2018年12月31日

(^_-)-☆原因を断言

 3635 スンダ海峡の津波の原因が断言された。
Akibat erupsi, tinggi Gunung Anak Krakatau berkurang 228 meter 津波の原因は、アナッククラカタウが228M低くなったからだ。
Perubahan tubuh Gunung Anak Krakatau. PVMBG memperkirakan yang semula tinggi 338 meter, saat ini 110 meter. Volume Anak Krakatau hilang 150-170 juta m3. Volume saat ini 40-70 juta m3. Berkurangnya volume tubuh GAK disebabkan proses rayapan tubuh & erosi selama 24-27/12/2018
日本国内のニュースは、この記事に基づいている。
標高が338mから110mになった。150-170,000,000㎥の体積が消えて、40-70,000,000m3になった。
zanakkerakatau.jpg
zanakkerakatau1.jpg
その様子だ。

南安倍川橋からと安倍川橋からの富士山
zDSC00833.JPG
zDSC00836.JPG
静岡市街地から南アルプス
zDSC00835.JPG
用宗港 向こうに新しくできた温泉が見える。
zDSC00828.JPG
インドネシアでは、こういう摘まみやすい形状の1mmなど小さいドリルは手に入らないので持って行く。
zDSC00850.JPG
二車線トンネルが増えた静清バイパスの丸子藁科トンネル、同時に、服織インターチェンジもできた。
zDSC00844.JPG
zagung bali.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=JjPdaqDyGf0
インドネシアの火山・地質災害 センター(PVMBG) 発表
PVMBG juga menyatakan jika status Gunung Agung masih berada di level 3 atau siaga dengan zona bahaya pada radius 4 kilometer.
バリ島のアグン山、再び噴火、レベル3、半径4Km以内は危険

https://www.youtube.com/watch?v=D9065e35n-Q M7.1の地震
昨日地震、スラウェジ島の北いうか、マダドからは201Kmとか、津波なし。フィリピンに近い。

徘徊 市街地 山崩落
posted by 元気な振りの爺さん at 22:34| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

(^_-)-☆直近情報

 3634 北川工業が上場廃止になりますね。日東工業に60%?くらいの株を買ってもらったということでしょうか。若社長の決断でしょうね。北川ゴム工業から現在の北川工業になったころから、エッジング、グロメット、スパイラルチューブなどで、お付き合いが始まり、1996年からインドネシア進出の時、インドネシアでそれらの製品を作って、提供し、2009年、撤退する時に、ナンブへの身売り仲介をした。それ以後、北川弘二さんが他界する以前まで、日本に帰ったときには、稲沢まで、挨拶に出かけていた。時の流れでしょうか、何やら、大変お世話になった方や会社が遠くへ行ってしまうような気がして寂しい。

zDSC00824.JPG 

名前など気にしていなかったが、この橋の名前が静岡大橋というらしい、丸子から、市街地へ行くときこの橋を渡る確率が一番高い、今日の富士山、そして、日本平が右、真ん中の向こうに愛鷹山が見える。

孫会社を訪問して、世間話というか、日本の押出成形の現状というか、エンプラ押出について、話をしてきた。その中で、フッ素樹脂や超高分子PEのチューブの製造方法についてどうなっているのか、ちらっと、触れた。この会社、私が独立開場したころの状況を思い出させるように、来る仕事は、開発的なものばかりらしい。というのは、作ってもらいたい製品があって、先ず、商社とか原料メーカーにどこか出来るところがあるか問合せ、ある程度知られている、実績のある会社を紹介され,話を持って行って、断られる。そして、なお探し、見つけられて、話を持ってくる。その途中、試作を頼んで結局。満足する製品ができない場合もある。だから、持ってこられる製品は、必要だとした時からな、既に長期間が過ぎていて、開発的に作ろうとしているある装置の部品の一部としたら、その部品だけが、まだできていないために、新しい装置ができないという状況になっていて、切羽詰まっっている。だから、直ぐ、何とかしてほしいという話になる。インドネシアでもそうだが、私が受ける仕事は、そんなものが多い、この会社から相談を受けたものも.同じ状況だった。彼、意欲的で良し。


https://www.qabox.jp/question/qa5441.html
私は浦島太郎的なところがあるから、直近の状況を知らないが、この質問に関しての解答、かなり変!というか、ほんの一部は合っているが、大部分は間違っているし、ピントがはずれていると思う。調べなおした方が良いと思う。
zDSC00827.JPG
紹介されて見つけた、ホームセンター DIY店に売っていない様々な工具類を売っている専門店があった。インドネシアへ持ってゆく、プライヤーや剪定鋏などを買った。
緊急 切羽詰まる 超高分子PE
posted by 元気な振りの爺さん at 21:54| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

(^_-)-☆地震津波火山列島

 3633 雪国の豪雪、すごいですね。帰省ラッシュの始まりと重なって、大変なことにありそうですね。我が家は、霜も降りず、ポカポカ陽気。インドネシアからは、今日から年始3日までのゴルフの連日の予約状況が知らされている。私の名前は勿論ないが、いつも、一緒にやっている人達の名前が見える。日本の帰らない人も多い。

3カ月前にスラウェジの地震と津波の大被害があったばかり、今度は、スンダ海峡の津波、バブルの真っただ中に突入しているインドネシアだが、天災は容赦なく起こる。私に強烈に残っている天災は、バンダチェでした。この災害の後、3年間は、インドネシアのあちこちに飛火したような災害があった。インド洋側の沈み込み地帯の沿って、ニアス島、ジョクジャ、バントゥールそして、パンガンダランでした。
ま、当然、火山列島でもある。

昔、バリハイという映画を見たときも、素晴らしい景色でしたが、火山島がありましたね。

因みに、Bencanaブンチャナ、災害、という意味です。余計なことですが、ベンチャナではありません。なお余計ですが、Bekasiは、ブカシです、ベカシではない、今回、津波が来た、ジャワ島西海岸のフェリー港の町、Merakもメラックではない、ムラッ、です。
15723878_403.jpg
26 Desember 2004: Pukul 7.59 waktu setempat, gempa berkekuatan 9,1 sampai 9,3 skala Richter mengguncang dasar laut di barat daya Sumatra, sekitar 20 sampai 25 kilometer lepas pantai. Hanya dalam beberapa jam saja, gelombang tsunami dari gempa itu mencapai daratan Afrika.
2004年12月26日7時59分、丁度14年前のアチェ地震、津波の発生日ですね。9.1〜9,3M 震源はスマトラ島西 20〜25Km,たった数時間でアフリカ本土に到達した。

http://nanbuindonesia.web.fc2.com/page231.html この三年後に、私が行った時の記録です。海岸から2〜3km内陸に置かれている貨物船。この地震の象徴的はモスジッド。そして、復興を手伝った国々の碑。
IMG_7549.jpg
IMG_7689.jpg
IMG_7924.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=MaUTEicncnM 地震、津波当日のライブです。
アチェだけでも10万人以上、対岸のマレーシア、タイそれから、インド方面、スリランカでも津波に因って多くの死者が出ていた。
地震列島 火山 災害
posted by 元気な振りの爺さん at 22:25| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

(^_-)-☆鼻水と疲れ

 3632 今年、最後のゴルフ、袋井だった。天気晴朗なれども、強風が吹き荒れ、枯れ葉、落ち葉が降り注ぎ渦を巻いている。グリーン上は、それらで敷き詰められ、払いのけることなどできない。そのまま、てきとうにパッティング、入るわけがない。鼻水たらたら、とに角、散々な状況の中、早く終わらせたいばかりだった。9;30スタート、やっと終わったのが、15:30 昼食時間45分だった。
xDSC00810.JPG
xDSC00812.JPG
xDSC00814.JPG
紺碧の空だが、殺風景。インドネシアのゴルフ場とは・・・と思う。

シニアーコンペだから、そのあと表彰式、最初の組だから、一時間ほど待たなければならないが、もう待っていられない、商品をもらえるようなら、送ってほしいと、ゴルフ場に頼んで、脱出した。

日本でのゴルフは1月に二回、入っている。

というのも、孫会社の人達と食事会が予定されていたからだ。バイパスと東名をぶっ飛ばして、18:00に10分前、間に合った。友人が経営している日本料理屋さん、“くしまる”という名前だ。提供する料理の種類が多い、20;00に終わったときには、狭い店の中,満席だった。住宅地の中、目だたないが繁昌しているようだ。

一日中、足で車で入りまくった。打って、食べて、疲れた。
寒い 冷たい 美味しい
posted by 元気な振りの爺さん at 22:47| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

(^_-)-☆独立開業跡

 3631 家にじっとしていても仕方がないので、ぶらりと東へ向かった。昨日投稿してた、“退職から開業へ“の後を、今どうなっているか、辿ってみた。

先ず、裾野方面に向かってみた。小山君が住んでいた五龍の滝辺りから、葛山のフジプラ精工の跡地を探してみた。20年ぶりだ。いってみると、辺りはさま変わり、田舎の田んぼや野原や中途半端な沢、舗装されていない凸凹山道だったはずの場所が、方向が分からなくなるような狭い道がくねくねとした住宅地になってしまっていた。あったはずの目標が全くなくなってしまっていて、諦めた。もし、その場所を聞いても、知っている人はいないだろうと、諦めた。

246を下って、私が住んでいた長泉北小の脇を通って、沼津インターの脇を通って、なお南下し、昔の通勤道を辿った。沼津学園前の広い通り、東海道本線のガードをくぐり、国一を横切り、沼津市役所を左に見ながら、なお、南下、しばらく行って、斜め左、香貫山の裾野方面により、思い出を辿りながら、狭い魚の干物工場のが集まる場所に到達した。この辺りだが、なかなか見つからない。ぐるぐる回ってやっと見つけたのは、車の交差が難しそうな狭い道沿いだった。名取製作所が別の会社になっていた。あったあった。ここは、何年ぶりだろうか、二軒並んだ50坪ほどの建物、奥の方だ。まだ、あった。まだ、使われていた。45年前から40年前まで、ここで仕事をしていた。裏に大きなマンションができていた。隣の駐車場は、其のままだ。この今、自転車がある場所、名取の社長が工場の窓から顔を出して、“太田君、儲かっていそうでいいな”と、何度も言っていた。
xDSC00769.JPG
xDSC00779.JPG
DSC00780.JPG
富士山がこんな風に見える場所でした。

https://www.youtube.com/watch?v=8uxPHM6NDlA
Penampakan Panggung Band “Seventeen” Pasca Diterjang Tsunami
スンダ海峡津波の昨日のニュース。タンジュンルスンの現状をレポートしている、コンサートはプールと海岸の間の狭い広場でしたね。テントの骨組みがくしゃくしゃな状態で積みあがっていますね。プールの水が何故か亡くなっていますね。
https://www.youtube.com/watch?v=Kisy6z-gk1o
これは、このリゾートホテルのプロモーションビデオです。見る影の無くなってしまいましたね、再建するのでしょうか、どうするのでしょうか。
跡地 変貌 通勤路
posted by 元気な振りの爺さん at 23:12| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

(^_-)-☆退職から開業まで

 3630 青葉通り公園?孫がまだ小さいころ、よく、この辺りまで連れて行って遊ばせていた。今日は、中二の孫の部活の一環で、ここの広場で演奏するというので、妻と一緒に覗きに行ってきた。
DSC00728.JPG
DSC00736.JPG
7年ピッタリで、サラリーマンを辞めて、開業の準備に掛かった。裾野の山の中、フジプラ精工で。夜勤12時間のアルバイトをした。私の給料のほとんどを貯金し、一年半で200万円の貯金ができた。その半年前に、東プラ精工の時、倉庫係をしていた方が、私が工場を使いたいなら、空き土地に工場を建てて、貸してやるよ、という話があって、それに、乗って、頼んであった沼津の志下という場所で始めることにしてあった。

中古の押出機や引取機、粉砕機などを50万円くらいで買って、原料も50万円程で買い、色々な、準備を含めて150万円使って準備万端、一人っきりで、仕事を始めた。私がやるなら、すぐ仕事を出してやるという会社が二社あって、いきなり、月100万円くらいの売り上げがあり、順調すぎるスタートを切った。ニクソンショックと言われた時に重なったが、その後はバブル突入、仕事はめちゃくちゃ忙しく、睡眠時間は3〜5時間だった。全く、疲れなし、一年ほど一人きりでやって、完全に軌道に乗った。向かいの名取製作所の社長が覗きに来て、お前、仕事をしていないのに儲かっているみたいだな、良い仕事をしているな、と、言っていた。製品ができていれば、自動で連続で製品ができているのだから、射出と違うことを羨ましたっからしい。

ただし、このスタートの時に既に、この時、将来は、技術だけを生かす仕事をしたいと思っていた。会社経営とか、大きくしようとは、まったく、思わなかった。

“429 orang meninggal, 1.485 orang luka-luka, 154 orang hilang, 16.082 orang mengungsi,” 882 rumah yang rusak, 73 penginapan rusak dan 60 warung rusak. Selasa (25/12/2018).
今日のデータでは、429人死者、1485人怪我、154人行方不明、16082人避難、882棟破壊、73軒宿泊所壊れ、60レストラン破壊このデータは、スマトラ側のランプンのデータも含むようになった。
https://www.youtube.com/watch?v=5pKGBxe0IU4
これは、タンジュンルスンリゾートホテルのプールの前の浜辺でのグループバンドコンサート会場が津波に流された後の様子です。私の昨日の写真のプールやレストランが写しだされていますね。
独立 順調 技術
posted by 元気な振りの爺さん at 22:25| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

(^_-)-☆Tsunami Selat Sunda

 3629 被害の全容が明らかになるのは、まだ、これからですね。Penjelasan Tsunami Anyer dan Aktivitas Gunung Anak Krakatau  24 Des 2018, 08:00 WIB
ジャカルタから西に向かい、1時間ほどでチレゴン(CIREGON)に着く、ここから一般道に入ってなお西に向かうと、アンニェールの海岸に出る、その途中、クラカタウスティールなどの製鉄所、チャンドラ アスリなどの石油コンビナートに出会う。日系企業も多く、リッポカラワチやチレゴンに住んでいる日本人も多い、今回は土日だったので、日本人の被害はないと言われているが、海岸に行っていた人も何人かいたと思う。もっとも、年末で日本に一時帰国していて、いなくなっているかもしれない。
最初、30cmとか60cmとか言っていたが、今は、最大6Ⅿなど言われているとすれば、石油コンビナートも海側は浸水しているのではないかと思う。PPやPEの製造ストップなどということになるかもしれないよ。土日で休みだから、情報が出てこないと思うが、今日、ハッキリするでしょう。
merak.jpg
ジャワ島の西海岸の主な町は北からムラック(MERAK)、ここから、スマトラとの間のフェリーが出る。その街から海岸沿いに北の半島に向かうと、次々と石炭火力発電所に出会う、ぐるっと回ってチレゴンに戻る。
Sehari Selang Tsunami Selat Sunda, Penumpang di Pelabuhan Merak Tetap Padat
Minggu, 23 Desember 2018 16:23 WIB
Usai Tsunami, Penyeberangan Merak - Bakauheni Kembali Normal  Minggu, 23 Desember 2018 06:58 WIB
昨日のうちにフェリーの運航は通常に戻っているようですね。
oanak-krakatau.jpg
Benarkah Gunung Anak Krakatau Penyebab Tsunami? Ini Kejanggalannya
Tsunami menyebabkan 281 orang meninggal dunia  24 Desember 2018
今日のニュースでは、死者281人になっていますね。まだまだ、増えると思う。アナッククラカタウの航空写真だが、稲妻が写っている。今は雨季の真っ最中、多分、海岸からは、溶岩が海まで達しているのが見えなかっただろうし、津波が押し寄せる様子も近づくまで見えなかっただろうし、津波の速度を時速40kmくらいとすれば、一時間以内で到達する。
Update Tsunami Banten dan Lampung, 281 Meninggal, 1.016 Luka-Luka, dan 57 Hilang
otanjung lusun.jpg
otanjung lesung.jpg
タンジュンルスンのホテルのレストラン前のプール、直ぐ、前が海岸、多分、ユーチューブで紹介されているバンド演奏はこの写真の場所からそう遠くないところだったと思う。私はここに泊まって、アナッククラカタウやタンジュンルスンに行きました。このプールでぷかぷかリラックスしたこともある。
tsunami-selat-sunda-banten.jpg
Dari jumlah keseluruhan korban bencana yaitu 373 orang meninggal dunia, 1.459 orang luka-luka, 128 orang hilang, dan 5.665 orang mengungsi terdapat di 5 kabupaten.今日の最終報道では、373人の死亡を確認したと明らかにした。行方不明者は128人、負傷者は1459人に上った。避難者は5665人。まだ増えますよ。
DSC00727.JPG
クリスマスイブ、ケーキを注文して払ったのは私だが、受取りに行って食べてしまったのは孫達でした。この三分の一を私が食べた。
イブ 西海岸 クラカタウ
posted by 元気な振りの爺さん at 22:36| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

(^_-)-☆押出成形との出会いĒ Tsunami

 3628 70年に結婚71年には父親になり、仕事とは大忙し、塩崎さん、志田さん(現蒲原コーヨー化成)が辞めてしまったので、、押出部門(ベルト基材ライン以外)全てを見ることになり、組合の事は労働条件もほとんど東レと同じにしたので、役目から降りることにした。5年目に入っていた。そのころ、出向で来ている直接上司に大きなストレスを感じ始めた。それと、子会社である限り、今後、相当期間、こんな状態が続き、会社全体は勿論、押出部門だけでも、私の思うようにならないだろう、また、私を評価できる人がいるようにはならない、と、思うようになっていった。
入社6年後の3月31日に、今のままでは、一年後に会社を辞めるという、文章を提出した。上司を替えてもらうことが、条件の一つにしていた。その人がいる限り、私だはなく、部門のためにならないと思ったからだった。

その他にも、私自身の事情で、人に使われる続けることは無理だという考えにもなっていて、上司を理由にしただけだったかもしれない。

一年過ぎて、上司の移動はなかったので、男に二言はないと、7年目の3月31日に、退職届を提出した。この時の本音は、予想通り、上司は移動しなくてよかった、でした。これで、止めることができると思った。それから、半年、訳の分からない説得が続けられ、離職票を受け取れなかった。半年は基本給だけが振り込まれていた。その間、何社からかの勧誘があった。富士のポリプラの研究室や大田区の日本エクストロンなどからだったが、サラリーマンは無理、ということで、塩崎さんのフジプラ精工の夜勤専門12時間のアルバイトに通っていた。会社を興す資金稼ぎが目的だったが、子供の保育園の送り迎えをすることができた。


"Jumlah korban dan kerusakan akibat tsunami yang menerjang wilayah pantai di Selat Sunda terus bertambah. Data sementara yang berhasil dihimpun Posko BNPB hingga Minggu 23/12/2018, pukul 16.00 WIB, tercatat 222 orang meninggal dunia, 843 orang luka-luka, dan 28 orang hilang,"
23日現地時間16時現在、222人の犠牲者、843人、怪我人、28人、行方不明になっていますね。
02MobiTsunami-Anyer-.jpg
8fc685e5-def3-.jpg
010169800Tsunami-Anyer-.jpg
http://otaenplaext.net/newpage25.html アナック クラカタウに途中まで登って、足が熱くなり、引き返した。
日本の報道で、海底地すべりは、クラカタウ島、あるいはクラカタウ山と紹介しているが、“アナック クラカタウ“です。
0lampung-selatan.jpg
Korban meninggal tsunami Lampung Selatan capai 48 orang Minggu, 23 Desember 2018 19:01 WIB
スマトラ側の南ランプンでは、48人が犠牲になっている。現地時間23日19時。
海底 地すべり 予想通り
posted by 元気な振りの爺さん at 22:35| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

(^_-)-☆押出成形との出会いDtsumami

 3627 この期間での印象的な人との出会い。勿論、多くの人に出会って、その人たちから、大なり小なり、参考なり、反面教師なり、その後の私の考え方や行動に影響を与えられたが、このサラリーマン時代に、そして、その後にも、継続して、私に大きな影響を与えてくれた方について触れる。
先ず、塩崎さん 7歳上、会社に入る前は、自衛隊習志野の空挺部隊に属していた。私が入社したときには、押出部門の係長補佐、そして、労働組合の初代組合長をしていた。製造部門では、東レなど親会社から出向で来ていた人ではなく、現地採用の中では最年長だった。技術的もすでにある設備を使って一番、早く製品を作ることができた。条件を掴むための勘が優れていた。ボルトの締め方とか溶融樹脂の掴み方とか、仕事ぶりを見て大いに真似をした。そうしているうちに、塩崎さんは、私を後継者にしようと思うようになったと思う。入社半年後の組合役員改正の時に、教宣部長という訳の分からない執行部に入れられてしまった。無茶苦茶な仕事の始まりでした。これは、太田化工から抜けるまで30年続く始まりでした。

私を後継者としたつもりで、自分は、富士プラスチック精工として、会社を興した。
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0067.html

もう一方、北川工業の創業社長、北川弘二さん、こちらは、http://otaenplaext.net/newpage305.htmlここで、紹介をしている。私が独立してからも、目を掛けていただき、挙句にインドネシアのKITAGAWAを立ち上げるときに、私が東南アジアへ技術を伝えに行きたいといっていることを知って、誘ってくれた。
DSC00722.JPG
DSC00721.JPG
DSC00720.JPG
これは、インドネシアへ行ってからの出会いの話。1996年の12月パサラヤブロックMで店員をしていて、私に対応したユニーさん、ユニフェスタス ナショナル(UN)の日本文学科で勉強しているといい、日本語で話しかけてきたことをきっかけに、静岡の国際ことば学院への留学の保証人になった。20年前の話、太田化工でのアルバイトで知り合った従業員と結婚して、興津に住んでいる。久しぶりに、静岡の駅ビルで会うことにした。小学2年と4年の子供と一緒、私がお爺ちゃんのようなもの。何を食べたいか聞くと、オムレツが良いといって、パルシェ6階のレストランに連れていかれた。結婚してからインドネシアに一度も帰っていないという。しかし、普通に生活している様子何よりだと思う。

現地時間21時ごろ、高潮でひとり亡くなった、津波ではない。というニュースがったが、夜になって、それが津波というニュースになり、今朝になって、43人犠牲、584人怪我、2人行方不明戸いうことになっている。
奇妙なことに地震のニュースにが無い。犠牲者はもっと増えるのがインドネシアの報道だ。
https://www.youtube.com/watch?v=NmEaAaEtRS4
Update Korban Tsunami Banten dan Lampung: 43 Meninggal Dunia, 584 Luka-luka, 2 Hilang
Minggu, 23 Desember 2018 09:47 WIB
https://www.youtube.com/watch?v=xk-eHhtKhbkタンジュンルスンのリゾートでバンド演奏中背後から津波が来た瞬間の映像。このリゾートは、ジャバベカゴルフとジョインしているので、ゴルフ場内に宣伝の看板が幾つかある。
https://www.youtube.com/watch?v=BRLur8ED_74 逃げないで眺めている。

http://otaenplaext.net/newpage336.htmlジャワ島西海岸についてのページです。チャリタやタンジュンルスンに津波出の犠牲者が多かったようですね、
スンダ海峡の真ん中のアナッククラカタウという島が噴火を繰り返していて、最近も頻繁にニュースになっている。それに関連していると思う。対岸、スマトラのランプンの海岸にも津波が、押し寄せているはずだが、ニュースに当っていない。
貴重 出会い 生き方

貴重 出会い 生き方
posted by 元気な振りの爺さん at 21:07| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

(^_-)-☆コレアって国

 3626 アメリカで『「太陽の光線は世界共通のシンボル」学校壁画消去の決定を保留 米ロス学区、批判受け。』こんな記事がありましたね。韓国の旭日旗に対する反発の一コマですね。太陽と光をモチーフにした図柄は、全て、似ているからと、反発するのでしょうね。
私の提案です。一つは、朝日新聞のマーク、どうも、これは良いらしい。だから、太陽と光線を使って何かを表現したい人や国は、朝日新聞に似たものしたらいいと思う。サッカーの応援も、朝日新聞マークに似た旗を振ることをお勧めします。
もう一つ、韓国の旭日旗を戦犯機と言って排除したい団体?にお願い、どうでしょうか、日本人だけでなく、世界中の人が参考になるような、太陽と光線を表した図柄で、許せる図柄とこりゃ許せないという図柄のサンプルを作っていただきたい。

『“元徴用工”ブーメランに文在寅大統領は?約1100人が韓国政府を提訴へ』こんな記事もありました。韓国政府に補償金の支払いを求めた提訴は、1965年の日韓請求権協定で日本政府から3億ドルの無償資金を受け取った韓国政府に補償責任があると主張している。
慰安婦の問題も同じじゃないの。元慰安婦だといっている人もその応援者も政府に、お金のことは頼んだらいいんじゃないの。韓国政府もせっかく10億円をもらっているのだから、それに、追加して余分に支給したらいいでしょ。
と、言うことになりますね。

今回のレーダー照射と言い、文大統領 韓国という国が変。
DSC00712.JPG
DSC00713.JPG
冬至、暖かいですね。私が隠居生活に入れば、こんな庭の見える縁側で、ぼ〜〜っとしている時間が多くなる。終日のたりのたりかな、ですね。まだ、ずっと先かな、そうでもないかな。
徴用工 慰安婦 旭日旗
posted by 元気な振りの爺さん at 22:53| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

(^_-)-☆有料道路933Km

 3625 故郷 リバー富士CCでのゴルフ、丸子からバイパスで蒲原まで、一号線にでて、富士川駅前から、丘の上路を通って、富士川楽座の北道から太田石材店の前を通って富士川沿いに北上し、ゴルフ場に至る。一時間半で着いた。
山の中の起伏が激しいコース、良い運動になった。天気に恵まれ、富士川を挟んだ向こう側に聳える霊峰富士、コース中、どこからでも見えた。こんな富士を、今まで富士山を見たことが無い人が見たら、大感激だろうと思う。私の生まれ故郷の景観だ。
aDSC00639.JPG
7時過ぎ、由比海岸バイパスから
aDSC00647.JPG
一族の墓地から
aDSC00651.JPG
富士川楽座の駐車場入り口付近から
aDSC00670.JPG
aDSC00680.JPG
aDSC00687.JPG
ゴルフ場から

https://www.jawapos.com/ekonomi/properti/18/12/2018/trans-jawa-tersambung-900-km-merak-pasuruan-cukup-bayar-rp-575-ribu

https://www.youtube.com/watch?v=tBZJNwl_k1g ジャラントールの主な区間ごとの料金です。ジャカルタ^パスルアンは512000Rpですね。

https://www.youtube.com/watch?v=pgmVsyekfwU
Tol Trans Jawa Hadir, Merak ke Pasuruan Dapat Ditempuh dalam Waktu 12 Jam
Presiden Joko Widodo meresmikan Tol Trans Jawa pada Kamis (20/12/2018) hari ini. Salah satu tempat peresmian dilakukan di Jembatan Kalikuto, penghubung Pemalang-Batang.

https://www.youtube.com/watch?v=igisQx0yrR0

ジャワ島の西端、スマトラ島とのフェリーが出る港町ムラックMerakから東ジャワのスラバヤの南、パスルアンPasurua933Kmともいわれているが、その間が有料道路が繋がった。クリスマスと新年の帰省,ムディックMudikにまにあった。パスルアンの工業団地には、ヤマハミュージックやパナソニックランプなど日系企業が進出しているし、世界遺産のブロモもすぐ南にある。ムラックからパスルアンまで、12時間、575、000Rp(4400円くらい)滅茶苦茶安いですよね。ジャカルタースラバヤなら10時間ですね。

私が、車でロンボック島まで行ったときには、チカランからスラバヤまで、チカンペックまでとスマラン付近の有料道路を覗いて、ほとんど一般道で行ったときには、スマランまで10時間かなったし、途中で一泊しなければならなかった。
参考 http://otaenplaext.net/newpage336.html ジャワ島の西端とスマトラの南端の様子です。ジャカルタからコモ迄は私は赴任した22年前には、既に高速道路が繋がっていた。ジャカルタから1時間ちょっとだったから、タンジュンルスンまで、日帰りで泳ぎに行ったことがった。

Merak-Probolinggo Tersambung Jalan Tol 1.270 Km Tahun Depan パスルアンからもっと東の町、プロボリンゴまでは2019年末までに繋げる。東端の町、バニュワンギ迄はいつになるでしょうか。
有料道路 富士山 故郷
posted by 元気な振りの爺さん at 20:04| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

(^_-)-☆押出成形との出会いC

 3624 1969年三交替勤務を卒業し、日勤になったと同時に係長補佐、71年(28歳)には係長になっていた。そのころは押出機を使う現場すべて、丸棒、板、チューブ、プロファイルとガラス繊維と炭素繊維強化ペレットの製造の責任者で部下が36人いた。実質は押出製造課長のようなもので、責任は非常に大きいと感じていた。このころ以後、現在でも、私がいる環境では、技術的にも価格的にも能力を示す意味でも、私ができるといえばできたし、それに取り組んで、その環境にも客先にも迷惑をかけたことはないし、これからも無いはずだ。私が難しい、無理といったことを、自分にやらせてほしいといって、名乗りを上げ挑戦したものも無かった。本当はそういう人間が登場するのを期待しているのだが。それほど皆さんが二の足を踏んでしまうもの、できるかできないか自分でも判断しにくいもの、それらは、ほとんどできるといってしまって、結局何とかしてしまった。

汎用樹脂はあったが、1968年ごろ、今、エンジアリングプラスチックと言われている樹脂が次々と日本に登場した。PÅ6とPA66は、アミランやザイテルで入社時にチューブや丸棒は作っていたが、PA12、PA11はこのころ登場した。PA12は東レから、PA11リルサンはフランスから、フランス人が売り込みに来た。可塑剤を入れて硬さを調整した何種類かがあった。PCは三菱江戸川化学、POMはデルリン、ジュラコンなどなど、その他PU,PMMA,PET,PBTもこのころでした。特に難しかった樹脂はPOM,HDPE、私にしかできなかった。多分、今でも、この樹脂で溶融押出でプリファイルができる人はほとんどいないでしょう。私は50年前にやっていました。
原料メーカーで、新しい樹脂が出来ると、その樹脂を売り込むために、製品の特性データとサンプルが必要になる。こんな製品ができますよとね。そのため、それらの樹脂を送ってきて、チューブや丸棒を作ってほしいとやってくる。日本で最初の製品を作ることになった。射出用の原料(溶融粘度MIが大きい)なので、簡単にはできない、出来るように、金型を考えなければなら中っと物が多かった。その樹脂純粋ではできないものをエポクシなど、熱硬化性の樹脂を混ぜて、ごまかしたこともあった。その後、溶融粘度を上げるための一方法として、そういう樹脂を売り出している会社もあるし、PCとPAを混ぜて真珠光沢の製品を作ったりもした。これは、アロイという分野で当り前に売っている。重合しないが、分離もしないで、物性を改善できる混ぜ方があることもこのころのテストで確認した。

日本平の頂上に、新しい施設ができたということを妻がどこからか聞いてきて、いって見ることにした。“夢テラス“という、展望台だった。日本平辺りの歴史や逸話の紹介スペースもあり、観光客にとっては、見どころ、聞きどころがあり、それなりに、満足できる施設になっていると思う、が、しかし、私にとっては、小学校のころ、草薙駅から草薙神社を通って歩いて登った日本平の頂上の方が良かった。何もない、ちょっとした広場があっただけ。袖師の海水浴場、三保半島、薩埵峠(さった峠).の向こうに富士山や愛鷹山を見ながらおにぎりとバナナ半分を食べたときの方が良かった、あのころのままの方が良かったと思う。
名の知れた設計者に頼んで、何億もかけて作った施設、私なら、昔の自然のままにしておきたかった。
zDSC00627.JPG
夢テラスの屋根
zDSC00622.JPG
テラスからの景観、富士山を見たことが無い人にとっては大感激だと思う。天気に恵まれた。
zDSC00624.JPG
由井正雪が傘をパラシュートにして飛び降りたと言われる崖がこの先端だ。子供の時、本当かなと、のぞき込んだ。ここに、土産物売り小屋が、後にしばらくあったはずだ。こんなところを見る人がいるはずがなかった。
エンプラ enpla 日本で初
posted by 元気な振りの爺さん at 22:46| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

(^_-)-☆押出成形との出会いB

 3623  中卒や高卒の先輩で部下の人たちに金型の解体整備組み立ての方法を教えてもらいながら、製品化の訓練をした。夜勤中、上司の直接の目が無いのでいたずらが自由にでき、一番、能力を鍛えることができたと思う。半年もしないうちに、テクニック的には皆さんを追い抜いてしまった。樹脂から出るにおい、燃やしたときのにおいと煙の様子で大体樹脂の種類は判別が付いたし、チューブなどの肉厚が何mmかも、偏肉も、見ればわたる。径も0.1mm違えばわかる。出てくる樹脂をつまめば、経験したことがない樹脂でも、温度条件が、適切かどうか判断が付く。どの成形方法が最良かも瞬時にわかるようになっていた。現有する装置を一番使いこなせるようになっていて、生産開始を私のシフトから始めることが多くなり、後のシフトに引き渡す。途中でトラブルが発生し再立ち上げができないときは、寮によく呼び出しがかかった。または、早番なら、私の出勤を待っていた。人により、向き不向きがあることも、確認した。

技術導入した装置で出きる樹脂、難しい樹脂、どうにもならない樹脂や異形品、それらに対応するように、技術開発、改善、改良も提案するようになっていた。しかし、その時の上司では、やってみろ、という許可は得られなかった。。

ただし、素材生産ラインだけは、ほとんど、勝手に、圧力調整弁に画期的な改良を加え、劇的にスピードアップとロスを少なくしたことは、入社半年後の役員快晴の労働組合の教宣部長をやらされるようにあり、労働協約改定交渉でも有効だった。この改善は、それ以上にならず、50年後の現在も同じ製造装置だそうだ。郡山工場だそうだ。インドネシアに進出すれば、私が手伝うのにね。
         
 その頃、入社して二年半、民青がはびこり始めていて、会社からも皆さんから推されて、自分も義務感と使命感があって、組合の執行委員長をやっていたこともあって、仕事は頭を使うのは当たり前だが体力勝負だと感じた。その点でも負けることは無かった。仕事も趣味のひとつになった。その気持ちは独立してから、より強く感じ、今でもその気持ちは変わらない。独立してから、本人に聞いた話ですが、その人は、会社が休みの日、機械が運転されていない日に、新しい機械の据付とかメンテとかの工事をする業者でした。私の事を「工事に入った日に、必ず、現場にあの若い人が仕事をしているけれど、あの人はどういう人?」と変に思ったとか。土日、今のインドネシアでは何も予定が無ければゴルフ場にいるように、当時は、工場の中にいた。

卓球では、卓球部など無かったが、寮に住んでいた関係で清水町の大会に引っ張り出されて、臼井国際や大東精機の卓球部の連中と個人戦で競って、準優勝まで行ったし、県の機械工業組合の東部予選でも準優勝し、県大会の東部団体メンバーと個人戦の出場資格を得た。ところが、その日、横浜でデートに行ってしまい、すっぽかし、月曜日に事務所から呼び出され、大目玉を食らったり、囲碁で株主三社の大会が伊豆長岡や稲毛温泉であり、年配者が多い中、上司から強要され、若造が一人参加して、世話役のようなことをさせられ、碁でも、負けなかった。

素材成型の丸棒以外の金型にテフロンコーティングをするようにしたのも私だった。二液性で吹き付け、煉瓦製の熱炉に入れ、一晩焼き付けをする。滑りをよくする目的だった。今でも、テフロンコーティングはしていると思う。今では、鍋やフライパンに当たり前のようにコーティングされて売られている。
DSC00564.JPG
DSC00565.JPG
西湖いやしの里根場(ねんば)の案内板、その向こうにトイレがある、その中、手を洗う場所に書かれたインドネシア語の注意書き、“ここで、貴方は、貴方の足を洗わない“と書かれている。残念、洗ってはいけない、と書かなければならなかった。janganあるいはtidak bolehにしなければならない。トイレの左すぐ横にお祈りの場所があるので、トイレの中で足や手を洗うのです。小学校の運動場の隅の洗い場のような場所をトイレの外に作ってやるのが正解、せっかく、ハラルの食事も出しているなだから。
出来る 三交替 技術開発
posted by 元気な振りの爺さん at 22:34| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

(^_-)-☆押出成形との出会いA

 3622 Plastic Extrusionプラスチックエクストゥルージョン 押出成形 54年目に入った今、出会いから7年間くらいの間、昔々をちょっと振り返る。
 このことは押出成形技術とは大いに関係あると思いますし、現場人間のひとつの考え方がここから生まれてきていると思い、時々の思いを含めて、書くことにしました。プロファイルで書いたことの補足にもなる。
 
 1965年春 学生時代、化学を専攻した私が不況のあおりで就職した先は、東レ、極東貿易、臼井国際,三社の子会社、静岡県東部三島郊外、柿田の 東洋プラスチック精工 (現在東レプラスチック精工)でした。本社は、東京、日本橋でした。

前年の8月、赤尾洋二先生の紹介で、先生のお兄さんが務めていた極東貿易の子会社ということで紹介された東プラ精工へ面接に行った。北大での卓球の国公立大会を終えて、とんぼ返りだった。升本社長と話した。覚えていることは、社長になるつもりで頑張ってほしいということと、卒論のテーマについて話したところ、日科技連は新興宗教みたいなもんだな、ということだった。

東レが生産する樹脂、ナイロンやABSの成形、消化が目的で、1964年創業。射出、押出、コンパウンド、ベルト基材、シート、プレスの部門に分かれていた。ドイツから技術導入した射出成形機と丸棒や板などを作る固化押出(金型が溶融と冷却が一体になっていて、金型から出てきたときすでに表面は固化している)ラインとチューブを作る溶融押出ラインが設備されていた。超高密度PEの粉を厚板にするプレス成型の設備もあった。日本では、先駆けの技術だった、その他は東レプラ研の技術だった。いずれも初めて目にする代物で、装置、部品、工具などは名前さえ知らないものばかりだった。学生時代に勉強したことを生かそうという気持ちはすっ飛んで、ただただ、覚えることに総力を注いだ記憶がある。押出機を見たのはこのときが初めてでした。

会社へ就職してしばらく、工場のあらゆる部門で2〜3ヶ月ほどずつ実習をして回った。実習が終わった頃、どの部門に私を配属するか、上のほうで迷っていてなかなか決まらなかった。
 
実習中に学生時代の恩師の言葉を思い出していた。「不良品の山は宝の山と思え」という言葉だった。押出部門が一番その宝の山が大きかった。また、立ち上げから製品に持っていける作業者が非常に少なかった。納品に出かけた車が、帰りには返品をいっぱいにして帰ってきたりした。ほかの部門はすでに作業標準通りにやれば、製、品ができるようになっていた。そこで、押出部門が、一番、力が発揮できそうだと感じて押出をやることに決めた。

そして、ここで、当時の係長補佐で初代組合長の塩崎さんに出会った。今先輩の行動,生き方が、良くも悪くも、ああなりたいとか、ああはなりたくないなど、私の生き方を選ぶ参考になった。

私から、時の製造部長に、押出の三交替の班長として配属してもらうように頼み込んだ。なぜ班長かというと自分にプレッシャーをかけたかったから。現場の三交替から入りたいというのが利いてか、すんなり受け入れられ、大学を出て一年半後晴れて押出成形部門の三交替の班長にいきなりなってしまった。すでに、そのころから人に「なぜだ」と聞かれることがおおくなった。「変わり者だ」と言われたとき、「変わり者ではなくて、超えている者と、思っている。」と、答えることにした。これが押出とのかかわりのスタートでした。以後、現在までで50年以上経過した。「私と同じだね」と言われることは、今でもないと思う。

DSC00607.JPG
太田化工の2019年カレンダーこのスタイル、太田化工創業以来ずっと続けている。受け取り側は、待っている、遅れると、まだかと、催促される。
DSC00595.JPG
夕方の富士、
出会い 継続 変わり者
posted by 元気な振りの爺さん at 23:18| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

(^_-)-☆外国人気分

 3621 富士山の裾野でゴルフの後、せっかくなので、富士五湖を回って帰ることにした。先ず、田貫湖で逆さ富士を見ようと、休暇村へ行ってみた。ところが、分かっていたことだが、逆さどころか、まともな富士山が雲の中。
aDSC00540.JPG
その後、本栖、精進からの富士も雲の中、もう、諦めて、主道路から逸れて、西湖の北側の道へ向かった。
 西湖がまだ見えない、西湖いやしの里根場(ねんば)と書いた看板があった。始めて、目にした看板だったので、どんな癒しがあるのだろうかと、寄ることにした。広い駐車場があり、何やら、建物が目に入った。駐車場に入ると、その建物ではなく、左のチョット小高い場所に、茅葺?の屋根の家が何軒か目に入った。湖畔に向かう道は、何度も通っているが、この部落に着いては全く知らなかった。聞くところによると、1966年昭和41年、台風で、部落がほぼ全滅したそうだ。2003年から復元展示事業が始まり、2006年から、一部の公開を始めたそうだ。

駐車場から見上げた印象は、インドネシアのカンプンナガkampung Nagaだと思った。ということと、明らかに。外国人を乗せてきただろう大型バスが数台見えた。そして、その方に向かうと、大型バスが新たに到着、下りてきた人たちから、インドネシア語が聞こえてきた。
aDSC00557.JPG
入場料を払って、番号順の家を見て回り始め、ちょっと、後ろを振り向くと、富士山、雲がなくなっていて、すっきり、完全な姿があった。そこのパンフレットに乗っているような風景になった。で、外国人も大歓声、着物を貸しだしたり、お茶のセレモニー→染物、水彩画などの体験も楽しんでいるようだった。シンガポール、インドネシア、タイランドからの人達と会話が弾んだ。外国人、それも、東南アジア、中国からが訪問者の90%だそうで、日本人は殆ど来ないという。ガイドブックで紹介されていて、忍野八海と共に、ツアーコースになっているという、そのガイドブックを持っている人も多かった。こんな、田舎、私も全く知らなかった。偶々、寄ってみて、日本人も一度、覗いてみたらいいと思った。日本昔話のテレビアニメの作家ご本人も接客を熱心にしていたし、その他、いろいろな、芸術品?作家の方々ご本人が、対応してくれていたのが印象的だった。そういうことは、外国人には分からない。
DSC00570.JPG
aDSC00579.JPG
aDSC00577.JPG
西湖の北側の道からの富士山と珍しい形の雲、忍野八海からの逆光の富士山、そして、山中湖に向かう大通り、富士急ハイランドの横あたりからの富士山、見事にはれ上がっていた。
篭坂峠を抜けて静岡県に入り、御殿場、裾野、沼津を通って戻った。16時ころ由比の海岸辺りを通過、ぐるりと、ゴルフ、富士五湖一周の旅というか、富士山ぐるりツアーでした。日本を満喫した一日でした。
外国人 富士山 トラディショナル
posted by 元気な振りの爺さん at 18:36| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

(^_-)-☆だめだこりゃ

  3620 東京医科大学の入試で差別的に不合格にされた受験生に希望すれば入学をしてもらうということにしたらしい、何人かの希望者があって、全部、入学OKにするかと思ったら、女性の何人かだけが、やっぱり、あなたたちは不合格にしますといことだったらしい。テレビでそのことを取り上げて居た。そして、知識者らしい解説者が、批判的なコメントをしていた。希望者全員を合格にするはずが、定員オーバーだからと言って不合格にするのは、腑に落ちないと。この解説は、変でしょ。解説者のピントが合っていない。
不合格にしたのが、人数が多いとはいえ、女性ばかりだ。その基準を明らかにしていないことを、大問題にすべきだと思う。そのことに、MCも、まったく触れていない。パネルに、男女別に書いてあるから、ハッキリしているのにもかかわらずだ。

もう一つ、変な,説明がった。順天堂大学の入試の差別の説明で、女性の合格者を少なくした理由として、“コミニケーション能力が高い”からだといっていた。これを聞いて、私は、差別?と不思議に思った。だって、医者になるにはコミニケーション能力が高い方が良いだろ、むしろ、テストの正解率より,面接でコミニケーション能力が高い人を良い点数にしなければならないでしょ、と思う。が、大学の評価は、コミニケーションができない人の方が良いの?これが変。それと、女性は、男性は、という評価の仕方は、偏見だ。差別だ、でしょ。
無意識の偏見などと、分かったような分からないような、解説者の説明だが、コミニケーション能力が高いから、合格者を減らすというのは、まったく、的外れな言い訳だということを、まったく、指摘していない。大学関係者、頭がおかしいんじゃないの。解説者もね。

公平でなければならない最高学府の指導者が、不公平の見本のようなことをするとは、欲もここ迄来ているのかと、人間が信じられなくなる社会にしてしまっている。
IMG_7823.jpg
IMG_4800.jpg
IMG_1075.jpg
サバンからムラウケですね。スンタニの空港ですね。http://nanbuindonesia.web.fc2.com/page231.html
http://otaenplaext.net/newpage29.html

インドネシアへ戻ったら、早い時期にGereja Ayam – Magelang, Jawa Tengahへ行こうと思う。マゲランと言えば、ボルブドールがある県ですね。ジャワ島の北海岸沿いに高速道路が着々と延長されているので、スマラン経由で、車で何時間かかるか、チェックしてみたい。ついでに、ディエン高原によって、ポテトチップスを手に入れたい。
変! 違う! 勘違い
posted by 元気な振りの爺さん at 23:12| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

(^_-)-☆50年前から

 3619 PT. GARUDA METAL UTAMA タンゲランの車の部品を作っているローカル企業、取引が始まった。前に、触れたかもしれないが、11ナイロンチューブだ。車やバイクの燃料を送るチューブの保護として使かわれる、かなり、重要部品だ。日系のゴムホース会社からの注文を受けているチューブにプロテクターとして使われる。

この会社、このチューブの図面を日本の会社から受け取り、出来る会社を探した。その図面に、プロテクターチューブという部品名があるが、原料の名前が入っていない、その会社が、その時に購入していたバンドゥンの押出成形会社に見積もり依頼をした。このバンドゥンの会社は、軟質塩ビや合成ゴムのチューブを作っている会社で、ニチリンなどへもS−PVCチューブを納めている。その会社から、見積もりをもらった。しかし、同業者のニチリンが同じ様なチューブを使っていることを知っていて、そのチューブは、ENDOTAから購入していると情報を得て、私にコンタクトしてきた。
http://otaenplaext.net/newpage307.html HDPE,ナイロン6、PCなど硬い樹脂
http://otaenplaext.net/newpage311.html LDPE,可塑剤入りナイロン11.12中途半端に硬い樹脂
図面を見て、用途を聞いた。それは、私が50年前から日本で作っているチューブだった。ナイロン11のチューブだった。そして、原料名とチューブの見積もりを出した。反応は、怒ったような文章で、高すぎる、バンドゥンの会社からの10倍だという、桁が違うじゃないの?と、勿論、インドネシア語で。話は途切れた。しかし。

そして、サンプルと新しいというか別の図面を送ってきた。実は、サンプルを出したバンドゥンの会社から、原料が分からない、分かったとしても、出来ないと言われたらしい。サイジングを使わなくてもできる軟質チューブしか作っていない会社ではこれは出来るはずはない。だから、ニチリンもこのチューブだけは、私に頼んできているのだから。

今度の図面には、原料欄にナイロンとだけ書いてあった。私は最初から11ナイロンと分かっているのだから、それをベースに見積もりを出したが、まったく、納得しない。日本の図面を出した会社に、しっかり、問い合わせて確認しなさい、と、言ってやった。ところが、日本の会社でも、ナイロンの種類がいろいろある事すら知らなかったという。そこで、現在作っている11ナイロンチューブのサンプルを日本に送って、日本で持っているチューブと比較するという。変な話です。日本の会社が今、どこからか、作ってもらって、買っているのだから、そこに、問い合わせれば分かるでしょ、と、思うのだが。多分、其の会社からは購入しなくなることを前提としているので、今更、聞けないのでしょうね。

そして、サンプルを送って確認してもらってやっと納得してもらった。それからは、タンゲランの会社も、順調に話を勧め、POの段取りになった。1月末からの納入になる。13.6Φ×11、3Φのチューブで0,05g×40万Rp=2万Rp/M(160円)高いでしょ。これがLDPEなら、0,045×7万Rp=3150Rp/M(25円)だ。
IMG_2658.jpg
IMG_2655.jpg
09-211802.jpg
チェンペダックCempedakと開き始めたブンガバンカイBunga bangkai
ナイロン 価格 旧製品
posted by 元気な振りの爺さん at 22:53| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

(^_-)-☆雰囲気

 3618 孫に頼まれていた中学の歴史の問題集を本屋に買いに行った。吉見の長田支店が一番近い。何時からあるのだろうかここには、私が知っている吉見は七間町の吉見だった。中学、高校の時には良く通った。安西5丁目の家から、わざわざ、行ったこともあったが、高校から帰ると途中、遠回りして、よく行った。田中屋の隣、この辺りには、向かい、札の辻に東京堂、その他、呉服町通りに谷島屋と江崎がって、文庫本や様々な専門書を探した。高校で指定された教科書は吉見へ買いに行った。今もあるのでしょうか。七間町、最後に歩いたのは何樹年前でしょうか。
DSC00532.JPG
私が日本に戻るたびに、老人介護の施設、昔なら老人ホームという場所だと思うが、新しい施設ができている。そして、また、コンビニや小さいレストランができている、また、そして、撤退したり、別の名前やレストランに変わっている場所も沢山ある、競争が激しいようですね。歩いて、3分ほどの“ミニストップ“が、撤退したようだ、駐車場が広く、大型の車も多く駐車していて、結構、客は多かったと思うのだが、今は、売り出しのビラがはられていた。この写真に今まで目に入らなかった、老人施設が見えた。
DSC00533.JPG
クリスマスが近い、毎年、妻がサタデー教室でリースを作る教室をしどうしている。今度の土曜日だそうだ。20数人の参加申し込みがあるらしい。準備のため、使う材料や飾りを買いにいっている。それの手伝いだ。決まった二か所の店に出かける。
感じることは、出来上がったものを売っていて、その材料の販売が少なくなっている、だった。クリスマスツリーやリンスが沢山、並んでいた。それも、小さく、手のひらに乗るようなものでも何千円もする。1m位の高さのツリーが2万円もする。売れるのでしょうね。作る人が少なくなっているのでしょうね。
それにしても、材料も高いね。
DSC00536.JPG
テレビを何とかく見ていたら、誰この人、梅宮辰夫さんのようだが、似ていないそっくりさんか?ご本人だった。変わりようにびっくり、大丈夫でしょうか。
本屋 各種店 飾り
posted by 元気な振りの爺さん at 22:49| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

(^_-)-☆カレンダー

 3617 PayPayで買い物、“40回に一回の確率で、全額ポイント還元、限度10万円”という文章をみた。すぐ疑問に思った。どこで、誰が40回?支払いの回数?それとも、買った商品での回数?日本国中での支払われた回数?の順番?40の倍数回の数字が本人に示されるのでしょうか。確率でということだから、何処かで、抽選でもしているのでしょうか。考えると眠れなくなるのは、私だけでしょうか。

インドネシアの来年の暦の話です。
https://www.timeanddate.com/calendar/?year=2019&country=65
3,4,7JUN 24DEC チュティブルサマ(Cuti bersama)この4日が、年休を使って、皆さん休みにしましょうと推奨されている日です。準ナショナルホリデーだ。18日+4日=22日が日本でいう祭日になる。しかし。3日が日曜と重なるので、実質、19日になる。日本は日曜に重なると翌日?に移動して休みにする制度があるようですが、インドネシアにはそれはない。
また、インドネシアの会社は、労働日が週休二日制が原則ではなく、労働時間一週間40時間が原則になっているので、土曜日を5時間出勤にしている会社も多い。

そして、12月初旬には、各社、国のカレンダーを参考にして、飛び休になっていて動かせる祭日を休日にくっ付けたり、代替え出勤をして、連休を増やしたり、同時のカレンダーを作り、取引先に案内を出すのが習慣になっている。客先の休日を知ってから、それに、出来るだけ合わせる会社も多い。また、ほとんど、同時に、年末年始の休業案内も出す。
Calendar 2019_001.jpg
これは、客先に送った我がENDOTAの2019年、カレンダーだが、私はチェックしていない。どうも、不完全だと思う。多分、その都度、変更があると思う。
DSC00531.JPG
これらは、私が作った製品のほんの一部です。そして、日本で初めてのものもあるし、インドネシアでは私が初めてです。そして、私が作り上げて、教えた会社でしかできていない。結束、プロテクター用縦割れチューブ、車のシートやヘッドレストのトリム、ベッドのサイドバンパー、そして、巻き上げカーテンのウエートバー、浄化槽内に充填する攪拌材、です。

日本の祭日と大きな違いは、日本では宗教は個人的なものとして、国民祝祭日にはしないが、インドネシアでは、宗教がらみが多いこと、イスラム、キリスト、仏教、ヒンドゥーに関係した休みが大部分で、メーデー、独立記念日、元旦が宗教がらみではないだけだ。パンチャシラの日も、すべての宗教を尊重しようという日だから、宗教がらみだ。
DSC00521.JPG
私に部屋の東側の窓を開けると、高齢者を預かる施設の窓がすぐそこにある。地元優先らしいが、全部屋入っているという。私は、将来、入るようにはなりたくないが、お爺ちゃん、近くに有るから、安心だねと言われた。
暦 宗教 労働協約
posted by 元気な振りの爺さん at 22:29| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

(^_-)-☆超後期高齢者ゴルフ

 3616 昨日のゴルフは、シニアー&レディースというコンペだった。45人だった。私の組は4人、女性一人、78歳 男性3人 82歳 81歳 そして私75歳、どうも、全体を見ても、私より若い人がいるかもしれないが、見かけ、感じ、私が一番、若そう。 出場資格が60歳以上と聞いたいるが、何故、見かけ、60歳から74歳の人が一人もいないのでしょうか、何故でしょうか。事実、前後では、白から打つ人は見当たらなかった。75歳以上のティーグランドから打つ人も少なかった。大部分は、80歳以上ともっと前のレディース(90歳以上も)からだった。

これだけ、超高齢者が多いと、話題は、今回、来ていない人、そして、前回来なかったり、しばらく来なかったが今回来ている人に関してになる。そして、もう一つ、このコンペから抜けた人だ。一緒の人で、前回来なかった人は先ず、なぜ、来なかったのか説明しなければならない、忙しくてとか、他の予定があってとか言う人はいない、体のどこかの具合が悪くて、特に目医者に行った人、それと、膝の具合が悪かった人だった。
今回、欠席の人に関しては、あの人、どうしたのかね。あの人、亡くなったらしいよ。あの人、歩けなくなっているらしいよ。車の運転ができなくなっているらしいよ、
コンペから脱退した人も同じような状態だ。そして、自分たちも、こんなことを話しているが、私たちも、いつ何時、そんな話の対象になるか分からないよね。あの人、どうしちゃったのね、っと。明日は我が身の人達ばかりだ。
DSC00486.JPG
DSC00489.JPG
私たち、四人の間では、配偶者との現状の話が出る。一方は、奥さんに先立たれていて、人入り暮らし、もう一人は、ツアーに便乗して、一緒に旅をするそうだ。女性の方は、ちょっと、深刻な話をしていた。旦那さんも一緒に、常連のメンバーだったそうで、参加者の皆さんがよく知っている人たちだ。その旦那さんが参加していなかったので、皆さんが、どうしたのかと聞く。ところが、それが、面白くないらしい、どうも、仲が良くないらしい、そして、旦那さん、今、膝や腰の具合が悪くて、ゴルフどころか、家でゴロゴロ、それも、寝ている時が多くて、要求が多いという。これから、我儘な男の世話をしなければならないと思うと、それだけでストレスになるという。施設に送り込んじゃいたい、と、言っていた。多分、彼女としては、深刻な危機的な問題なのでしょう。聞いているだけだった。

私はどうかね。多分、何方も、マイペース、何方からも頼ってもいないし、負担になっていることはないと思う。

静岡のゴルフ場は、大概、こんな景色になっている。海から数キロ以下の場所にあっても、山岳コース、冬、フェアウェーの緑は残っているが、全体的には茶色っぽくなっている。気になるのは、松の木が枯れている。それも、かなり多い。
気になる事は、杉の木の花粉だ。暖かったからでしょうか、私は、寒さで、鼻水を垂らしながらのプレーだが、今回は、心理的なのかどうか、花粉症の症状がでていたと感じさせられた。
不参加 どうした 不仲
posted by 元気な振りの爺さん at 22:13| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする