2018年03月22日

(^_-)-☆飛び込み

 3351 3月ですね、人事異動の時期ですね。インドネシアでも、日系企業、人が交代するときですね。取引先の会社の何社からか、退職、帰国の挨拶が送られてきている。
 
私の方は、帰国どころか、また、もう一年延長だ。すべての手続きが済んで、パスポートを受け取ってきた。来年の三月初旬までだ。KITASではなく、ITAS ON LINEと以前はマルチリエントリーパーミットだったが、今は、リミテッドステーパーミットのスタンプですね。だが、肝心なITASの電子版のプリントがイミグレのPCエラーでプリントできないという。直ぐ必要だから、何とかしてよと頼んだが、催促するがいつと約束はできないという。普通なら、普段、必要ではないが、今回は、日本から人を招くために必要になっている。
IMG_1972.JPG
IMG_1973.JPG
IMG_1976.JPG
デルタシリコン8にある会社を訪問した。アポなしの飛び込みだった。というのは、尋ねた会社の担当者から、日本人がいると聞いて、仕事を出したいが、その日本人と話をしたいという電話が、私が日本にいる間にあったそうだ。その報告を受けたのがなんと3月に入ってからだった。誰からだと聞いたら、会社名とパーチャシングの名前を覚えていた。電話番号はと聞いたら、聞かなかったという。じゃ、会社へ電話して、アポを取ってほしいと頼んだ。ところが、会社に電話すると、セキュリティーが出る、名前をいって、取り次いでほしいと頼んでも、セキュリティーは、いないとか、取り次げないとの一点張り、それでは、その人に、こちらからの会社名と電話番号を伝えてほしいと頼んでも、それもできないという、ということらしい。
そんなことはないだろうと、私も電話してみた。やはり、セキュリティーが出て、何を頼んでも、できないといわれた。この会社、どうなっているの、外からかかってきた電話、すべて、こんな調子なら、最初から切っておけよという感じだ。アメリカ系の自動車部品の会社、仕方がないから、面白そうだし、飛び込みで行ってみようと思い、行ってみた。

行って見たら、やはり面白かった。まず、エキュリティーに、この人に会いたいが、会わせてもらえないかと頼んだ、ダメだという、アポを取っていない人には取次できないという。それでは、今今、会えなくてもいから、アポをここから取ってほしいと頼んだら、ここからでも駄目だ。会社から、いくら頼んでも、アポが取れないどころか、直接でも駄目、どうすりゃいいの、と聞いたら、何も手伝いはできないといわれた。やはり、ダメだこりゃ、と思って、諦めようとしたところ、事務所の入り口付近に、日本人らしい男性が出てきて、たばこを吸いはじめているのを見つけた。あの人日本人かと聞いたら,そうだ、誰々さんだという。そして、セキュリティーの許可を取って、その人に、なぜ、ここへ来たかを話をした。
事務所に入ったところで、待たせてもらい、かれは、奥へ入って行って、私が、会いたいといって入り人に、聞いてくれた。ぞの人、私の会社に電話しなかったといっているらしい。そして、いまのところ、用事はないといっているとか、もし、頼みたいことhがあれば、その人の方からあなたにアポを取るでしょう、ということだった。

その人の話によると、外部からの未知の人からの取次は、一切しないようにセキュリティーに教育しているという。特に中国人や韓国人からの売り込みのアポ取りの電話が多く、いちいち、対応しきれないから、そういうシステムにしている。社内の人間からアポを取った人だけ案内をしているとのこと、納得である。セキュリティーが、そういう話をできるように、教育してもらって有ればもっと、いいと思のだが。私のような人は、ほとんどいないのでしょうね。普通の日本人なら、私のような行動はしないでしょうね。
IMG_1968.JPG
デルタシリコンが8まであるとは知らなかった。もっと、南の奥の方まで造成している。9も10も。有るのかもしれない。しかし、撤退した工場も多い感じ、コリアン企業が目立つ。ヒュンダイの乗用車が敷地一杯に並べ有られていた場所、びっくり、この広大な土地、見事に車が消えていた。

何の予告もなく。18時ちょうどから停電、回復したのは19時15分。それから、冷えて固まってしった樹脂が金型を解体できるように溶けるまで30分、解体、樹脂の掃除、再びセット、昇温、1時間半掛かる。時間ロスは今回の場合、3時間半ほどになる。樹脂のロスは10Kgくらい、Kg2000円もするN11なら、原料だけで2万円の損失になる。PCでも8000円くらいのロスだ。
稼働していたライン全てを同時に解体やセット、再スターとができるわけがないから、四ラインを二人でやるとしたら、平均で一ライン5時間ほどのロスになる。そして、なにより、望まない厄介な仕事が急に増えてしまうのだから、作業員にとって精神的にも負担が多きなる。

ちょうどの時間ということは、計画停電だ。会社も停電になっているはず、今月3回目だ。一回の停電で、一台、2ジュタほどの損失になる、稼働が4ラインなら8ジュタだ。そして、生産予定も伸びてしまう。納期の心配もしなければならない。ラインの増設をすれば、停電時の損失が多くなる。困った場所に来てしまったものだ。コミサリスの責任だ。
納得 飛び込み デルタシリコン8

posted by 元気な振りの爺さん at 21:29| Comment(0) | 行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント