2020年01月09日

(^_-)-☆出発前日

 4009 明日、出発なので、久しぶりに,ワサビ漬けを買いに、野桜本店へ行った。びっくり、家がなくなって更地になって売りに出されていた。前の街灯に野桜本店の小さな看板が、会って、ここだったのかと分るだけだった。どうしちゃったのと、ネットでチャックしてみた。22年に、父が倒れて跡を継いだ6台目が止めてしまったとか。
父が倒れたって、雅敏君が倒れたってこと、静岡駅の店がなくなったなとは知っていたが、毎年、本店で買うか、通っていたので、あの頑丈な雅敏君が、倒れるなどということは思ってもいなかった。いろいろな、役員をしていたのも知っていた。静高で一年と三年で同級だった。それより、小学校の時から存在は意識していた。それは、書道だ。塾は別だったが、書道のコンテストというか何とか大会で、私も良い賞をもらっていたが、彼は、いつも、私より上の賞、最上位の賞を獲得していて、その展示会場では、大胆な、書体を羨ましいと思っていた。中学は彼は、付属だった。そこでも、隷書の屏風を主体に展覧会の最上位にいた。そして、高校では同級になった。野球やテニスやバスケなどスポーツでインターハイ級の同級生が大勢いた中、彼は、柔道部にはいった。中学校からやっていたという。後に柔道部のキャプテンになっていた。その後のことはしたないが、私が大学を出て、静岡に戻ったころには、同窓会というか、同学年会の幹事をやっていてた。その後も、いろいろな組合などの主メンバーをまとめていたし、いくつかの出店をしたり、ネット販売にも始めていた。と聞いている。流石、野桜君とお思っていた。高校の時、ワサビ漬けの製造場所を見せてもらったし、サクラの時期に、庭の桜の大木に圧倒されたのを憶えている。
DSC07263.JPG
それにしても、6代目、市川園など、静岡の他の似たような商売をしている会社と組むなど、止めてしまうことはないと思うのだが、野桜山葵を消してしまうことは、経営者になれなかったのでしょうね。
更地になってしまっている今、雅敏君、どこにいるのでしょうか。

昼前から強烈な雨、ゴルフが昨日で良かった。2時間ほど続いたが、広ごろ、カラット晴れ上がり、強風が吹き荒れ始めていた。そして、暖かい、20℃以上、沖縄を除いて最高温度だったようだ。富士と御殿場では1月の観測史上最高だったという。
DSC07250.JPG
DSC07261.JPG
この庭に安らぎを感じる。何年か後には、ずっと、この庭を見ていることだろうと思う。それにしても、野桜君、どうなってしまっているだろうかと思う。
DSC07255.JPG
最期の買いもに行ったイオン、この時、土砂降りだった。
友人 閉店 最高温度
posted by 元気な振りの爺さん at 23:10| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする