機を始め、自動カッターなど、すべてが、韓国製の5年しか使っていないものだった。7ラインあった。その当時、ナンブには3ラインを持ち込んであった。その3ラインはフル稼働で、新規の注文を受けられない状態だった。しめた、こりゃついているぞ、ちょっと、多すぎるが、売りたい価格を聞いたら、500ジュタRpで、どうだという。1ラインが80ジュタくらい、当時のレートで、100万円くらいだった。それでも、高い、水槽は使えないから引き取らないといって、80万円くらいのねぎって、499ジュタで手を打った。皆さん、ほっとしたように大喜びだった。良いことをしたと思うと共に、気の毒なことをしたとも思った。
そして、補助押出機も二台込で引き取った。そして、順番待ちをしてもらっていた新規注文を全て引き受けるようになった。装置の固定費が殆どなしで売っているのだから、利益率が大きかった。装置が足りなくなって、その三年後、私が身を引いたときには、押出ラインの自分たちで作ることになった。それをモデルにして、2年前にもう1ライン作った。日本製を買えば1500万円くらいのことを言われる装置が、自分たちで作って、400慢円くらいで作った。

今、注文してある部品を組み立て作れば、矢張り、400万円くらいでできる。今月末に組立開始になる予定で、私は立ち会えないが、その前に、自動カッターは20日前に納品される予定だ。これが入れば、スリットパイプを完成させることができる。HOGIから期待されているので、間に合わせる。インドネシアでは、初めてだし、多分、日本でも、今回の私のやり方では作っていないと思う。単に切り込みを入れたり、のノ字はある。日本では、私もそれらを作った。
IMG_0534.JPG
ゴルフ場に出勤道、ここを右に曲がる、左はジャバベカ6の工業団地だ。
IMG_0535.JPG
そして、ここを左に曲がれば、ゴルフ場だ。私以外は、ジャバベカ1.2やリッポチカランやジャカルタなど西からくる。ここのむこうからくるわけだ。ここで、向こうからでは右折する。
自前 押出ライン 新品
posted by 元気な振りの爺さん at 17:45| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする