2019年10月24日

(^_-)-☆リンクロン

 3932 リンクロンって、何?知っている人いますか。シラン架橋樹脂のことですよ。そんなものシラン、何って言っている人いました。私は、一応、化学の出身なのでシランというわけではなかったが、浦島太郎だし、この原料は全く未知の樹脂だった。全く知らないかったし、この数週間、メーカーなどの説明、
「リンクロンは、成形後にポリマー中の活性シラン基が水と反応して架橋するシラン架橋性樹脂(ポリオレフィン)です。後架橋することで、熱的特性、化学的特性、機械的特性などが大幅に改善、向上します。電線用絶縁被覆材、給水・給湯用パイプ、床暖房用パイプ、太陽電池封止材等として使用されています。」
を読んでいましたが、結局、なんだか分からない。ま、原料屋からも、日本から輸入している企業からも、チューブを作って欲しいようなことを頼まれている?ので、この樹脂を使ってチューブを作ってみることにした。そして、今日、どんな樹脂かな?と、思いながら、流し始めてみた。オレフィン系らしいが、出てきた状態は、合成ゴムかエラストマーかの状態だった、バキュームキャリブをセットしたが、意味がなかった。素引きでしか流せないことが分った。
DSC06143.JPG
DSC06147.JPG
半透明のナチュラルの外観は、ちょっと、艶消し、手に入れていたサンプルと同じ表面だった。ところが、マスターバッティ状の架橋剤を5%混ぜてみたら、表面にブツブツが現れてしまった。これでは、製品にならない、温度条件やフィルターやスクリューのrpmなど、あれこれやってみたが、直らない。原料に限りがあるので、今日はそこまで、明日、catalyst添加剤を乾燥してから混ぜてみようと思う。

まず、冷え切った韓日関係はどう解決すべきか。進藤教授は最近のハンギョレとの電子メールでのインタビューで、安倍晋三首相をはじめとする保守政権だけでなく、日本社会全般に広がっている「潜在的嫉妬」感情が韓日関係を悪化させると説明した。
と、こんな記事を読んだが、私は、まず、冷え切った韓日関係を解決すべきではないと思う。関係を無くす方向なら、そのままでいいと思う。
また、「潜在的嫉妬」?日本人全体に広がっている?韓国に嫉妬をしているって?一体、どんなことで嫉妬しているの?私は、全然嫉妬などしていない。ただ、韓国人の性格が気の毒に思うだけだ。ただ、胡散臭いやっかいもの、めんどくさいと思うだけだ。

http://otaenplaext.net/concept185.html 先日のフローレス島とコモド島の旅の記録を纏めた。写真も纏めました、今回、初めての場所は、パダールPulau Padar島だけでした。
架橋 熱収縮 めんどくさい
posted by 元気な振りの爺さん at 22:21| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。