2018年03月23日

(^_-)-☆久しぶりのニュース

 3352 そして、今日、ITAS(Izin Tinggal Terbatas Elektronik)のA4サイズとパスポートサイズが、メールで送られてきた。早速、SURAT PERNYATAAN友人を迎えるためのステートメントと共に、本人にメールで送った。これで手続きができるかな。
IMG_1979.JPG
IMG_1980.JPG
間もなく雨季も終わるはずなのに、夕方、かなり、すごい雨と雷に見舞われた。そして、その影響か、今日も夕方、停電、毎日の損失である。

Kereta cepat Jakarta Bandungで検索すると、これに関するインドネシア国内のニュースに会えます。1年前、二年前のニュースが多い。

https://www.youtube.com/watch?v=ANfwGfaQTm0 今日のニュースです。久しぶりに、高速鉄道、ジャカルターバンドゥンに関するニュースです。結論は、2019年完成の予定だったが、2020年末に開通に変更した、ということです。2016年1月の起工式以来の報道陣を呼んでの現状公開のようですね。
しかし、それも、ワリニの山の中、ジョコ大統領が出席しての起工式とほぼ同じ場所、報道の中では、ハリム(東ジャカルタ)駅付近の工事も始まっているというが、公開はしていない。

 土地収用については、この二年以上の間に、進展をしていると報道し。時には90%以上進んでいるという報道もあったが、実際、今日のニュースでは、まだ、60%ほどだという。二年以上でやっと60%、同じペースなら2020年末までに100%に達しない、それなのに、開通するらしい、辻褄が合わない。2019年中に、橋やトンネルを完成させ、高架も完成させ、2020年始から鉄道を敷き、駅も完成させるということらしい。
 
 大統領選挙が迫っていることだし、ジャコさんの焦りが見える、リニさんという女性運輸大臣?も、今まで、言っていたことは、すべて、事実ではなかったにもかかわらず、また、見通しについても適当なことを言っているとしか思えない。KCIC(クレタ チュパット インドネシア チナ)の気弱そうな社長さん、何やら、自分が思ってもいないことを言わせられているようにしか見えない。

投稿のいつ例、Selama proyek nya itu dipegang china. Saya sangat meragukan kualitasnya. Dunia memuji muji inovasi omjepang. Tapi negara ini memilih china dengan bungan yang lebih besar dan hutang yang lunasnya pun lebih lama. このプルジェクトは中国がつかんでいる。私は高度の品質を疑います。日本の革新を称賛する世界、でも、この国は、大きな利息と長い期間の債務の中国を選んでしまった。
 
中国が出資するはずの資金も、なんどか、間もなく振り込まれるという報道がったが、結局、まだだし、いつになるかもはっきりしていない。今まで、はっきりしたと、何回か言われたが、“オオカミと少年“的雰囲気になってしまっている。結局、インドネシア人のほとんどは、興味がをなくしている。
IMG_1982.JPG
焼き場で一仕事、皆さん、忙しくて、一寸手伝った。22歳の時からやっていた仕事、道具は全く同じ。私が準備した。
低速 矛盾 不信
posted by 元気な振りの爺さん at 22:43| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント