2020年01月03日

(^_-)-☆BOSAN

 4003 https://www.liputan6.com/tag/banjir-jakarta 
https://www.liputan6.com/showbiz/read/4146675/ibunda-yuni-shara-dievakuasi-pakai-perahu-karet-saat-kebanjiran
Ibunda Yuni Shara Dievakuasi Pakai Perahu Karet saat Kebanjiran 02 Jan 2020, 12:00 WIB ユニシャラは洪水時にゴムボートで避難した。
040067600_1577936880-yuni_3.jpg
Ynui Sharaは、既に45歳以上だと思うが、25年ほど前からから、インドネシアの有名歌手で、私も、昔、カラオケに行った頃には、妹にクリスダヤンティの歌と彼女の歌を憶えて歌って、インドネシア語を覚えたものでした。今でも、歌番組では常連だと思う。だから、大きなニュースになっているのです。自宅はジャカルタのラグナン(有名な動物園やPangkalan Jati やMatwa golfが近い)だと思う。母親と主に、避難。

Sebanyak empat kecamatan yang dilanda banjir tersebut, di antaranya Cilamaya Wetan, Telukjambe Barat, Purwasari, dan Cikampek.これは、カラワンの四地域、チラマヤウェタン、西トゥルックジャンベ、プルワサエイ、チカンペックで洪水に見舞われている。
Banjir-Karawang.jpg
Warga mengevakuasi keluarganya mengunakan perahu rakit saat banjir di Desa karangligar, Karawang, Jawa Barat, Rabu (1/1/2020).カラングリガル村、西ジャワ州カラワン、の住民は、水曜日(1/1/2020)の洪水の間、いかだを使用して彼らの家族を避難させる。

前評判が今一だった青学が往路優勝をしましたね。娘の母校だし、明日も是非、総合優勝を目指して頑張ってほしい。また、静岡学園も娘の母校、サッカー次は準々決勝、勝ってほしい。

墓参り、一応、恒例なので行ってきた。76年前の生まれた場所の山の上だし、小学校まで、毎年夏休みには、カブトムシや蝉を取りし山、フナやハヤを追いし、かの富士川だしね。ま、どうせ、ここには、そう遠くない間に永久に戻ってくるのだから、今日は、直ぐそばにある先祖代々の墓を主に眺めた。文政何年とか、ハッキリしているのは祖父の祖父のその祖父らしき人までの墓標ではないかと思われるものがあった。これだけのものが残っているということは、相当、由緒がある家系なのかな、それにしては、開かずの金庫なんて聞いたことが無いし、一族に有名人や金持ちはいないし、ま、どうでもいいか。
DSC07108.JPG
DSC07109.JPG
DSC07110.JPG
DSC07111.JPG
余計なことだが、Bosan インドネシア語の意味をチェックしてみてください。多分、退屈、と出てくるでしょう。
DSC07101.JPG
蒲原に二人の親しくしていた人がいた。一方は、私の初めての就職先の先輩、後に、蒲原でコーヨー化成という会社を設立して今も続いている。ご本人がご顕在かどうかは知らない。が、行き途中に。会社の前を通ってみた。本当は、いつかは、確かめ、挨拶をしなければならないのに。
DSC07121.JPG
もう一人は大学の同級生、月日が経つのは夢の内、私がいるも波の竜宮城だけではないようだ。今から25年前に筋萎縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis:ALS)で亡くなった、51歳だった。大親友だった。なくなる半年ほど前からは、励ましやらで、ほとんど一日おきに見舞いに行った。送る言葉を言った時には大泣きで、みっともなかった。その後、インドネシアへ来てしまうまで、三人の女の子の援助などで、お付き合いをしていたが、その後、まったく、墓参りにも行っていなかった。それが、今日、帰りにお墓に寄った。20何年かぶりだった。一番下の娘さんが、遺伝してしまったのでしょう、ALSで二年ほど前に亡くなったというのは妻から聞いていたので、その子の一緒のお墓に眠っていると思っていたが、彼、一人だった。娘さんは、嫁いで後、掛かったのだなと知った。つい、20日ほど前に、大学の同級生が一人、他界したという情報が入った。祈りながら、そう遠くないなと思ってしまった。一緒の妻とそんな話になってしまい、そろそろ、いろいろな人に、会っておいた方がいいかもね。知うことになってしまった。今更会いに行っても、亡くなっているかもしれないしね。だって。
DSC07123.JPG
東京で60〜90歳が5人、喉にお餅を詰まらせて救急搬送され、3人重体だというニュースがあって、一人は無くなったらしい。
家の雑煮は、お餅を、私のだけ、四分の一に切って入れてくれた。大きなお世話だよ、っと、云ったが、まあいいか,だった。内の雑煮は雑煮じゃない、お餅の下に大根の薄い輪切りが数枚入っているだけで、おかか(削り節)をぱらぱらと掛けて食べる。
墓参 友 故郷
posted by 元気な振りの爺さん at 22:43| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする