2018年02月28日

(^_-)-☆閉じこもり

 3329 昨日の空港へ向かう前のクアルンプール名所巡り、約、2時間の強行が、さすがの私にも、異常な筋肉痛の原因になった上に、下痢状態も重なった。別になにもする必要もないし、閉じこもりを決めた。向かいコンビニへ買い物。カップ麺やパンなど食べ物とコバヤシのアンメルツヨコヨコなるものを買った。
IMG_1487.JPG
疲れと筋肉痛の原因の多くは、Batu Cavesだった。ここは無料。下から急な階段を上り、上り詰めた場所から、少し下り、また昇って、突き当りになる。巨大な鍾乳洞が、地上に出てしまったのでしょうね。駆け上がり、駆け下り15分で往復した。写真もたくさん撮った。このほかは、料金を支払ってはいる場所ばかりで、外国人は、二倍から三倍払わされた。
IMG_1488.JPG
Petronas Twin Towersここは入ったわけではない。下まで行っただけ、ムナラもそうだったが、無駄なことだと思うが、寝転んで写真を取っている人が多かった。これらは、登らなければ、近くへ行っても仕方がない場所だ。ただし。Menara Kuala Lumpurには、展望台迄上がった。狭い場所にオフィスや住宅が集中し、人口密度が高いのでしょうね。高層ビルが林立している。ジャングルだったはずの場所に、緑がほとんど見えない。ジャカルタのモナスからの方が、緑ははるかに多いような気がする。もっとも、道路の面積はジャカルタとは比較にならないほど広いともう。そして、見下ろしても、バイクはほとんど見えない。まるで、日本のようだ。自動車道と思われる道路にバイクが偶に見える。
Musium Dirajaと Petra jayaにもよった。王宮とモスレムだ。なにやら、贅を尽くしている建物、施設だ。あまり、興味はない。ホテルに入る前に、りょっと、周囲を歩いてみた。古いアパートが裏手にあった。向こうの近代的ビルと対照的。
IMG_1486.JPG
貧富の差を感じた。汚い、臭い、こわれそうな場所も多い。

もう我慢ができず、近所の薬屋へ行って、腹痛と下痢薬を三日分買ってきた。始め二錠、約五時間ごとに一錠ずつ飲むなどと薬剤師が説明してくれた。効くのかどうか、試すしかない。さて、明日は何をしようか。直らなければ、閉じこもりきりか。
IMG_1491-.JPG
それでも、こんなところで、食事をした。
筋肉痛 下痢 貧富差
posted by 元気な振りの爺さん at 22:27| Comment(0) | 病気? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

(^_-)-☆こんなことって有り?

 2880 こんな事がるのでしょうか。信じられない。本当?耳を疑った。
日本のある会社が、インドネシアの日系企業を買収し、インドネシアの新たな販売拠店にした、と発表があった。経済関係のニュースにもなった。その後、9月に買収した会社から何人かインドネシアにきた。引継ぎのため、最大五人と聞いている。今までの取引先や新規に狙っている会社にも挨拶回りをしていた。ただし、会社に席を作って座るということはなかったし、従業員への待遇などの説明もなかった。と、ここまで、10月初めにその会社の従業員から聞いていた。
ところが、今日は、その会社で、以前、働いていた人が、近くに来たからと、寄ってくれた。直ぐ、元いた会社の話になって、その人がいうには、「買収したはずの会社の日本人はいなくなったよ。いくらか知らないが、買収したお金も返されて、買収をしなかったことになったよ。そして、社長は、また、新しい売り先を探しているよ。」という。何故?と聞いたら、社長は自分の持ち分を多くのこしたいと、売買契約を破棄したのだという。買い手は、びっくりして、直ぐに手を引いたのだそうだ。

この会社、何年か前から、業績が思わしくなく、最も、日系企業の50%以上は赤字だという説があるくらいだから、特別、酷いということでは無いようだが、売り先を模索していた。

そして、何社かと、交渉成立、売れたよ、買い手が見つかったよ、という話を何度か聞いた。T社、F社、S社、そうそうたる日系企業です。しかし、ことごとく、白紙に戻って、無かったことになってしまったそうだ。社長曰く、本契約寸前で、先方から、示された条件が、交渉してきた内容と違っていて、裏切られたという。

今回は、買った側が、ネットで公表したのだから、売買契約を成立したことは間違いないでしょう。ところが、この売り手側が、条件の変更することを、言い出したのだそうだ。ということは、今まで何社かと売買が成立したのを、買い手側が条件を変えてきたから、ご破算になったというのは、どうも、逆だったんじゃないかと、思われても仕方がない。そして、契約することが無意味だと思われても仕方がない。この人、契約を結んでも、後から、契約に不備があったと、言い出す、癖があるらしい。

最初は、1%でもいいから、売ってしまった方が良いと思ったのでしょう。そして、その後、この会社が動き出したのを見ていて、多分、この会社なら、相当、儲けそうだと、思い込みだして、急に1%じゃ、まずかった、30%にしようと思ったのでしょうね。頼むにしても、せめて、5〜10%にすれば、良かったのに、欲張りすぎたのかな。

それにしても、本当の話なら、買い手側は、公表してしまっているのだし、契約を破棄されたことを発表するのでしょうか。とてつもないショックを受けていると思う。まともな企業なのだから、面子の問題もある。払った金を返されれば済むという問題ではないと思う。法的手段を取らないのでしょうか。

何年も、経営者が変わることを待っているだけの、この会社の従業員を引き継ぐことが、いかに重荷になるか、何故、売ろうとしているのか、しっかり、周辺の評判や、結局、買い取らなかった会社から原因調査しなかったのでしょうか。調査していれば、買い取ることは最初からしなかったと思う。

そして、一旦、買ったつもりだった会社の人は、引き上げてしまった。という話でした。従業員には何も説明がなく、何がどうなっているか知らない人が多いと言っていた。
11月29日の話でした。今どうなっているのかは知らない。
この話、何か、インドネシアと中国の高速鉄道建設の話と共通点があるような気がしますね。従業員の立場はどうなるのでしょうか。結局、話が振出しに戻ったり、何とか、成立したとしても、その後、まだ、問題が残りそうですね。
IMG_3992.JPG
IMG_3987.JPG
15番ホールのグリーン側から、出入りできる老人ホーム(シニヤーハウスsenior house Panti jompo Nursing home)、日本食レストラン、その出入り口
IMG_3995.JPG
一天俄かに掻き曇り突風が吹き荒れた。
心変わり 契約 破棄
posted by 元気な振りの爺さん at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

(^_-)-☆バッカじゃないの

 2827 迷惑メール、得体のしれない、添付書、写真?を入れて、送ってくる文章、日本語になっていない。私のような、変換間違いではなく、真面目に、日本語になっていない。頭が未発達な人、迷惑メールを送るのを止めなさい。
“発注書が添付されてませんが来てますか?送ってください。”“お手元に届き次第、お早めにお手続きください。よろしくお願い申し上げます。”

それから、宅配便を装ったやつ、全く、何を考えているのでしょうか、添付書を開いたことがないので、何を送ったのか、全く、知らないが、いったい、何を届けてくれるのでしょかね。請求書を送ったが、確認の上、払ってほしい、請求書らしきものが添付されているらしいが、開いたことがない、いったい、私は何を買ったのか、何を頼んだか、一度、確認してみたいが、開いて、確認したことがない。

多分、添付書を開く人が多いのでしょうね。開いてしまうと、どうなってしまうのか、知らないが、何か、びっくり箱のように、飛び出してくるのでしょうかね。それとも、ウイルスが悪いことをするのでしょうか。

バッカじゃないの、何が楽しんだ。騙すことが生きがいか、民度が超低いね。
IMG_2997.JPG
IMG_2995.JPG
新工場の状況をチェックに行ってきた。何か、式をやったのでしょうか、幟が立っていたし、エンドオオタの工場の工事だという、看板も立って居た。間もなく、二回目の約束の完成日17日だ。しかし、思った通り、まだまだ、いつという、見通しが私には立たない。今月末?とても無理、一か月、今の工場を延長して借りているが、ギリギリになることは確実、場合によっては、もう、一か月、延長になる。

排水用の溝というか、パイプの工事がやっと始まっていた。着工してから2か月過ぎて、やっとだ。私は、工事の前から、また、工事中にも、排水は、何処にするのか、いつその工事をするのか、催促していた。工事が始まると同時に、先ず、確保しなければならないからだ。しかし、やっと未だ。それだけでも、後、二週間は掛かりそうだ。段取りがでたらめだ。15日に、配線パネルの設置を始めるという、これも、今月末まで掛かりそうだ。

シンガポールから、日本のエンプラメーカーの人がインドネシアの市場調査の為にやってきた。その会社とは、50年前から、お世話になっていて、若きその方達に、昔話をしてしまった。インドネシアのエンプラ事情も話をしたので、ちょっとは、参考になったかもしれない。ただし、日本の原料は、高いから、商売は難しいよ、っと。遅延 迷惑 期限
posted by 元気な振りの爺さん at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

(^_-)-☆何回目かの初日

 2762 出勤して直ぐに問題点をぶっつけられた。ディスナカル(労働基準監督署のようなもの)が、私の留守中に検査に来たそうで、問題は沢山指摘された。大きな問題の第一は、この会社、商社として申請してあったという。製造業ではないという。寝耳に水、会社の定款はどうなっているの、定款を提出してあるはずで、それが、商社と書いてあるという。滑稽である。8項目の改善や新規の書類を請求されたという。会社の設立時の定款についての、審査とOKが出るまで5年かかると脅かされたそうだ。今は商社になっているから、製造業に変えるには5年?冗談でしょう。それは、さておいて、とにかく、早く、問題点を消す作業に掛からなければならない。まった、初代のダイレクター、何を考えていたのでしょう二番目もだ。私も、オーディットがなければ、知らなかったことだ。
健康保険に私が加入していないということについては、初代にも二代目にも、伝えていた。義務だよと。労働協約の届け出についても、義務だよと、何度も、アドバイスしてあった。これについては。私が帰国する前にできていた、戻ったらすぐ、届け出をする段取りになっていた。

二代目ダイレクター、会社名義でモートルバイクを購入した。自分の趣味である、30ジュタもする、仕事で、客先に行くには、似合わないバイクを買ってしまった。月々、支払いを会社がしている。何か月か目に、彼に、会社の財産なんだから、あなたが、使っていないとき、会社の誰かが、そのバイクを仕事で使いたいときには、使えるようにしたら、と、話した。
そして、今日、このバイクのカギと車検カード(納税証明書)を私に受け取ってほしいという。自分はバイクを買ったから、いらなくなったという。普通の人間なら、変な話だと思うが、彼、全く、変だと思っていない。会社の財産のバイクを返したから、いいでしょ、っと、得意顔。私が、数か月前に話した後、誰にも貸していないし、貸してほしいと、言える従業員はいなかった。その、バイクは、彼の趣味で買ったもので、彼が、会社が必要だろうからとして買ったものではない。いわば、会社では必要としないバイクなのに、使わないようにするから返すという。それなら、そのバイクを自分が安く引き取ったらいいじゃないのと、誰もが思う。しかし、彼は、そう思わない。私は、開いた口が塞がらない。

コミサリスに、この青年、この会社にいることは間違いだから、そこか、彼に適した会社を紹介してやってほしい、ここにいたのでは、いつまでたっても、従業員が彼と話をするようには、ならないと、まったく、誰もが、彼を信用していない。
IMG_1224.JPG
IMG_1225.JPG
早速、朝の通勤状態の中、と、夕方、帰宅地中。渋滞の中、皆さんの服装を見てください、日本の真冬の寒冷地の服装ですね。だが、足だけは、靴下を履かないし、靴を履いている人は少ない。
呆れる 変 びっくり
posted by 元気な振りの爺さん at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

(^_-)-☆冗談のような本気

(^_-)-☆冗談のような本気 2726 ゴルフ二日目が終わった。ガラガラ、6時40分スタートが早まって6時15分スタート、駐車場に着いたときに電話が掛かってきて、直ぐスタートだよと、急がされたほどだ。ハーフも休憩なし、ミーアヤムを食べている時間がなかった。10時半には終了、おかげで、食事後、12時前には会社へ入った。

昨日と同じように、昼過ぎには会社で仕事、溜まってしまっているパイプのカット、休み明け前に届けなければならない。というのも、13日まで休みにしてしまっているためだ。客先に13日まで休みという会社はない、12か13日から仕事再開の会社ばかりだ。前ダイレクターが3月(私は日本でビザの申請中)に、客先の休みを確認しないで、自分が長く休みたいという理由だけで、休みを決めてしまい、そのために、4月の土曜日二日代替えで出勤日にした。ハリラヤとチュティブルサマ(国からに指示で年休を使って休みにする制度)を合わせて、2日から13日まで休みしてしまっていた。
 私は、ダイレクターになって、4月に末に、レバラン休暇を確認したら、そうなっていた。客先は、13日にはすべて始まっているのに、何故、13日まで休みにしたのか問いただしたら、これまた、頓珍漢な回答、どういったと思いますか、「二回土曜日に出勤させたから、13日まで休みです。」本気で冗談のような回答に、面白くて、二の句が付けなかった。その後、それでは、答えになっていないでしょ、と言ってやったが、音沙汰無し。先日のモーニング ミーティングで、休日を決めるときには、客先の休みを確認してからにするのが常識だよと、言って聞かせた。分かったかな??

 13日には私が二か所納品に行く、その、準備を早いうちにしておくために、毎日、3時間くらいは仕事をせざるを得ない。明日は、ムディックをしない地元の人、二人に出勤してもらって、製造もする予定だ。
IMG_3357.JPG
IMG_3356.JPG
 今朝の睡蓮、花びらの様子が違うので種類が違うように見えるが、直ぐ傍なる。開き具合が違うから、上から見た花びらの様子が違ってみ出るのでしょうか。
IMG_3294.JPG
 中国製の引取機のベルト、下側の真ん中に溝がある。これでは、引き取れない製品がある。何故、平らにしないのでしょうか。普通、何も指示しなければ。平らでしょう。これも、欠陥だ。
昨日と今日のような欠陥は人間にも装置にもあるものですね。
本気 冗談 欠陥
posted by 元気な振りの爺さん at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

(^_-)-☆何を考えて

(^_-)-☆何を考えて 2715 大手の弱電メーカーを訪問した。取引は、私がお膳立てして会社の創業間もない,1年半前ころからあった。今でも、コンスタントに続いている。アドバイザー当時は2回、品質に関して、訪問しているが、ダイレクターになって、まだ、挨拶に行っていないので、手土産を持って、挨拶に行ってきた。順調なら2時間だが、道を間違う可能性があるし、大渋滞になる可能性もあるため、約束時間の3時間前に出た。結局、3時間掛かって、やっと、着いた。約束の14時10分前に到着した。
 ということだった。ところが、ご本人がいないという。別の予定があって、そちらにいってしまっていて、16時過ぎには戻るでしょうという。本人のHPに電話した。切ってあった。がっかりである。仕方がないから、担当は違うが、同じパーチャシングの女性が応対してくれたので、その女性に、言いたいことを話し、伝えてくださいと頼んだ。値下げの話を持って行ったが、それは、止めにした。

 がっかりしたのは、大手弱電メーカーのパーチャシングの対応ぶりだ。何様だと思っているのでしょうか。こんな失礼な話はない。どういう教育をしているのでしょうか。約束の日にいない。そのいないことを事前に連絡がない。事後にも連絡がない。全くの無視である。こんな対応ぶりは、一時が万事、私に対する今日のことはほんの一部に過ぎないでしょう。せっかく、挨拶代わりに、製品の値下げの話をしてやろうと、案を持って行ったが、止めにした。ささやか乍ら、斜陽の企業を応援しようと思っているのに、これじゃだめだ。今後も、値下げの依頼があっても、応じない。

 謝りの連絡がないということは、ご本人、なんとも思っていないのでしょう。今は、取引があるから、公表はしないが、インドネシアの仕事を止めた時には、公表しようと思う。企業の弱点の象徴だ。中国や台湾に身売りをしたり、身売りをしなくても、やっていた事業から手を引いたり、縮小したり、衰退が止まらない業界。各社の創業者が泣いている。

 インドネシア人のモラルの低下を放置しているのでしょうか。インドネシア人が知らない中で、経営者が高い原料を買い続け、供給者から、アンダーテーブルを受け取る。また、上司が知らない中で、インドネシア人担当者も高い部品を買って、サプライヤーから、フィーを受け取る。中には、サプライヤーの協力者に配分している場合もある。会社のためでなく、自分のためだけにコルプシ。多くの従業員をも裏切っている。
 
 THRを支給した結果、ちょっとだけ反応があった。基本は勤務日数だが、私の評価を加えた。マイナスした人は、前ダイレクターと経理の担当、手伝い者だ。何人は、プラスをした。何人かから、お礼をされた。しかし、経理の人からは、間接的に、なぜ、少なくしたのか聞いてきた。説明をした。この人、従業員の契約をしていない、前々ダイレクターの友人で引っ張られたらしいが、雇用契約がないまま、週三日出勤すればいいらしかった。前ダイレクターもそのまま使っていた。しかし、三日にしては、手当てが高すぎるし、前任者の分けのわからない出金を黙って、認めていて、経理上問題になる処理をしていた。私は、この人に契約があるか聞いてあったが、返事がないまま、今に至っていた。
 なぜ、少なくしたか聞かれたので、出勤日数が少ないことと、チェック機能をはたしていなかったことと、アシスタントへの仕事の任せ方、教え方がうまくないことと話した。
 そして、今のような曖昧な立場でいられても困るから、本人がいう、契約は8月末、以降は、従業員としての雇用にしたい。月給は今までのまま、勤務は勿論、会社規則による。そして、ポジションは経理だけでなく、事務全体を見てもらう、人事総務をやってもらう。部下は二人。という、条件を示した。レバラン休暇後に、どうするかの考え方を私に伝えてほしいと言っておいた。

 この人物、直ぐに止めてもらっても構わないと思っている。会社の情報が、前々ダイレクター漏らしていることは明らかだし。
IMG_3185-.JPG
 女性専用駐車場からこんな車がでてきた。トヨタヤリスだが、菱自動車と書いてある。
IMG_3185^.JPG
 途中のコンビニで借りたトイレ、清潔だと思う。大なら、紙は自分でもって入らなければなりません。手で洗うならいらない。
IMG_3185.JPG
 帰りの高速道路、大粒の雨が降ってきた。対向車線は大渋滞の様子。
ソンボン 無礼 大失礼
posted by 元気な振りの爺さん at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(^_-)-☆望まない移転先

 2714 THRを振り込んだ。
また、置き忘れ、今度は、パスポート(キタスを挟んであった)が病院から会社に戻った時に、無くなっていることに、気が付いた。歯医者へ行ったときに、必要かなと思って、バッグからポケットに移して持っていた。受付で見せて、直ぐ、ポケットにしまった。診察室、支払いカウンター、そして、車、どこかで、ポケットから出てしまったようだ、病院の受けつけに戻った。聞くと、ニッコリしながら“有るよ“。でした。診察室ののげぞり椅子の脇に落ちていたそうで、ポスセキュリティーで保管しているよ。でした。セキュリティーの方を見ると、既に、私のパスポートを掲げて、私を招いていた。ホッである。
それにしても、注意不足というか、いろいろなことを注意を払えないというか、怖いですね。ポケットから落ちれば、その時の感触があるものだと思うが、それがない。HPを車の脇に落とした時も、自分の手から離れた感触がなかった。触感が退化していると思う。注意散漫だ。

プアサ期間中とはいえ、それにしても、歯がないのはつらい、噛めないから、何でも、出来るだけ小さく切ってから、飲み込むしかない。硬いものは、全くダメ、粉々にして飲み込む。

新工場予定地を見てきた。何時だったか、だいぶ前に行ってことがあったが、ど田舎、という以外には、こんなところに引っ越すの?と、思っただけだった。今日の印象は、以前と同じだった。大丈夫かなと思うが、ジャバベカ6と繋がるし、新ジャラントールが直ぐそばを通るということらしいので、私が、その時にいるわけでもないが、ま、いる間は、何とかしましょうというところ。私も大変になるが、従業員は、もっと、通勤が大変になる。ジャバベカ6の一番奥の外300m東にあるが、道がない。ゴルフ場まで、1kmが、行くには遠回りで田舎道、10分以上かかる。客先も訪ねて来るには一苦労になる。
IMG_3120.JPG
この場所に工場ができる。
IMG_3124.JPG
工場予定地から1分くらいの場所から見えるジャバベカ6。ここに行くには、大回りをして10分以上かかる。
IMG_3131.JPG
 今年1月から、こんなアクセスが続いている。普通の日は平均600くらいで、500〜700回だが、月に二回か三回、5000〜6000以上のアクセスがされている。不思議である。目的は何なのでしょうか。限られた人数で、書かれていることを読まないでも、これだけ開けるだけで、大変だと思う。人数が出ないのが残念。
移転先 触感 注意散漫
posted by 元気な振りの爺さん at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

(^_-)-☆偽装問題

 2673 データ不正操作、一種の偽装ですね。三菱自動車、とんでもないことになっていますね。どうなってしまうことでしょうか。天下の三菱もか、弥太郎さんが嘆くでしょうね。
 
偽装と言えが、言えるかもしれないが、私もいろいろなことをやってきた。混ぜ物のことだ。指定された原料やその原料しかなくて、物性が成形に適していない場合に、何かの混ぜ物をして、成型ができるようにする。他人ができない、他社では手に負えない樹脂でも、私なら、出来るというところの理由がそこにあったと思う。作りにくい原料なら、それなりの装置や金型を作り、成型条件、温度や速度など、適性を見つけ出す。それでも、出来ないときには、ほかの原料を使うことはないが、同じ原料でもメーカーが違うとか、グレードが違うものを混ぜることによって、正解しやすくする。滑材や硬化剤を混ぜたりもしてきた。私は、これら原料のことを公表しないし、成型法に関しても特許を申請するようなことはしなかった。

理由は、真似されても、それを、指摘することができないからである。いわゆる、ノウハウだと思っている。秘密事項だと思っている。

こんなことがあった。同じ会社の人で、私がその会社を辞めた後、その混ぜ物について、偽装原料を使っていると指摘し、私がやっていたことを、鬼の首を取ったように、私が悪だとあいて、混ぜ物止めさせた人がいた。現場の私の元部下は、混ぜ物を止めたら、出来ないことが分かっている。それでも、新上司がそういうので、試して見せた。出来なかった。新上司は押出の素人、自分で手を下してやってみることができない。結局、製品ができなくなり、二年以上、納品し、何の問題もなく、先方は満足していた製品の納入が止まってしまったことにびっくり仰天、そして、元々、他社で出来なかったものだから、他社から購入することもできない。新上司、私がノウハウだと思っていることを、混ぜ物は一種類、何%と、客先に打ち明けた。そして、客先は当然、問題ないのでそのままの状態で納品を継続してほしいということになった。
本当は、私の部下たちは、新上司に嘘を言っていた。その混ぜ物だけではなく、もう一種類、混ぜていたことを伝えなかった。知らぬが仏で、ノウハウの全貌は明かさなかった。その後、10年以上その製品は続いているが、全く問題なく、順調に生産、納品、使用されている。

この話に、おまけがある。本社のインドネシア工場担当取締役が、ここの製品はメイドインジャパンとしている。インドネシア産ということは公表しない。だから、カートンボックスの文字や記号は、日本で印刷したように気を付けること、ボールペンやマジックで文字を書き込む場合は、日本人が見本を書き、その通りのスタイルで書くように徹底させた。梱包場所や検査の場所には、大きな文字で、平仮名やカタカナ、アルファベットの活字書きの見本が掲げられていて、そのように書くように練習もさせた。また、植物や昆虫など小さい生き物が紛れ込まないように注意もさせた。
結局、このことは、明らかに産地偽装ということで、客先にはばれ始めていて、その取締りが、そのほかのこともあって、身を引かざるを得なくなり、しっかり、メイド イン インドネシアと明記されるようになり、社員全員がほっとしたということでした。

私を恐れていた、その取締役が送り込んだのが、押出の新上司だったのでした。その会社は今でもインドネシアに有るが、本社が替わっている。そして、当時の新上司もとっくに、どこかへ行ってしまっている。

押出成形というものは、押出成形用の原料がないころから手掛けてきた私にとっては、押出成形に向くような原料になるよう、原料自体に工夫をして、何とか、私でなければできないという製品を作ってきた。50年近く前、66ナイロンに6ナイロンを混ぜてみたり、液体の熱硬化性樹脂を混ぜたり、PCとナイロンを混ぜたりしたこともあった。アロイと言えるかどうか、そのころ、アロイという種類の樹脂は売られていなかった。暫くして、そういう混ぜ物をすると、別の外観や特性が得られるということで、化学的結合をしない別の樹脂同士を混ぜるだけの原料も出回ることにあった。勿論、それは、混ぜ物がなんであるかを公表して売っているのだからそれ自体は問題ないが、私が思うに、それだけではない何かが、各企業にあるはずだと確信している。それが、ノウハウだ。

しかし、三菱自動車の場合は、私がしてきたこと、今もやっていることとは、次元が違う問題だと思う。ノウハウでも何でもない。
IMG_2156.JPG
IMG_2159.JPG
LEDチューブランプの試作、PCカバーというよりPC二色パイプです。勿論、インドネシアでは初物です。これにもノウハウがいっぱい詰まっている。色や透明度(ルックス)の調整や二色だが、PCの原料自体も二種類使っている。グレード名やピグメントの種類は、明らかにできない。
ノウハウ 改ざん 偽装

posted by 元気な振りの爺さん at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

(^_-)-☆心臓ストップ

 2598 心臓麻痺?心不全?梅田の交通事故?交通じゃないよね。死んでしまった人が、アクセルを踏んだだけだね。死んだ人に過失も、違反も無いよね。心タンポナーゼって何? 胸に異常を感じ、運転どころではなくなり、路肩に駐車し、ハザードランプを付けたのです。エンジンは掛けたままでした。ニュートラルかパーキングにしていなかった。ニュートラルかパーキングにしていなかった。ハンドベレーキは掛けた。そして、車から降りて、他人に助けを求める余裕もなく、突然、心臓が止まってしまったのです。その瞬間、ド〜〜ンと衝撃を感じ、死んでしまったのです。後頭部はヘッドレストにぶっつけて、出血するほどの怪我を負ったはずだ。そして、体は、真っ直ぐ硬直状態、両腕はダラッと垂れている。突っ張った足は、ハンドブレーキも役に立たないほど、アクセルを強力に一杯、踏んだ状態になった。

何故、分かるかというと、私には経験があるのです。インドネシアでのことでした。私がそうなったのではありません。私の横に座っていた人がそうなったのです。胸が苦しいから、と、いい出して、顔色が悪くなったので、病院に連れて行った。救急病室で心電図を取るなどの診断を受け、一時間ほど横になっていて、本人、もう大丈夫だから、家に帰りたいと言い出し、医者が一晩泊まっていった方が良いというアドバイスも聞かないで、帰ることにした。私も、泊まっていった方が良いよと言った。その際、担当医に請求されて、“医者に止められたが、自分の意志で病院からでた”という、書類にサインをした。
そして、事件が起きた。病院の玄関に私が車を持ってきて、降りて、本人を向かいにゆき、車の助手席に座らせ、私は車の後ろを回って、運転席のドアーを開けた瞬間、本人、ドンとのけ反ってしまった。すごい音がした。一瞬、仰向けになったが、すぐに、普通に座る形になったが、足はつっぱったままだった。すぐに、病院に抱き込んで、蘇生処置を尽くしたが、心臓は再び動くことはなかった。もし、彼が運転しようとした時なら、アクセルかブレーキに足が届いていた。

いつ何時、会っても、不思議ではない出来事だったと思う。運が悪かったと思うしかない。大変、気の毒な出来事でした。
IMG_0837.JPG
今朝の庭の霜、朝日にキラキラ光っていたが、私にとっては、オ〜〜サブッでしかない。
IMG_0827.JPG
昨日、近くまで行く用事があったので、通った久能算東照宮の久能海岸道からの登り口、思い出、一杯の場所だ。 

https://www.youtube.com/watch?v=ejT3WVdaIOo 大ヒットしたラスカルプラン(虹の兵隊さん)映画
Laskar Pelangi (2008) Full Movies - Full Motivation
https://www.youtube.com/watch?v=fO1iJqBdXrc 大ヒットした主題歌、ニジというグループが歌っている。
NIDJI - LASKAR PELANGI (Official Video)
ニジ Nidji Pelangi
posted by 元気な振りの爺さん at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

(^_-)-☆辞めさせた理由

 2429 昨日、首になった、ここの責任者、昼間、1時間ほど会社に来ていて、申し送りのようなことをした。一月に来ている金型の請求書の支払がしていなかった。その金型屋には同じ型を二型頼んだ内の一型だった。今、一型しかないから二ラインで生産したいから、と、その金型屋に見積もりを頼んだ。先方曰く、その金型なら、途中まで作ってあって、止めたという、何故かと聞いたら、一型の支払いがまだだから、二型目を作るのを止めたという。いつ話か、聞いたら、一月だという。とんでもない話、当の責任者曰く、まだ、頼んでないから、他の安い金型屋に頼んだらどうかと、でした。他のインドネシア人曰く、彼は嘘を言っている。注文書は二型になっていた。口から出まかせをいう、知らないふりをする。よく、自分で、耐えられるなと感心する。

引取装置の見積もりを受けて、手付金に50%ほど支払ったのが、4月、その装置、いつになったら、入ってくるのか、製造会社に問い合わせた。“注文書をまだ貰っていない“、と言われた。ご本人は、もう出来あがっていると言った、これも嘘でした。
もう一つ、中古押出機の事、頭金を15%、7ジュタRpほど払ったとは聞いていた。ところが、オーナー曰く、全額、払いたいからと言われて全額分50ジュタRpを渡したといっていた。納入された後、社内である程度、使えるように改良した。費用は8ジュタRp掛かったという。それが、4月に末、やっと、使えるようになったとみていたら、直後、その装置、消えてしまった。どこに持って行って、何をしているのだろうか、話をしてくれない。そして、四か月過ぎたい今、いなくなるのだから、会社名と電話番号を押してほしいと頼んだら、やっと、押してくれた。その時に、本人、修理が終わって、いつでも、取りに行ける状態になっていると、ミーティングの席で数人に言った。終わった後、彼はいなくなった。私が、受け取りに行こうと思って、電話をした。

結果、凄いことになっていた。最初、取りに行きたいと言ったら、先方、いきなり、声を大きくし、頭金だけ払ったので納入してほしいと言われて、納入したが、一か月後に残りを払うと言っていたが、連絡がないばかりかm電話に出ない、メールに返事もいしない、だから、頭に来て、納入後、一か月半後に、取り戻したという。あなたは、それを、本人から、聞いていないのかと、言われてしまった。それなら、払っていない分を直ぐ払うから、残りを押してほしい、また、温度コントローラーを増やしたいから、その分の見積もりを追加してほしいと頼んだ。
そこまでで、先方に人、インドネシア人の分かる人と変わってほしいとう。ヘニーを知っているから彼に変わってほしいという。そして、ヘニーに代わった。そして、彼に話したことは、その押出機、今はばらしてしまって、部品は、他の装置に転用してしまって、元に戻すことはこうできない状態になっているという。だから、見積もりなど出せないし、返すこともできないということだった。払った、頭金も返さないと言えわれた。
結局、15ジュタ、捨てたことになるばかりか、押出機を手に入れることは振り出しに戻ってしまった。
そして、オーナーが渡した50ジュタの内35ジュタはどこへ行った?首になったご本人、何も悪びれずに、最後まで、とんでもない嘘を何気なく言って、会社を後にした。二か月以上、聞いても、黙って、無視していたわけだ。嘘を言い始めると、その環境から追い出されるまでは、嘘を付き続けなければならなくなるのでしょうね。気の毒ですが、首にされて、本人が一番、安堵しているのでしょう。
IMG_3982.JPG
IMG_3983.JPG
今朝の出勤途中。リッポチカランの通りを東に向かい、チバトゥのインターを横に見ながらジャガベカ2に向かう。朝6時から8時まで、チカランバラットのインター方面には相当遠回りをしないと行けないので、仕方がないから、チバトゥ方面でゆく。
アキレル 驚き 平気
"Hari ini kami berhasil menangkap terduga pelaku berinisial M. Terduga pelaku kami tangkap di Langkapura, Lampung saat berada di dalam bus,"
"Barang bukti yang kita temukan di rumah M salah satunya handphone milik korban. Sejumlah uang juga dinyatakan hilang. Tapi kami masih dalami soal itu,"
  Nishimura yosgimiさんについて、Mをスマトラのランプンのバスの中でつかまえたこと、東ジャカルタの彼の家で、HPと幾らかのお金を見つけた。まだ、捜査中。
posted by 元気な振りの爺さん at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

(^_-)-☆再び救急へ

 2340 昨日書かなかったが、昼1時過ぎ、ちょっと、お腹が痛くなったのでトイレに行った。インドネシアスタイルのトイレ、昔の日本式便座に似ていて、しゃがみ込むスタイル。ちょっと力んで出そうとしたら、急に痛さが増してきた。我慢をしで、出るのを待っていたが、出ない、それどころか、痛さが、どんどん増してきて、胃を切った直後の腸閉塞の時の痛さに匹敵する痛さになってしまった。それだけ痛いと、吐き気もしてきた。強烈な吐き気になってきたが、吐こうとしても、吐くものがない。昼食を取っていなかったのでした。その内の目が回ってきた、痛さと吐き気と体が燃えようだった。大変なことになるぞ、これは、誰かを呼んで、病院へ運んでもらわなけれならないと、お尻を何とか洗い、パンツを何とかはいたが、ズボンをはくことができない。その状態で、這うようにして、トイレから出た。セキュリティーに声を掛けることができる場所まで、20mほど這って行き、トローンと、助けを求めた。彼等が倒れこんでいる私に気づいて、抱え上げ、車に乗せてもらい、ハラパン クルアルガに向かってもらった。トイレから出て、10分くらいだったと思う、病院に着いた時に、目眩も、痛さも、吐き気も、ほとんど治ってしまった。車椅子を持ち出されたので、必要なかったが、座って、ベッドに運ばれた。その時、全く、何でもなくなってしまっていた。

症状を言って、来た理由を言って、そして、今は、何でもなくなったとも言った。看護婦が、テンシと言って、体温と血圧を測った。その後、心電図も取った。結果は、案の定、正常中の正常、言うことなし。医者が来て、聴診器を当ててチェックをしたが異常なし。痛み止めと下痢止めの薬を処方されて、病院から出た。トイレに入ったから会社に戻るまで1時間の出来事でした。

そして、暫く、書き物をして、2時半ごろ、家だ休むことにして会社を出た。自分でいつものように運転して家に戻った。その後、何事もない。そして、今朝は、4時起きで、朝食など取り、5時に家から出て、6時かティーオフ、朝一番スタートでした。全ての芝に露が降りていて、白っぽくなっている。歩けが足跡がつく、私たちの前に足跡はない。
IMG_2851.JPG
IMG_2853.JPG
涼しくて気分は快適、その内、サンライズ、カユプティが朝日に照らされて、色いはずの木が黄色に輝いていた。インドネシアでは誰もが知っている、気つけ薬、メンタムのような匂いがする液体薬、ミニヤック カユ プティの原料になる木です。以前書いたが、この木の歯を積まんで、両手で揉むと、その、スッとしたその匂いがする。この木は、インドネシア中、そこかしこにある。

で、その後、何でもない。あの、約、10分は何だったんだろうか、ちょっと前、シロアムの救急に夜中に行った時も、目眩が治らなくて行ったが、病院に着いた時には、ほとんど治ってしまっていた。しかし、繰り返すということは、何か、あると思う。
IMG_2861.JPG
今、シンガポールでシーゲーム(日本で知る人はいないと思う)と言って、アセアン諸国だけのミニオリンピックのようなものが行われている。先ほど、サッカーの準決勝戦、インドネシアとタイの一戦を見ていた。終始タイの一方的な攻撃で、5−0で負けてしまった。日本人が二人、主審と線審をしていた。
救急 目眩 ケロッ
posted by 元気な振りの爺さん at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

(^_-)-☆喉に何か?

 2317 歯医者で世話になっているハラパンクルアルガ病院に行ってきた。今回は歯医者ではなく、喉に何かが詰まってきていて、次第に呼吸が難しくなってきているような気がして、何か、出来ものでも出来ているのではないかと思い、行ってみた。パニック障害の時の症状の一つにも同じようなことがあったので、パニック障害の薬を二日前に飲んでみたが、治る方向ではなかった。

最初、ウムウム科という公共という意味だが、そこへ行くように指示されて行ってみた。その前に、血圧と体重を計った、血圧は昔の空気を送って抜きながら測るやり方で、何故か、両方の腕で測ってくれた。何故かと聞いたら、ちょっと高めだったのでという。理由になっていないと思うが。
IMG_2596.JPG
IMG_2594.JPGIMG_2594.JPG
ウムウムでは、問診と胸の音を確認、気になるのは喉だけで、他のどこも痛くないし、苦しくもないということで、耳鼻咽喉科(THT)に掛かるように言われた。紹介文を渡されて、耳鼻咽喉科へ行った。バチックの青年がその部屋に入って行って、直ぐ出てきて、私を呼んだ。全然、ドクターっぽくないが、非常に丁寧に、色々解説しながら診察をしてくれた。何語が良いかというから、日本語と答えたら、それじゃ困ると言われ、それなら、インドネシア語でお願いしますと。問診の後、首の回りを触診、その後、喉の絵というか、写真を指さしながら、各部の説明をし、特に酷い以上はみあたらないが、今から喉の奥をこんな具合に見ますと、指でその絵の口から首の奥の方までなどって見せた。あ、そうか、今からカメラを入れるのか、それにしても、モニターがないし、外に行った看護婦にどこかに取りに行かせるのかなと思っていたら、ドクター、引き出しの中から長い柄のついた小さな丸い鏡を取りだした。歯医者が、歯の情況を観察するやつだ。これを、今から、ゆっくりと、などの奥まで入れて様子を見るという。看護婦が戻ってきた。マスクと不織布の切れぱしだった。マスクはドクターがする。布は?聞く前に、せ夢いしてくれた。これで、舌の先を出来るだけ長く出してもらって、私が引っ張りながら、鏡をゆっくり、奥まで入れて行くという。

ヘッドライトを付けたドクターが私と面と向かって舌を引っ張って覗き込んでいる。相当、滑稽な状態ではないかと思う。息を吐く声と吸う声を出すように要求された。これって、大きな口を開けながら、やるのは難しいが何とか出来た。しかし、よく、ドクターの言うことが理解できるなと、自分ながら感心した。

診察の結果、口の中も舌も声帯の情況は正常、ただし、舌の付け根付近がラダンだという。Radang炎症がある、でした。全く、心配するほどに状態ではないので、炎症を消す薬と何故かアレルギーと痒み薬を出すという。歳が71ですよね。唾液やその他の水分の分泌が少なくなっているので、加齢とともにこういう症状は出てきますよ、排気ガスや職場のポリューションなどにも敏感に影響されるから、いつも、水を持っていて、少しでいいから、飲むようにした方がいいと、アドバイスでした。
炎症 喉 THT
posted by 元気な振りの爺さん at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

(^_-)-☆まいったが

 2239 高齢者の一人暮らし、それも、外国、昨日夕方から、なんとなく、冷や汗をかき、寒気がしていた。次第に、頭がくらくらしてきた。おまけに、夕食を取っていないのに吐き気がしてきた。やー、このまま、どうしようか、気でも失ったら、どうにもならない、病院へ行くしかない、22時を過ぎていた。勿論、自分で運転して、シロアムに向かった。駐車場に入ると右手に救急の入り口が見えた。入ってゆくと、すぐに、当番医?が近付いてきて、血圧と体温を計りながら、私の症状を聞いてくれた。その後、その場にある受付でダフタール(申請)を済ませた。掛かったことがあるかと聞かれたので、10年ほど前に一度あるといいながら、受け取ったばかりのKITASを出した。“在りました、住所はグラハチカランですね”と言われた。当時はそうでしたが、今は、タマンセントサだと言ったら、構わないから、以前のままにしておきましょう、だった。“保険がない、プリボディで”と言っておいた。

当時、パニック障害とは全く知らなかった時だが、一瞬。気絶しそうになることを数回繰り返す状態で、この病院に駆け込んだのでした。結局、血液検査や心電図を取ったが異常なしで、やはり、目眩を改善する薬を貰って出てきた。その後いくつかの病院を巡ることになって、最終的には日本に脱出したのでしたが、それ以後この病院に世話になることはなかった。

数分後、若い者が私を呼んだ。狭い診察室に入って、症状を伝えた。上半身裸になり、ベッドに仰向けに寝て、聴診器での診察を受けた。異常はないようだ。血圧が140だったが、通常は110くらいだと言っておいた。体温は36.3℃、全くのノルマル。今度は、座って、目の前に、人差し指を出され、この動きを目だけで追ってください、と言われながら、直ぐに左右上下に追った。真ん中に来て、二本に見えないかと言われたので、一本だと言った。その後、ちょっと、足をハの字に開いて、目を閉じて立って下さいと言う。言われたとおりにした。ぐらっと動くかどうか、確認したと思うが、動かなかったと思う。
IMG_1541.JPG
それで、診察は終わり、大したことはないと判断されたと思う。頭痛改善、目眩改善、吐き気改善、それに、ビタミン剤、四種を処方された。まだ、頭がクラクラしていたし、寒気もしていた、熱もないのに、やはり、私にとっては、異常が解消されていなかった。

三階のキャッシャーヘ処方箋と診察終了票を持って行き、先ず、診察料を30万Rp払った、次にすぐ横の薬局で薬代を40万Rp払った。薬は五日分、一日二回の薬でした。しかし、医者には、明日は仕事をしないで、安静にしていてください、一日二日飲んで、改善されなかったら、必ず、また来てくださいと言われていた。

そして、今、どうか、三回飲んだが、大分、症状は改善されたようだ。食事は通常通りにお腹一杯食べても吐き気はしない。
IMG_1541-.JPG
ファーマーズマートの横の通り、ATMがあるので、ここを良く歩く。
救急 回復 高齢者
 
posted by 元気な振りの爺さん at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

(^_-)-☆ガルーダ

 2202 マイレージの話の続き、昨日の話で、消される前に使おうと思って、旅行社に相談したら、直接、ガルーダオフィスに行かなければならないと言われた。ブカシバラットのメトロポリタンにあるという。早速、行ってみた。ポリゾンホテルよりもっと西の入り口の左側にあった。初めての人には、分かりにくい場所である。メトロポリタンに行くのは10年以上ぶりなので、入り方の事情も変わっれいた。高速道路を出て、右に曲がって、また右に曲がり、モール沿いに進み、ホリゾンホテルの正面入り口の前でやっと、駐車券を受け取って駐車所方面に入った。そこから、また,Uターンして、モールの東側の駐車スペースに行く、ずっと以前は、高速を降りて、右に曲がれば、この駐車エリアに入ることができた。今は、かなあり、遠回りをさせられる。そして、地上は、塞がっていたので、地下に駐車場に行くように指示をされた。そして、損駐車場から一階にでて、また、モールの東端から西端のガルーダオフィスまで延々と歩かされた。帰りはその逆である。
IMG_0307.JPG
IMG_0303.JPG
それで、マイレージだが、示されたポイントが消されて、その数字は全部では無かった。だから、そのまま、何もしなければ、減るということだった。それでも、減るなら、減る前に使おうと、その場で、減る分に当たる金額の航空券を手配した。明日、早朝、出発する。

“ギンギンギラギラ 夕日が沈む、ギンギンギラギラ日が沈む、真っ赤ッカ、空の雲、みんなのお顔も真っ赤っか、ギンギンギラギラ日が沈む”インドネシアにこの状態の会社の社長さんが何人もいます。インドネシア語を少し、かじった人なら、意味がわかると思います。

赤字の会社の身売りをしたい社長さんは大勢います。固定資産を簿価で売るにも難かしいと思うが。簿価で見積もりを出すなら、まだ、売れる可能性はあるでしょう。だが、赤字の金額をそれに乗せて見積もって、赤字を消そうとする社長さんもいると聞く、滅茶苦茶である。売れるはずがない。ギンギンギラギラと思われるだけです。それが、知れれば、誰も、名乗りを上げないのは分かり切っている。だから、ギンギンギラギラなのです。こういう会社に関わりを持たない方がいいですね。

売買契約を結んでそれに従って、分割払いをし、最終払いの直前になって、売値に赤字分を乗せて。それを当初の売買契約金額の二倍以上を請求してきたという。どこまでも、ギンギンギラギラだと、インドネシア人の購入者が呆れている。日本人にもこんなわけのわからない人がいると、嘆いている。ペテンにかけるような手段に、私も呆れている。
あがき みっともない 続く
posted by 元気な振りの爺さん at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月19日

(^_-)-☆厳しいですね

 2133 来年の最低賃金のアップは12%くらいで落ち着きそうですね。ほとんど3ジュタになりそうですね。最低賃金が、3万円弱ということです。所得税は基本的に会社負担、健康保険は一部、従業員負担などの条件がありますね。厳しさが加速度的に増しますね。
BBM(燃料費)が約30%上がりましたね。ガソリンが6500Rpから8500Rpに上がりました。通勤手当を始め、各種の補助金も上がります。今年赤字になる企業は来年も赤字の可能性が高くなるし、ギリギリ企業は、赤字に転落する可能性が高くなりますね。これから、進出企業は、益々、難しい状態になるでしょうね。

昨日のような、会社のどなたかが、贈収賄をしている場合は、必ず、噂になっているし、従業員の間で話題にもなっている。しかし、それを言ったところで、データを示して追求をできる人はいないし、そんな勇気のある従業員はいない、単に、不満を言うだけだ。
そして、多くの場合、見て見ぬふりをしてもらう立場の人には、何かの優遇が、与えられているのです。例えば、ローカルの経理担当者です。経理担当者が複数いる場合は、優遇されている人以外は、頻繁に交替をするのです。購買も人事担当も同じです。値下げの要求を控えたり、紹介したり、正規社員に昇格したり、その都度、金銭を要求する。これらのことも、なかなか、止めさせることができない。そして、それらの人は、仕事ができる人なので、日本人など、やっている事を承知していても、なかなか、担当を変えることができないでいる。
IMG_0029.JPGIMG_0029^.JPG

パンガンダランへの道は、チアミス、バンジャールからなら、1か所の橋が修復中で交互通行になっているだけで、他は全く問題なし、インドネシアでは、珍しいくらいに穴ぼこがない状態だ。今回の雨期明け、来年の三月くらいまで持つかどうかだが。
汚職 贈収賄 コルプシ
posted by 元気な振りの爺さん at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

(^_-)-☆まともじゃない

 2131 私が技術指導したことがある日系企業の元従業員の二人が、私の家に遊びに来た。私の教え子ではなく、違う部門の人達でした。今は、別の日系企業に勤めて二か月になる。辞めたのが三カ月前だったそうだ。契約社員で三度目の契約になっていて、その止めた時は、契約期間が三カ月残っていたそうだ。最終の契約が切れると、すぐに、その会社に契約社員として使ってもらうことができなくなるので、三カ月を残して、今の会社に契約社員として就職したのだそうだ。
 ところが、その人たちの話によると、辞めてから一か月後に、その会社の人事担当者から、契約不履行の違約金として、基本給の三か月分の請求書が送られてきたそうだ。
 凄い話もあるものだと、びっくりである。そんな話は初耳だ。契約期間終了前に、辞めてもらうために、残りの期間の基本給分を会社が払うという話は聞いたことがあるが、その逆は聞いたことがない。どういう、契約内容になっているいのか知らないが、まともではない話だと思う。その会社の日本人社長、異常だと思う。よっぽど、困っている会社なのでしょう。仕事は暇で、出勤しても仕事が無い状態で、給料の20%カットが提示されていたのも、早く辞めた理由の一つだったという。そんなに困っている会社なのかもしれないが、辞めて行った従業員にたかるとは、呆れた会社もあったものだと思う。人事担当者も困っているという。社長の命令だから仕方がないと言っているらしい。当事者は無視しているが、怒りがこみ上げてくるという。末期症状か。
IMG_0760.JPG
ガソリン(ベンシン プレミュウム)20万Rp、30.76L 6500Rp/Lと表示されている。決定かどうか、明言をしていないが、ジョコウィ大統領と参謀連中が、今月末に値上げをするとほのめかしている。補助金を減らし、その分、健康保険の財源に充てるというのが、その理由だ。大統領のおひざ元、ソロで大学生に寄る、BBM値上げ、反対の過激でもが、繰り返されているし、全国各地に広がっている。
それにしても、現行のガソリン価格は安いと思う。原油価格が下落しているので、円安にもかかわらず、日本のガソリン価格は下げていると聞く、それでも、150円以上でしょう。それに比べれば、三分の一だ。ガソリンの値上げに関しては、毎回、ただでは済まないという傾向があるインドネシア、今回も値上げが実施されるかどうか、微妙だと思う。

家もゴルフ場もジャバベカ工場地帯も水がで出している。
IMG_8278.JPG
買ったばかりのディスペンサーです。日本ではほとんど見ることはないですね。インドネシアでは必需品です。
異常 気の毒 まともじゃない
posted by 元気な振りの爺さん at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月10日

(^_-)-☆久しぶりに

 2124 日本で会社の社長をし、十年以上継続して高額納税者になっていた、また、多くの人に援助をしてきた私が70過ぎて、インドネシアで、分けのわからないことを言う人から、こんな酷い目に遭うとは予想をしていなかった。人生、何にブっつかるか分からないですね。個人の手続きに関して、会社が使っているエージェントでなく、私個人が長年使っているエージェントに頼んでいたことも、幸いした、最終的に、私の辞職手続きさせないという、命令が、従業員に伝わった時には、すでに、手続きが進められていた。従業員は、書類の回収を出来なかったようだ。そこまで、命令をしなかったのでしょう。そこまで、知恵が回らなかったというか、気を利かして、そこまで、行動するような人ではなかった。

パニック障害の症状が酷くなったことにし、緊急帰国ということにし、エポ直後にインドネシアから脱出した。その後、事業譲渡の再確認というか、内容の検討し直し、というより、売り手側からの追加の要求を呑ませるかたちで、装置の移動が行われたのでした。

昨日、客先からのPOに関する条件を追加され、それは、違法だと書いたが、もう一つ、私に関わる内容があった。押出の従業員の移動に関して、だった。その会社から、装置と共に新会社の移動するため、会社を辞める。その時、本来、製造装置と共に、客先や従業員も新会社に移動するのが事業譲渡なのだから、彼らは会社都合に依って、辞めさせることになる。その場合、退職金を、自己都合より多く、支給しなければならない。多分、その現金が無いのでしょう。アタッチメントに、その退職金は会社が払わなくてもよい、その代わり、太田が払う、と書かれていた。本人に断りもなし、本人のサインもないし、会社が払わないということを宣言するだけでも、法に触れることだと思う。

追加の2項目とも、提示するだけでも違法だと思うし、当事者のエンダンさんと私のサインがない。代理交渉に当たった人に、二回目の支払いと、これに、サインをしなければ、装置を移動させないと言い渡したのでしょう。止むなくサインをしたと本人は言っていた。情況が目に浮かぶ。

とにかく、色々な条件を後から、付け加えてくるが、認めないと、移動できない。全ては、その会社(今となっては、その会社になる)から、装置や原料を出してしまうことが優先として、認めざるを得なかった。私も、その通りだった。“言った、いわない、聞いた、聞いていない”という、言葉を何回聞かされたでしょうか、そのすべてに、うなずく振りをするしか無かった。だから、納得していないことが沢山ある。そのことについては、また、来年、お願いすることになるでしょう。何故、来年かということは、その時に、書くでしょう。メールなどの文章に書かれていることを全部保存してあるので、“言った、いわない、聞いた、聞いていない”を・・・
IMG_8048.JPG
IMG_8040.JPG
久しぶり、一カ月ぶりのゴルフ、疲れた。しかし、心地いい。特に、過去半年ぐらいは、社内で、パワハラに会い続けていた感があるので、ゴルフも友人との会話も上の空で、楽しめなかった。また、明日は、何を言われるのだろうか、メールでどんなことを要求してくるのだろうか、そんなことを思いながらで、楽しめるはずがなかったし、スコアーもオリンピックも散々だった。
雨季になっている、昨夜の大雨と雷、強風は、マンガの実を落としていた。真っ赤な花の季節でもある。
間一髪 違法 ベアチュカイ
posted by 元気な振りの爺さん at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

(^_-)-☆暇なので

 2121 昨日の休養の効果かどうか、体調の異変がなかった。薬は、規定通りに呑み続けている。インドネシア人のオーナー、エンダンさんの弟が、新会社に見学しに来るというので、挨拶ということで、ジャバベカ2の工場へ今日も行ってきた。何かと、用事や打ち合わせがありそうなので、遠出はできそうにない。本当は、ビザの修得まえ、仕事ができないし、客先訪問も控えなければいけないから、暇でしょうがない。平日、一人でゴルフをしても面白くないので、旅に出かけたい。

PT.ENDOTA SINAR INDONESIAが新会社の正式名です。既に、ハイアールの冷蔵庫部品やシャープやトータルソルーション(韓国系)へLEDチューブランプ用のPCカバーや絶縁パイプの納品が始まっている。シナールとは光とか輝くという意味です。エンダンさんと私の名前をくっつけてあるが、日系企業の錯覚印象を与えるために、こういう名前にしたのです。遠藤さんと太田さんをくっつけたみたいですね。経営には全く関係ないが、アドバイザーとして一年ほど手伝いをする予定なので、名前を貸したということです。完全なるインドネシアローカル企業です。純粋なインドネシア企業で、エンプラの押出成型をする会社の、第一号になります。

既に。事業譲渡をして、製造設備は、無くなっているにもかかわらず、それまでの、客先に、今後の取引はPT.ENDOTAに引き継がれる旨の挨拶状を出していないということは昨日書いたが、その客先から、注文書が以前どおりに送られてきていて、それを受けて、彼等は、従来価格に0.9を掛けて、PT,ENDOTAに注文してきた。あれだけ、いやみや、嫌がらせのようなことをしておいて、なお、中間搾取をしようと目論んでいる。呆れて、開いた口がふさがらない。そこで、注文をしたいなら、先ず、見積もり依頼をするのが、常識でしょ、という、メールを返した。見積もり依頼が来れば、今までの価格に1,1を掛けた価格にし、支払い条件、50%を注文と同時に払っていただきたい、それでなければ、信用できず、払ってもらえない危険性があるからだ。それに対し、返事が来ていない。

当然、私が開発した取引先の全て、直接PT.ENDOTAが取引することになっている。客先も当然ながら、その方が良いに決まっている。

もう一つ、譲渡価格の根拠の中に含まれている、製品の置き場や金型の置き場に使っていた、棚やプラコンや戸棚を持ち出してはならぬとされ、持ち出すことができなかった。12月の清算の時に、この金額は引いて貰うことになる。もっとも、清算をお願いし、返していただく金額は、100万や200万円の半端な数字ではない。
IMG_8014.JPG
IMG_8015.JPG
PT,ENDOTAの様子。手前は2色成型用の補助押出機です。
無知 無策 無礼
posted by 元気な振りの爺さん at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

(^_-)-☆休養日

 2120 疲れが酷いし、眠たいし、動く気がしなかった。一日中、家にいるつもりだったが、何の知識もないし、責任を取りようが無いのに、どうも、前の会社が,誰の指令か、未だに考え違いをしているようで、しがみついていて、動きが奇妙なので、全てを綺麗にするよう、アドバイスに行ってきた。

行きは、リッポチカラン経由。帰りは、チカランバラットゲート前経由で一周することになる。行きの方が2kmほど遠いが、渋滞のことを考えれば、時間的には、近い。チバトゥゲート脇の陸橋(高速道路とカリマラン川)を渡る車がかなり増えている様子だった。
IMG_0721.JPG
IMG_0722.JPG
私のような失敗をしないように!!!
常識的は、事情譲渡をしたのだから、今まで作っていた製品は、譲渡した会社でやってもらう、その旨を、トップの人間が、今までの客先を訪問し、今後はどうするのか、どうなるのか、説明をするはずなのだが、そんな、動きは全くなし、それどころか、譲渡先のインドネシア人の会社の足手まといを、意識的にしながら、何かと邪魔をしようとしているように思う。挨拶状も出していないし、メールでも知らせていない。そういった挨拶もできない、本当に常識外れの人達だと思う。日本人として恥ずかしい。

私が事業譲渡というか、共同経営でもいいから、今の環境から外に出した方がいいと、ある人を紹介した。利益は上がりにくい、その理由は、この会社は、余計な人が多いし、製造業の商売を知らないから、というのが大きかった。案の定、でたらめな、非常識な間接費を載せてきて、さあ儲けろ、儲かる筈だ、儲からないのは、私が意識的に儲からないようにしているという、被害者意識が、頭の中の大部分を占めるようになってしまった。全く、お門違いなのに、何を言ってやっても、聞く耳を持たなかった。そのまま、それを引きずって、大赤字の経営を押出部門に被せようとした。

私の方は、このままでは、装置も私が貸している資金も一遍に、全部パーにされてしまう。そうなれば、客先にも、大迷惑を掛けてしまう。客先や押出従業員優先の私にとっては、危機的な状態になりつつあると思っていた。そちらの理由の方が大きかった。

事業譲渡ができたのは、私が仲介したからで、私が仲介しなければ、もうどうにも立ち行かなかったし、譲渡の金額で、給料の支給も何とかできる状態になったのでした。ただし、事業譲渡した装置の大部分は、私が貸したお金で購入したものだが、事業譲渡しても、私への返済はできていない。まさか、帳簿から消してしまうのではないでしょう。会社がなくなっても、個人的に、永久に借金が残るよ思うのだが、どうするつもりで、いるのでしょうか。
 失敗 間違い 反省
posted by 元気な振りの爺さん at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

(^_-)-☆誕生日

 2116 孫の一人の誕生日、でした。8才、私の誕生日は明日、71才になる。合同誕生日会でした。ローソクは8本、私は7本と1本ということで、やはり8本でいいね、でした。

そして、昨日、懐かしい、すがすがしい声を聞いた。やはり、必ず、それほど、遠くない間に、直接会ってみたい、話してみたい。

朝令暮改4 このメールを、買主のインドネシア人に送った日本人を可哀そうな人だと思う。
発電機を中国から輸入して500万円の物を700万円で売る、その時の、前金を350万円受け取る、そんな商売と同じだと思っているから、説明をしようがない。だから、受注残の納入を先送りするなどという、滅茶苦茶な被害根性が生まれるのです。後に書くが、滅茶苦茶な間接固定費をかぶせて、さあ、儲けろと言ったり、それまでの見積もりは大赤字で出しているなど言ったりするのです。話をするのも、説明するのも面倒くさい。話しても無駄だし、書いてやっても、聞いてない、見ていない、読んでいない、と、言われる。

この文章をインドネシア語に変えて、買う主に示した。買主は、「日本人にもこんな変な人がいるのか、太田さん、何故、こんな人を紹介したの?」と、言われてしまった。

 納得、賛同した振りをして、怒り出してしまわないように、私が、技術的なことだけでなく、資金的にもある程度手伝う振りをして、なだめるしか無かった。それも、客先に迷惑を掛けないように、とにかく、早く、今までの場所から移動するためには仕方が無いことだった。後の手段を残してある。

これに似たような、短文の内容で、多くのことを読みとることが出来るメールの文章が、多く、送られてきている。しかし、ご本人に、多くのことが読み取れると、メールで返事をした時に、なぜか、頭に血がのぼったような文章が返ってくるから面白い。


私が受けた文章ではない。売主から30%の頭金だけでは、装置の移動は認めないと言い出したことに対して、インドネシア人買主から、契約内容についての説明を求めたメールに対する返事でした。

 事業譲渡をした会社は、装置や原料の80%以上を私からの借り入れで購入していたその装置や原料を売るのだから、順序としては、私に借金を返してから、売るのが正常だと思う。それができなければ、少なくとも、売れたら、最優先で私に返すのが、正常な人間だろうと思う。或いは現金が無いなら、売ろうとしている装置や原料を現物で私に返すのがまともな人間だと思う。しかし、まともではないその人の考えは、全く違う。売れたら、その30%を返し、残りは利益を上げてから返すというのです。ということは、返さないと言っているのと同じです。利益などは操作ができるし、儲けの何パーセントを返すのかも明確ではない。結局70%は返さないと言っているらしい。
IMG_7958.JPG
IMG_7959.JPG
ちらっと、大道芸。
準備 請求 説得
posted by 元気な振りの爺さん at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする