2019年07月31日

(^_-)-☆厄介な

 3847 静岡県知事、川勝と言う人、厄介な人らしい、今回、日本に戻って、始めて触れたニュースだ。リニアー鉄道の南アルプスのトンネルを掘らせないらしい。理由は大井川の水が減るからだという。とにかく、静岡県にとっては、何のメリットもない事業だという、今でも、新幹線の殆どは、静岡県は通過するだけ、富士山静岡空港駅を作れと要求しているが、無視されているし、JRが気に入らないらしい。要するに、私は、静岡の為に仕事をしている、それに反するものは、拒否をするというのが、基本姿勢らしい。その点、静岡市は、国のことを考えている、というか、大井川の水に関してはどうでもいい立場だから、このことに関しては、拒否の姿勢はない、静岡市長と県知事とは、他のことに関しても、仲が悪いらしい。
愛知県知事が怒るのも無理はないと思う。個にこだわって国家プルジェクトを潰してもいいという考えには賛同しない。私は、リニアーは、予定コースで、予定通りに建設することに賛成だ。川勝知事と韓国の文大統領と同じ人種だと思う。やっかいな人だ。

静岡と言うところは、有力な政治家がいない。何の運動もしなくても、インフラは、優先的に整えられた。東西の重要な通過道だからだ。しかし、リニアーは山梨(金丸さんがひっぱった)を通るから、大きな焼きもちが生じたようだ。静岡県人は、そんなに必要ないと思っている、今でも、十分なのです。スマホではなくガラケイで十分、と同じスタンスだ。川勝さん、そう、むきにならなくてもいいのにね。

やっかいと言えば、インドネシアの蚊も
Cegah Nyamuk Berkembangbiak di Rumah dengan Lakukan 6 Kebiasaan Ini
6つの習慣を行うことによって、自宅で蚊の繁殖を防ぐ
1. Menggunakan kipas angin 扇風機の使用
2. Mengoleskan minyak peppermint ペパーミントオイルの塗布
3. Rutin membuang sampah 定期的にゴミを処分
4. Memakai minyak catnip キャットニップオイルを使用する ハッカの一種
5. Memanfaatkan kegunaan tanaman sereh manfaat minyak sereh  レモングラス植物の有用性を利用
シトロネラオイルの利点
Salah satu minyak esensial yang dianjurkan untuk dicampurkan dengan minyak sereh adalah minyak kulit kayu manis. Kombinasi dari keduanya ternyata dapat menghasilkan penangkal nyamuk yang cukup kuat. レモングラスオイルと混合することをお勧めのエッセンシャルオイルの一つは、シナモン樹皮油です。2つの組み合わせは、かなり強い蚊の忌避剤を生成することが判明しました。
6. Membersihkan genangan air 水たまりを、きれいになくす
nyamuk-.jpg
そして、改めてと言うか、再び、デング熱について、
https://www.halodoc.com/6-tips-cegah-demam-berdarah-di-rumah
6 Tips Cegah Demam Berdarah di Rumah 自宅でデング熱を予防するための6つのヒント
1 Terapkan Rumah yang Bersih dan Sehat 清潔で健康的な家にする。
2 Bersihkan dan Tutup Bak atau Penampungan Air、浴槽や水避難所をきれいにし、蓋をする
3 Gunakan Bubuk Larvasida 粉 Larvasida( デング熱病(DBD)の広がりを防ぐために蚊よけ剤の制御に対して非常に大きな効果がある)を使用します。
4 Jangan Tumpuk Barang Bekas あまりのもを置くな。
5 Cegah Gigitan Nyamuk dengan Obat Anti Nyamuk atau Kelambu蚊よけ薬や蚊帳で蚊に刺されないようにする
6 Jaga Ketahanan Tubuh体の耐久性を維持
昼間活動する蚊には、刺されないようしましょう。植え込みや垣根でボールを探すとき、特に注意。
DSC04329.JPG
日本で150円するポカリスウェットを、この粉を使えば、30円でできるかもしれない。と言うことは、日本で売れば120円儲かるということになる。
リニアー 県知事 厄介
posted by 元気な振りの爺さん at 22:43| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

(^_-)-☆16HRの思い出

 3846 静高がまた優勝しましたね。この時期に日本にいることは殆どなかったので、高校野球の静岡県予選を見ることは、ほとんどなかった。
で、今回はテレビで、準決勝と決勝戦の様子を見た。両試合共、対戦相手の監督のピッチャー起用法に助けられた感があった。私には、そう見えた。大船渡といい、選手の能力は勿論だが、監督の采配が、勝敗に大きな影響があると思う。

今日の試合を終了と共に、久しぶりに校歌をテレビ画面と一緒に歌ってしまった。“岳南健児一千の“ですね。短い歌なので、忘れることはない。ニ三日後には、寄付金振り込みの用紙が同窓会から送られてくる。

と同時に、昔々、静高の1年の時の情景が思い出された。募集は350人だが、スポーツ特待生が20〜30人、合計380人くらい、8クラスに配分された。一クラス50人弱、何故か、中学の時、運動で活躍していた奴が多かった。それも、特待生が多かった。明らかに学力は、全クラスで最低だった。メンバーを見れば分かった。野球部が7人、硬式テニスが2人、バスケットが1人、陸上が1人、柔道が1人、明らかに彼らは特待生と言う感じだった。その中に何故か私、卓球だった。中学の時の運動のランクと言うか成績は、私以外は、県で入賞している奴ばかり、私だけ、県中部で何位という腕前、何故、成績で入った私が、運動をやっていたとはいえ、このクラスに入れられてしまったのか、疑問に思ったし、気に入らなかった。高校に入って成績が下がったのは、このクラスになったことも原因の一つだと思っていた。

そして、私以外のその時の運動部の連中は、野球部は甲子園で準優勝してしまう時の出場メンバーに3人入っていたし、硬式テニスとバスケットは、インターハイで優勝、準優勝のメンバーになっていた。
こんな話があった。県大会、全国大会に出場するために、平日でも、欠席することがあった。彼らは、校内でもでも有名で、当然、顧問の先生や監督が、その日は彼らは授業に出ないという申請と許可はだしていた。私は、顧問も飾りだったし、監督もいない、現役のマネージャーがその役目をしなければならなかった。卓球部の場合は、私自身が、抜ける授業の先生の所へ行って、申請をした。先生は、私がどんなスポーツをしているか知らない。件大会やスポーツ歳の時、静岡ではなく三島や浜松が会場になる場合もあって、2日間休まなければならないこともあった。私が許可を取りゆくと、怪訝な顔をして、太田君、何をやってるんだ?と、言われることが多かった。

因みに、一年の時同じクラスになった。運動部の人だけではないが、石田君三人、稲葉君、川口君、野桜君、石山弟君、河原崎君、粟生君、鈴木三男君、市川君、富永君、そして湯沢先生が印象に残っている、他の人、ごめんなさい。
DSC04323.JPG
インドネシアで使っているゴルフシューズが、ボロボロになっていて、国一沿いのスポーツショップに買いに行ってきた。しかし、値段を見てびっくり、平均1万5千円するし、靴裏のスべり止めが好きじゃないから、買うのを止めた、今日本で使っているものを持ってゆくことにした。
DSC04326.JPG
帰る途中の標識看板、名古屋まで184Kmと書かれている。私に家までは数キロだ。
静高 同級生 特待生
posted by 元気な振りの爺さん at 22:24| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

(^_-)-☆大切な隣人

 3845 韓国のことを大切な隣人と、云っている日本の知識人?が、日本の輸出規制を撤回しろと、主張している。韓国が大切な隣人と言うのも、輸出規制と言うのも、間違いだと思う。その他、この人たちの表現で、“報復“も”徴用工“も”強制慰安婦“も、間違いだ。特に、”大切な隣人”とは、どんなことで大切なのでしょうか。大切とは真逆で、“厄介な隣人“が正しいと思う。
 大切な友、大切な物、大切の意味は、実質的に、或いは精神的に、役に立つ、こちらの為になる、から、大切と思うのでしょう。韓国が日本の役に立ちますか、韓国から何か得るものが有りますか、東北大震災の時に、微々たるの援助をしたらしいが、その災害をざまあみろ的表現が多かったと聞いている。
 ほとんど、金や技術をもっとよこせ、もっとよこせ、その上、謝れ謝れ、戦前からの関わりに中で、日本からの莫大な恩恵は、国民に知らせず、少しの、どの世界でもあるような、不利益を針小棒大誇張し、反日を国の基本的思想とする教育をし続けている国が大切な隣人でしょうか。

 隣人とは、べつに、大切でなくても、困っているだろう時には、助けてあげるくらいの付き合いは普通にするでしょうが、助けても、助けても、感謝をするどころか、もっともっとと、要求してくる国とは、付き合いを止めたくなるのは、自然な流れだし、便宜を図るとか、優遇するなどと言うことは、したく無くなるのも自然なながれでしょう。直接は勿論、間接でも、売らない、買わない、行かない、来させない、鎖国が良いですね。隣国もそれを望んでいるようだし。

 もう、この家、築30年になる。子供が、小学校を卒業したら、静岡へ引っ越ししようと、私がこの地の空き家を買い取った。私が4歳から高卒まで住んでいて、少しでも親がいる場所に近いところに住もうと思ったからだ。その三年ほど前に、沼津の会社が狭くなってしまったので、静岡の用宗港の側の貸工場に本社を移してあった。37歳の時だった。39歳でこの地に引っ越したが、その間、長泉から静岡に車で通っていた。
 そして、子供が大学へ入り、この地から東京に移ったころ、元の中古の家を建て替えたと同時に、隣接していら田んぼを買い取り、この庭にした。45最の時だった。バブル真っただ中で、土地の価格はどんどん上がっていた。当時の記憶では、この地、一応住宅地で、平米70万円だった。今は半値以下か。
 中身は何も変わっていない。いろいろ機能の風呂場もトイレもエアコンも明かりの調整もインターホーンも30年前のままだ。
DSC04302.JPG
DSC04318.JPG
DSC04322.JPG
 そして、30年、その内7年ほどしか住んでいないが、矢張り、私が帰る場所、掘り炬燵が私の居場所、そこからの外の様子を、いつか、それほど遠くない時から、見続けることになるでしょう。私にとって、大切で必要な場所だ。
隣人 大切 必要
posted by 元気な振りの爺さん at 22:30| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

(^_-)-☆かわいくない

 3844 2009年のこの子達、10年後、12歳、14歳になっている。身長は二人とも165くらい、お爺ちゃん、服買って、どこどこへ行くからお金頂戴、こんな会話しかしなくなっていて、可愛くもなんともなくなっている。
IMG_1327.jpg
上の子は、吹奏楽部の部長をしている。彼女に頼まれて、清水駅近くの清水文化会館 マリナートへ送って行った。台風が接近していて、安倍川の花火大会も昨日の朝に中止が決まっていて、国道は閑散、時折、激しい風雨に見舞われながら、何とか往復をした。
DSC04313.JPG
マリナートのすぐ横の岸壁、すぐ左に、シーフードレストラン街がある。
DSC04315.JPG
花火大会が中止になった安倍川の会場

 佐々木投手、4試合で29イニング投げた。投球数は幾つだったのでしょうか。準決勝では9回完投だった。しかし、決勝では、本人も、仲間たちも、登板をしたかったのに、させてもらえなかった。そして、二番手も出さなかった。本人の肩や将来を考えて登板させなかった、と、監督は言っているらしい、また、監督の英断だ、と言っている野球の解説者?もいるようだが、また、アメリカでは、続投をさせないのが常識だなどと言っている人もいる。個を大切にしている、などと、訳の分からないことを言っている専門家?もいる。
 私は、矢張り、監督は間違っていると思うし、生徒のことを考えていない、自己中の行動だったと思う、二番手も出さなかった。勘ぐれば、勝ってはいけない何かがあったのではないかと思う。
 そんなに、彼の肩のことを考えるなら、1試合を5回までに、或いはMLBのように100球、制限にすることもできた。と言うか、そうすべきだった。途中で、ファーストなど、他の守備位置で継続出場なども考えられるはずだ。素人の私でも考えられる起用方法を知らないわけがないと思うが、最悪の起用にしてしまい、選手の今までの努力を無駄にしてしまったし、夢を勝手に毀してしまった。
可愛さ無し 自分勝手 中止
posted by 元気な振りの爺さん at 22:28| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

(^_-)-☆花粉症?

 3843 今回、一回目の医者へ、近所の整形外科、慢性的に繰り返される腰の痛み、首の痛み、それらは、ほとんど、痛さが、一定していて、当たり前とあまり気にしていないが、最近、左の腰が痛みだしてきていて、特に、朝起きたときに気になり、起き上がる動作が遅くなっている。痛む場所を押してみて、骨なのか、筋肉なのか、もっと中なのか、ハッキリしない、中だったら、どこだろうか、整形外科は、お門違いになる。
 
直ぐにX線撮影、そのあと、診察室に入った。久しぶりと挨拶から始まった。どう、あちらは、治安的に?年寄りには、住み心地が良いらしね、などから、始まった。写真を見ながら、ここも、脊髄の一番下に部分だよね、今までに、痛みの延長だね。と言うことで、あまり、期待をしていないが、ずっと前からと同じに膏薬やカルシウムを処方された。

 それと、今回、風邪薬をもらおうかと、思っていて、喉が痛む、鼻が詰まるなどの症状を言ってみた。咳は?同、聞かれたので、鼻水とくしゃみが気になると話したら、何か、アレルギーがある?だった。子供のころから、花粉症と言ったら、そうだね、それだね、漢方でよく効く奴があるから、それにしよう、になった。
 こちらの方は、喉がちょっと痛むし、いがらっぽいし、痰がたまるから、それに、一週間前の土日、風邪でゴホン、ゴホンしていたキャディーと一緒だったから、移されたと思っているのに。結局、どっち? 帰る途中、ノドトローチを買った。
DSC04304.JPG
DSC04310.JPG
pacaran puku-puku di taman rumah saya 私の家の庭で蝶々のデート。
熱帯低気圧が夕方、台風に発達したようだ。その何時間前、ちょっとだけ、夏らしい暑さと日差しがあった。家の庭にアゲハ蝶が、舞っていた、そして、アブラゼミも煩かった。
DSC04312.JPG
ジャカルタ新聞にブリトゥン島の紹介があったが、タルシウス(超小型のメガネザル?)スラウェジのマナドの東、最北東端のタンココ国立自然保護地区から連れてこられたはずだ。この狭い地区にしか生息していない。記事に書いてあるように夜行性だ。タンココの森へ明るいうちに入っても、会えない。それがブリトゥンでは、明るいうちに、見ることでできるようにしてあるということは、動物虐待をしていることになる。酷い話だ。
http://otaenplaext.net/index201.html   http://otaenplaext.net/concept13.html
http://otaenplaext.net/concept92.html   http://otaenplaext.net/newpage49.html
http://otaenplaext.net/newpage66.html   http://otaenplaext.net/newpage127.html
私は三回行っている。タルシウスには、レンジャーと一緒に入ったタンココの森では、会っているが、ブリトゥンでは、会っていない。
 風邪 花粉症 ブリトゥン
posted by 元気な振りの爺さん at 23:15| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

(^_-)-☆予期の間違い

 3842 李首相?が言ったとか、日本政府の輸出管理強化措置について「万一、日本が状況をさらに悪化させれば、予期せぬ事態につながる恐れもある」
「 予期せぬ事態 」って ‥‥ 断交?テロ ? このくらいは、予期できる?から、もっと、何かあるのでしょうね。文さんにとって、フッ化水素の輸出許可が必要にされたことは、予期せぬ事態、だったようですね。こくらいは、予期しながら、行政に当るのは、常識でしょう?
 李氏は「われわれは外交的協議の準備ができている。日本政府の賢明な判断を期待する」といっている。それなら、日韓基本条約について、第三者を挟んで協議しようと、はるか以前に、日本が頼んでいるのに、それは、無視をしたまま、いい加減なこと言っている。チコちゃんに、叱ってもらったらどうでしょうか。

予期せぬと言えば、これを予期した人は、こうするべきだと思った人は、何%くらいいたでしょうか。ほとんどいなかったと思うことをやった大船渡の監督 必ず後悔するはずだ。もし、後悔しない、選手たちに謝らない人だったら、この人を監督や指導者にしておいてはいけない。生徒たちは、悔いない、納得している、問っているらしいが、それが、本当であっても、本心ではない。絶対、本心ではない。私が、もし、この投げられなかった選手だったら、直後に、退部、退学をしているでしょう。そして、彼の親だったら、息子を可哀そうだと思うし、監督は息子たちの夢をだいなしにしたと思う。肩の故障などのことを考え、将来を考えて、なんて、納得しない、将来を考えるなら、普通、投げさせるでしょう。気の毒でしかない。

私が予期すること、この出してもらえなかった選手、将来、プロ野球で活躍することはない。何となくそう思う。
DSC04274.JPG
DSC04293.JPG
夏は静岡市街から富士山が見えない確率が高い、雲が広がっている場合が多いし、雲ではなくても、霞が掛かっている日が多い。安倍川の橋から、日本平の山は見えるが、その左にあるはずの富士山の姿はない。
DSC04295.JPG
宣伝しているわけではないが、あるんだ、静岡にも、この前、カラワンのResinda Park Mallの中のMarugameudonで、食べた肉うどんは、400円位で、普通に美味しかった。
予期 気の毒 悔い
posted by 元気な振りの爺さん at 22:55| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

(^_-)-☆鳴くよ鶯

 3841 早速、日本でもゴルフ、南部化成の元会長や海外工場の元社長がメンバーだった。牧之原台地の相良カントゥリーだった。食事付きで8500円位、キャディーなしのセルフが当たり前。駿河湾までたぶん10Kmくらいの山の中、山岳ゴルフ場、登りくだりが急だし、左右の登り、下りも多いし、打ち出しからコースが狭い、オービーやワンペナが出やすい。だから、オービーは、前四だし、ショートでは、前三、それも、パターを使う位置から、オリンピックだけを考えれば、オービーを出してしまった方が有利と言うコース。
DSC04285.JPG
 私が帰ってきた日も、雨だった。東海地方、まだ、梅雨明けはしていないようだ。斜面が多いが水捌けが悪いし、バンカーは、水が浮いていた。出すのが大変、バンカーからの距離をコントロールできない、ただ、出すだけになってしまう。
 夏になりきっていないのでしょう、山の中だが蝉は鳴いていない、代わりにウグイスの鳴き声が、周囲から切れることなく聞こえてくる。日本だなと思う。

 行きは、時間の都合で、焼津から東名を使った。500円以上だった、このくらいの距離、インドネシアなら、80円位だ。この違いは何でしょう。焼津インターまで、一般道、通勤時間だったので、ちょっと渋滞だったが、丸子の家から1時間掛からずに、着く。
DSC04287.JPG
DSC04289.JPG
 帰りは、急がないので、一般道を使った。大井川の旧一号線の橋を渡った。鉄のアーチで支えている、このタイプの橋は、安倍川のや富士川も同じ、100年以上前に掛けられたものだ。まだ、100年以上、このまま使うのでしょうね。
 ゴルフ 橋梁 鶯
posted by 元気な振りの爺さん at 22:21| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

(^_-)-☆動はじめ

 3840 世界水泳 韓国 光州 Nikon Yakultのゼッケンが目立っていた。おいおい、日系企業ボイコットじゃないの?
 WTOへ訴えた話も、ホワイト国取り消しに文句を言っている、その理由が説明になっていない、不当だ、撤回しろと言っている。そもそも、不買だ、ボイコットだと言っている国にとって、日本品不買の手伝いになっているでしょ。何でもかんでも、謝れ謝れ、反日、反日で盛り上がっている国を優遇すること自体が、おかしいでしょ。反日だから優遇しろとでもいうのでしょうか。優遇すれば反日を止めるというのでしょうか、それはないですよね、今まで優遇だったのですから。
むしろ、韓国は、何故、優遇国にしたままにしろと言う、理由を言うべきだと思うし、日本の主張が間違っているというなら、フッ化水素の出荷数量とどこで使ったのかの記録の数年前からの分、示すべきでしょ。

 太田化工へ行ってきた。静岡市の南西端に近い、旧国道150号線、焼津市との境目、大崩海岸の手前にある。東海道本線、用宗駅から西、ゴルフ、ロングコースくらいの距離、駿河湾の海岸からやはり北の500m位に位置する。工場の裏手は、東海道本線線路、その山側の高架に東海道新幹線線路、新幹線の窓から、太田化工の工場の壁に書かれている、太田化工、という文字が見えるはずだが、10Mくらい近いし、0,5秒くらいだから、相当、注意してみていても、見逃す確率が高い。
DSC04273.JPG
 この写真の先は、大崩海岸になり、その先は松風閣や焼津グランドホテルがある。忘年会でよく使った。
DSC04275.JPG
 ここは、どこだと思いますか、椰子の木らしい木が、見えますね。久能海岸通りです。ちょっと先に久能山東照宮への長い長い階段の登り口があります。もっと、この先は三保海岸になりますね。何故、ここを通ったのかと言うと、米麹やさんがあるからだ。インドネシアへ持ってゆくが、ここ、家でも作るから。昨日買ったアラックバリは太田化工への土産だった。久保田ユニーさんには揚げる前のクルプックだった。
不買 手伝い 太田化工
posted by 元気な振りの爺さん at 22:20| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

(^_-)-☆日本語生活

 3839 今回の目的の70%くらいは、ゴルフの付き合いだ。何人かの遠くに現役を引いた方々で、現役時代にお世話になったり、お世話した方々の中に、今でもゴルフをしていたい、出来る、と言う人と付き合うためエアーチケットの手配が、帰国の一か月ほど前になるので、

だ。インドネシアに出発する最後のゴルフの時に、次は、いつ頃戻る?と聞かれるので、いつ頃だと答えておく。その、答えたことが頃に、一か月くらい前に、いつ来る?と言うメールが入る。

 そのメールが入った後に、エアーチケットの手配はする。そして、知らせる。ニ三日後に、大体、週二回のペースでいろいろな方とやる予約に日が示される。今回も、24日を、皮切りに、約、一か月間で7回、14人ほどの方々とやることになっている。
DSC04267.JPG
 新幹線で富士川を渡った、富士山は雲の中、小鮒釣りしかの川である。
DSC04265.JPG
 昼間の新幹線、時刻表を確認したわけではないが、印象として、東京発で静岡に止まるのは、コダマとヒカリだけ、そして、それらの本数も少ない。静岡人にしてみると、冷遇されていると思う。せめて、ノゾミも二時間に一本、静岡か浜松に止まるようにしてほしいと思う。
 だがしかし、実態は厳しい、コダマの乗車率は、非常に少ない、私が乗った品川のホームの行列を見れば、歴然だ。10分間隔で発車するノゾミには、次々と列が長くなるし、東京からの乗客もいっぱいだ。間もなくコダマが到着するころになっても、列は長くならない。実際、乗ってみると、席はガラガラ、これじゃ、増やせないよ、逆に減らしてもいいくらいにお思ってしまう。

 前にも書いたが、私が引き受ける仕事は、頼まれた物だけだ。営業はしない、どこかがやっている仕事を、こちらの方が安いですよ、こちらの方が品質はいいですよ、と言って、その仕事を私にやらせてくださいと頼んだことは、全くない、ましてや、インドネシアローカル会社がやっている仕事を横取りしたいと動いたことはない。
 と言うことで、例えば、ある会社が、押出品を注文する場合に、私のところだけでなく、他の会社にも、見積もりを依頼したという話の流れになったとき、私は降りる。せっかく、他の会社でもできるなら、その会社に回してほしいと思うからだ。そして、私は手を引き、その会社に注文して、もし、その会社が出来なくて、私に頼んで来れば、私は手伝うでしょう。客先が幾つかの会社を天秤にかけるのが気に入らないというのではない。できる会社があれば、そちらの会社にその仕事を回してほしい、私が邪魔をしたく無いという気持ちからだ。
DSC04271.JPG
DSC04272.JPG
 戸村さんにやってもらった庭の木の剪定、門扉に向って両側でした。家から正面の木々は、まだだ。その比較だ。

これから、一か月日本語の生活になる。
日本語 コダマ 故郷の川
posted by 元気な振りの爺さん at 22:31| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

(^_-)-☆一か月の不在

 3838 7時からゴルフ、天気は良好、風もさわやか、コンディションは上場、何時もの仲間とキャディーと冗談を言いながら、からかいあいながら、楽しく回れた。ま、大体いつものようにだ。一か月、このゴルフ場から遠ざかるので、何となく、時間がゆっくり過ぎているようで、何時もより、長い時間プレーをしたような感じがしたが、13時過ぎには、終わって、皆さんと、しばし分けれの挨拶をして、ゴルフ場をあとにし、自宅へ。

 ちょっとした掃除をし、洗濯をし、冷凍庫の氷を溶かし、少し残った野菜などを袋に詰めた。会社の冷蔵庫に移すためだ。水道の元栓を閉じ、電気メーターのブレーカーをオフにし、LPGガスボンベのメーター付きのホースを外した。土産物や私が日本で食べたいものを詰めたバゲジを車に乗せ、自宅を出た。セキュリティーに、私の行動予定を書いたメモを渡した。

 会社に入ったのが16時前、2ラインが稼働していた。間に合わなくて、月曜の朝まで繋げるそうだ。昨日、土曜日の停電が原因だ。押出工場ととしては、不適な場所だ。

 昨日からのアニーリングの結果を確認するとともに、サンプル提出の準備をし、そのことを、関係する人たちにメールを送った。ぎりぎりで、ここ迄の必要事項をは全て、出来たと思う。後は、客先の凝れたらの社内テストの結果を待つことになる。不適、改良の必要ありと言うことになれば、また、何らかの試作をしなければならないと思うが、何とか、OKになってほしいと思う。主に、滅菌処理工程で、変形してしまわないか、と言うことだと思う。後は、明日から、Diki君にバトンタッチになる。
DSC04230.JPG
DSC04247.JPG
 昨日は二輪並んでいたが、今日は、一輪だけになっていて、隣には赤とんぼが止まっていた。

 時間の余裕を見て、19時にタクシーを予約した。時間通りに来た。速すぎると思ったが、早に越したことはないので、出発した。思った通り、渋滞は、全くなし、20時半には、ターミナル3に付いてしまった。余裕でブラブラ、例によって、アラックバリを二本買った。50万Rpになっていた。何やら、半年ごとに値段が上がっているような気がする。2年ほど前には、その価格で二本買えた。多分、人気があるのでしょう、アルコール類を扱っているショップが3か所あったが、一か所でしか売られていなかった。
DSC04254.JPG
 タマンアングレックの電飾、久しぶりに、夜、通った。最近は。北のタンジュンプリオクを通ることが多かった。しかし、タクシーが、猛スピードで走っているので、ピンボケだ。
 23;50のフライトだ。
帰国 順調 試作品
posted by 元気な振りの爺さん at 22:56| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

(^_-)-☆あと一日

 3837 帰国直前なので、タマンセントサのエアーサロンで散髪とカラーリングをしてきた。大体、一月半の間隔だ。何年も前いから、10万Rpだ。今のレートでは750円位だ。日本の散髪チェーンでも4000円以上するみたいですね。

 ゴルフの後、チカランバラットインターの方から、タマンセントサへ行き、帰り、会社方向へは、リッポチカランを東に向って、チバトゥインター前を通る道を使った。
DSC04232.JPG
 以前はこの先は真っ直ぐ行けず、右に曲がり、デルタマスインター方向に向かい、途中でチバテウインターに向ったが、今は、ここを真っすぐ行き、右折、左折があるが、道なりに行けば、チバトゥインターの前に出る。勅ザンデUターンすれば、ジャラントールから出てきた道、車に合流する。と言うことは、ここから、ジャバベカ方面とデルタシリコン、ダルタマス方面に分かれる。
 多くの日本人が住む、リッポチカラン、デルタマス、デルタシリコンからジャバベカゴルフに向かう人は、ほとんど、この道を通る。
DSC04232.JPG
DSC04238.JPG
 そして、高速道路を跨いでサッカー競技場に向かう途中、この間、まる焼けになった。工場が右手、500Mほど離れた場所にその焼け跡が、手つかずで、そのままの姿で見えていた。近く寄ってみる気はなかった。
DSC04240.JPG
 15時過ぎに、会社によって、昨日作ったパイプに切断やスルットや組み合わせをし、アニールのため、オーブンにいれた。その時には、90℃にセッティンウしてあって、ABSを乾燥していたので、23時、シフトが終了の時に、ABSを出して、105℃に設定し、3時間そのままに、明日2時に、オフにしてそのままにしておくようにセキュリティーに頼んだ。出発前に、サンプルとして出せるように、バリ取りやデータシートの準備をする。Pipe POM 28φ t=1、2
 L=80.105 155
Slit Pipe HDPE 30φ t=1,5 dan t=1.0
 L=75.100.150
6junis5set 6種類を5組
Kondisi annealing 105℃ 3jam dinginkan dalam oven 
3時間105℃でアニールし、OFにして、オーブンの中で徐冷し、8時間後に取り出す。
Selelah annealing Baritori アニーリングの後バリ取りをする。
散髪 近道 焼け跡
posted by 元気な振りの爺さん at 20:25| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

(^_-)-☆チョバ

 3836 朝からチョバcoba try試作でした。POMの28ΦパイプとHDPEの30φのパイプ、HDPEの方は、一日寝かせて、明日、スリットを入れてから定尺に切る。こちらは、最初の図面では1mm厚さだっかが、今回は1,5mmにし、内径を27φにしたので、自動ナイフカッターでは切ることができなくなったので、後工程で丸鋸で切って、バリ取りをすることにした。POMの方は、元々、ナイフは使えないので、一緒に丸鋸で切る。それを組み合せて、アニールまでを明日、ゴルフの後にする。
DSC04226.JPG
 昼過ぎに、MM2100のSAKURAに中の両替所に行ってきた。129Rp、1円のレートで30万円を受け取った。大した違いはないが、ちょっと安く交換できたと思う。
DSC04228.JPG
 これは、外のスリットパイプの厚さが1mmなので、隙間が狭いが、今日作ったスリットパイプなら、隙間は広くなるはずだ。多分、3mm以上になるだろう、それで、滅菌テストをしてもらって、耐えられれば、隙間を狭くするよう、POMにパイプの外径を27φで作ればいい。これが、予想プロセスだ。
DSC04222.JPG
この辺りは一番進んでいる高速鉄道工事

 地震の話です。
Jumat 19 Juli 2019, 02:16 WIB
Gempa M 4,5 Terjadi di Tasikmalaya, Terasa hingga Pangandaran
。タシクマラヤで発生した地震M4.5、パンガンダランまで感じる、になっているが、タシクの山の中の町が震源ではなく、パンガンダラン沖、インド洋の地下が震源のようですね。
https://www.youtube.com/watch?v=l1bHtleOR8o

水飢饉の話ですね。34 Ribu Jiwa di Cilacap Krisis Air Bersih
https://www.youtube.com/watch?v=_S9x-XBaV9w
Yang sudah diberi bantuan air bersih sebanyak 11.553 keluarga, 34.357 jiwa,”
11,553家族、34,357人にきれいな水を与えられています。
とにかく、ムシン クマラウ(乾季)真っただ中だから、チラチャップに限った話ではない。全国各地で、水不足、農作物も枯れている。毎年のことだ。
 
 京アニの火災、インドネシアのニュースでも、何度か見た。言葉が出ない。
チョバ グンパ クマラウ
posted by 元気な振りの爺さん at 22:30| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

(^_-)-☆円―Rpレート

 3835 17時過ぎ、何年ぶりだろうか、多分、4年ぶり?机に向って図面を書いていたら、頭の中の一角が、クラッときた、じっとしていると、クラッ、クラッッとまた来た。じっとして目を閉じた、クラッ、なくなってきた。それ以上の眩暈が収まってきたので、お守りとして、もっている、パキシルとコンスタンを胃薬と共に飲んだ。パニック障害の症状なら、たりどころに直るはずだ。そして、症状はすぐに収まった。
 2006年のことが、一瞬にして蘇った。瞬間でした。その後、普段通りになっている。
DSC04213.JPG
IDR(Rp)から、円に交換しようと思い、ハリウッドジャンクションのBNIへ行ってきた。131Rpが1円だという。びっくり、自分勝手に125Rp=1円との先入観があって、交換を止めた。午後、MM2100のいつも使うマネーチェンジャー問い合わせたら、130なら、酷くないよ、と言われてしまった。

乾季に入って停電の回数が減って、順調に生産が進んでいる、だから、私に試作(POM)は、土曜の夕方から、日曜日しかできない。それも、ゴルフの後になる。しかし、もう、私がいる日に余裕がないので、明日、一ラインを開けてもらって、試作をする。最終だ。
DSC04208.JPG
DSC04209.JPG
DSC04210.JPG
1〜2シフトへの引継ぎ風景、6ラインフル稼働になっているし、後工程の定尺カットもシフト内で、しなければ、間に合わない、粉砕もだ。間の無く、プレス加工の仕事も始まる。大変忙しくなっている。頼まれる新アイテムも後を絶たない。限界に達っしている。嬉しいより、大変だ。押出ラインを持っている他の会社に依頼もそろそろ、本気で考えなければならない。私が試作している仕事は、他社に持ってゆく方が良いかもしれない。
両替 限界 POM
posted by 元気な振りの爺さん at 22:29| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

(^_-)-☆またやっちゃった

 3834 何をって、ATMカード(カルトアーテーエム)をマシンに飲み込まれた。何回目だろうか。10年何年か前、一人で運転して、ロンボクへ行って、地元の銀行のマシンに飲まれたのが最初だったが、その時は、レバラン休暇中で、銀行の連絡を取れなくて、ブロッキングが一週間先になってしまったのを覚えている。その後、スーパーで買い物をするときには、カードで払うようにし、ATMは、あまり使わないようにしていた。それでも、昨日まで、2回、飲みこまれている。そいて、昨日が四回目だった。Tidakのボタンを押して、その時、後ろを通りかかった友人に、何やら声を掛けられた。つい、後ろを向いてしまい、またすぐに、カードの場所を見たら、吸い込まれてゆくところを見てしまった。今迄は、うっかり、取り忘れて、気が付いて、戻ったら、既に無かった、という状況だったが、今回は、見てしまった。何とも言えない悔しさが残った。友人は、もう、通り過ぎて言ったしまった。ゴルフ場のATMだった。

 すぐに、銀行に電話して、(初めてではないから、銀行の担当部署の電話番号は登録してあった。一応、経験者として、慣れていた。)ブロッキングをしてもらった。
 そして、今朝、銀行へ行ってきた。MM2100のルコの中のNIAGAだ。顔なじみになっている、また、失くしたのかと言われてしまった。

昨日のうちに、明日行くといって有ったので、パス―ポート(ITASも)だけ、持ってゆけば、全て、書類は書いてくれる、その書類に、何か所かサインをするだけだ。10分も掛からない、カードができるまで1時間ほどかかる。

私は、その間、担当者に、一時間ほど、他の場所で用事を済ませて戻ってくるといって、HOGYに向った。三週間ほど前から、あれだこれだと試作を繰り返して、何とか恰好が付いたサンプルを見せながら、今後のことを話しためだった。結果、この製品は、実用に向かないと結論付けられた。カタチとしては面白い製品で、成形も難しかった。そして、使いやすいが、私が想像できない滅菌の工程の条件に耐えられず、変形してしまう可能性が高いそうだ。私としては、作り甲斐のあった製品だった。いい勉強になったと思う。ということで、昨日できた製品は、使わないことになった。
DSC04205.JPG
で、どうするかと言うと、最初の図面通りにほぼできていた“隙間ありパイプ“の隙間を一定に保つようにしようということになった。それも、ある程度、方法の見通しがついていて、アニーリングの条件を工夫することによって、”開き幅”を一定にし、なおかつ、その開きが、圧力が掛かったり、100℃のほどまでの熱が掛かっても、一時的に、変るが、もとの開きに戻るような、製品を作ろう、と言うことになった。

そして、条件に従って、土曜日までに、試作をする。日曜には、私はインドネシアから一時、いなくなることを伝え、ディキ君が、月曜か火曜日にサンプルを持ってくることを約束した。面白い仕事だが、私がいないうちに、仕様が決まると良いと思う。

銀行へ戻った、1時間過ぎていたが、まだ、出来ていないという、しかし、5分もしないうちに、カウンターに呼ばれた。できていた。ピンの再登録をし、外のATMで、機能を確認した。終わり。速い。
何秒で持って行かれるか確認した。10秒だそうだ。
DSC04192.JPG
 元、チカランウタマゲートの真横にある中国高速鉄道の建設基地。かなり広大だ。工業団地が一つできたような広さだ。
DSC04193.JPG
 アパートやホテルの建設ラッシュは続いているが、ロジスティックもどんどん増えている。このような、広い平面的に建造物は、倉庫、運送拠点と思っていい。
DSC04196.JPG
 東に向っていて、右が本線、私は左に入り、ジャバベカ1に向かう。この高架は、LRT用だ。

 日本は、厄介なことから手を引こう。韓国の文何とか大統領の下で、条約や約束事は、してはならない。最終的,不可逆と謳っても、無しにしてしまうのだから。“1対1+α“などと言っていることも、しかりだ。それで合意などしてはならない、いつまた、無かったことにされるか分からない。とにかく、約束は守らないのが当たり前の国だから。

 今後、輸出規制の項目は増えることはあっても、撤回することは無いでしょうし、優遇していたことは、一般的な待遇にするでしょう。もし、元通りの優遇を望むなら、日韓基本条約に基づいて、雇用工や雇用慰安婦の問題があるなら、それは、韓国国内問題にする、また、今迄の日本との約束事は、尊重し、忠実に従う、と、宣言する。これしか、文さんが、生き延びる道は、これしかないと思う。
 カルトアーテーエム 再発行 新方向
posted by 元気な振りの爺さん at 22:50| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

(^_-)-☆また、送別

 3833 本当に久しぶりに、平日ゴルフ、日本食レストランのご夫妻と元PT,MASの経営者の方とだった。何故、今日だったかというと、元マスの方が、いよいよ、インドネシアから引き揚げるということで、送別ゴルフだった。メンバーではないので、平日とした。約16年の付き合いだった。
 70歳でインドネシアのMM2100に射出の金型を作る会社として進出した。仕事の関係で知り合い、ゴルフも一緒にするようになった。しかし、ここ二年ほど、仕事もゴルフも付き合いが無くなっていた。仕事は、他人に間ませるようになり、ゴルフも足や腰の問題で、回数が極端に少なくなっていたからだった。そして、1933年う生まれの7月21日に86歳になる。そして、会社は身売りを済ませ、27日に帰国するとのこと。私は21日に帰国してしまうので、その前に、インドネシア最後のゴルフとして、誘いがあった。7月21日と言えば、もう一人誕生日の人を知っている。その方は、76歳になるはずだが。
DSC04176.JPG 
 と言うことで、ゴルフのあと、リッポチカランの韓国レストランで食事、祭りやの人が親しくしているレストランだそうで、韓国料理は、全く、なじみはないが、ご一緒した。ここでは日韓関係良好のようだ。16時過ぎまで、あれやこれや話して、分かれた。86歳まで、頑張った。そして、今のゴルフ仲間で、私より高齢の人はいなくなった。
DSC04186.JPG
 17時に会社へ、昨日からの試作のアニーリング工程を指導と言うか、頼んだ。HDPEの変形パイプ、この状態で100℃で2時間ほど置いておき、電源を切って、自然冷却を明日の朝までする。その後、あした、ちょっとしたテストをする。最終段階に入った。
DSC04183.JPG
 20時ごろ車に向った時。正面に満月、その上に金星が光っていた。今日は、雲一いつない快晴だった。
送別 処理 最終
posted by 元気な振りの爺さん at 19:42| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

(^_-)-☆何とかなった

 3832 BAPAOバパオ売りがどこか売る場所へむかっている途中でしょう。日本でいう肉まんですね。アヤム カチャンヒジャウ チョクラッと、書いてありますね。日本なら、アンマン、肉まん、以外、あまり知らないが。インドネシアは、無限大、この売り手は、鶏肉、緑豆、そして、チョコレートがあるよとか書いているが、多分、それだけではない、牛肉、カスタード、チーズなども持っていて、注文すれば、その場で、饅頭を切って、中に詰めて、蒸かし器で温めて、渡してくれるはずだ。
DSC04171.JPG
 日曜にできなかった試作、朝から始めた。今迄の方法とガラッと変えて、C.Dieでやってみた。原料も変えてみた。何回も修正を繰り返し、やっと、何とかなった。カタチになった。歩きっぱなしで、19時ころまで、足が攣るし、指も攣る、見かねたディキ君、リナント君、途中から手伝ってくれた。そして、何とか、客先に提出できそうなサンプルはできた。ただし、提出するには、歪をとるためのアニーリングをしなければならないし、ちょっつぉいた後加工もあるので、提出は水曜日。
 今週一杯で、この関係のもそうだが、私は、暫く、ここからいなくなることを伝えてあるから、彼らに引継いでもらわなければならないと思っていたので、伝わったのだと思う。
DSC04175.JPG
 この製品、どんなデザインが良いのか、客先が迷っていて、始めに出てきた図面通りの製品はできているが、その他、二種類の形状や原料を変えてみるなどのトライを繰り返した。今日の結果をだせば、やっと、どれを採用するか、決まると思う。ぎりぎりでで何とかなりそうだし、引継ぎもできそうだ。最悪、帰国を伸ばすことも考えたが。
DSC04173.JPG
 若者が、決して広く無い道の真ん中に大勢立っていて、何やら募金運動をしている。会社や住処の近くの地域内で数か所でやっている。モスジット建設資金でもなさそうだ。
 この若者たち、学生だと思うが、今日から、新学期が始まっているはずだし、学校へは行かないんだろうか、とにかく、邪魔だ、事故が起きてもおかしくない状況だ、お金を渡すために止まる車は、ほとんどない、何日のつづいているので、頻繁にこの道を通る私などは、もし、お金を渡すにしても、一回だけだし、そういう人がほとんだと思うから。警察や町の許可を受けてやっているとは思えない。
 交差点での道案内の邪魔な若者も、コンビニに駐車案内など、お前たちがいない方がスムーズに行くよ、邪魔でしかないよ、という金が欲しいだけの姿は、インドネシアの風景だ。
できた バパオ 邪魔者
posted by 元気な振りの爺さん at 22:48| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

(^_-)-☆何故0時半

 3831 この頃、転寝が習慣になってしまっている。夜、10時頃に、なんとなく。書き物をしながら、眠ってしまっていることが多い、そして、座椅子に段々、のけ反うるようになり、サンシュウ的には、座椅子の背の垂れの中間迄、頭、顔がずり下りてくる。そして、2時間ほどで、目がさめる。トイレに行きたくなるのと、不自然な姿で、体のどこか一部がいたくなっている。しかし、その間が、かなり、心地いい時間だ。
 
 しかし、昨日は、その転寝から覚めた時、パソコンの画面だけが明るくなっていて、その他は、真っ暗、あれ、停電、や、会社の生産ストップ、と、直ぐに思った。あれ、しかし、カーテンの向こうの外から光がちょとは入ってきていた。直ぐに、気が付いた。電気のプルサがハビスだと。

 外に出て、メーターを見ると、警報音が小さく鳴っていて、赤ランプが点滅をしていた。やっぱり。停電になったばかりだッとようだ。全く、プルサの残りについて、気にしていなかったし、数字が500を切れば、赤ランプが着くていたはずだが、気が付かなかった。

 明日は、早朝からゴルフだし、プルサをそのあと、買っていては、停電になってから、10数時間後になってしまう。それでは、冷蔵庫が問題だ。直ぐに、買いに行かなければならない、夜中12時過ぎ、コンビニは、ほとんど、しまっているはずだが、どこか、空いているはずだと、探しに外に出た。インドネイアのコンビニ、特に、私が住む、田舎でも、数はあるが、22時頃には閉まってしまう。そして、10分ほど走って、見つけた。

カードを渡して、充填を頼んだ。ところが、1時から出きるという、何時から、出来なくなり、そして、何故1時からできるようになるのか、首を傾げた。40分の待たなければならない、そこを出て、空いていても、どこも、同じかなと思いながら、別のコンビニを探した。あった。そこで聞いてみたら、0時半から出きると、言っていたので、店の前で、待った。そして、ちょうど、その時間に入っていったら、先客がプルサを頼んでいた。その人も、蹴れてしまったばかりだといっていた。
DSC04164.JPG
DSC04101.JPG
私は50万Rp買った。2500Rp手数料がかかる。戻って、20の数字を入れたら、元、ついていた明かりが全部点いた。テレビの点いた。やれやれである。転寝から覚めて、真夜中に、コンビニを探し、プリサを買いに走った、と言う話でした。普通、インドネシアで仕事をしている人は、こんなことをする機会はないはずだ。
DSC04103.JPG
ゴルフ場の夜明け、ゴルフを終わって、会社に向い、早朝、手に入れた金型を使って試作をするつもりだったが、何故か、引取機のスピードコントロールができなくなってしまっていて、いろいろ、いじってみたが、結局、直らず、試作をあきらめた。出きれば、明日、朝からやる。
DSC04162.JPG
アンボン マルクの一部で、夕方、地震があった、M7,2 
停電 メーターカード 0時半
posted by 元気な振りの爺さん at 23:08| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

(^_-)-☆思い出の中

 3830 ジャバベカ1のホリデーインの“一休”というレストランで食事、間もなく、帰任する友人から誘われて、久しぶりにホリデーインの中に入った。私がする限りでは、ジャバベカ辺りで、今のところ、最大規模のホテルだと思う。
その友人、といっても、知り合ったのは、10年程前、一度、ゴルフのコンペで一緒になっただけで、その後、仕事でもゴルフでも関係なしで、その時、私の話に興味をもって、頼まれて、3回、パンガンダランへ連れて行った人だ。三回と言うのは、二回、ラフレシアに会えなくて、三回目にやっと会えて、それで、満足し、その後のお付き合いはない。3年ほど、会ってもいなかったし、話をしていなかった。
その人の方は、旅にもゴルフにも、あまり、興味がある人ではないが、パンガンダランに一緒に行ったことが、かなり印象が深かったのではないかと思う、また、私が書いた物や写真など、いつも、見ていたという。帰任する前に、もう一度、私と話をしてみたっかったと言っていた。

その友人も一緒で、たらふく,ご馳走になった。
DSC04124.JPG
中庭?にプールがあって、ちょこっと、どんな場所かなと、歩いてみた。外からは、分からないが、こんな府になっていたのかと、思った。私が、こんなところに宿泊することは考えられない。豪華?さだ。
DSC04125.JPG
過去に、一緒に、インドネシア内のどこかに、私が行くというので、連れて行ったほしいという人、あちこちだが、20人以上いた。そして、それらの人で、今もインドネシアで仕事を続けている人は、何人いるだろうか、旅に一緒して、その後は、繋がりがないという人が殆どだ。しかし、その人たち、皆さん、私と一緒だった時のことを、思い出として残してくれていると思う。
ジャングルの中に分け言った途端に、太田さん、とんでもないところに連れてきたと、怒って、ラフレシアを探しにジャングルに入ることを拒否しされて、私が謝った人、ヌサカンバンガンへ向かう、小舟でインド洋に、出たとたんに、大うねりに、恐れをなして、ほとんど、泣きべそを聞きながら、引き返そうと訴えて、実際、止めた人などなど、それぞれに、インドネシアでの生活の思い出の一コマになっていると思う。

話は、ガラッと変わって、インドネシア語の勉強も含めて、インドネシアでもこんな記事があります。BAB(buang air besar)大便に関する注意です。
https://www.suara.com/health/2019/07/13/074749/mengejan-terlalu-keras-saat-bab-awas-diincar-4-risiko-ini  Mengejan Terlalu Keras saat BAB, Awas Diincar 4 Risiko Ini! 四つのリスク
1. Robekan pada anus (fisura ani) 切れ痔でしょか
2. Prolaps rektum 脱腸?
3. Wasir (hemoroid) 脱腸
4. Kebocoran urine dan feses 尿、便もれ
連れ 思い出 分かれ
posted by 元気な振りの爺さん at 19:42| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

(^_-)-☆足を撃つ

 3829 毎日のように、バイク泥棒 ひったくり 麻薬所持 喧嘩 などで逮捕のニュースがある。容疑者はオレンジ色の服を着せられ、警察の記者会見?の後ろに並ばされる。武器や書庫品を前のテーブルに置いて、担当警官が、誇らしげに、罪状などを説明する。そして、容疑者が何人かいる場合は、その中の何人かは、足に包帯を巻いている。歩くことが出来なくて、抱えられて付けてこられる人もいる。手錠や結束バンドで、両手は縛られている。

https://www.youtube.com/watch?v=fT1UIXUjQegほんの一例だ。
kak itembak-.jpg
kaki.jpg
 この足の包帯は、ピストルで撃たれた傷を縛っている。逃げたからではない、至近距離から、足が動かないように何らかの方法で押さえられて撃たれている。決まった場所に多分、かすめるようにだと思う。中には、失敗して、足を貫通してしまったのではないかと思われる、酷い状態のものもある。少しでも抵抗したり動かしていれば、こうもうまく、決まった場所鬼は撃ち込めない。

 本当に、毎日、毎日、流されるニュース、警察の逮捕時の作業標準でもあるかのように、多分、当たり前のように、何人かの足を撃っている。

Sejatinya, polisi diberi kewenangan untuk menindak tegas tersangka yang melakukan perlawanan. Menembak kaki tersangka yang membahayakan publik dan aparat adalah salah satu tindakan yang dibenarkan.
実際、警察官は容疑者を取り締まる権限を与えられている。公衆と装置を危険にさらす容疑者の足を撃うことは正当な行動の一つです。
Akan tetapi, harus kembali disadari bahwa tersangka belum tentu bersalah. Meskipun tersangka itu adalah tersangka kasus pembunuhan, ia tak boleh serta-merta dipandang "pantas" ditembak kakinya tanpa memertimbangkan apakah ia melawan petugas atau tidak saat ditangkap.
しかし、容疑者が必ずしも有罪であるとは限らないことに気付くべきである。容疑者を、逮捕時に警官に抵抗するかどうかにかかわらず、考えなしで彼の足を撃とは考えられない。
と言う記事だ。例え、確実な有罪であっても、警察官がピストルで撃つ習慣?は、どこから来ているのでしょうか、大統領は、この習慣?を、どう思っているのでしょうか。とにかく、手錠いい、足の包帯といい、日本ではあり得ない映像だ。

イスラム原理主義に近いアチェ州の不倫に対する公開むち打ち刑より、悪しきスタンダードだと思う。
DSC04099.JPG
いつもの規約途中の優明け、
決まり 当たり前 映像

posted by 元気な振りの爺さん at 00:38| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月12日

(^_-)-☆募集工

 3828 徴用工問題、徴用工問題とマスコミは言ったり書いたりしているが、徴用工はあったかもしれないが、慰安婦と同じで、強制は殆どなかったし、給料や待遇も日本人と全く同じだった。だから、徴用工という表現は、全く、間違えている。給料の未払いがどれだけあるか知らないが、あったとしても、わずかだろうし、現在の日本でも韓国でも、給料未払いやパラハラ、DVがあると同じ程度だったじゃないだろうか。慰安婦も現在と同じで、高給を求めて多くの女性がやっていることと同じ程度でしょ。だから、日本のマスコミは、徴用工は止めて募集工と表現すべきだと思う。

 それと、韓国も日本の新聞も公開の輸出規制に関して、徴用工問題での報復だといっていて、撤回しろと言っているものが多い。そうじゃないでしょ、もし、報復なら、募集工問題だけじゃないでしょ、レーザー問題のごまかしや、募集慰安婦問題、天皇への韓国へ謝れ問題、日韓基本条約を無視、元慰安婦支援財団の解散などなど、韓国の無茶苦茶反日、それらが対象でしょう。
 そして、輸出規制やホワイト国の取り消しの理由は、韓国が国連で禁止していることをひそかにやっているから、それでしょう。どうなってしまうのでしょうね。韓国は、北朝鮮のようになりたいのでしょういかね。やっかいな国ですね。
DSC04090.JPG
 ここ、最近、よく写真を紹介していますね。頻繁に通る道です。ジャバベカ6を背に、ゴルフ場へは、この先を左折すればいい場所ですね。今、その手前で道路の修理舗装の工事をしている。何故か、この場所、ポリシ ティドゥールPolisi tidurとは反対にV字型に陥没していて、知らない車が大きくジャンプしていた。ジャバベカ6に出いるするコンテナトラックもよく、跳ね上がったていた。そして、ますます、陥没が深くなっていた。やっと、ジャバベカが修復をし始めた。こういう場所は、他にも沢山あるが、修復をなかなかしない。
DSC04092.JPG
 ここ、ジャバベカ1から北の国道、ジャランラヤを結ぶ、近道、最近、向こう橋が拡幅されて、交互通行だったのが、解消された。
DSC04096.JPG
 日本語が書かれた飲み物がドンドン多く成っている。インドネシアのお茶の飲み物は、例外なく、甘ったるいが、この伊藤園のお〜いお茶は、日本のお茶そのままの味だ。Yuzuは、台湾のホンチュアンという会社の製品だが、ひらがなを書いてあるので、日本製品と思う人が多いと思う。始めて買ってみた。どちらも9600Rp(80円位)と、インドネシアの飲み物としては高い。日本でも売っているのかな、同じおのが。日本では見たことが無いというか、意識したことがない。
募集工 募集慰安婦 やっかい国
posted by 元気な振りの爺さん at 22:11| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする