2018年04月15日

(^_-)-☆ブヌーディリ

 3375 以前、JKT48の日本人マネージャーが首つり自殺をしたという事件があった。それに、からめて、日本人の自殺(ブヌーディリ)の7つの原因というか理由があるという記事です。
つい、二週間ほどまえ、日本人の若者が、リッポチカランのアパートで自殺をしたという噂があった。インドネシアのニュースを検索してみたが、その種の記事はなかったし、ローカル、日系の新聞にもなかった。何故か、発見者が撮影した写真を見せられた人もいるとか。どうなってるの?本当のことなら、記事にしなければならないことなのに。
 
デマだという節もある。というのは、数年前、カラオケの女性が殺された事件があって、それと似たように、自殺じゃなくて、実は、セキュリティーに殺されたらしいという話をしてくる人もいるからだ。
アパートの名前はほぼ一致しているが、どこの会社の人かをいう人がいない。

http://wow.tribunnews.com/2017/03/22/7-alasan-bunuh-diri-masyarakat-jepang-mungkinkah-satu-sebabkan-kematian-manajer-jkt48?page=all
1. Membully (Mengintimidasi)虐め パワハラ
2. Cyber Bully (Intimidasi yang dilakukan di dunia maya) サイバーいじめ
3. Hikikomori (mengisolasi diri dari dunia luar)引きこもり
4. Masalah keuanganお金の問題
5. Ujian masuk sekolah atau perguruan tinggi yang sulit学校の入学試験や大学が困難であります。
6. Sulitnya mendapat pekerjaan仕事を見つけるのが難しい
7. Sejarah samurai yang melakukan Seppuku切腹の歴史

つい、二週間ほどまえ、日本人の若者が、リッポチカランのアパートで自殺をしたという噂があった。インドネシアのニュースを検索してみたが、その種の記事はなかったし、ローカル、日系の新聞にもなかった。何故か、発見者が撮影した写真を見せられた人もいるとか。どうなってるの?本当のことなら、記事にしなければならないことなのに。
 
デマだという節もある。というのは、数年前、カラオケの女性が殺された事件があって、それと似たように、自殺じゃなくて、実は、セキュリティーに殺されたらしいという話をしてくる人もいるからだ。
アパートの名前はほぼ一致しているが、どこの会社の人かをいう人がいない。

私が知っている人が自殺というはないが、20年以上の間に、ジャカルタで、何人か自殺したというニュースはあった。原因はウツか。
IMG_2263.JPG
私がいる家は、三軒の真ん中です。家賃は1万円です。電気、水道、ごみ回収で、3千円ほどかかる。
IMG_2262.JPG
家と会社、往復で通る道から、ジャバベカ6の一番奥(東端)の会社が向こうにある。田んぼが隔てている、その田んぼが売りに出されている。この田んぼが、道になれば、ジャバベカゴルフやジャバベカ2へ、かなりの近道になる。もっとも、ジャバベカ6が、通過道になってしまうので反対するでしょうね。グーグルマップで、ジャバベカゴルフと入れれば、明らかになる。
デマ 自殺 我が家
posted by 元気な振りの爺さん at 22:07| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

(^_-)-☆お勧めは?

 3374 10数年前、PT,KITAGAWA当時、押出部門だけで、バスの旅、パンガンダランの東海岸、パサールイカン(pasar ikan)のレストランでロブスター食べ放題といった食事、この連中のほとんどは、現在、同じ会社での押出部門にいる。当時は全員が、20歳台だった。この中の一人、サイフール君、現在、金属労連系の労働組合長になっている。ベースアップは勿論だが、契約社員制度の廃止を要求して、結構、過激に活動している。私からの影響があるようだ。私のウェブサイトの表紙にある写真の一枚。
05-06-04.jpg
日本から見えられたお客さん。どんなところで、製品を作るのだろうかと、確認しに来たのでしょう。しかし、その製品に関しては、特に難しいことはなく、製品の話はほとんどしなかった。話は、インドネシアの旅というか、私の行動についてが多かった。私のウェブサイトも紹介した。お勧め場所も紹介した。ラフレシアの事も話した。
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0075.html
http://space.geocities.jp/enplaindonesia/newpage00092.html
始めて2011年2月
https://blogs.yahoo.co.jp/enplaind/archive/2015/12/3
2015年12月3日のブログです。
http://otaenplaext.net/newpage48.html   http://otaenplaext.net/newpage49.html
2013年4月 シンガポールでビザを取ってジャカルタに戻り、そのままブリトゥンへ 向かった。 
http://otaenplaext.net/newpage66.html  http://otaenplaext.net/newpage127.html
昨年行った記録と写真です。
belitung.jpg
ジャカルタから超近場で、家族連れに最適な竜宮城。インドネシアの中の旅をしたいなら、日本からなら、ジャカルタ、トランジットで、まず、ブリトゥンへ一泊か、二泊で行ってから。他に行ったらいいと思う。とにかく風景は抜群、海岸も海もいい。ラスカルプランギもいい。内陸は鉱物資源採掘現場、錫や鉛、ボーキサイトだ。地理や社会科の体験学習が自然にできる。

もう一か所、遺跡巡りをしているという方がいたので、ジョクジャ周辺の観光コースは、当然、ボロブドゥールとチャンディプランバナン、そして、時間が許せるなら、その辺りに点在する、ヒンドゥーの遺跡を訪れるのが定番だが、せっかく、その辺りへ行くなら。コースからはずれているが、チャンディプランバナンに向かう大通りの反対側の丘の上のラトゥボコというヒンドゥー遺跡をお勧めした。ここからの景色は、抜群だ。ボロブドゥールのてっぺんから周囲を眺める景色よりはるかに良いし、ボロブドゥールからサンライズを拝む早朝ツアーもあると聞いている、私も個人的に日の出時間に行ったことがあるが、ラトゥボコからのサンライズの方が遥かに美しい。

ま、ブリトゥンもラトゥボコも、どこへ行くにも、お天気次第なので、乾季の方が、いいと思う。
組合 旅の勧め ブリトゥン
posted by 元気な振りの爺さん at 19:38| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

(^_-)-☆久しぶりのニュース

 3352 そして、今日、ITAS(Izin Tinggal Terbatas Elektronik)のA4サイズとパスポートサイズが、メールで送られてきた。早速、SURAT PERNYATAAN友人を迎えるためのステートメントと共に、本人にメールで送った。これで手続きができるかな。
IMG_1979.JPG
IMG_1980.JPG
間もなく雨季も終わるはずなのに、夕方、かなり、すごい雨と雷に見舞われた。そして、その影響か、今日も夕方、停電、毎日の損失である。

Kereta cepat Jakarta Bandungで検索すると、これに関するインドネシア国内のニュースに会えます。1年前、二年前のニュースが多い。

https://www.youtube.com/watch?v=ANfwGfaQTm0 今日のニュースです。久しぶりに、高速鉄道、ジャカルターバンドゥンに関するニュースです。結論は、2019年完成の予定だったが、2020年末に開通に変更した、ということです。2016年1月の起工式以来の報道陣を呼んでの現状公開のようですね。
しかし、それも、ワリニの山の中、ジョコ大統領が出席しての起工式とほぼ同じ場所、報道の中では、ハリム(東ジャカルタ)駅付近の工事も始まっているというが、公開はしていない。

 土地収用については、この二年以上の間に、進展をしていると報道し。時には90%以上進んでいるという報道もあったが、実際、今日のニュースでは、まだ、60%ほどだという。二年以上でやっと60%、同じペースなら2020年末までに100%に達しない、それなのに、開通するらしい、辻褄が合わない。2019年中に、橋やトンネルを完成させ、高架も完成させ、2020年始から鉄道を敷き、駅も完成させるということらしい。
 
 大統領選挙が迫っていることだし、ジャコさんの焦りが見える、リニさんという女性運輸大臣?も、今まで、言っていたことは、すべて、事実ではなかったにもかかわらず、また、見通しについても適当なことを言っているとしか思えない。KCIC(クレタ チュパット インドネシア チナ)の気弱そうな社長さん、何やら、自分が思ってもいないことを言わせられているようにしか見えない。

投稿のいつ例、Selama proyek nya itu dipegang china. Saya sangat meragukan kualitasnya. Dunia memuji muji inovasi omjepang. Tapi negara ini memilih china dengan bungan yang lebih besar dan hutang yang lunasnya pun lebih lama. このプルジェクトは中国がつかんでいる。私は高度の品質を疑います。日本の革新を称賛する世界、でも、この国は、大きな利息と長い期間の債務の中国を選んでしまった。
 
中国が出資するはずの資金も、なんどか、間もなく振り込まれるという報道がったが、結局、まだだし、いつになるかもはっきりしていない。今まで、はっきりしたと、何回か言われたが、“オオカミと少年“的雰囲気になってしまっている。結局、インドネシア人のほとんどは、興味がをなくしている。
IMG_1982.JPG
焼き場で一仕事、皆さん、忙しくて、一寸手伝った。22歳の時からやっていた仕事、道具は全く同じ。私が準備した。
低速 矛盾 不信
posted by 元気な振りの爺さん at 22:43| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

(^_-)-☆プシン

 3337 今朝、6時過ぎ、目覚めて、立ち上がろうとした時、頭がクラッとなった。これはまずい!しばらく、じっとして、治るのを待った。しかし、治るどころか、こりゃまずい、このまま、ピグサン(気絶)になったらまずい。いつもなら、8時20分前にでるのだが、みんながいるところへ早く行っておきたいと思い、7時過ぎには会社へ向かった。何とか運転はできた。会社へついて事務所の自分の席で伏せていると、運転できる社員エディが入ってきて、どうしたのか、聞くから、目が回るから、病院へ送ってくれと頼んだ。

10分くらいのプルマタ クルアルガという総合病院の救急受付へ飛び込んだ。眩暈は、初めてではない、3年ほど前にも、会社で仕事中、トイレの中で眩暈を起こし、近くの病院に連れて行ったもらったことがった。送っってくれた人はその時のことも知っていた。8:10だった。
IMG_1688.JPG
IMG_1689.JPG
直ぐに横になり、症状を医者に話した。眩暈の事、一寸、吐き気があるなど、話をしたら、食事をしたかと聞く、まだだ、と言ったら。それじゃ、何か、食べて下さい、そのあと、薬を飲んでもらいます。と、言った。エディ君にブブール(お粥)を買って来てもらい、食べた。それから、10分後に、薬が届けられ、直ぐに、4種類の薬を一遍に飲んだ。訪問を受ける客先から電話が入り、10時の約束が11時を過ぎるでしょう、という連絡が入った。良し、これで、眠ってしまっても、大丈夫と思った瞬間、眠ってしまった。

目だ覚めたの10時過ぎ、眩暈は、治る方向だなと感じ、退院をすることにした。医者もOKを出した。支払いや薬を手にいれることを済ませ。2時間の入院でした。

会社へ戻ったのが、11時15分前、すると、また電話が入って、ジャカルタから渋滞で、食事を済ませた後、13時過ぎになるとう。結局、お客さんは、13時半ころ到着した。

私は、昼食を食べて、薬も飲んでいた。完全ではないが、気にならないほどまで直っていた。しかし、薬のせいか、眠い。
お客さんには、これらの事を話さず、普通に対応し、見積もりを早めに出すことを約束した。

今日も、一応、通り過ぎようとしている。そして、今はどうか、眠いだけだった。
めまい 救急 眠気
posted by 元気な振りの爺さん at 22:54| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

(^_-)-☆コミサリス

 3336 Endangさんが来た。この会社、現在地へ移ってから、損益分利点を。行ったり来たりしている。というのも、新工場にかかった費用、移転時の設備準備でその償却が増えて、400ジュタから600ジュタに増えたからだ。そのうえ、ジャバベカ2の時になかった停電が頻繁にあり、歩留まりも大きく低下している。小ロットの製品に関しては深刻だ。もともと利益率が低い高額原料を使う製品も深刻だ。
新工場に移って良いことが何一つない。コミサリスが新工場に触手を伸ばした時に、その心配を、話したが、聞き入れられなかった。

もう一つ、中国製に押出設備も使えるまでに100ジュタ以上の修正を必要とした。これの償却も増えている。移転前に、韓国系のスクリュー、シリンダーメーカーに作ってもらった、押出機が、かなりいい加減で、計器類の異常、ヒーターの容量の不良、シリンダー、スクリューの錆び、どうにもならない。120ジュタの見積もりで依頼したが、使えないままだ。
 とにかく、コリアン系の会社から入ってきている押出機がまともに使えるようになったら、支払いをするのだが、それはエンダンさんが出すことを約束した。

イ・ミョンバク元大統領も汚職でしょうか。犯罪者になってしまったようですね。韓国の大統領って、逮捕されなかった人いるのかな。キムデジュンはどうだったか。彼だけは逮捕されていないようだが、光州事件や日本からの拉致事件など、いろいろあった人でしたね。ノーベル平和賞受賞もあった。パクチョンヒは,撃たれちゃったし、どうなっているのかね。文さんは、止めた後どうなるでしょうかね。大丈夫でしょうか。
IMG_1684.JPG
ドミシリが手に入った。自分が行こうか?と担当者に提案したが、私に行かれて、簡単に取れてしまったら気まずくなるからだろうか、私が行くっと、いって、出かけて行った。一旦、かえってきたようだが、報告がない。姿を見たので、聞いてみた。なにやかやと、私には訳が分からないことを言ってた。また、私が行こうかと聞いたが、何らかの書類を書いて、もう一回、行ってくるという。そして、夕方4時過ぎにでかけていって、5時前に、どや顔をして戻ってきた。黙って、私に書類を見せ、太田さん、ここにサインしてと言った。ドミシリだった。ドヤガオのドミシリだった。

経理を担当しているウィディさん、曰く、オーディッの度に、8ジュタRp払っている。今年、もう、二回きた。税務署からかと聞いたら、そうじゃなく、コモサリス、エンダンさんが頼んでいる、会計事務所の人で、スマランからきているという。領収書は受け取っているのかと聞いたら、受け取っていないという。会計事務所の人が、領収書を出さないとはどうこと、次回、必ず、今までの分も含めて、請求書と領収書を受け取りなさいと言っておいたが、どうでしょうか。その会計事務所の経理内容はどうなってるの。インドネシアだね。
IMG_1686.JPG
夕方5時前の空。あと一か月です。
ゲッ ドヤ顔 オーディッ
posted by 元気な振りの爺さん at 20:02| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

(^_-)-☆ドミシリ

 3335 Domosiliドミシリ;tempat kediaman yang sah dari seseorang; tempat tinggal resmi 住居証明が必要。KITAS(現在は別名)住民票を発行してもらうのに必要。ヴィザのステッカーが貼られているパスポートと共に、イミグラシに申請をする。それの準備が会社でしてあるはずなのに、無く、私から催促した。しかしだ。

以前、運転免許証(SIM)を申請に行ったときに、窓口で足りないといわれた代物だ。いわれて、住処のそばのカントール デサという部落オフィスのようなものを教えられ、直接行ってきて、直ぐに、書いてくれた書類だ。
IMG_21511[1].jpg
会社の事務に頼んだら、何が何だか、よくわからないが、申請して何日かかるかわからないという。直接、行けば、直ぐ、つくってくれたよ。と、話したが、どうも、行く気がない。SIM申請の時の話をし、その時書いてもらったドミシリも見せた。うん、こういう書類だというが。行くきがなさそう。いつのなるの?と聞いても、わからないという。こんなものでしょね。結局、明日、自分でカントール デサへ行って発行してもらうことになりそう。

http://otaenplaext.net/newpage110.html
東京でヴィザを取ったときの記録です。クアラルンプールでも、全くと言っていいほど同じです。窓口で支払い費用は一年物で1万5000円弱でしょう。住民票や運転免許の申請についても書いてあります。特にインドネシアで仕事をしようとしている人、その人を送り出す人、参考にしてください。

ジャバベカ周辺だけでも渋滞が激しくなってきているので、コタチカランやチビトゥンの国道の方への行きたくないが、金型の改良を頼みに行かざるを得ない。
IMG_1676.JPG
IMG_1683.JPG
ルマーアバンのパサール前辺り、ランブータンとドゥクが、道端で売られている。そして、チュンベダックcempedakも売られていた。季節である。ランブータンの価格、どうなっているのでしょうか。4束、15000のすぐそばで、5束10000Rp束の大きさが違うのでしょうか。種類が違っていて甘さが違うのでしょうか。
ドミシリ 住居証明 各種申請 
posted by 元気な振りの爺さん at 19:05| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

(^_-)-☆スポーツ

 3319 ようやく、金が取れましたね。羽生選手、宇野選手、たいしたものです。それにしても、アメリカのネイサンという選手。SPは、何だったんでしょうか。私はネットでみています。
で、冬のオリンピックにインドネシアは、参加していないのでしょう。ニュースが無い。紹介もない。従業員も、まったく知らない。もっとも、8月から9月にかけて、ジャカルタとスマトラのパレンバンで開かれるアジア大会について、知っている人も。殆どいない。スポーツはサッカーが盛んだが、弱い、バドミントンだけが、何故か、世界に通じている。
 ピョンチャンオリンピックについて何かニュースがあるかとインドネシアのネットでチェックしてみたら、
Diprotes Warga, Korsel Batal Bangun Ruang Salat untuk Olimpiadeこんな記事があった。競技とは関係なし、
Korselとは、コレア スラタン南朝鮮、韓国のことです。韓国がオリンピックにためにイスラムのお祈りの部屋を作らないことに、市民が抗議。インドネシアや中東から韓国への観光客が増えているのに、祈り室を作るのを中止したとは、何事か、と、言ったニュースですね。
jIMG_3506-.JPG
 ゴルフ場から、南に山が見えた。PangrangoとGunung Gedeです。グデとは、大きいという意味です。雨季の晴れの日にしか、ここら辺りから見えない。ボゴールの南、スカブミにある。今。通り抜けできなくなっているプンチャック方面にある。3000m位のある。パパンダヤンと同じようにエーデルワイズの花畑があることで有名だが、スイスのエーデルワイズとは別物だ。
 インドネシアの山はどこでも同じだが、上り始める場所がかなり下からになる(日本の場合は、五合目くらいまでは車で行けるがインドネシアの場合は、二合目くらいから登る)し、まっすぐに近い登山道なので、かなり、きつい。ここも、例外ではない。
jIMG_3487.JPG
 こんな雰囲気でのゴルフ、旅に出ることができなかったが、家にじっとしているわけではない。明日は私たちのグループ、8人2組で一杯だったが、突然の申し込みに対応してくれて、9人3組でやれることになった。
 グデ アジア大会 冬期オリンピック 
posted by 元気な振りの爺さん at 18:50| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

(^_-)-☆動けない

 3318 春節ですね。Imlek,chinese new yearですね。インドネシアもナショナルホリデーです。三連休。私は、朝からゴルフ、皆さんとの食事をキャンセルして、ゴルフ場から、14:00、パンガンダランへ出発した。予定は、順調に行けば22時ころ着く、遅くとも24時前には着く、というつもりだった。

チバトゥインターから入るために、サッカースタジアムの脇を通って、南下した。ジャラン カリマランの上を通った。下を見ると、東方向の道は、車は一杯で、なかなか、進んでいないよいうだ、これはまずい、と思った。連続して、ジャラントールの上を通過した。下を見ると、東向きは、やはり、見える先までずっと渋滞だ。こりゃダメだと思いながら、チバトゥではなく、デルタマスからにしようと思って、一般道を東に向かった。デルタマスのインターへは左折すれば入れる四差路に差し掛かった。もう、そこから、デルタマスインターへ向かう車がつながっていた。高速に、なかなか、入れないで渋滞している。ここで、もう、止めた。会社へ行くことにした。既に一時間経過、15時だ。四差路をUターンして、デルタシリコンのゲートの手前を右折し、北上し、カリマラン川を越えて,ジャランカリマランを通って引き返そうとした。
IMG_3500.JPG
IMG_3499.JPG
カリマラン川を越える橋の手前で、車が動かなくなってしまった。ジャランカリマランまで200mほど手前だ。先ほど、上から見た通り、東に向かう車が進んでいないので、そこに、割り込もうとしている、こちらからの車が入れないでつながっている。私は、それらの車とは違う西に左折したいのだが、大部分が東へ行きたいから、私もその中で、待つしかなかった。高速の上の橋に差し掛かった時、下のジャラントールのジャカルタ方面から東へ向かっている車の渋滞の写真をゆっくり取れた。
IMG_3501.JPG
やっと、ジャランカリマランを西に迎えたのが16時ちょっと前だった。西に向かう車はほとんどない、それに対し、反対車線はこんな渋滞状況だ。この車、どこへ行きたいのでしょうか。目的地に着くまで、相当な辛抱が必要だろうなと思う。会社へ戻ったのが、16:30頃だった。結局、チバトェウ、でルタシリコン、デルタマスヲめぐって、パンガンダランは諦めて、戻るまで、2時間半も車を運転していた。昨日といい、今日といい、いったい、何をしているのだろうなと思う。

会社で、一仕事をしながら、明日のゴルフの予約をした。結局、どこへも行かず、家の近所でうろうろしていなさいといことでしょう。休みなさい、ということでしょう。
IMG_3503.JPG
18時過ぎ、会社から出たときの夕焼け、田植えを終わったばかりの田んぼが光っていた。
止め 休め のんびり
posted by 元気な振りの爺さん at 22:07| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

(^_-)-☆ブンガ バンカイ

 3317 バンドゥンの植物公園内に、ブンガバンカイが、咲いているが、完全には開きそうもないらしい。管理者が行っているように、ボドールもバンドゥンも、ブンガバンカイが咲けば、ニュースになる。しかし、それらは、パンガンダランかブンクルーから蕾や苗のようなものを持ってきたものです。そこで自生したものだはない。
Bunga bangkai berjenis Amorphophallus Titanum アモルファス チタニウム
Selasa (13/2/2018) bunga itu tumbuh di lokasi taman kelinci yang berada di Tamana Hutan Raya (Tahura), Ir Djuanda, Dago Pakar, Kabupaten Bandung, Jawa Barat.バンドゥンのタフラ森林公園です。
Karena dikhawatirkan dirusak oleh pengunjung bunga itu di pagari menggunakan pagar besi.訪問者によって壊されることを心配して、鉄柵で囲ってる。
05e0f770-d47].jpg
"Bunga ini saya yang tanam tahun 2007 lalu. Ini kan dibawa dari ekspedisi di Cagar Alam Taba Pananjung, Bengkulu tahun 2006. Terus, disehatkan dulu di Kebun Raya Bogor, baru ditanam di sini. Dulu ada empat, sekarang tinggal tiga koleksinya,"私が、2007年に植えたこの花は、2006年にブンクルーから持ってきて、ボゴールラヤで養生し手から、ここに植えた。四つあったが今は三つになっている。この人に話によると、2010年8月に最初の花が一つ咲いて、その時はきれいに開いたが、今回、成長したものは、多分、もう開かないでしょう、開くなら、相当前に開いているはずだから、今回は失敗(gagal)だ。
http://otaenplaext.net/newpage341.html
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0307.html
http://otaindoesiaextrusion.web.fc2.com/newpage0010.html
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0304.html
そして、私は明日、パンガンダランへ出発する。
59db0090c.png
Bajing loncatバジン ロンチャッ(リスがスキップ)、日本語では“追いはぎ”とでもいうのでしょうか。トラックの荷物などを運転手が気が付かないうちに、持ち去る行為です。子供が、登坂で、のろのろ走っているトラックの後ろに乗り込んで、あるいはへばりついて、野菜や果物などを後ろの路上に放り投げて盗む、それが、リスに似ているのでしょうか。
バンカイ ブンガ ラフレシア

2月15日  (^_-)-☆もう、参った 3317 11時半に会社から出た。MM2100のSAKURAに寄って、エポに必要書類を届けることと、KLのホテルのフォーチャーを受け取るためだ。12時半に着いて、ルコの中で昼食、13:30にP.BEDに入る約束通りの行動をするためだった。会社から出て、ジャバベカ2からチカランバラットインターに向かう道から渋滞が始まった。そして、インターに入ってすぐから、車が進まなくなってしまった。
1IMG_3460.JPG
大雨の中、もう引き返せない、覚悟を決めた。約束の時間までには、到着できない、遅れはどのくらいになるか予測できないくらい、一向に進まない。

 本線まで、まだ1km以上ある、少し前進し、止まったそのすぐに、後ろのトラックが追突してくれた。車が前の出るほどではなかったが、かなり大きな音がした。外は大雨、そのまま、じっとしているしかなかった。運転手も降りてくる気配なし、というか、大雨で、降りてきてもどうにもならない状態だった。私も降りて、状態を確認することもできないまま、渋滞の中、ずっと、そのトラックは、くっついて後ろにいる。そのうち、二車線だったので、後ろに、乗用車が割り込んだ。そして、その先、4車線になったり2車線になったり、故障車があって,一車線になっらりしたので、ぶっつけたトラックが遠く後ろになってしまい、私は路肩走行で出来るだけ早く走るようにしていたので、もう、どうでもよくなった。高速に入って、1時間以上経過、約束に13:30には、絶対、無理になったので、電話をしようとHPを持った。画面が暗いままだった。切れてしまったのかな、ONにした。明るくならない。まずい!こんな時に、バッテリーを取り出し、入れ直し、また、ONにしてみた。点灯しない、壊れたか、散々、こんな状態を繰り返していたので、今回も、それかと思い、叩いたり、車の中の硬いところにぶっつけてみたりした。直らない、いよいよ、再起不能になってしまった。遅れの連絡ができない。車はぶっつけられるし、HPは壊れるし、車はぎっしり渋滞の中だし、パニックになりそうだ。大声で怒鳴りたいくらいだ。じっと、我慢。それにしても、約束の時間に来ない、連絡もない、私に、頭に来ているだろうな。

 結局、14時過ぎに、MM2100にやっと入った。まず、サクラに寄った。何故か、入り口に近いからだ。もう、トイレ、我慢が限界を超えていた。サクラに着くなり、トイレに駆け込んだ。間に合った、すっきちした。用事を済ませ,P、BEDに入ったときも、大雨が止まない。駐車場から入り口まで遠い、セキュリティーが傘を貸してくれた。飛び込んで、相手を呼び出してもらった。1時間遅れだ。購買のマリアディ君、電話しても出ないし、会社に電話したら、2時間以上前に出ているというし、心配していたという。電話も壊れれしまって、申し訳ないと、平謝りだった。打ち合わせは、急いだ。太田さんとのミーティングは、14;30に終る予定で、15;00、次の客と打ち合わせを入れてしまっているという。30分で終わらせた。

 15;00にP,BEDからでた。もう一軒、チビトゥンとチカランの間,国道沿いのSTSに寄らなければならない。さてどの道にしようか。高速道路の北側の国道には、ジャランティクスを駆使して、出たはいいが、ここも、東西両方とも大渋滞、東方向のSTSには、中央分離帯で隔てられた対向車線沿いなので、右に見ながら通り過ぎ,1km行ったところでUターンし、戻ってくる。渡すものを渡して、出ても、今度は、西に向かうしかない、2Kmほど先のUターン場所まで行って、会社がある東にまた向かわなければならない、この3Kmが、ほとんど、進んでいる気配がない。多分、1時間以上かかるだろう。すでに16;30だ。Uターンは諦め、寄らないことにした。それからが、また、たいへん。コタ チカランの中も大渋滞、道路の浸水が30cmくらいが、ずっと、続いている。バイクが走れなくなっている。故障バイクが多数道端で止まっている。
1IMG_3475.JPG
1IMG_3477.JPG
 踏切を二か所渡ったが、手前の渋滞もすごい、何方からも、道一杯に、車やバイクが詰まっているので、遮断機が上がっても,なかなか進まない、そのうち、また、遮断機が下りてしまう。鉄道の北側に出て、国道に入るが、会社へ戻るには、再び、鉄道の南にでて、南に向かわなければならないが、STSと同じように、過ぎてUターンをしなければならないが、やはり、ここの渋滞も酷く、もう一つ向こうの踏切から南に向かうことにし、Uターン場所も遠くからにした。そこまでくれば、渋滞が少なくなっていた。

 とにかく、バンジールとマチェットの連続、両足とも、痛い、よく、攣らなかったと思う。会社に着いたのが18:00でした。6時間半、その間、車の外は45分くらいだけだった。散々な目に合った。ボケてはいられない。

 ところで、壊れたHP、家に帰って、ダメもとで、タイルの床に私も目の高さから、落としてみた。そして、ONにしてみた。生き返った。SIMを移せば、直ぐに使える予備のHPを待っているが、使う必要がなくなった。車の方は、後ろの凹み、みっともない状態だ。
 ハーペー マチェッ チャペッ
posted by 元気な振りの爺さん at 19:36| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

(^_-)-☆最近情報

 3315 https://www.youtube.com/watch?v=gshGQc10T4w 昨年7月の事、ジョコ大統領が、がっがりしている。怒っている。土地と資金のもんだいだといっている。そんなことは、最初から分かっている。
そして、現在も、同じのようだ。

 Pembebasan Lahan Kereta Cepat Jakarta-Bandung Sudah 53 Persen ジャカルタ バンドゥン高速鉄道、既に 53 パーセントから土地を取得
Bila Lahan Beres, Dana Kereta Cepat Cair April 2018   
土地がクリアされると、高速列車の資金がでる。2018年 4 月

Pemerintah Kejar Pembangunan Kereta Cepat Jakarta-Bandung
政府は、ジャカルタ バンドゥンから高速鉄道の建設を追求
Pembebasan lahan untuk kereta api cepat Jakarta-Bandung ditargetkan selesai akhir Februari 2018. Meski begitu, penyelesaian megaproyek ini dipastikan molor hingga 2020 dari target semula 2019. ジャカルタ バンドゥンから高速鉄道の土地買収は、完了後半 2018年 2 月を対象しました。しかし、このプロジェクト の完了は 2019年の元のターゲットから 2020 年まで遅延を確認しました。
Apa saja penyebab molornya proyek kereta cepat? dan mengapa pinjaman untuk kereta cepat dari Tiongkok Development Bank belum bisa dicairkan?
快速プロジェクト遅延の原因は何ですか。そしてなぜ中国国家開発銀行から高速鉄道のためのローンの支出がまだなのですか?

工事の様子のニュースは、全然ない。大統領が鍬入れ式をしてから2年以上過ぎている。この一週間以内のにゅーすです。何やら、ずっと以前に土地収用はほとんど終わっているという話があったが、今になって、53%だといっている。残りはいつになるか、今月末の目標にしたが、それも、はっきりしない。勿論、中国からの融資に話も、いつになるか見通しがついていない。それなのに、2020年開業に目標を定め直した。最初、2年でできるといっていたのが、4年にした。それも、今になっては、誰も期待しなくなった。なぜ、遅れているかの、報道番組(1,2,3,4)でも、いつできそうだという結論はでていないし、期待していない、会話だ。
https://www.youtube.com/watch?v=nvWcrWQMrwQ
https://www.youtube.com/watch?v=wCk629lP4IE

ジョコ大統領は、ソロの出身だから、バンドゥンの先、山また山の中を通して,ジョクジャカルタへ、そして、地元のソロへと、計画をぶち上げている。スラバヤまでの北街道沿いの中高速鉄道で十分なのに、このことでは、ジョコさん、再選を狙って、大ぶろしきを広げて見せているが、バンドゥンまで、たとえできたとしても、数年後だろうし、その後も大赤字になるに決まっていると多くの人は思っている。

私の希望としては、早いうちに、スラバヤまでのセミ チュパットの鉄道改修工事を着工してほしい。早く、乗って、スラバヤまで行ってみたい。
Berteduh-di-Flyover.jpg
Ingat, Jangan Berteduh di Kolong Jembatan Jika Tak Ingin Ditilang罰金を科されたくなければ、高架橋の下で雨宿りをするな。覚えておきなさい。
Pengendara sepeda motor berteduh di bawah flyover saat hujan turun, Jakarta, Senin (16/11). Petugas kepolisian akan menerapkan tilang dengan denda maksimal Rp250.000.
雨が降ったとき、ジャカルタ、月曜日、ドライバーが高架下で避難をした (11/16)。警察官が違反チケット最大 Rp 250,000 の罰金が科される。雨宿りTempat berlindung dari hujan
erupsi-gunung-agung.jpg
agung Bali043.jpg
Hanya berselang tiga hari sejak diturunkan statusnya dari awas menjadi siaga, Gunung Agung kembali mengalami erupsi.
わずか 3 日で休憩状態から危ない状態になった。アグン山が再び噴火しだした。
最新 噴火 罰金
posted by 元気な振りの爺さん at 22:48| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

(^_-)-☆ギンギン、ギラギラ

 3314 フォートラベルの閲覧数も一日平均30ページくらいになっている。http://4travel.jp/traveler/enplaind/ 
http://otaenplaext.net/newpage327.html 10年以上前に書いた文章です。その時の事だが、我ながら、よく書いていたなと思う。その前、その後も、できるから、旅をし続けている。飛行機や船、車を使って行った場所は、北西の端、サバン、南東端、ムラウケとそのなお東の国境の部落、ソタ村まで行っている。自分の運転では、西はスマトラのランプンまで、東はロンボク一周まで、どちらも、勿論、フェリーを使う。
そして、滅茶苦茶通ったのがパンガンダラン、1997年に、初めて、ガルッを通って南下し、インド洋側に出て、東に向かい、グリーンキャニオンに寄ってからパンガンダランに着いた。14時間掛かった。その時にはジャングルに入らなかったが、それ以来、昨年までで、多分、一年、平均3回として、60回は行っていると思う。いわずと知れたブンガバンカイ(ラフレシア)探しが主目的。今は、8時間で行けるから、ずいぶん楽になっている。

“夕日“という、唱歌ですよね。私のインドネシアでの旅は、まさに、ギンギンギラギラでしょうかね。インドネシアでは、この歌を、人前で歌わないでくださいね。歌う人はいないと思うが。”ラグ ギラ,ragu gila”は、まずいですね。おでこに、斜めに人差し指を掲げて、ギラ、と言ってはいけません。

私の旅は、どうでしょうか、ギラでしょうか。そんなことはないと思う。気が向くまま、気楽に、旅を繰り替えしでしょう、これからも。そして、16日には、また、出かける。

バスの横転事故で27人もなくなったと思えば、今度は、麻薬船の摘発だ。シンガポールとバタム間で捕まった。
40017.jpg
シャブ3トンだって。船籍はシンガポールだが、台湾人4人が捕まった。いずれ、ヌサカンバンガン島で、死刑になる。まったく、とんでもない奴らがいるもんだ。まさにギラ。
Sabu di Kapal Berbendera Singapura Ternyata Capai 3 Ton
https://www.youtube.com/watch?v=hT2voL-JdD8
 バタムもシンガポールも勿論、何回も行ったことがある。
http://otaenplaext.net/newpage8.html

変な重大事件が多いために、洪水も地滑りも、相変わらず、インドネシア中各地であるが、あまり、ニュースで取り上げなくなくなってしまった。
IMG_3437.JPG
アクアフランジという商品名ですね。私が日本の家に帰ったときには、金魚の水槽をきれいにする仕事をする。風呂場へ持っていって、シャワーなどできれいにするのだが、そこまで、持ってゆくときに、水は少なくしておくが、それでも、ぴちゃぴちゃして、水が飛び出してしまうことがある。畳の部屋を通るので、濡らしたくない。こんな、縁につばがあればいいなと思っていた。どうでしょうか、メイドインインドネシアと書かれているが、インドネシアで日本人技術者が作っています。水槽のサイズに合わせて,はさみで切れるように、軟質塩ビが原料だが、ガラス蓋を簿せることを考えて、硬めの材料を使っている。透明なので、ちょっとでも凸凹があると、目立ってしまう。水槽としてではなく、小さい爬虫類などを飼う容器として使うなら、小動物の逃げ出し防止にも、大いに役立つでしょう。
シャブ ナルコバ アクアフランジ
posted by 元気な振りの爺さん at 22:22| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

(^_-)-☆また、パンク

 3313 https://www.youtube.com/watch?v=28f_y2AbEyo
昨日の夕方の交友事故、27人犠牲になり、重症18人、軽症10人。乗客や運転手の合計が何人か知らないが。半数の人が亡くなっていたようだ
Kecelakaan maut terjadi di Tanjakan Emen, Ciater, Subang, Jawa Barat pukul 17.00 WIB, Sabtu, 10 Februari 2018. Insiden yang melibatkan sebuah bus pariwisata dan satu sepeda motor Honda Beat ini menyebabkan 27 korban meninggal dunia.
17.00チアトゥル、スバン、西ジャワの斜面に致命的な事故が起こった、土曜日 2018 年 2 月 10 日。観光バスとホンダ ・ ビートのオートバイを巻き込んだ事件発生 27人 の犠牲
Ini bukan kali pertama Tanjakan Emen memakan korban jiwa. Sebelumnya, ada sekitar lima kecelakaan maut yang pernah terjadi di Tanjakan Emen dan seluruhnya menelan korban tewas.タンジャカン エメンが犠牲者を食べたのは初めてではない。以前にも、犠牲者を飲みこんだここの起きた事故は5件ほどあった。

イスラム的には、24時間以内に埋葬しなければならないとか、犠牲者はタンゲランの人らしいが、集団で埋めてしまって、後に掘り起こして、各自、受取り埋葬しなおすそうで、早速、今日のうちに、埋めてしまっている。

ゴルフが済んで、駐車場に向かった。車の左後輪の空気が少なくんったいた。パンクだ。いつどこで、何が刺さったのか、思いつかない。走れるので、会社に向かった。どんな田舎にもタンバルバンはある。途中のどこにあるかは気にしていなかったので知らないが、必ずあるはずだ、そして、やっぱりあった。
車を止めて、タイヤの交換をそこの子供に頼んだ。奥からお父さんでも呼び出すのかと思ったら。本人が、タイヤはそのままに、空気を一杯まで入れた。そして、石鹸液を持っていて、塗り付け、漏れている場所を調べだした。みあたらない、ちょっと、車を前進してほしい宇野で、半回転ほど前進した。すると、針金が刺さっている場所が見つかった。そこに、ゴムを差し込んで修理を終えた。空気抜けは止まった。
ところが、ご本人、タイヤを交換するという。要するに、彼は、タイヤの横気味の穴だったから、しばらくはいいが、また、破れてしまうかもしれない、このタイヤは、予備にした方がいいというのだ。どう見ても小学校高学年程度の子供、いうことも、やることも一人前だ。
IMG_3432.JPG
IMG_3435.JPG
タイヤを出すから後ろをあけてほしい、ジャッキはどこですか。だしてほしいという。いう通りにすると、あとは、交換終了まで、一人で、迷うことなく、やってくれた。ジャッキや工具のあった場所に戻したし、タイヤも車の下にしまった。増す締めのとき、裸足に足でスパナに乗っかって、跳ねるようにしていた。靴は?と聞いたら、学校用の靴は汚れるから儚いといっていた。この辺り、コンクリート舗装になっているが、それ以外の場所か、グチャグチャ道だ。

最後に、新しい同じタイヤが一つあるが、買わないか、買っておいた方がいいよと勧められた。自分の車じゃないから、相談してからねと、断った。商売をしているなと感心した。30分くらい、仕事をしてもらって、2万5000Rpだというから、5万Rp渡した。大喜びしていた。

おじさん、どの人と聞くから、日本からだと答えると、ばく、将来、日本へ行こうと思っているという。君ならきっと、行けるよと、言いながら、お金を渡し、ありがとうと、握手をした。
犠牲者 パンク 一人前
posted by 元気な振りの爺さん at 23:03| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

(^_-)-☆快晴なれど

 3312 雨季の中、珍しく、朝、明るかった。久しぶりに太陽が眩しかった。雨季の太陽は、日差しがきつい。空が洗われているから、乾季の時より、日焼けが早い。乾季の時に傘を差さないキャディー達が、今日は傘を日傘として使っていた。日陰が、はっきり、真っ暗に感じた。久しぶりに、濡れないで、ゴルフが楽しめた。
IMG_3391.JPG
香港で二階建てバスの横転で10何人死んだというニュースのあとでしょうか、とんでもない交通事故が起きたものだ。夕方、何んとなくTV ONEをかけておいたら、ブレーキング ニュースが流され始めた。スバンでバスの横転事故だ。いきなり、死者10人と出ていた。観光客だろうか、乗客は50人くらいと思われると出ていた。車内にまだ、多く残っているので、犠牲者は増えるでしょうとも言っていた。
夜9時の時点で26人が亡くなっている。まだ、増えそうだ。
Maut di tanjakan emen Subang, 10 orang meninggal dalam kecelakan di Tanjakan Emen Suban
https://www.youtube.com/watch?v=m-4ITe5QjQQ&t=35s
https://www.youtube.com/watch?v=llbpn5CrAPk
img-2014.jpg
このエメンという場所は、スバンの町の南の端にあある。南へ向かう道に入ってすぐのところだ。急カーブが連続し、上り下りを繰り返しながら、温泉観光地CiaterチアトゥルとTangkuban Parahuタンクバンプラフへ向かう道だ。その先は、レンバンを通って、バンドゥンに至る。道沿いは、広大な茶畑が広がる、そてだけでも、景色は十分だが、パイナップル畑、カカオやゴムの木のプレンテーションも広がり、社会科勉強になり家族ずれの日帰り観光には最低な場所だと思う。
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/page005.html
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/page0401.html
だから、観光バスも多いし、バイクツアーも多い、交通事故もかなり頻発している。1週間前にも死者があった。ここは、私も、何度も運転して通っている。道は程よく広いし、田舎の山道にしては、舗装の状態がよかった。ついつい、スピードが出てしまうという感じだった。日本なら、カーブミラーが何な所も取りつけられれているような道だ。

インドネシアのバスの運転は荒っぽい。
快晴 直射日光 交通事故
posted by 元気な振りの爺さん at 20:39| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

(^_-)-☆ビザ取り直し

 3311 私のビザの書き換えのスケジュールが決まった。15日にパスホートとキタスオリジナルを渡す。19日にエポになる。その後、一週間以内に、国外へ出なければならない。一般的には、シンガポールへ行って、エージェントに、パスポートや写真を渡して、夕方、VISAの印が押されたパスポートが返ってくる。日帰りで簡単にできるが、シンガポールは飽きたので、クアラルンプールのインドネシア大使館へ行って申請することにした。25日にマレーシアのクアラルンプールへ行って、26日に申請をする。受け取りは、2日になるらしいので、その間、コタキナバルへ行ってくることにした。26日の夜、コタキナバルに入る、そして、2日の14時ころ、クアラルンプールに戻り、その足で、大使館へ行くことにした。その間の飛行機エアーアジア代は、約3万円、KLで二泊、Kota kinabaluで4泊になる。ホテル代、6泊で約3万円、総予算、8万円とみている。予約は飛行機だけ、宿泊場所は行き当たりばったりになる。クアラルンプールのインドネシア大使館に近いホテルで安いところをタクシーの運ちゃんに紹介してもらう。いつもの事だ。

こんなことをするから、誰かさんから、お前、遊びに行ってるだろう。遊んでいるなら、日本で俺の相手をしろよ、と、言われそう。


KIICのシャープ セミコンからLEDチューブランプの製造販売業務がpt.sky energy indonesiaに移されたようで、しばらく、製造がストップしていたが、今月から、SKYに納品するようになった。納品場所はバンドゥンになるらしい。ちょっと面倒な話で、本社がジャカルタなので、ジャカルタからPOが入る。そん業務のシャープの社員だった人は、バンドゥン勤務に移った。
IMG_1301.JPG
我が工場の入り口方面、倉庫なのか、作業場なのか、この工場が建設される前から着工していた建物が入り口近くにある。だから、作り出して、二年くらいになるが、いまだに、何かをしていて、出来上がっていない。当時、この土地の所有者で施工主のエコさんは、もう、借り手がついているから、早く完成させたいと、言っていた。つい、一か月前、たまたま、この未完成の建物の前にいたので、挨拶したら、聞きもしないのに、同じことをいっていた。そして、まだまだ、完成には程遠いように見える。何やら、泥まみれになって、土を掘り返して、溝らしいものを作っている。排水溝だろうか、私たちの工場の前の排水溝と繋げるつもりなのか。大体、我が工場の前の排水溝は、どこへも通じていない、ただの水溜りになっているだけ、いつの日か、どこか、外に通じるようにして、流しだせるようにするのでしょうか。まったく、何を考えているのか、私の頭では理解できない。

事務所内の電話とWi-Fiが使えなくなった。ケーブルが両方とも切断されたのでしょうか。電柱が倒れたのでしょうか。こういうことは、今まで、何度もあった。いつ直るかは、あまり考えない。期待しない。
IMG_3360.JPG
IMG_3387.JPG
昼食、どちらがいいですか。ミアヤムバソ、100円とすき焼重定食、800円+税です。後者はご飯が多すぎで半分ほど残してしまう。
エポ KL 新規

posted by 元気な振りの爺さん at 22:38| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

(^_-)-☆bencanaブンチャナ

 3310 災害が各地に広がっている。ジャカルタの空港までのLRTが土砂崩れによって、運行できなくなった話が、失笑ものだ。がけ崩れが起きるような、山岳地帯ではない、ほとんど平野に近い、5m、10m程度を削るだけのところを通過している。
2381932072.jpg
Ancaman Banjir, Warga Cirebon dan Indramayu Tak Enak Tidur,
洪水の脅威、チレボン、インドラマユの住民は眠れない。

Karawang Dilanda Banjir, Ratusan Rumah Terendam dan Tanggul Kritis
カラワン洪水、何百もの家が浸水し、堤防も壊れた。。
2Longsor-Bandara.jpg
Drama penyelamatan dua korban longsor Bandara Soetta 
Alat berat membersihkan tanah longsor di Underpass Perimeter, Bandara Soetta, Tangerang, Banten, Selasa (6/2) 重機を何台も使っているとか、救出のドラマとか、こんなところで、開通したばかりのLRTが使えなくなるって、笑っちゃうだけの事なのに。

ヤント君とディッキ君に会う。共通は、PT,KGの社員だったこと、日本で日本語学校と大学や短大でも勉強したこと。そして、私が保証人になっていたこと。太田化工でもアルバイトをしたことがある。
MM2100の中のベアチュカイやカントールポス近くのワルンが集まっている場所に、17時、集合という約束をしたが、17時前にMMに入ったところ、出ようとしている車が、既に大渋滞になっていて、入る方の車線のうち、一車線は出る方になっていてもだ。ジャカルタ方面、高速自体が渋滞だから、なかなか入れない。私はちょっと、MMの中に、入らなければならないが、どのくらいかかるかわからない。
IMG_3386.JPG
そこで、近くのルコに中のレストランに変更した。他の2人も、その方がよかったようだった、ま、いろいろ情報交換して、またねと言って、出たのが、17時、まず、MMの先程、入ってきたゲートに向かった。すぐに、飛んでもないことになっているのが分かった。ゲートに向かう道は、すべて、大渋滞、多分、1km進むのに1時間かかりそう。
カリマランを使う道も二つあるが、そちらも、同じように大渋滞だと予測し、直ぐにEJIPに向かうことにした。MMの中、大渋滞を横目に見ながら、進む、EJIP方面からMMに向かってくる車、バイクの列が切れない。ただ、MMを通過するだけの車だ。そして、これらがMMから高速道路に乗れるのは2時間後かなと思う。気の毒。

私は、順調に、EJIPに入り、直ぐ、左折し、デルタシリコン1の中を北上し、ジャカルタ方面に入る高速ゲートの手前で右折し、ジャバベカへ向かった。止まってしまう渋滞はなかった。家に戻ったのは、20時だった。

EJIPの人がジャカルタの家に戻るのに5時間かかるといっていたが、納得。しかし、それにしても、MMの中の大渋滞は、とんでもないことになっている。これも、ブンチャナ、災害だ。
 
踏ん反り返っている人とは話をしたくない、話を聞きたくない。そして、マフラーを掛けているだけで、首に巻いていない人も、踏ん反り返っている人と同じ、両方の人は、見て、直ぐ、目を背ける、その場から離れる。何やら行ってしまっていると思うからだ。どんな理由があるか知らないが、どちらも、マフィアのボスとしか見ない。
災害 大渋滞 MM2100
posted by 元気な振りの爺さん at 22:24| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

(^_-)-☆高速鉄道関連

 3309ジャカルターバンドゥン間、高速鉄道(kereta cepatJakarta Bandung)で、検索すると、2年前が圧倒的に多い。それは、大統領が起工式をしたときです。その後、1年前、半年前、3とか2カ月前のニュース、だんだん少なくなってくる。2018で検索すると、ジャコ大統領が、遅れのチェックを催促催促している。そして、一昨日4日に、ハリムの近く、ジャティネガラというところの工事現場でクレーンに関する事故があった、4人死んだ、というニュース。ジャカルタからの出発駅になる場所とほとんど同じ場所で、工事をしていることは分かったが、死亡事故で分かったというのが、いかにも、インドネシアと中国の共同作業だと思う。
1crane-jatuh.jpg
原因は雨の中の作業だったから、と、言っているらしいが、おいおい、雨季の真っ最中でしょ、それじゃ、雨季の間、工事を止めなさいよ。バンドゥンまでの大部分が山の中で所、地盤がゆるゆるの場所ばかりでしょ。高速道路の橋桁が、使用開始、数年後に50cm以上何本も傾いてしまった場所でしょ。平地で雨だからといって4人もしんでいては、これから、何人死なすことでしょうか。副知事が来て、保険で補償するから大丈夫と言っているとかいないとか。

実際、このニュース、本当に、中国高速鉄道の工事事故?場所的に、LRTの工事事故じゃないの?がけ崩れや洪水のニュースはTVPONEで見るが、この高架事故のニュースは、テレビで見ない。

このニュースが、いろいろな報道機関でなされていて、高架工事の写真がある。しかし、これらの写真、擬古現場のものではないと、私は思う。どこの写真でしょうか、今、あちこちで、建設をしている、高速道路かLRTの高架工事の様子だ。写真の周りの様子を私は知っている。

そして、今までも、ずっと、youtubeでも、中国高速鉄道進捗ニュースで、映像は明らかに、高速道路の高架工事な様子だった。下に今の高速道路が沿って映っていた。中国高速鉄道と新幹線の写真やビデオが、混同されて使われている。ジャカルタ、スラバヤ中高速鉄道でも、中国高速鉄道の写真が使われているし、バンドゥンまでの様子に新幹線が使われていた。インドネシア人にとっては、どうでもいいことだろう。
https://www.merdeka.com/peristiwa/proyek-kereta-cepat-jakarta-bandung-ditunda-sampai-hasil-penyelidikan-keluar.html

Kereta cepat Jakarta-Bandung tetap kerja meski hujan
証人は、雨にもかかわらず高速鉄道ジャカルタ バンドゥンの仕事をした。
Kecelakaan kerja terjadi pada saat pemasangan bantalan crane pada proyek jalur kereta cepat Jakarta Bandung Minggu (4/2) dini hari. Menurut keterangan saksi, Jaja Bahar (50), pada saat pemasangan crane, hujan turun.
作業事故はベアリングパッドを取り付けている間に起きた。プロジェクト、ジャカルタ ・ バンドン高速鉄道、日曜日 (4/2)。ジャジャ バハール (50)目撃者によればクレーンの取り付けの時に雨が降っていた。
クレーンを安定させるためのパッドが甘かったのか、地盤の問題なのか、クレーンが倒れてしまったのでしょうね。
IMG_3363.JPG
IMG_3366.JPG
工場の前の急に大きくなった気の名前が分かった。Pohon cherry Indonesiaチェリーでした。まさにチェリーブロッサム、葉っぱも、細長いが似ている。木や枝ぶりは、明らかに違う。日本のサクランボと似たような甘い実だそうです。なん〜〜だ。インドネシアに桜があるじゃん、という感じかな。私に取っては大発見。
チェリー 事故 クレーン
posted by 元気な振りの爺さん at 23:08| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

(^_-)-☆雨季のピーク

 3308 バンジール ロンソール ルバン
Kabupaten Bogor berusaha membersihkan material longsor yang menutupi jalur utama Puncak Bogor, Jawa Barat, Senin (5/2/2018). Jalur Puncak, Bogor ditutup sementara akibat cuaca ekstrem yang mengakibatkan bencana longsor di empat titik di ruas jalan di Jalan Raya Puncak yaitu di seputaran Masjid Attaawun, Riung Gunung, Grandhill, dan Widuri.ジャカルタの南、ボゴールの町からプンチャックを越える幹線道で、地滑り、今朝の時点で、死者2人。けが2人、未発見3人だそうだ。
blongsor.jpg
夕方の時点で、死者4人。行方不明3人でした。まだ、タマンサファリまでで、その先にはゆけない。また、スカルノハッタ空港までの間の崖崩れで一人亡くなっている。

Banjir setinggi 65-100 cm merendam permukiman warga di Kampung Melayu, Jakarta Timur. Banjir itu akibat meluapnya air di Sungai Ciliwung.

Pantauan detikcom di lokasi, sekitar pukul 08.30 WIB banjir merendam pemukiman warga di RT 13, RW 04 Kampung Melayu, Jakarta Timur, Senin (5/2/2018). Berdasarkan tanda yang dibuat warga di tiang listrik, ketinggian air kurang lebih 65 cm. Sementara, di tiang listrik yang lain ketinggan air mencapai 100 cm.
banjir.jpg
ジャカルタの恒例の洪水、チリウン川の氾濫は、雨季でなくても、ちょっとのスコールで、氾濫する。堤防などないところが多いから、あふれ出すのです。インドネシアの川のほとんどは、土手とか堤防はない。乾季は水が干上がって干ばつになるが、雨季には、溢れて氾濫し、3倍以上の川幅になるというか、幅が分からなくなる川が多い。ジャワ島のブンガワン ソロ、スマトラのパレンバンhttp://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage107.html
http://otaenplaext.net/newpage37.htmlを流れる、スンガイ ムシ、カリマンタンは、サマリンダを通過するスンガイ マハカムhttp://space.geocities.jp/enplaindonesia/newpage00073.htmlなどが代表的、上空から見ると、ジャングルの中を曲がりくねっている。

大河だけでなく、全国各地から、恒例の地滑り、がけ崩れ、洪水のニュースが伝えられている。治山治水という精神はインドネシアにないのでしょうね。何でもないところで、水捌けがなく、冠水するし、ちょっとしたところを梳って平らにした道でも両側から崩れて道を塞ぐ。

Hampir setiap hari, lubang di jalan“buaya” menjebak para ibu-ibu yang sedang mengendarai sepeda motor. Lubang buaya yang dimaksud adalah kalimat yang tertulis dalam papan untuk memberitahu ada gorong-gorong yang berlubang di Jalan Protokol Kota Cilegon.
bJalan-lubang-.jpg
bLUBANG.jpg
どこの道にも、高速道路にも、できる、穴、深くて広い、避けては走れない。陥没ではない、車が通ることによって、小さかった穴が、どんどん大きき深くなる。ほぼ、毎日のように、わにの穴がバイク女性をたべる、西ジャワの西端に近いチレゴンという町ですね。ユーモラスに書いてあるが非常に危険。
惨憺たる状況は、一向に改善されない。屋根や壁からの水の侵入を防げないのが当たり前の建築技術から何も進歩しないと同じように、直ぐ、穴ができてしまう、道しか作れない土木技術の進歩もない。高架のLRTや高速道路、なんだか、倒れそうで、近づきたくない。
土木 建築 いい加減
posted by 元気な振りの爺さん at 22:42| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

(^_-)-☆好きな歌

 3305 https://www.youtube.com/watch?v=XfO_43mjQRE
"Tanah Air"
Tanah airku tidak kulupakan Kan terkenang selama hidupku Biarpun saya pergi jauh Tidak kan hilang dari kalbu Tanah ku yang kucintai Engkau kuhargai
Walaupun banyak negri kujalani Yang masyhur permai dikata orang Tetapi kampung dan rumahku Di sanalah kurasa senang Tanahku tak kulupakan Engkau kubanggakan

https://www.youtube.com/watch?v=DVwXl3FUr-8&list=RDXfO_43mjQRE
"Indonesia Pusaka"
Indonesia tanah air betaPusaka abadi nan jayaIndonesia sejak dulu kalaTetap di puja-puja bangsa
 Reff :Di sana tempat lahir betaDibuai dibesarkan bundaTempat berlindung di hari tuaTempat akhir menutup mata
Sungguh indah tanah air betaTiada bandingnya di duniaKarya indah Tuhan Maha KuasaBagi bangsa yang memujanya
 Reff :Indonesia ibu pertiwiKau kupuja kau kukasihiTenagaku bahkan pun jiwakuKepadamu rela kuberi

“タナ アイル”と“インドネシア プサカ”は、インドネシア国家に近い。こちらの方が国家にふさわしい歌詞だと思う。気が付けば、これらの歌を聞いている。
https://www.youtube.com/watch?v=-J4yNa2w_I0
“Bengawan Solo”
Bengawan Solo Riwayatmu ini Sedari dulu jadi... Perhatian insani
Musim kemarau Tak seberapa airmu Dimusim hujan air.. Meluap sampai jauh
Mata airmu dari Solo Terkurung gunung seribu Air mengalir sampai jauh akhirnya ke laut
Itu perahu Riwayatnya dulu Kaum pedagang selalu... Naik itu perahu
https://www.uta-net.com/movie/94620/藤山一郎
https://utaten.com/movie/kz15033143/ 松田トシ
私が小学校の音楽の時間に歌ったのは、松田トシの歌詞ででした。どうですか、小学生としては、南国にこんなすばらしい場所がある。いつか絶対行くぞ、と、思うのは、当然だと思うのだが、ちょっと、思い込みが、普通ではないかもしれない。そして、植物図鑑で見たラフレシアとともに、インドネシアへの思いは膨らんでしまった。
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0303.html
ブンガワンソロは、川の名前です。河畔のグサン記念公園での写真です。歌詞とあまりの違いに、こんなものだよなと思った。インドネシア語の歌詞には、花も清き流れも出てこない。流域の洪水と干ばつが出てくる。

インドネシアの歌はメリディー、旋律共に、ダンドゥットゥ以外は日本人には、親しみやすいと思う。ブンガワンソロなどのクロンチョン(keroncong asli)は、日本の民謡的なところがある。
 IMG_3283.JPG
IMG_3291.JPG
今朝のゴルフ場への途中、雨の勢いが収まらなかった。ロータスが雨に似合う。
親しみ ラグ Ragu
posted by 元気な振りの爺さん at 23:35| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

(^_-)-☆気にしない

 3297 気のなるが気にしない。
メールアドレスを公表しているのだから、仕方がないとはいえ、よくも、まあ、送ってくるなと思うほど、迷惑メールがたくさん入ってくる。必要メールは、一日平均、20通程度、仕事関連がほとんどだ。
 迷惑メールJunk mail,spamですね。殆どが、日本から送られて来る物だ。懲りない連中が多いですね。中国からがその次だ。インドネシア国内からは全くと言っていいほどない。インドネシア内からはフェースブックがほとんどだ。一日平均、40〜50だと思う。何やらの売り込みが多い。一度、ネットで検索したり、買ったりすると、その後、必ず、いつまでも、そこからの宣伝が入る。何やら、買ってもいないのに、請求のメールがある。期限付きで、しつこい。親切に振り込み先の案内もある。
迷惑メールの方に自動的に保存するようになっているので、一応、必要が含まれているかどうか確認して、すぐに,空にしてしまう。それでも、受信の方に、日、数通、明らかに迷惑メールが入ってきてしまうので、次から入らないように、迷惑メールに入れてしまう。
そのメールにどこにもクリックはしない。絶対に開かないようにしている。

客先の製造担当者から、メールや電話で、その部門で使う部品の注文が来る。パーチャシングシングから、POは、すぐに出されるから、納期を知らせれほしいといってくる。そして、待てど暮らせど、POが入ってこない。何を作るのか、数量は?だから、返事ができない。催促がある。POが来ていないよと返事、結局、最初のメールから2週間ほど後にPOが、届いた。poの日付は週間前になっている。納期にその日から2週間後を希望していた。POが届いた日だ。その客先とは、日系の上場会社。いや、台湾系になったのかな。

こちらは、そのPOを見て、原料が足りない。輸入原料PCだ。こちてにいれらの工場長、原料の手配をします。商社に電話しました。その商社から、私がいない間にその原料を手に入れて、試作をして、OKでした。それでは、直ぐ手配した方がいいよ、と、私は言う。その返事が、もう手配しようとして、在庫があるかどうか確認の電話を入れたが、商社の担当者が、父親が病気でカンプン(田舎)に帰っていて、休んでいる。オマケにどうでもいいが、奥さん、もうすぐ子供が生まれえるという。要するに、だから、在庫については分からないという。
おいおい、彼の上司や他に、在庫をチェックできる人はいないのか、その人をいつまで待つの?分からないという。試作をした時に単価が分かっているなら、在庫があるなしに関わらず、POを出しておきなさいと、頼んでおいた。

そんなこんなで、客先に製品の頭出しの返事ができていない。いつ返事ができるか、これじゃ分からないね。と、私が言うと、「太田さん、いつもこんなものですよ。どこも、大体、社内的に、コミニケーションができていないから、遅れても、仕方がないし、文句も言われませんよ」だって。これぞ、インドネシアです。でも、日系のインドネシア人です。

選抜に、また、静高がでるね。東海四県で勝ったのだから、当然だが、甲子園で、出ると負けだけ、は止めてほしいね。
IMG_3201.JPG
ワイファイのプルサを買いにいった帰り道、左前方、田んぼの向こうに、私が住む分譲住宅地が見える。その後上に黒雲がせまっている。これから、二月末にかけてが、雨季のピークだ。
IMG_3196.JPG
買ってきてくれた昼食、サバナのアヤムゴレンとナシブンクス(フライドチキンとご飯の包み)ハラル(イスラムではOK)、満喫できる、栄養がある、家族が選ぶ、などと、書いてる、ころもの内側に、トウガラシの粉がまずしたあるから、ちょっと絡め、インドネシアのフライ類(ゴレンガン)は全て、ころもに、七味のようなものが混ぜてある。
いいか こんなもの 迷惑
はれのひ、すかすばらしい晴れの日でしたね。石川遼の報道は、止めてほしい
posted by 元気な振りの爺さん at 22:28| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

(^_-)-☆チカンペック

 3292 インドネシアで一緒の会社にいた人で、私がそこから出ても、一緒にゴルフをしていた。その人が定年退職し、日本に帰ったところまでは知っていた。今回、私がインドネシアに戻ったら、その知人から、その人、インドネシアに来て仕事をしているよと、電話番号を教えてくれた。早速、連絡し、今日のゴルフになった。その彼、ゴルフの時にはいつも、私が住処まで、送り迎えをしていた。ところが今日は、どうすると聞いたら、免許を買ったし、車も与えられているから、自分で運転していくから、迎えはいらないといった。

6時スタートも彼が提案した。私は、目覚ましをセットするのを忘れて、目が覚めたら5時だった。チカンペックまで1時間以上かかるのが普通だから、これは大変、着の身着のままでクルマを走らせた、チバトゥインターに入ったのが5:16、空いていてよかった。ゴルフ場には5;50に滑り込みセーフ。ロッカーで着替え中、電話が鳴った。もう来ているよという知らせかと思ったら、道を間違えてインターに今はいるところだという、それなら、そこから30分以上かかるはず、案の定、到着したのは、6;50、一時間待たされた。

どうして?間違えるのか私には、想像ができなかった。ご本人曰く、ブキットインダーから出る手前の左に入るとバンドゥン方面へ行く道に入ってしまったという。そこへ入って南に向ってしまえば、スバンの出口まで行くしかない、そこから引き返すにしても、往復20Km以上は余分に走るし、それも、引き返す道を知っているのが条件、本人にしてみれば、まったく知らない田舎へ行ってしまったのだから、慌ててしまったという。今から、インターに入るといった場所は、方向違いのインターだった。
 
 また、上がっていて、55万Rpになっていた。それでも安い。遅れたお詫びにと、カートを頼んでくれた。カートはいくらか聞かなかった。初めてカートで回った。そりゃ楽だ。特に、10〜18番は、上りが多いから。カートを使いたい人が増えているのでしょう。台数が増えていた。

また、上がっていて、55万Rpになっていた。それでも安い。遅れたお詫びにと、カートを頼んでくれた。カートはいくらか聞かなかった。初めてカートで回った。そりゃ楽だ。特に、10〜18番は、上りが多いから。カートを使いたい人が増えているのでしょう。台数が増えていた。以前、一緒にまわった人で、こんなに登りばかりじゃやっていられないといって、途中でやめてしまった人がいたくらいだ。ほとんど、フェアウェーのどこでも入ることができるので、高齢者にといっては、大いに役立つ。ただし、私は、急な登りの時以外は乗らない。
IMG_3101.JPG

 とにかく、久しぶりの再会、今の職場には満足しているようでよかった。ただし、ゴルフの楽しみがあまりできないことが不満のようだ。ヤマニの友人が、インドネシアへ戻ったら、三人で、又、やろうといことになった。ジャバベカが二年で80ジュタでは、とてもできない。
2IMG_3104.JPG
東に向かう高速道路では、真っ暗で、ほとんど見えなかったが、両側で高架工事が進んでいることは、わかっていた。帰りに確認した。西からカラワンバラット付近まで建設が進んでいた。表示を見ると、ACSETと書いてある。道路建設企業の一社だ。ジャカルタ、チカンペック間の高架高速道路の建設だ。この辺りは両側にあった。
IMG_3120.JPG
家の電灯の大部分が切れていてつかない。高い天井に着いているので交換ができない。そこで、壁のコンセントにセットできる、なんという名前なのでしょうか、道具を買ってきた。これは便利、日本では見たことがない、売っているのでしょか。
IMG_3116.JPG
建設ラッシュのジャバベカ、デルタシリコン、リッポチカラン、デルタマスなどのすぐ近くだが、私に家にすぐそばに戻ると、相変わらず、こんな風景だ。
再開 不慣れ ギャップ
posted by 元気な振りの爺さん at 22:39| Comment(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする