2019年12月12日

(^_-)-☆日本 家にいる

 3981 真っ暗の中、3時、工場から出発、こんな真夜中、渋滞は全くなし、4時10分にはターミナル3に付いてしまった。先ず、今回はANA便なので、何時ものカウンターと違うカウンターで、搭乗手続きをした。ここで間違い、非常口の前の席でいいかと聞かれたが、ま、いいか、と、うなずいてしまった。これが、大きな間違い、。非常扉の前なので、飲み物など、何も置けないばかりか、テーブルを横から出すのもめんどくさい、モニターも右のひじ掛けの下から、出して、広げなければならない、ヘッドホーンは、前の向こうのCAが座る座席の横までゆかないと取れない。そして、23C、トイレが真ん前にある。ヒトが行き交う、立って待っている人も気になる。子供や老人が、うろうろしている。いつもは、私の方から、出来るだけ後方の通路側と言うんだが、今回は、言う前に、言われてしまった。
気になる事がいろいろあって、時間が過ぎるのが早かったことだけが、まあまあかな。

その後、キタスのイミグレゲートを通って、出国、そして、いつもすることは、アラックバリを買うこと、ゲートがあるフロアーには、エシカレーターを使って降りる。降りた場所は、10番ゲートの辺り、フロアーの殆ど端っこだ。酒やたばこを売っているコーナーを探しに、反対方面、9や8方面に歩き出した。私が搭乗する7番を過ぎて、5番鉈入り、売り場があった。聞いてみた、あるよ、と言われて、案内してもらった、あったはあったが、小さい、藁でビンを覆ったようなものしかなかった。それじゃない、紙の箱に入った、もっと、大きい物はないのかと聞いたら、品切れだという。もい一か所売り場があったはずと、1番の方まで行ってみたが無い、聞けばいいのにと、自分で思いながら、時間はたっぷりあるし、どんな店が他にあるのかなと、みながら、戻った。そうだ、10番の向こうに、たしかった、以前、そこで、買ったと思いだした。エスカレートを入りた場所は端っこだが、右のもっと橋に有った。そこに、近づくと、聞くまでもない、直ぐに、目に入った。た〜〜くさん並んでいた、それも、以前無かったアラック ココナッツもあった。日本には二本しか持つ込めないので、ブラス(米)のアラックと新しい、ココナッツを買った。それぞれ、20万Rp(千五百円くらい)。

羽田に着いて、京急の品川迄のチケットを自販機で買おうとした。410円のチケットない、どうしちゃったの、料金が変わった?通りがかりの日本人効いてみた。10月から,安くなったという、改めて、料金一覧表をみたら、品川まで、300円になっていた。信じられない。消費税が上がっているのに、本当にこんなに安くなって良いいの? と、安くなるのなら、何故、もっと、前にできなかったの?
静岡までの往復と特急込みで買った。11000円ちょっとだった。これは、前を覚えていないので、上がったの?下がったの?分からない。


出発時の雰囲気とターミナル3DSC06662.JPG
DSC06668.JPG
そして、いつもと違う夜7時過ぎに家に着いた。また、一か月くらい、ここが、生活のベースになる。
戻り びっくり あった
posted by 元気な振りの爺さん at 22:20| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

(^_-)-☆何十回目か最終日

 3980 引継ぎについてのミーティング、コアー エスマルヒとヒートシュリンクチューブの経過とこれかあらのテーマについてだ。とにかく、両方とも、インドネシアでは初物だし、実際、手掛けていたのは私だったから、彼らは、私がすることを、時々手伝ったり、観察したりしていたが、さて、こん後、どうなる事でしょうか。エスマルヒの方は、後、厚さの決定だけなので、時間の問題だと思うが、シュリンクチューブに関しては、今年中を目途に、もし、未完成なら、私が戻ってからでも差し支えないと、プレッシャーをあまりかけないようにした。

ここ数年前から、ガルーダ成田 夜中の11時半発、成田到着8半ころだったが、今回は、朝7時15分発のANAとジョインの便になってしまった。というのは、何故か、その日以降の便、戻りが1月初旬の便と組み合わせると20ジュタ(15万円くらい)以上のなってしまうからだ。私は、12月中の便にしたかったが、12ジュタ(9万円弱)のこの便にした。一日違いで、随分違うね。ということで、明日、夜中の3時過ぎに、会社から出発になる。
DSC06659.JPG
DSC06658.JPG
最終日の通勤途中、この先のアルファーマートの手前を左に曲がる。そして、200mほど行って右の曲がって、ミニ工業団地の入り口、ますます、環境が悪くなる。一番奥の右側、この入口からは見えない。

20日から、使えるようになるようですね。少し前には15日からとなっていたが、ちょっとだけ遅れるそうですね。フライオーバーだけの高速道路。ジャカルタの方からこれを使った場合は、カラワンバラットの向こうで今までの高速道路に下りるので、出口はカラワンティムールが一番手前になりますね。カラワンバラットでは出ることができませんね。
https://www.youtube.com/watch?v=yJP56xPMwm4
Uji Coba Tol Layang Japek Jelang Mudik Natal dan Tahun Baru - Liputan 6 Pagi
2019/12/08 に公開
Beroperasi 20 Desember 2019 mendatang, Tol Elevated Jakarta Cikampek II atau Japek II akan membantu arus mudik jelang natal dan tahun baru. クリスマスと新年の帰省の流れの手伝いになる。
ちょっと前に書いたが、私が上を通ることはない。倒れてこないかな、何か落ちてこないかなと、見上げながら下を通るだけです。
一時帰国 申し送り 最終日
posted by 元気な振りの爺さん at 22:18| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

(^_-)-☆別の引き出し

 3979 午前中、再挑戦、しかし、拡径サイズが安定しない、円周での微妙な厚さの違いが、膨らもの場所を変えてしまう、膨らみの場所が円周で変わってしまい、丸く膨らまない。この方法では、うまくいきそうもないと、違う方法、中から大きくするのではなく、外側から引っ張って大きくしようと試みた。チューブを作るときに使うC、Dieで、外側からバキュームで引っ張って、内径の密着させる方法だ。チューブを作るときは、内外径が多きな溶融樹脂を絞るように、C,Dieの入り口のR部に押しつけて密着させ塞ぎ、バキュームを利かせやすくするが、今回の場合は、より小さな径のチューブをC,Dieの入り口にいれるので、塞ぐように密着できない、ということは、その隙間から空気を吸い込んでしまうので、バキュームが効きにくい。
DSC06652.JPG
現在のC.Die7φの前に、4.5φのリングを付けて居る口を塞ぐようにする、そして、後ろにC.Dieを長くして、後ろからの水の入りを少なくし、バキュームが効きやすいようにする。早速、開業したばかりの向かいの金属加工屋に注文をした。
私は、そのテストをできない。ディキ君、ヘニ君、リナント君にバトンタッチした。
DSC06653.JPG
日本へ帰ったら、直ぐに、私の胃を切った医者へ行く、5カ月前に、十二指腸にピロル菌がいるよ、と言われていたので、その再検査のためだ。現在、インドネシアでも飲んでいる薬はシロトシンod4rで、前立腺肥大症に伴う排尿障害の改善のためだ。3か月分を処方されて持ってきたが、真面目に飲んでいないので、まだ、半分ほど残っている。有効期限てあるのかね。一年大丈夫なら、今回、泌尿器科へ行く必要はないと思う。近所付き合いのある整形外科には、挨拶がわりに、膏薬をもらいと、最近のインドネシアの話をしに行く、以前、ギックリ腰や脛骨ヘルニアの痛みの緩和を頼んだことはあるが、そこの痛みはい舞わない。動きすぎ歩きすぎで体のあちこちの筋肉痛は、日常的だが、それは、気休めに膏薬を貼っている。
5117e052-7a6c-457b-a72e-f3b3b3c90592_169.jpg
日本関連のジャカルタとスラバヤ間の中高速鉄道に関する最新のニュースです。
Kereta Semi Cepat Jakarta-Surabaya Diproyeksi Beroperasi 2022
2022年にジャカルタ、スラバヤ間の中高速鉄道、運行の予定。
Menteri Perhubungan Budi Karya Sumadi memproyeksi kereta semi cepat Jakarta-Surabaya bisa mulai beroperasi 2022 mendatang. Konstruksi kereta semi-cepat diperkirakan bisa dimulai pada 2020 nanti dengan masa konstruksi selama 2 tahun lamanya. ブディ・カリヤ・スマディ運輸大臣は、ジャカルタ・スラバヤの半高速列車を2022年の運転を開始すると予測、。セミファスト・トレインの建設は2年後に2年の工事期間で開始される見込み。
"Pertengahan tahun depan sudah bisa dimulai konstruksi, selesai dua tahun. Dan biasanya kan ada uji coba enam bulan setelah rampung, jadi mungkin akhir 2022 kami harapkan bisa dimulai operasi,"
「来年半ばにはすでに工事を始めることができ、2年で完成。そして、通常、完了後6ヶ月のトライアルがあるので、おそらく2022年末に運行を開始する予定です」
変更 C.Die バキューム
posted by 元気な振りの爺さん at 22:39| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

(^_-)-☆計画変更

 3978 ゴルフで疲れ切って、自宅に寄って、洗濯などした後、眠くなってしまい、うとうと、目覚めが17時前、あわてて、会社へ、折角、昨日準備した試作にと入り掛かった。
DSC06651.JPG
結果は、これをしておいた方がいいと思ったこと、時間が無くて省略した。それが、間違いだったと思う。仕方がない、時間がない、明日明後日ではそれができない。製品が安定してできない結果になってしまった。装置の改造をしなければならなくなった。あした午前中、もう一度、確認トライをし、装置を解体して、改造の方法とスケジュールを検討する。ディキ君にバトンタッチをすることになる。
DSC06646.JPG
DSC06648.JPG
暑さは、昨日と打って変わって、強烈だったが、日陰に入るとそよ風が心地よい、時折、小雨がぱらつくが、頭の上は晴れ、木陰がクッキリしている、その横の水面には、小雨の雫による同心円がたくさんできている。夕方ではない、秋ではないが、紅葉の落ち葉にも、春ではないが、桜の花びらも絨毯も連想させる。ふと、歌ってみた。“茜色した、夕べの空に、春風、そよ風、祈りを込めて、そっと、君の名、呼んでみる“確か、大学一年の時に聞いたラジオドラマの主題歌の一部だったと記憶しているが、確かかな?

小学校の頃の夏休み、縁側で、マンガ本を読んでいる。立てかけた葦簀の向こうから、涼しい風が夕立と共に吹きこんできる。あめが、乾いた土にかすかな砂埃を上げる、その匂いは、夕立の匂いだ。

今日は、精神的にも疲れた。眠れない。
失敗 改造 計画
posted by 元気な振りの爺さん at 23:13| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

(^_-)-☆準備完了

 3977 木々の花が今盛り、名前の知らいない、この季節でなけれ見られない小さな花、色とりどり、赤や黄色の色とりどりで、また、それぞれが、散り始めている。紫や赤の絨毯が敷かれ始めている。水面にも、サクラ絨毯ならぬ、赤の火炎樹の花がそよ風に揺らいでいる。
DSC06635.JPG
DSC06638.JPG
本当に、久しぶりに、薄雲に覆われ、花曇りの様相、時折、直ぐ蒸発してしまうほどのわずかなぱらつきの小雨が、水もにいくつかの円を作っている。涼しい、爽やか、インドネシア語でスガール(清々しい)。凍らせてあるポカリ、いつも、二本半以上飲むが、今日は、一本だけ、それも、途中で氷ポカリではなくなっていた。快適で、いつも後半に着ける赤旗は付けなかった。

殆ど疲れない、汗を殆どかかないゴルフの後、注文してあった拡径装置を受け取りに行った。会社に入り、明日のトライの準備をした。装置の取り付け、押出機のスクリューを抜いて、余熱装置に使えるようにした。帰国前、間に合った。いよいよである。目論見通りにできることを祈る。
DSC06645.JPG
この装置?もう、5年以上前から、ここにある。ドライポートに近くだが、ドライポートとは関係なさそうだ。その矢倉?10以上ある。ジャバベカ1の奥に行くとき、最近はMM2100やそれ以上西に行くときに必ず通る。使っているだろうと思われる状況を見たことがない。できてから数年、使っていないと思う。何のためにあるのでしょうかね。
narkoba-tempel-modus-lain-.jpg
毎日のように、ナルコバNarkoba薬物関連の逮捕報道はある。大麻やサブ関連だ。Polisi tangkap pengedar narkoba tempel di Bogor警察はボゴールの麻薬販売業者を逮捕、幾つものルートがあり、13人今回、逮捕したがまだ3人逃走中だとか。
涼しい 準備 なにこれ
posted by 元気な振りの爺さん at 23:15| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

(^_-)-☆南の島

 3976 “月日が達のは夢の内”日本に11日、一時帰国をする。来月9日には、インドネシアに戻る。1996年8月からだから、23年半になる。ゴルフのキャディーも、私が赴任してきたときにまだ、生まれていなかった人が大部分になっている。竜宮城の乙姫様は、世代交代をしている。

中村哲医師の事、安田純平なる人物とは、比較にならない重要な人、存在した国や地域への貢献、二人は別の人種だと思う。安田という人は、亡くなっても自業自得と思われる人、そして、救われた。中村医師は、多くの国や人から惜しまれ感謝される人、そして銃弾に倒れた。安田という人は、中村医師をどう思うのでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=ombLhtq5X6A
https://www.youtube.com/watch?v=NQIV-aLpyOk
Indonesiaの麻薬の取り締まりの話です。ジャカルタの北の方の手に入れる日本人もいるようです。軽い気持ちで、ちょっとね、な〜〜んていうのは、駄目ですよ。
DSC06628.JPG
工場の前、新しい工場は各自で自分用の井戸を掘る。その井戸掘り風景だ。私の会社も自社で掘ったが、深さ、50Mだという、本当かどうかは知らない、水質が非常に悪い、何かよく分からないが、各所にフィルタ―をつけているが、コンタミ、不純物が入り込み、パイプを詰まらせるだけでなく、汲み上げポンプや真空ポンプを壊してしまう。生産途中の停電も酷いデメリットに違いないが、それに匹敵するデメリットになる。水が送られなくなったり、バキュウームが弱く成ったり、不安定になったり、止まってしまったり、押出成形にとって致命傷だ。オーナーに散々、言ってきたが、どうにしない、今は、もう、諦めて、何も言わない。
この、今掘っている業者は、ここは100M掘って、やっと、コンタミが無くなるという。
DSC06627.JPG
補装工事が進んでいる、ところで、このコマツのシャベル、なんと、小学生が捜査している、横に、友達?がちょこっと座っている。これが、結構、巧い。監督らしい大人が見ているが、全く、任せている。時々、車が出入りする時に、道を開けるように指示しているだけだ。たまたま、地元の警察官が巡回に来ていたが、知ってか知らずか、見たのか見なかったのか、何も言わない。免許が必要じゃないのかね。

日本へ持ってゆく、私自身は日本で食べたいもの,例えば、モンデのエッグ ドロップスやサピやアヤムのインスタントブブール(即席おかゆ、因みに、被災地の非常食に最適)そして、孫にドイツのグミ、ハリボーを大量にかった。これら、日本で買うと倍以上の値段になるから。
DSC06629.JPG
DSC06632.JPG
で、これだけで、終わらなかった。持ってゆくわけにいかないが、SAEOとDURIANを見てしまった。見逃せない、買ってしまって、そして、直ぐに食べた。出発の前日まで、毎日食べられる。やはり、竜宮城だ。中村さんの千分の一くらいは、周囲の人から感謝されていると思うし。
竜宮 感謝 水質
posted by 元気な振りの爺さん at 22:19| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(^_-)-☆繋がりを破棄

 3976 “月日が達のは夢の内”日本に11日、一時帰国をする。来月9日には、インドネシアに戻る。1996年8月からだから、23年半になる。ゴルフのキャディーも、私が赴任してきたときにまだ、生まれていなかった人が大部分になっている。竜宮城の乙姫様は、世代交代をしている。

中村哲医師の事、安田純平なる人物とは、比較にならない重要な人、存在した国や地域への貢献、二人は別の人種だと思う。安田という人は、亡くなっても自業自得と思われる人、そして、救われた。中村医師は、多くの国や人から惜しまれ感謝される人、そして銃弾に倒れた。安田という人は、中村医師をどう思うのでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=ombLhtq5X6A
https://www.youtube.com/watch?v=NQIV-aLpyOk
Indonesiaの麻薬の取り締まりの話です。ジャカルタの北の方の手に入れる日本人もいるようです。軽い気持ちで、ちょっとね、な〜〜んていうのは、駄目ですよ。
DSC06628.JPG
工場の前、新しい工場は各自で自分用の井戸を掘る。その井戸掘り風景だ。私の会社も自社で掘ったが、深さ、50Mだという、本当かどうかは知らない、水質が非常に悪い、何かよく分からないが、各所にフィルタ―をつけているが、コンタミ、不純物が入り込み、パイプを詰まらせるだけでなく、汲み上げポンプや真空ポンプを壊してしまう。生産途中の停電も酷いデメリットに違いないが、それに匹敵するデメリットになる。水が送られなくなったり、バキュウームが弱く成ったり、不安定になったり、止まってしまったり、押出成形にとって致命傷だ。オーナーに散々、言ってきたが、どうにしない、今は、もう、諦めて、何も言わない。
この、今掘っている業者は、ここは100M掘って、やっと、コンタミが無くなるという。
DSC06627.JPG
補装工事が進んでいる、ところで、このコマツのシャベル、なんと、小学生が捜査している、横に、友達?がちょこっと座っている。これが、結構、巧い。監督らしい大人が見ているが、全く、任せている。時々、車が出入りする時に、道を開けるように指示しているだけだ。たまたま、地元の警察官が巡回に来ていたが、知ってか知らずか、見たのか見なかったのか、何も言わない。免許が必要じゃないのかね。

日本へ持ってゆく、私自身は日本で食べたいもの,例えば、モンデのエッグ ドロップスやサピやアヤムのインスタントブブール(即席おかゆ、因みに、被災地の非常食に最適)そして、孫にドイツのグミ、ハリボーを大量にかった。これら、日本で買うと倍以上の値段になるから。
DSC06629.JPG

で、これだけで、終わらなかった。持ってゆくわけにいかないが、SAEOとDURIANを見てしまった。見逃せない、買ってしまって、そして、直ぐに食べた。出発の前日まで、毎日食べられる。やはり、竜宮城だ。中村さんの千分の一くらいは、周囲の人から感謝されていると思うし。
竜宮 感謝 水質
posted by 元気な振りの爺さん at 01:35| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

(^_-)-☆チョバラギ

 3975 昨日も書いたが、二人の同級生から、そして、今日も6人の同級生から、得体の知れない請求書が届けられた。ということは、私の名前で、同級生に請求書が送られているということになる。その内、全員から来るのかね。
同級生の皆さん、賢いから、添付書を開かない、着信拒否、迷惑メールへ、そして、削除するでしょうが、全く、トンデモない奴がいるものだ。何らかのウイルスを送り込もうとしているっでしょうね。皆さん、ご用心!!

熱収縮チューブの原料が届いた、早速、収縮したときになるだろう外径のチューブを作った。これを、水にしばらく浸けおき、架橋させる。その後、拡径装置に掛ける。このチューブ、酢の匂いがする。酢酸系の樹脂だろうか。今回は送られてきた原料2種類と触媒を指示された比率で混ぜて流した。
DSC06608.JPG
DSC06609.JPG
今回、追加された原料。こんな状態で100m巻にした。これを戻して使う。
DSC06604.JPG
製品の外観は、全く問題なしだった。外径4.7内径3.3くらい、これを外径6にする予定だ。イスラムの人なら“アーミン”という場面だね。

https://www.liburnasional.com/kalender-lengkap-2020/
来年のインドネシアのカレンダーですね。5月に、メーデーとワイサック(仏教徒の祭り?)など休日が集中しているが、言わずと知れたレバランが24、25日でしょうか。4月24日頃からプアサ(ラマダーン、断食月)になるようですね。
各社、ソロソロ、来年のカレンダーを配る時期になりましたね。
準備 架橋 収縮
posted by 元気な振りの爺さん at 23:24| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

(^_-)-☆永久たかり気質

 3974 『田原総一朗「文政権追い詰めたのは日本。韓国への提言で関係修復を」』や『日韓問題〜日本は韓国に譲歩するべきである』こういうタイトルがある文章は、読む気にもならない。関係修復はしない方がいいし、勿論譲歩などとんでもない。と、私は思っている。キリがないタカリやオドシ、すべて、日本には迷惑な話で、それも、韓国内の問題だ。
それでも、読んでみたら「ここで決裂しても、結果的に日本が得をすることはありません。」と言っていた。得する必要はないでしょ。縁切りをしたいのですから。

日本のかの国に対する“輸出管理を普通にする措置“は、かの国の輸出管理が不十分と判断し、とられた措置なのに、また、影響はほとんどないとまで宣言しているのに、的外れな、撤回要求や嫌がらせをするし、国同士の約束は反古にしてしまうし、正気の沙汰ではないと思う。

同級会の名簿が誰かに売られた?買われた?同級生の名前で。怪しい請求書が送られてきている。懐かしい名前からメールが届いた。11月に同級会があったはず、私は勿論欠席、だから、その様子でも書いてあるのかな、と、思ったら、請求書が添付されていた。添付書は開かず、迷惑メールに回し、削除した。以前、私自身のアドレスから、請求書が、いかにも、自国語を日本語に自動翻訳したような、変な日本語で、何度も送られてきたことがった。こんなことをされて、払ってしまう人もいるのでしょうかね。韓国に対しても、こんな請求書にも、知らん顔がいいですね。

私は、インドネシアのことはテレビで、日本のことはネットでチェックしていますから、ジャカルタ新聞を買って読む必要がない。ただし、https://www.jakartashimbun.com/ これで、見出しだけ、偶に、読んでいます。本文より、この右側の縦に、いろいろな、テーマで文章や写真、案内、情報などが載っていますね。新聞を読むより、こちらの方が、一見の価値があると思います。🔓マークが、大部分ですが、存在を知らなかった方、是非、開いて見てください。ジャカルタ新聞の価値はこちらの方が大きいと思う。
DSC06602.JPG
20時前から、雷を伴ったスコールが続いている。20時半前から5分ほど、お決まりの停電。工場もストップ、損失大。ティダッ アパ アパtidak apa apa!(まあいいか)、ではなくて、アパ ボレー ブアッapa boleh buat!(どうしようもいない)だね。この会社、この場所。
DSC06598.JPG
22時過ぎ、まだ、降り続いている。先週、土曜日、夕方30分ほど降って以来だ。その時には、屋根から雨漏りを修理した場所、天井に穴は開かなかったが、今日は、見事に開いていた。修理が不完全だった証明になってしまった。こっちも、駄目だこりゃ!!  インドネシア〜〜〜、インドネシア!
DSC06592.JPG
丁度、ジャカルタの国立競技場のサッカー、ライブで中継中、画面、大雨で曇っていた。
ダメだ 離れ 知らん顔
posted by 元気な振りの爺さん at 19:09| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

(^_-)-☆運転免許返納

 3973 80歳のの男性 関越道を逆走正面衝突事故を起こし、亡くなった。衝突された車に乗っていた男女2人が重軽傷を負った。8年前、脳梗塞を起こして右足麻痺が残っていたという。逆走の原因は、足の麻痺ではなく、脳が、イッテしまっていたからでしょう。何も考えず、思わず、ただ、ひたすらに運転をしていたのでしょうね。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-00010014-fnnprimev-soci

右足麻痺なら、マティック車の運転はできないでしょ、三年ごとの教習所で行う、認知症テストやその他の能力テスト、それと、実地運転は、運転してみるというだけでなく、これも、テストにしたらいいと思う。そして、こういう人には免許証の更新をしないようにしたらいいと思う。

もっとも、こういう人は、免許証を返納しても免許証の更新を認めなくても、無免許状態になっても運転してしまうでしょうね。その人にとっては、どうしても必要な環境でしょうから。日本の問題ですね。

私はどうか、76歳、運転歴54年、インドネシアで22年、日本に一時帰国したときも、軽のマティック車、インドネシアでは普通車マニュアルを運転している。日常的に通勤、ショッピング、客先訪問などで乗り回している。年に3回以上。往復800〜1000Kmのドライブも一人でしている。自分から起した事故は無い。
インドネシアに来たことがある人なら知っているが、交通環境は最悪、だから、軽い接触事故?はあるが、ほとんど、挨拶がわり、サイドミラーが触れるなどは、全く、気にしない。
 それと、運転免許証SIMは、IDカードになるので、持っていれば便利だ。
一つだけ、気になるのは、運転中、足が攣ってしまうこと、ゴルフの後は、時々、攣る、でも、今は、10分程度の距離だから問題なし。
ゴルフもそうだが、運転もボケ防止と体力維持に効果があると思う。旅も運転も仕事もゴルフも止められない。
DSC06529.JPG
高速で逆走ってしたことがない。出口を通り過ぎてしまったことはあるが、バックしたこともない。どういう状況でしてしまうの?赤信号に気が付かなくて、行ってしまったこともない。ただし、インドネシアでは、信号や案内板がハッキリせず、見落として、向こうからの一方通行道に侵入したり、バス専用になる時間帯にバスの後ろにくっ付いて入ったりして捕まったことはある。でも、15年以上前のまだ、インドネシアの交通事情を知らなかった頃の話。
http://otaenplaext.net/concept75.html
http://otaenplaext.net/concept139.html
DSC06580.JPG
狭い工業団地の補装工事の追加がありそうだ。シャベルカーで地ならしをしている。
DSC06578.JPG
工場の裏のコンクリート塀の修復がやっと終わったので、状況を確認と共に、久しぶりに塀の外を眺めることができた。淡水魚の養殖で、満々と水があった場所、枯れため池になっていた。ずっと向こうの田んぼは、まだ、使われていた。そう遠くない将来、埋め立て地になってしまうでしょう。
areal-mona.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=qXFiK8UGMxM
Terjadi ledakan di areal Monas, Jakarta Pusat, Selasa
ジャカルタにある大統領宮殿の近くで爆発があり、2人が重軽傷を負った。
 3日午前7時すぎ、ジャカルタ中心部の独立記念塔モナスがある公園で爆発があり、少なくともインドネシア軍の兵士2人がけがをして病院に運ばれた。1人は手を折るなどの重傷で、もう1人は足などに軽いけがをしたという。

SIM 運転免許 返納
posted by 元気な振りの爺さん at 23:11| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

(^_-)-☆間もなく開通

 3972 https://www.youtube.com/watch?v=m5IeiaNOo8Y
Untuk mengurangi kemacetan pada libur Hari Natal dan Tahun Baru, Kementerian Perhubungan siap mengoperasikan Tol Layang Jakarta-Cikampek (Japek) mulai 15 Desember 2019. Kendaraan kecil sudah diperbolehkan melintas di Tol Layang Japek , gratis sampai Tahun Baru 2020.
クリスマスと年末年始の混雑を減らすべく、運輸省は2019年12月15日からジャカルタ・チカンペック・高架トール(Japek)を運航する準備ができています。小型車は2020年元々まで無料でラヤン・ジャペックの有料道路を走行できます。
観光バスなどの大型車はまだということでしょうか、大型車はいつから通れるのでしょうね。
https://www.youtube.com/watch?v=DJfo4MnWUEU
Melihat Jalan Tol Layang Jakarta-Cikampek Sudah Siap Dioperasikan  •2019/11/29
ジャカルタ・チカンペック・高架有料道路を運営する準備ができている • 2019/11/29
DSC06530.JPG
開通するこの高架だけの高速道路、ジャカルタ側はどこから?出入り、チクニールらしいが、私は、機会がないから確認していない。東はカラワンバラットのチョット先ですね。私が利用する機会は全くない、30何キロ、間違えて入ってしまったら大変ですね。途中で降りられない。チバトゥ辺りに途中、一か所でもゲートを作ればいいのにね。ジャカルタ、チカンペック高速2と言っているが、チャワンからチカンペックの半分ほどでしかない。
DSC06568.JPG
昨日の試作品を客先に届けた後、習慣的にイジィップを通って、チバトゥを通って帰ることにしているが、いつからか、大型も通過できるようにしてしまったので、渋滞が酷くなってしまっている。これでは、ここを通る意味がなくなっている、一般国道かカリマランにしようかなと思う。
DSC06575.JPG
家の前を通過して、ジャランラヤを通って、カラワンのショッピングモールへ日本への土産を物色しに行ってきた。ウインター何とかと看板があったので、インドネシアで冬?何だろうと思ったら、アイススケートリンクだった。いつからいつまでか、確認していないが、結構な費用が掛かるだろうなと思う。

タマンアングレックには、20年ほどまえ、従業員を連れて、よく言ったものでした。
DSC06574.JPG
この店で、小物の買い物をした。日本人のデザインによる、雑貨に販売コーナーだ。メイソウ、と書いてあるが、どういう意味でしょうね。漢字では、どう書くのでしょうか。
ラヤン 高架 アイススケート

posted by 元気な振りの爺さん at 22:31| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

(^_-)-☆成果があり

 3971 ゴルフ場へ行くには、この新しい道を通る、1.9M制限のゲート、低すぎて、下げなくてもいい、頭をつい下げてしまう。昨日、矢印と行先の看板が乗せられた。ここから100m位先で、突き当り、ジャバベカYの工業団地のメイン道路に入る。左も工業団地内だが、突き当り迄で、ここから、どこへも行けない。矢印通りに右にまがるしかない、そして、ジャバベカ地帯に向かうが、そのずっと先にチカランウタラのトールゲートがある。私はここを勿論。右の曲がって、ジャバベカYを通り抜けて、500m先の左にあるゴルフ場に入る。こちらからゴルフ場に向い人は、キャディーなど、この辺りに住んでいる関係者だけで、私以外のプレーをする人すべてが、向こうからきて、右に曲がる。
DSC06544.JPG
DSC06545.JPG
DSC06549.JPG
昨日の切り株は何だったか、確認した。椰子の木でした。椰子の木は表面が大きなウロコのような状態でおおわれている。だから、ギザギザはこの根っこのちょっと上、土地からちょっと出Þりる部分だけだから、そのギザギザが目に入ることはない。また、強風で木の途中から折れることはない、こんなに浅いの?と思うくらい根っこは細くて浅いので、根こそぎ、ばたっと倒れる。だから、この木はなぜ切り株を残すだけになったのか疑問が増えた。
とにかく、年輪がない切り株を見たのははじめてだったから。
DSC06554.JPGDSC06554.JPG
二番から三番へ行く途中、見事なカエンジュが今満開、この左に、ゴルフ場に出入りできる道がある。出ると、そこは、ファーマーズマーケットの駐車場だ。冗談で、キャディーにスタバがへ行って、コーヒーを買ってきてという。

昨日の夕方30分ほど降ったスコールで洗われた空、紫外線が強烈だ。暑い,暑かった。良く、倒れず最後までできたと思う。なんか所かで朦朧としている自分を意識した。終わって、会社へ、昨日、満足できなかった試作をやり直した。そして、一応、目的通りに近い製品ができた。そして、アニーリングのオーブンに入れて終わった。
DSC06560.JPG
インナーを黒にしたことと、はめて、開きが二種類あるのが、みそ。
19時。新しくできた向かいの工場に、マシニングセンターなどの装置が搬入され、セッティングをまだやっていた。
明日、残りの工程を済ませて、客先に届ける。判定は、客先にゆだねる。めちゃ疲れた。家に帰って、二日分たまった洗濯をした。
方向 試作 朦朧
posted by 元気な振りの爺さん at 22:36| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

(^_-)-☆成果なし

 3970 これ以上どうにも、だが、何もしていないで、結果を待つていても仕方がないので、ゴルフの後、また、会社にのこのこ出かけて行って、ああだこうだと、考えられることをやってみた。久しぶりに、近い雷と共に大雨がしばらく降る中、やろうと思っていたことに30%くらいしかできなかった。また、月曜に続きをしようと思う。きりが無いね。もう、インドネシアは10日を切った。明日もゴルフの後、トライをする。
DSC06543.JPG
DSC06533.JPG
この木の切り株、年輪が全くない、今まで、見たことがない、椰子の木?ソテツのような木?この場所、毎土日、歩いていたが、ここに、どんな気が合ったか、全く記憶がない。つい、一か月ほどまえ、竜巻が通過して、多くの機をなぎ倒した。そして、その後始末として、多くの木は、伐採された。この木も、その中の一本で、根こそぎではなく、途中から折られていたと思う。しかし、この木に関して、その折れ方も記憶がないというか、見て確認した覚えもない。
そして、今日、通りっかったときに、おや!こんな木?の断面が目に入った。どういう順番で、成長するのかね。外側のギザギザは、木が小さい時から増えていると思うが、どこのギザが増えるのかね。全体のブツブツ、真ん中から、湧き出るように増えるのかね。不思議が多いですね。

ゴルフは、後半だけ、赤旗をお願いして、フェアウェーに入ることができるようにしている、70を過ぎて、権利が生まれて、私は必要ないが、キャディーや同乗者に言われて、使いだした、しかし。私は、それでも、カートに乗らないで出来るだけ、歩くことにしていた。ゴルフをする目的が、スコアーがどうこうではなく、体力確認とその維持だからだ。ところが、最近、前半から、赤旗が欲しくなっている。体力が白旗を挙げそうになっている。また、ここ一か月ほどの暑さは、強烈に感じるのは、私だけだろうか、大きな氷の塊をもらって、常に動脈を冷やしながらのプレーだ。私より2歳上の仲間が一人いる、その方は、土曜日だけにしている。日曜は何もしていないでボーっとしているという。上手な人だが、距離も腕も落ちてきているように見える。ミスが、以前より多く成ったように見える。本人、歯がゆく思っているのが態度にでている。

私は、今も土日でやっているし、終わってから、現場を行ったり来たりしているが、衰えを感じる、疲れが抜けないと、私は思っていて、日本に帰って、暫く、休養すれば、たまった、疲れもなくいなると思っているが、矢張り、衰えを、意識しせざるをえなくなっている。弱音?
DSC06539.JPG
夕方6時前、雨が上がった工場前。
試作 切り株 衰え
posted by 元気な振りの爺さん at 22:58| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

(^_-)-☆これ以上どうにも

 3969 試作品を届けたMM2100の会社、エスマルヒの巻き芯、まだ、問題がると言われ、様子を伺うとともに、厚いパイプなどを持って行った。結局、開いているパイプを強く握れば、いくら、自然状態で歪がなくなっていても、閉じてしまうし、片側が内側に入ってしまう。隙間に布の端を差し込んでから、巻き始める、巻き芯の隙間を閉じる方向の締めながら巻いて行く、し差し込んだ布が、閉じてしまった隙間に挟まれて、何方かを内側に滑らせるような役目をしていると、私は思う。だから、内側に入り込みやすい。
それを、ただ、放置しておいて、元の開きに戻るはずがない。形状記憶だって、そっと、放って置いただけでは、元に戻らない。それが、戻らないから使えないと、本社では言っているらしい。だから、製品を厚くすれば、片側が中に入ってしまうことは、少なくなると思うが、開きが閉じたままになってしまうことからは逃げられない。架橋HDPEにしても、自然に元に戻ることはあり得ない。その上、巻いた状態で、布を挟んで閉じてしまってもどちらかが内側に入ってしまっても、何の問題があるのでしょうか、それも、私には分からない。
DSC06525.JPG
さあ、どうするのでしょうか。今日持って行った、厚い物が、駄目だということなら、もう、打つ手はない。
医療現場で、空いた巻き芯を再利用するなら、閉じてしまっていても、手で簡単に開くことができるし、開くまでじっと待つことはないでしょ。それより、再利用なんてしないのが、医療現場の常識、使い捨てが常識だと思う。
DSC06520.JPG
DSC06521.JPG
今は使っていないジャラントールのチカランウタマのゲート付近です。中国高速鉄道の建設基地の一つが左側の広大な場所にある。この高架の上に乗せる、何と言うのでしょうか。レールを敷く場所、断面が穴の開いた逆台形になっている。相当な数が見える。これを現場に運び、高架柱の上に載せて、繋げる。2024年、まだまだ。先ですが。
DSC06527.JPG
ここは、タマンセントサのゲートを背に、出てゆくところです。MM2100からEJIPを通って、タマンセントサのヘアーサロンに寄った、名前がANATAです。私のパスポートの写真が黒髪になっているので、間もなく日本に入国するので、顔認証のゲートを通過するためだ。白髪が多いと、通してくれない。出国の時も同じだ。
 
四時頃、目が覚めた。ヨーロッパのサッカーをやっていた。15 KAMATAと、書かれた選手がゴールをした。しばらくして、また、この選手がゴールを決めた、長谷部選手が側にいたから、フランクフルトかと思った。こんな選手、いたんだ。 知らなかった。今、ヨーロッパで頑張っている選手は長谷部選手しかいなくなってしまったと思っていたから、鎌田選手の顔を見た時、瞬間、韓国の選手かと思った。直ぐ背中の名前を確認した。それにしても、前横に大勢人がいたが、よく、当らずゴールに向ったなと思った。
隙間 閉じる 形状記憶
posted by 元気な振りの爺さん at 21:01| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

(^_-)-☆HYUNDAI自

 3968 Hyundai mulai bangun pabrik di Cikarang pada Desember 2019
https://otomotif.antaranews.com/berita/1181231/hyundai-mulai-bangun-pabrik-di-cikarang-pada-desember-2019
PicsArt_11-26-05_58_49.jpg
現代車は、内燃機関量産車工場を「デルタマス工業団地」に建設する。今年12月に着工し、2年後の2021年末には年間15万台の自動車を生産する。現代車は年間25万台まで生産を増やす計画。
デルタマス工業団地というよりGIIC工業団地(Greenland International Industrial Center)でしょ、日本人が自殺したホテルの前を通って北に向かうと広大な工業団地に入る。SUZUKIが目だっている。そのまま真っ直ぐ行くと、YKKの新工場が左に見える、そのもっと先の左側辺りにヒュンダイが新工場を建設するはずだ。
DSC06536.JPG
ヒュンダイと言えば、確か、ブカシバラットのジャカルタよりにかなり前から車の組立工場があった。私はいったことがある。また、リッポチカランのヒュンダイ工業団地のデルタシリコン2寄りに広大は車の在庫置き場があった。ざっと見て、乗用車三百台以上は野ざらし状態になっていた。どこで作ったのだろうか、ブカシバラットでしょうか。それが、数年前、忽然と、その在庫が消えていたのを思い出す。ブカシの工場、リッポチカランの在庫、どうなっているのでしょうかね。ヒュンダイ工業団地のヒュンダイは、数年前に閉鎖した。私は、こちらへも呼ばれて行ったことがあるが、支払条件にビックリさせられて、丁寧にお断りした記憶がある。

手形なんかないから、月末締めの3っカ月後、支払。そして、支払われる前に、5%以上の値下げを要求される。呑まないと、もう一月伸ばされると、購買のインドネシシア人が当たり前のように言っていた。GIICで、2021年から生産開始らしいが、ここも、そういう、伝統的な支払い条件を習慣とするでしょうね。韓国の下請け企業の夜逃げが多い原因の一つでしょうね。

全く成功しなかったヒュンダイモービル、モートル?が、ヒュンダイ工業団地ではなく、双日のGIICでインドネシアに初進出のように披露されていたが、再挑戦する意図はなんでしょうかね。日系の自動車部品供給会社の協力は殆ど得られないのにね。

例のエスマルヒの巻き芯が、また、日本で問題を指摘されたらしい。製品自体は既に、日本国中の医療関係に配布して、評判がいいらしい、実際、注文が入っているという。問題とは、日本へ到着したコアーの中に、隙間が閉じてしまっていたものがったということだ。原因は何だ?
先程、希望されたサンプルを作った。明日、昼過ぎに届ける。
DSC06516.JPG
アニーリング後、内外径の歪が、より少なくなるだろうと思われる方法を三つやってみた。改善されたかどうかは、実際のところ、試してみることができない。空輸して日本に着き、コンテナを開いて見ないと分からない。低温が影響しているのか、冷蔵庫のフリーザーで冷やしてみたが、閉じる傾向は無かった。空輸なら低温、船なら高温、輸出入なら、これらに耐えなければならない。
条件 新設工場 ヒュンダイ
posted by 元気な振りの爺さん at 22:13| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

(^_-)-☆アホッさん

 3967 宗教侮辱の元知事、復権 収監経て国営企業重役 インドネシア
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-00000089-jij-asia
https://www.liputan6.com/news/read/4117228/ahok-jadi-komisaris-utama-pertamina
Ahok Jadi Komisaris Utama Pertamina アホックがペルタミンナの大統領に就任
PTペルタミンナプルセロは、本日、2019年11月25日(月曜日)、臨時株主総会またはEGMSを通じて、正式に主要コミッショナーkomisaris utamaとして、アホッAhokを迎えた。
プルタミナは石油製品、主に燃料、油やガスを殆ど一手に扱っている国営企業?だ。ガソリンスタンドの99%はプルタミナだ。

日本のニュースに書かれている通りだが、バスキなんと呼ぶ人は誰もいない、“アホッ“Ahokと、親しく呼んでいる。現大統領ジョクさんがジャカルタ州知事だった時、コンビで副知事をしていた。ジョクさんが大統領に立候補するために知事を止めたのでアホッさんが、自動的にジャカルタ特別州知事になった。その人気終了で州知事の選挙が行われて、アホッさんと今のアニスさんが立候補し、運動中にアホッさんの言動をイスラム過激派から訴えられ、選挙も負けた。その後のことは、日本のニュースで伝えられている。
ahok_720.jpg
アホッさんは、ハッキリ意見を言う人で、それが、結構、弱い物の見方と多くの人から慕われている。私がインドネシアの竜宮城と一番に、押しているブリトゥン島の出身、カソリック。イスラム穏健派からも人気がある。今回のことで、イスラム過激派が降ろせ運動を始めているが、規模は小さい。

雇用工保障問題は、韓国の国内問題。何とか議長が提案?誰に向って提案したのでしょうか。勿論、文大統領や韓国国民に対してですよね。日本政府や企業が、口だしすることではない。
「GSOMIA破棄延期、日本は「外交」で勝利したのか」という記事があった。これは、テーマ自体が変、外交で勝利したのか、引き分けなのか、敗北なのか、という発想がどこから来るのでしょうか。輸出管理が気に食わなくて、報復として、GSOMIA破棄を宣言した。日本は、どうでもいい話で、勝手にしたらいい、という態度でしかなかった。どこで、どうなったのか、文さんが、やっぱり、破棄は延期する、と言っただけでしょ。一応、廃棄宣言した前に戻っただけ、そうですか、と言っていればいい。勝ち負けを云々する対象ではない。いちいち反応する対象ではない。
DSC06490.JPG
チビトゥンの金型屋へ寄った後、Uターンして、コタチカランに向ってもいいが、渋滞が予想されるので、カリマラン道を通ってかることにしているが、その途中の道、いつもゴミの山があった場所、囲いがされていて、看板が目立っていた。
DILARANG KERAS!!!MEMBUANG SAMPAH DI AREA INI, BARANG SIAPA YANG MEMBUANG SAMPAH DI SINI AKAN DIKENAKAN SANKSI 厳禁!!!この辺りにゴミを捨てること、ここに捨てたやつ誰でも、厳罰に処せられるでしょう。
PERHATIAN !!! BAGI PARA PEMBUANG SAMPAH LIAR AKAN DIKENAKAN SANGSI SEBERAT-BERATNYA
注意!!!ごみを捨てたやつは重大な罰を受けるぞ。って書いてるが、果たして効果のほどは?一か月後くらいが楽しみだ。
DSC06512.JPG
私の声が聞こえたのか、背丈ほどの草が刈られたばかり、右側の道路の様子が見えるようになった。
DSC06508.JPG
私は殆ど寄らない、ジャイアンショッピングモール。しかし、ファーマーズマーケットより、客が多い。道が行きやしい、遠回りしてUターンをする必要なく、北から南からすぐ入ることができるからだ。
DSC06455.JPG
火炎樹、高い木の上の方に、赤い花があるので、花の接写は難しい、これは、たまたま、目の高さに枝が垂れていた。火炎木などとの違いは、葉っぱだ。オジギソウ、合歓木などの葉に似ている。
アホッ 勝敗 ゴミ
posted by 元気な振りの爺さん at 22:14| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

(^_-)-☆目論見

 3966 径を大きくする装置を注文してきた。取り付け部を含めて、2.5ジュタ(2万円弱)の見積もりを受け取っている。土日で書いた図面です。これは、修正前の図面です。これから、二回、改訂版を書いた。だから、注文したものは、これとはちょっと違う。いろいろ、迷って、こんなもんでどうかな、というものだ。前にも書いたが、私の勘だらけだ。どういう使い方をするかは、今は、書かない。だって、100m以上で巻かれた?架橋PECrosslinking PEチューブを、引っ張りだして、この装置に押し込んで通して、引っ張り出して、巻き取る、その時、一定の空気圧を内部に送り続けるのですから、前後にも、様々な、勘が含まれる。
DSC06483.JPG
この種のチューブは、日本では50年くらい前から出来上がっているが、私に取っては、未知の世界、それを、多分、簡単な装置で、安定した寸法にチューブを作ってしまおうと思っている。これらのことは、50年以上前のスパイラルチューブやコイリングチューブ、エッジング、グロメット、ポリカペンダントなどを作り出した時と姿勢は同じだ。

原料は既にタンジュンプリオクに着いている。来週、前半に架橋チューブを作って、後半に径を連続して大きくするトライをする予定だ。

これらの店、何を売っている?どんな商売をしていると思いますか。町のあちこちに有るし、バイクで道具を積んで、住宅街を回っているし、カキリマのように引っ張ったり、押したりして回っている人もいる。私は、時々、お世話になっている。自分で、出来ないわけではないが、安いから、やってもらっている。ジーンズを売っているわけではない。道具とはミシンです。
DSC06478.JPG
DSC06479.JPG
衣料の仕立て屋、修理屋さんです。リメイクですね。fermax levi'sが、なぜ、衣服のリメイクなのでしょうか。予定 未定 リメイク
posted by 元気な振りの爺さん at 23:10| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

(^_-)-☆相談できないの

 3965 先週の木曜日の話だが、私はチッポチカラン方面に住んでいないので、この話題に触れることは無かったが、土曜日、ゴルフの後、食事で、こんなことがあったんだって、という話、デルタマスのアパート兼ホテル“SAKURA“で、日本人の若者が自殺したんだって、知ってる?へー、すると、仲間の一人が、私の部屋から通路を挟んで真ん前の人だよ、仕事から帰って、部屋に向った時、丁度、遺体らしきものが運び出されていたよ、だって。

ジャカルタ新聞にも載ってるよだった。こちらは、インドネシアのニュース。
https://www.ayobandung.com/read/2019/11/21/70723/warga-jepang-ditemukan-tewas-bunuh-diri-di-bekasi
Warga Jepang Ditemukan Tewas Bunuh Diri di Bekasi  Kamis, 21 November 2019
Warga Negara Asing (WNA) asal Jepang bernama Yosuke Shibano (30) ditemukan gantung diri di dalam kamar sebuah apartemen di Cikarang Pusat, Kabupaten Bekasi. Kapolsek Cikarang Pusat AKP Somantri mengatakan, WNA itu ditemukan tewas gantung diri ketika rekan kerjanya mencoba berkunjung ke Apartemen.
柴野洋介(30)という日本の外国人市民(WNA)は、ブカシ県チカラン・プサットのアパートの部屋で首を吊ってで発見された。セントラル・チカラン警察センターAKPソマントリは、彼の同僚がアパートを訪問しようとしたときに、外国人がぶら下がって死んでいるのが見つかったと言いました。

 そんな話から、日本人の男性が自殺?なんて話は、私が23年前に、来て以来、聞いたことが無かった。女性がカサブランで亡くなったのは、何年前だったでしょうか。女性が男がらみで自殺ってあるかもしれないが、男が女性がらみで自殺なんてありえないね。じゃ、なんで?ま、ストレスだよね。じゃ、そのストレスの原因は、何?会社の場所も名前も皆さん知っていた。若いのにね。一人で、悩まないで、誰にでも相談すれば良いのにね。ゴルフ場にキャディーも知っていた。ゴルフ仲間に相談すればいいのにね。と、ゴルフ仲間の話でしていた。

 大変だよな、会社の人は、どなたか、扱い慣れた葬儀屋に頼むとしても、家族のこととか、遺体輸送のこととか、焼き場で焼いてお骨だけ持っていくのかねなど、本人、どういう気持ちだったのかね。保険はどうなっているのかね。
DSC05235.JPG
 たまーに前を通ることがあるだけで、中に入っやことがないが、最近の話題で、サクラアパートに有ったカラオケが止めになって、ファミリーカラオケになったとか。デルタマスのインター近くに日本人学校がオープンした?というニュースもあって、その関係で、カラオケが廃止になったのではないかという人もいた。リッポチカランには、10軒以上あるんじゃないの?
goo-hara_.jpg
自殺の話として、インドネシアでは、こんな記事もあった。
Kabar mengejutkan datang dari industri hiburan Korea. Mantan personel KARA, Goo Hara ditemukan meninggal pada hari Minggu, 24 November 2019 pukul 18.00 waktu setempat.
驚くべきニュースは、韓国のエンターテイメント業界から来ています.元KARAメンバーのグー・ハラは、2019年11月24日(日曜日)に現地時間18:00に死亡しているのが発見されました。
DSC04726.JPG
DSC06472.JPG
工場の裏の塀が崩れ落ちて半年、放っておかれた。やっと、修復した。このミニ工業団地、囲ってある塀が順次崩れ落ちている。このまま未修復の場所を放っておけば、次に崩れ落ちる場所は分っている。既に、傾き始めているからだ。そういえば、ジャバベカ1などの工業団地でも、傾いて崩れそうな塀は沢山ある。この辺り地震がないから,いっぺんに崩れることはないが、数年以内にあちこちの塀が倒壊するはずだ。
DSC06476.JPG
今日も、私の帰りを迎えてくれた、昨日の子猫。何故か、“猫の子子猫、獅子の子子獅子” “子猫、猫の子、子獅子、獅子の子” どっちでも、“子子子子子子子子子子子子”を思い出した。
自殺 迷惑 原因
posted by 元気な振りの爺さん at 22:57| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

(^_-)-☆繋がりを破棄

 3964 「日本人が理解していない韓国人の「恨」の意識」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191124-00315238-toyo-bus_all&p=3
(株)日本総研国際戦略研究所
 何をしている会社なのか知らないが、だから、何のなのでしょうか。「恨」何と読むのでしょうか。そして、どんな意味でしょうか。私を含めて、これを分かっている日本人は、何%くらいるのでしょうか。だから、意識なんて、言われても、何のことやらね。
調べました。こん〖恨〗 コン・うらむ・うらめしい
自分の思う通りにならないことをにくんだり、なやんだり、くやしく思う。うらむ。くやむ。うらめしい。
韓国は、このうちの何でしょうか。全てでしょうか。

 私は、韓国のゆがんだ歴史教育によって、意識させるように仕向けられた不幸に反発できない国情に迄でなってしまっているのだと思う。それを、日本人が理解して、どうしてやりなさというのでしょうか。そして、理解したか、まだなのか、程度はどうなのか、誰が、どういう基準で評価するのでしょうか。謝る必要などないことを、何度も謝って、技術やお金を渡しさえすればいいのでしょうか、また、それは、どのくらいで、理解したと誰が思うのでしょうか。頭の良い方?が、普通の私たちにいったいどうしろというのでしょうか、縁を切ればいいだけなのに。
DSC06470.JPG
マンガ バロンガンとマンガ アップル、そしてサヲです。各1kgだが、サヲは、2まんRp,他は、1まんRp.合計4万Rpだった。ゴルフからの帰り、道端に果物を数点並べて売っているが目に入り、見るとSAWOを積んであった。一か月ほど前にパンガンダランで見つけて買ったが、その後、ジャバベカ、チカラン、私が通る道沿いの果物屋でみかけることがなかった。そして、思いがけない場所で見つけた。どこから?と聞いたら、インドノラマユからだという。その横に黄色い果物があった。丸っこい物と、マンガを小さくした黄色だった。こんなに黄色いマンガは珍しい、バロンガンはインドラマユ県の中の一地方の名前だという。もう一つ、一見、リンゴかと思えるマンガは、そのまま、アップルだった。珍しいのでそれらも買った。トラックに積んで、数人一緒にこの辺りに来て、あちらこちらの道端に分かれて売っているという。中部ジャワの西端のチレボンという町の北側の地方からだ。
美味しかった。
DSC06463.JPG
DSC06464.JPG
仕事、図面書きをしていたら、また、18時過ぎ、停電した。数分で回復したが、もう、かたずけを始めていたので、止めて帰った。家の前に、何やらうごめいている小動物が見えた。明かりをつけると、生まれて間もない猫だった。どこから来たのだろうか。私に近付いてきた。可愛い。私が家に入ってしまったら、猫は、車の下へ入っていった。
 恨 サヲ 子猫
posted by 元気な振りの爺さん at 22:31| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

(^_-)-☆ダメだった

 3963 ゴルフ仲間の一人が先日、結婚披露宴を催いた。祝儀のお返しとして、パパヤの商品券をもらっていたので、ゴルフの後、リッポチカランのパパヤへ買い物に行ってみた。前に到着して、こらダメかなと思った。数台?した止められない駐車場が一杯で、前の狭い道路に数台駐車して、駐車場の車が出られない状態になっていた。一般的にドライバーを使って来ているので、そういう場合でも、ドライバーが車の側にいるので、合図しあって出ることはできるがね。私は、そこの道の駐車できない。通り過ぎて、あった、100m先の路肩が広くなっている場所があった。そこにも、駐車している車があったが、一台分、空いていたのでそこになんとか駐車した。

とことこ歩いて、パパヤに入った。店の前で、日本人の男性が、10人ほど屯そていた。煙草をふかしている人も多かった。胡散臭い状態を通って、中に入ると、カウンターが三か所、四か所?そのすべてに数人が行列していた。ここかなと思って、入って直ぐ。左の狭い通路を通って、陳列棚の方に入った。日本からの輸入品が多いという印象、値段は、日本での定価の2〜3倍?ここね来る前に、途中なので、ファーマーズマーケットで、肉や野菜、豆腐や卵など、何時もの食材の一週間分は買ってあった。だから、目的は、インドネシアのスーパーやコンビニで手に入れられない、“開発商品”を買うことだった。ず〜〜と、以前、ブロックMのパパヤで買ったことがあったので、一応、リッポチカランに住む日本人の何人か確かめて“あるよ!”と、言われていた。ところが、大混雑の中、探した、そして、店員に聞いた。“ティダッ”と言われてしまった。駄目だこりゃ、すぐ出てきてしまった。
また、平日に機会があったら、いって見ることにする。
DSC06458.JPG
帰りに、例のオープンして一か月ほどのリビングプラザのACEに寄って、以前、買いぞびれた座椅子を買った。ここでは、あまりにも広いので、直ぐに店員に聞いた。“クルシ ランタイ“は、どこ?と。その店員、なんだかわからない。床を指して、椅子に座る真似をして、その椅子は広げたりたたんだりすることができる真似もして見せた。どういうものか分かったが、彼、それが、どこにあるのか分からない。家具コーナーに案内されて、そこの店員に聞いてくれた。あった、あった。何種類かあって、色も何種類かあった。値段は、2〜3千円ほどだった。すわるばすに置く小さいマットも普通の椅子ようにいろいろあった。合計、3千円でこれらを買った。早速、使っている。
DSC06449.JPG
DSC06452.JPG
途中、10分ほど、グリミス(小雨)がぱらついたが、ほとんど無風で暑かった。前の日の風と雨で散った火炎樹の花の絨毯。
DSC06426.JPG
チューブの径拡大の装置の一部のフリーハンド下書き、こんな装置で、出来てしまえば、びっくりだと思う。ただし、かなりのノウハウが、入っているよ。

座椅子 開発商品 買えず
posted by 元気な振りの爺さん at 22:18| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする